芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト、芸能トピ++

藤田ニコル

1: なまえないよぉ~ 2017/10/16(月) 11:39:51.61 ID:CAP_USER9
人を惹きつける毒舌や辛口コメントで引っ張りだこ。
梅沢富美男(66才)が自らの役者人生から浮気の真相までぶっちゃけたエッセイ『富美男の乱』(小学館)を上梓した。そんな梅沢との“年の差の友情”を藤田ニコルが語った。

 * * *

私の“いちばん年上のお友達”が梅沢富美男さん。私が19才で、梅沢さんは66才。
“47才差の友情”って、スゴくないですか!?

初めて梅沢さんと共演したとき、派手な格好で、言うことも派手(笑い)。
でも、梅沢さんは私を見た目で判断せずに真剣に私と向き合ってくれたんです。嬉しかったな。

著書の〈ふるさとの子から教わる義理人情〉という話には、中学2年生の女の子から純粋な心を教わったって書いてありましたけど、梅沢さんには、年上も年下も関係ない。
興味のあることや感心したことは、ちゃんと素直に受け止めてくださるかたなんです。

私が最近の若い子たちが使う「卍」っていう言葉を教えてあげたら、別の番組で使ったりしてるんです。「
最近の若いヤツはダメだ」って言うんじゃなく、受け入れてくれる。それってカンタンなようで難しい。スゴいですよね!

みんな、梅沢さんを「キレキャラ」とか言ってるけど、私は全然違うと思う。キレているように聞こえるかもしれないけど、相手のことを全否定はしないんです。
相手をちゃんと見ようとしてくれる。私はまだ梅沢さんに怒られたことはないけど、もしそういう機会が訪れたら、それは梅沢さんが真剣に私のことを考えてくれてのことだと思う。

実は私は友達が少ない。だから、梅沢さんともっと“濃い友達”になれたら嬉しいな。
連絡を取り合うのはもっぱらメールで絵文字はないけど、一生懸命さが伝わってきてカワイイですよ。

※女性セブン2017年10月19日号

http://news.livedoor.com/article/detail/13753102/
2017年10月16日 7時0分 NEWSポストセブン

cb6ec_759_8e02015f_567d2124

no title

no title

no title


https://www.youtube.com/watch?v=8-moHLgBPzk


夢芝居・梅沢富美男

【藤田ニコル 梅沢富美男ともっと“濃い友達”になりたい】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/09/17(日) 12:05:20.76 ID:CAP_USER9
【藤田ニコル/モデルプレス=9月17日】
モデルでタレントの“にこるん”こと藤田ニコルが17日、TBS系情報番組「サンデー・ジャポン」(毎週日曜あさ10時~)に生出演。元カレとのエピソードを明かした。

◆にこるん、中1のときに

番組では、年下の弁護士との不倫疑惑が報じられた山尾志桜里衆院議員のニュースを報道。山尾議員は夫と離婚協議中であり、弁護士に離婚を相談していたことが新たに報じられたことにちなみ、
「相談から恋愛に発展したことは?」という話題となった。

藤田は「中1のときに不登校のヤンキーと付き合っていて」と2歳上の元カレについて言及。
「どうしても別れたくて」と別れたかったがなかなか別れられない状況にあったため、元カレと同学年の別の先輩に相談していたそう。

最終的に、元カレとその取り巻きに「別れたくて土下座して謝った」となんとか別れられたと話し、スタジオからは「すごい組織」と驚きの声が。
「別れた直後に相談してた男の子と付き合いました、帰り道に」と淡い思い出を語った。

http://news.livedoor.com/article/detail/13624428/
2017年9月17日 10時58分 モデルプレス

no title

【藤田ニコル「土下座して謝った」元カレとの破局秘話に驚き「中1のときに不登校のヤンキーと付き合っていて」】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/09/15(金) 16:48:50.58 ID:CAP_USER9
9月7日、2017年の「日本ベスト・カー・フレンド賞」を受賞した、モデルの藤田ニコル(19)が授賞式に出席。そこで語った藤田の正直すぎるコメントが、ファンの間で話題になっているようだ。

日本マイスター検定協会が主催する「日本ベスト・カー・フレンド賞」は、自動車文化の普及に貢献した人物に贈られる賞。
2015年から開催され、第1回ではエコカー好きで知られる黒柳徹子(84)も受賞している。

