芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト、芸能トピ++

西内まりや

no title

1: なまえないよぉ~ 2018/10/12(金) 10:46:50.05 ID:CAP_USER9
芸能活動を再開した女優で歌手の西内まりやが12日、自身のInstagramを更新。
ファンとの新たな交流の場を設けることに意欲を示した。

今月5日の更新で「ふと思ったんだけど、写真や動画が溢れるこの時代で言葉の重みや強さがなくなってる気がする きっと私のブログも無くなってしまったから心にぽっかり穴が空いてるんだ そういう場所をつくればいいんだよね。もう少しだけ待っててね」と、今後の新たな活動についてつづっていた西内。

12日付の投稿では、「沢山のメッセージを読みました。DMも」とファンからの言葉を受けとったようで、「悩みって人それぞれ違い、比べるものでもなく上手く言葉が見つからなかった。励ましの言葉をかけたからって解決するって訳でもないし。だから、言葉じゃなくてその心が癒されるような、一瞬でも忘れられる空間を改めて作ろうと思いました」と決意を宣言。
「私も打ち明けたい事があるのですが」とし、「改めて話せる場所で話しますね」と呼びかけた。

コメント欄には「まりやちゃんの気持ちを聞ける日を待ってます」「いつもファンを大切にしてくれるまりやちゃんが大好き」「またまりやちゃんと一緒に楽しめる空間…!楽しみです」といった声が寄せられている。

http://mdpr.jp/news/detail/1798199

西内まりや
no title

【西内まりやさん、打ち明けたいことがある模様wwwwww】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/09/18(火) 18:41:11.66 ID:CAP_USER9
 女優の西内まりや(24)が17日、自身のインスタグラムを更新。昨年引退した陸上男子100メートル、200メートルの世界記録保持者、ウサイン・ボルト氏(32)とのツーショット写真を公開し、「すごい!」と注目を集めている。

 12日の投稿でパリにいることを報告し、16日には「久しぶりのお仕事でドキドキ。すごく楽しかった!詳細はまたお知らせします」とつづっていた西内。17日はフランスのシャンパンメーカー「メゾンマム」のパネルをバックに、同社のCEO(チーフ・エンターテイメント・オフィサー)に任命されたボルト氏との記念ショットを公開。フォロワーからは「すごいすごいすごーい!!」「ボルトと!?」「豪華ですね!」「ボルトはすげえや」「素敵ですね」など反響が上がっている。

 西内は2017年1月期のフジテレビ系月9「突然ですが、明日結婚します」で主演を飾ったものの、その後芸能活動は休業状態に。7月に自身のインスタグラムで3月末で所属事務所との契約を満了していたことを報告し、「もう一度チャレンジしたい」と活動再開への意欲を示していた。

https://www.hochi.co.jp/entertainment/20180918-OHT1T50070.html 
2018年9月18日12時33分 スポーツ報知 


no title

no title

【西内まりやさん、ウサイン・ボルト氏との豪華ツーショットが反響】の続きを読む

no title

1: なまえないよぉ~ 2018/09/04(火) 22:55:34.22 ID:CAP_USER9
歌手・女優の西内まりやが苦境に立たされているようだ。

西内は8月30日発売の女性週刊誌に、“もうお金がないの!”と知り合いに打ち明けていることや、住んでいた高級賃貸マンションを解約した記事が掲載された。他にも何と、ユーチューバーに転身し、歌を配信して広告収入を得ようとしているという内容もあった。

西内といえば昨年10月、所属事務所の関連会社社長をビンタで殴打したことが発覚。事務所との関係がこじれ、今年の3月に独立したことを7月になって自身のインスタグラムで発表。7月28日付では、自身の活動への意欲をつづったが、やはり現状は厳しいのだろう。

no title

https://myjitsu.jp/archives/61346

【西内まりや「月9主演女優」がユーチューバーに?集まる憐れみの声】の続きを読む

c4c55b49-s

1: なまえないよぉ~ 2018/08/30(木) 08:48:33.19 ID:CAP_USER9
今の彼女は“魔法が解けたシンデレラ”の気分に近いかもしれない…。西内まりや(24才)のサクセスストーリーは12才から始まった。
2006年にスカウトされモデルとして芸能界入り。2008年からは女優に挑戦、2014年に歌手デビューを果たし『日本レコード大賞』で最優秀新人賞を受賞。さらに2017年1月には“月9”主演──。

「ところが、2017年10月に所属事務所の対応に嫌気が差した彼女は、あろうことか社長をビンタ。2018年4月以降の契約更新を拒否するという、“三行半”を突きつけたのです。
信用していたマネジャーが事務所を退社したことへの不満、新しいマネジャーへの不信感などが原因だったといわれていますが、
芸能界では身勝手な“自己都合”で辞めたと見られ、今や完全に干されてしまっている状態です」(スポーツ紙芸能担当記者)

