1: なまえないよぉ~ 2018/08/30(木) 16:06:29.99 ID:CAP_USER9
■長濱ねるが帰ってきた。七夕に「ひらがなけやき」と一夜限りの再会

七夕に千葉・幕張メッセで開催された音楽イベント『LIVE MONSTER LIVE 2018』で、昨年7月の『ひらがな全国ツアー』愛知公演以来およそ1年ぶりに長濱ねるがけやき坂46に帰ってきた。そこでは「けやき坂46 七夕SPゲスト長濱ねる ~一夜限りの再会~」として長濱ねるとけやき坂46とのコラボが披露されたほか、イベントと連動して長濱ねる初主演、鈴木おさむ脚本のドラマ『七夕さよなら、またいつか』(日本テレビ)が2週にわたって放送された。

■長濱ねると、けやき坂46。あらかじめ物語性を帯びた、欅坂への異例の加入経緯

欅坂46のオーディション最終審査当日に、故郷の長崎から上京してきた母親に連れ戻され、審査を辞退することになった長濱ねるは、他のメンバーから約3か月遅れとなる2015年11月に欅坂46に加入した。2次審査の時点での評価は、2万人以上の応募者のうち数人にしか与えられない「S」だったという(『週刊プレイボーイ 2018年4月30日号』所収「けやき坂46ストーリー」)。そして欅坂46への加入と同時に、1人異なる制服を着た長濱ねるだけで結成されたけやき坂46との兼任活動が始動した。

けやき坂46との兼任は、2017年9月に「漢字欅の稼働もさらに多忙を極め」たことにより、解除されたが、長濱ねるの「ほわん」とした雰囲気は、けやき坂46が掲げる「ハッピーオーラ」という形で確かに継承されている。

■長濱ねるの安心感・安定感。平手友梨奈を真後ろから支える「裏センター」は欅坂の「かわいい」を担う

欅坂46の様々な活動において長濱ねるが休むことは滅多にない。たとえ欅坂46の冠番組『欅って、書けない?』に姿がなかったとしても「今日は別の仕事頑張ってるのかな?」と思わせる安心感安定感があり、“アンビバレント”“ガラスを割れ!”“風に吹かれても”“二人セゾン”といったタイトル曲で俗に「裏センター」と呼ばれる平手友梨奈の真後ろのポジションを任されていることもあって、どこか「危なっかしさ」が漂う欅坂46を支える中心的な役割を担っているようにも見える。

それと同時に、最新シングル『アンビバレント』に収録された長濱ねる、小池美波、尾関梨香によるユニット曲“音楽室に片想い”や、同一ユニットによる“バスルームトラベル”のPVを再生すれば、押し寄せる「かわいさ」の暴力で打ちひしがれることになるように、「クール」な欅坂46の「かわいい」部分を担う中心的人物の1人でもある。

続きはソースで

no title

no title

no title

no title

no title


欅坂46 『サイレントマジョリティー』 https://youtu.be/DeGkiItB9d8


けやき坂46 『ハッピーオーラ』Short Ver. https://youtu.be/X_272v7K8QY


欅坂46 『アンビバレント』 https://youtu.be/aeM6VF2XOn0


欅坂46 『ガラスを割れ!』 https://youtu.be/A2k6ZO6B0A8


欅坂46 『音楽室に片想い』Short Ver. https://youtu.be/dRAhDPmCk1c


欅坂46 『バスルームトラベル』Short Ver. https://youtu.be/hYIwXttPLnE



https://www.cinra.net/column/201808-nagahamaneru

【長濱ねるの物語性と安定感。NHKソロ冠番組も獲得した欅坂46「裏センター」】の続きを読む