そんな同賞を、今年は武井壮(44)、橋本マナミ(33)、藤田ニコルの3名が受賞。選考を務めたテリー伊藤(67)は、
「今年はこの3人が最適」と語り、藤田に対しては「カラフルな車が似合う若い女性ということで(選んだ)」と選考理由を明かした。
しかし、当の藤田は、「まさか選ばれると思ってなかった」「車の免許持ってないんですけど……」と、
無免許の自分が自動車関連の賞を受賞したことを不思議がっていた。

この藤田の「免許持ってない」発言が各メディアに取り上げられると、ネットでは大きな話題に。
「思ったことを正直に言っちゃうにこるん、かわいい」「この手の賞で、そこに触れちゃダメでしょ」
「たまに核心を突くにこるん、最高すぎる」と、藤田の正直な発言を絶賛するコメントが数多く上がっていた。

「こういった賞の選考には、以前から疑問が寄せられることが多いですね。
たとえば、“今後眼鏡をかけて活躍してほしい人”に贈られるという『日本メガネベストドレッサー賞特別賞』は、毎回選考基準がさっぱり分からないと話題になります。
ちなみに、今年は欅坂46が受賞していまして、特別に“メガネ選抜”が結成されるようですよ」(芸能誌ライター)

藤田ニコルは、今回の受賞を機に「免許を取りたい」とも語っている。
もしかすると今後、自動車業界に多大な貢献をしてくれるかもしれない。

http://dailynewsonline.jp/article/1355145/
2017.09.15 10:00 日刊大衆

no title

no title

no title

no title

no title

no title

【藤田ニコル「無免許」発言に、称賛続々!?】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/09/14(木) 09:02:53.32 ID:CAP_USER9
モデルの藤田ニコルが、13日に放送された日本テレビ系バラエティ番組『今夜くらべてみました』(毎週水曜21:00~)で、"極細くびれ"のためのダイエット生活を明かした。

藤田は「『Popteen』に出てたときは個性重視だったんですけど、これからは個性いらないというか見た目をとらわれるから、見た目を頑張らなきゃと思って今頑張ってる」と美容に力を入れるようになった理由を語った。

そして、ジムに週3~4回くらい通い、美容鍼や腸内洗浄も行っていると明かし、
「腸内洗浄は月2回くらい。小さい時から便が出なくて、腸内洗浄を始めてから調子がいい」と効果を実感。「お尻の穴にホースを入れるんですよ」と話した。

また、冷えた水は飲まず白湯を飲んでいるそうで、「1日3リットルくらい水を飲みます」と説明。
18時以降は食べないことも明かし、18時ギリギリに滑り込みで食べるときも「スルメイカとか」と気を付けているという。

いつまでダイエットするのかと聞かれると「ダイエット始めて今5カ月目。あとマイナス1.1キロくらいになったら、一緒に撮影する人たち(モデル)と並べる体重です」と返答。ストイックなダイエット生活に共演者から驚きの声が上がった。

http://news.livedoor.com/article/detail/13610076/
2017年9月14日 8時20分 マイナビニュース

no title

no title

no title

no title

【藤田ニコル、″極細くびれ″の裏の努力「腸内洗浄」「18時以降は食べない」】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/09/12(火) 15:12:17.59 ID:CAP_USER9
モデル・タレントの藤田ニコルが11日にInstagramで公開した写真が、「にこるん痩せた??」「また痩せたと?」と話題になっている。

この日藤田は膝上が見えるミニスカートをはいた写真を公開。太ももの細さもよくわかる一枚となっていたことから、ファンからは「さらに脚が細くなった?」「ニコルん前より足が細くなってるっ!!!」
「にこるん凄い細くなった」という声が続出。さらに「もう痩せんで良くない?!こんくらいが1番」と心配するコメントも寄せられていた。

また藤田は自身のTwitterで「焼けて引き締まってみえる」とコメント。“脚細ショット”は日焼けのおかげ……とのことだが、
それでもファンからは「でもやせてるよ?」「まじ細い」「めっちゃ細いよ足」という声が寄せられていた。

以前より常にダイエットに励んでいることを明かし、今年6月のインターネット番組では約2週間で2キロ減量したことも述べていた藤田。
モデルという職業柄、スタイル維持への意識は人一倍強くなっているとは思われるが、それにしても藤田のストイックすぎる姿勢の結果にはファンも驚き続けているようだ。

http://news.livedoor.com/article/detail/13599852/
2017年9月12日 7時13分 シネマトゥデイ

no title

【藤田ニコル、脚細すぎショットが話題にwww】の続きを読む