芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

藤田ニコル

1: なまえないよぉ~ 2020/01/18(土) 23:31:22.88
モデルでタレントの藤田ニコル(21)が18日、自身がパーソナリティーを務めるTBSラジオ「藤田ニコルのあしたはにちようび」(土曜後7・00)に出演。とある恐怖エピソードを語った。

今月12日、日曜日の午前5時ごろ、藤田は玄関の方から聞こえる激しい物音で目を覚ました。よく聞くと、それは鍵穴にカギを入れたり、ドアのレバーを回す音だったという。

藤田は、まだ夜も明けぬ時間帯だったことから、その音を聞いて「殺し屋か…」と思ったそう。「ついに殺されるんじゃないかと」思い、母親に助けを求める電話をかけた。ただ、一刻を争う緊急事態。ドアにはのぞき穴がなく、モニターの使い方も分からないため、外の様子も見ることができない。とりあえずチェーンをかけることで、身の安全を確保した。

ただ、一向に鳴りやまない“ガチャガチャ音”。藤田はその時の様子を携帯に収めていたのだが、それはまるで恐怖映画のワンシーン。まさに殺人鬼が迫っているかのような映像で、藤田は「ヤバくない?“死ぬ”って思うじゃん、こんなにガチャガチャされたら」と、番組共演者の「タイムマシーン3号」の2人に訴えかけていた。

1時間たった午前6時ごろ、まだドアをガチャガチャとやっている音が…。藤田はモニターの使い方が分かったようで、外の様子をうかがうことに成功。そこには見知らぬ“オッサン”の姿があった。

午前7時40分を回っても続くガチャガチャ音。TBS「サンデージャポン」(日曜前9・54)に出演するため家を出なくてはならなかったが、その“オッサン”と鉢合わせする可能性があったため、出るに出られなかったという。とりあえずマネジャーと電話しながらなんとか部屋を出たというが「集合時間に遅刻しちゃいました」とかなり影響が出てしまった。

その後、管理人に事のてん末を報告したところ、“オッサン”のやらかしが今回で2回目だったことを告げられる。藤田の部屋の上か下、いずれかの部屋の住人だったそうで、酔っぱらって“誤って”藤田の部屋に入ろうとしたのだという。おわびとして管理人から羊かんをもらったそうだが「直接持って来いよ!」と苦笑い。藤田は「すっごい、ストレスたまりました」「私の睡眠時間返してください!」と怒りをぶちまけていた。

ちなみに藤田は「酔っぱらって帰ってくると、カギ開けっ放しで寝ちゃうんですよ」と告白。その事件の前日はカギが開いていたようで「前の日だったら、普通にそのオッサンに入って来られちゃったかも。(日曜日は)たまたまカギ閉めてたからよかったです」と驚きの事実を語った。セキュリティー強めのマンションとはいえ、油断は禁物と言えそうだ。

https://news.livedoor.com/article/detail/17683955/
2020年1月18日 21時5分 スポニチアネックス
no title

【【にこるん】藤田ニコルさん、自宅マンションで思いもよらぬ恐怖体験をしてしまうwwwww】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2020/01/16(木) 09:50:58.05
モデルでタレントの藤田ニコル(21)が、テレビ番組などでの発言によってネット上で一部から批判を浴びる状況に、つらい思いをつづった。

藤田は15日深夜、ツイッターを更新。「テレビでの企画だから発言したりとかノリとか、ラジオのテンションとか、んー」と、発言に対する一部からの批判に複雑な思いをにじませ、「21歳の女性ですがいくらでも言葉のナイフで文句や皮肉やなんやら、もう受け入れるしかないもんね。ネットの悪口って無くなるわけないし言われる本人が大きい心で変わらないと解決しかないんだもんね」とつづった。

それでも多くのファンから励ましの声が寄せられ、「夜眠りにつく前に皆んなからのコメントやインスタのDM開いてみたり、皆んなからの言葉で涙する日もあるし、応援してくれてるみんなの言葉で保ててる部分もあるよ、私に限らず芸能界にいる人たちも。
ありがとう明日も頑張って生きようねおやすみっ」と感謝の気持ちをつづった。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200116-01160139-nksports-ent
f9f1af84

【【にこるん】 藤田ニコルさん、ネットの悪口に心痛 、涙する日も・・・】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2020/01/12(日) 07:08:33.13
 モデルでタレントの藤田ニコル(21)が11日、自身がパーソナリティーを務めるTBSラジオ「藤田ニコルのあしたはにちようび」(土曜後7・00)に出演。実業家の前澤友作氏(44)について語る場面があった。