事務所独立後、彼女は個人で芸能活動を続けていくことを公表したが、道は険しい。現在の彼女の窮状を知人が明かす。

「特につらいのが金銭面のようで、仲のいい知り合いに“もうお金がないの!”と打ち明けているそうです。
インスタで海外での写真をアップしていますが、昔撮ったものも含まれています。今は海外に行く余裕もないとか。
住んでいた高級賃貸マンションを解約し、“グレードを下げた”という話も聞きました。
これまで、かなりの稼ぎがあったはずですが、親孝行などの出費もあり、貯金はそれほどなかったようです」

ここ最近のメディア露出は自身のインスタグラムにほぼ限られ、今や“インターネット上の人”というレッテルを貼られている。
だが、それを逆手に取ろうとしているという。

「今、彼女がトライしようとしているのがユーチューバーです。YouTube上で歌を配信し、多くの人に見てもらうことで広告収入を得るのが狙い。
すでに彼女が作詞作曲したオリジナル曲はいくつか出来上がっているようです。
彼女はなんと言ってもレコ大新人賞歌手。高額年収を誇る有名ユーチューバーのように一攫千金も夢ではないと考えているのでしょう」(前出・知人)

シンデレラでは、魔法が解けてもガラスの靴だけは消えずに残り、王子様と結ばれるきっかけとなった。彼女の歌声もその役割を担えるか。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180830-00000003-pseven-ent
8/30(木) 7:00配信

【西内まりや、稼ぎはあったが親孝行も影響して金欠にwwwwwww】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/08/28(火) 16:56:03.50 ID:CAP_USER9
今年3月に所属事務所「ライジングプロダクション」を退社した西内まりや(24)。西内は、7月20日にインスタグラムで芸能活動を再開する意向を示したが、再スタートがさっそく迷走しているようだ。

モデルとしてティーン誌で表紙をかざり、歌手としては2014年に『LOVE EVOLUTION』でデビューし
「日本レコード大賞最優秀新人賞」を受賞。歌手の安室奈美恵(40)に憧れて芸能界に入ったという西内まりやは、安室に負けぬ活躍をしていたが……。

「主演した昨年1月クールの月9ドラマ『突然ですが、明日結婚します』(フジテレビ系)が歴史的大コケを記録したことで精神的に崩れてしまったようなんです。
『週刊文春』(文藝春秋)に報じられたところによると、昨年11月に西内がライジングの関連会社社長をビンタしたことで事務所との関係も断絶。今年3月に正式に契約終了となりました」(芸能誌記者)

西内まりやは、7月20日にインスタグラムを更新し、ライジングとの契約が終了したことをファンに報告。
翌週7月28日に「私は一度自尊心を失くし自分を大切に出来なくなったけど、もう一度自分と、自分の人生を好きになってみようと思った」と再出発への意欲をつづったが、その前途に関しては厳しい。

「西内はフリーとして芸能活動を再開しましたが、前事務所を退社するにいたった顛末がすっかり広まっていますから、どのテレビ局も彼女を使いづらい。

一部では安室プロデュースで歌手としての活動を始めると報道されていましたが、安室は9月16日で芸能界を引退しますから、それも難しいでしょうね。
そこで今、近しい人物の話で出てきたのが、“ユーチューバー”としてのデビューなんです。
“歌やダンス、ファッショントークなどを動画で公開して、広告収入で稼ぐ”と周りに吹聴しているそうで、近く公式チャンネルが開設されるとか」(前出の芸能誌記者)

西内まりやが現在、活発に活動している場のひとつにインスタグラムがある。
フォロワー50万人超えの彼女のアカウントには多くの注目が集まっており、たしかに、もしYouTubeのチャンネルを開設すれば、それなりの登録者が見込めそうだ。

「ファンは喜びそうですが、動画の内容によっては賛否を呼びそうで……。
彼女は8月24日にインスタで、銀座の歩行者天国での写真を何枚かアップしていたんですが、そのうちの1枚に、西内が道の真ん中に寝転がって足を高く上げているという“奇行”とも思える写真があったんです。
コメント欄には“かっこいい”“足がきれい”と絶賛が並ぶ一方で、“何がしたいのか分からない”“まわりの迷惑を考えろ”と厳しい声が目立ちました。
ユーチューバーになった後、西内が炎上商法に目覚めなければいいのですが」(前同)

近日中にデビューするという“ユーチューバー”西内まりや。チャンネルが開設されたら、真っ先に登録したいところだ。

http://dailynewsonline.jp/article/1510249/
2018.08.28 16:00 日刊大衆
no title

【西内まりやさん、ついに「ユーチューバー」にwwwwwwwww】の続きを読む