 前澤氏は1日に更新した自身のツイッターで、100万円を1000人にプレゼントする総額10億円のお年玉企画を開催することを報告。1億円のお年玉を振る舞った前年に引き続き、賛否両論の意見が飛び交った。

 これについて藤田は「好きにやればいいじゃん。自分で稼いでるお金ですから。どう使おうかは自分次第」と肯定的な意見。「否定している人もくやしい気持ちもあるんじゃないですか?」と、否定派の人々の気持ちもおもんぱかった。

 “自身はこの企画に参加したかったか”を問われると「私もしようかと思った」と告白。「周りの芸能の子たちも結構リツイートしてて、なんかいいなー、軽く100万円もらえたらラッキーだなー」と、“あわよくば”を期待していたとか。しかし藤田は「条件にフォローしなくちゃいけないって書いてあった」ことを理由に、参加することをあきらめたという。

 なぜ前澤氏をフォローするに至らなかったのか?これについて藤田は「さすがに事務所の先輩の元彼をフォローするのは…」とコメント。昨年前澤氏と破局した先輩・剛力彩芽(27)のことを考えると、前澤氏をフォローするなど常識的にありえないとしていた。

 さらに藤田は「(前澤氏には)あんまり近づいちゃいけないイメージありますから。後輩として」とバッサリ。立場的にも前澤氏とは距離をおく決意を見せていた。

2020年1月11日 22時13分
スポニチアネックス
https://news.livedoor.com/article/detail/17651598/
no title

【【にこるん】藤田ニコルさん、前澤友作氏のお年玉企画に言及】の続きを読む

20200112001

1: なまえないよぉ~ 2020/01/12(日) 11:35:19.75
タレント加藤紗里(29)が11日、TBS系「サンデー・ジャポン」(日曜午前9時54分)に出演し、一般男性との結婚生活3カ月でのスピード離婚について語った。

加藤は昨年9月に不動産会社経営の男性と結婚したが、先日、離婚していたことを発表した。3カ月で1億円以上使わせ、男性の経営が傾いたため、結婚後1週間で別居していたという。

加藤は「籍入れた後に、(相手に)今までみたいなお金の使い方はできない、と言われ、それじゃあ意味なくない? じゃあバイバイじゃない? って。これだけお金使えるよって見せておいて使えないって、詐欺じゃない?」と持論を展開した。

「お金イコール愛」と言う加藤に対し、藤田ニコル(21)が「30歳超えたらキツくなってくるのでは」と言うと、加藤は「え!? 美人薄命って言葉知らないの!?」。

加藤は、お笑い芸人、狩野英孝に二股をかけられた疑惑で世間をにぎわせたことで知られる。

https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202001120000168.html 
2020年1月12日11時5分 


no title

【スピード離婚の加藤紗里さん、にこるんからのツッコミに反論wwwwwww】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2020/01/07(火) 06:38:50.30
1月4日放送のTBSラジオ『アットホーム presents 藤田ニコルのあしたはにちようび』に出演した藤田ニコルが、“飲み会の誘い”について語った。

番組には、リスナーから、“会社の先輩から飲み会に誘われた時、金銭的に余裕がないので、正直断りたいが、「仕事がやりづらくなるんじゃないか?」と考えてしまって、断れない。
うまい断り方があったら教えてほしい”というメールが寄せられた。


これに対し、藤田は「シンプルに“行きたくないから”じゃないですか?」と切り出し、「その時は(先輩は)誘うマインドになってるけど、たぶんあなたにみんなそこまで興味がないと思う」
「その時だけじゃん?仕事ってなると、仕事のモードになるし」「そこまでさ、“飲み来なかったから、あいつ嫌だな~”みたいなの引きずらなくない?」と意見を述べた。

続けて、自身が“行きたくない”と感じる飲み会に無理やり参加した経験はないとして、「仕事の行かなきゃいけないのも、行きたくなかったら行かないかも」
「それで仕事が増えるって嫌じゃない?マネージャーが行けばよくない?」「だってそれでしか仕事が取れないような人ってことでしょ?魅力が」とコメント。

さらに「そういうの言える時代でいいと思いますけどね。行きたくないんだったら、行かなくていいと思うし」
「それはなんか、昭和の…残ってますよね、まだ。今は令和ですから」「『行きたくない』って言える環境を私が作りたいです」と持論を展開した。

https://news.livedoor.com/article/detail/17627869/
2020年1月7日 6時0分 E-TALENTBANK
no title

【藤田ニコル、“飲み会の誘い”に対する持論展開】の続きを読む