芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

菅井友香

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2018/05/24(木) 17:46:36.43 ID:CAP_USER9
6月5日に発売される欅坂46のキャプテン・菅井友香の1st写真集「フィアンセ」より、表紙が公開された。

白く幻想的な光が降り注ぐ表紙カットは、菅井の“お嬢様”感に合わせてパリの伝統的ホテルで撮影された部屋着姿のワンシーン。
パリに到着した翌日、写真集撮影としては初日という、まだ緊張と期待が入り交じる表情の中に、菅井の純真さと真面目さを表すような真っすぐな視線が印象的なカットだ。

帯コメントも公開

また、欅坂46総合プロデューサー・秋元康氏かは、同作の帯で「菅井は親に紹介したい女子だ。だから、この『フィアンセ』も親に見せたい写真集である」とコメント。
「フィアンセ」というタイトルに込められた意図が垣間見える。

菅井友香1st写真集「フィアンセ」

欅坂46の“癒し系キャプテン”をフランス・パリで撮影した同作。
恥じらいと気品が共存するランジェリー姿、美食に舌鼓を打つ“もぐもぐゆっかー”、リラックスした素の表情など、まるで“お嬢様初めての海外旅行”に帯同するかのような、上品でいて欲張りな内容に仕上がり。
清楚なネイビーの水着や、雑誌「anan」2103号で公開された白のランジェリー姿が話題になっている。

タイトルはいくつかのタイトル候補から決定する際、どれも甲乙付け難いということで菅井家では家族のグループLINEでの協議。
結果、家族全員一致で『フィアンセ』に決まったという。

なお、公式Twitterでは、随時オフショットを公開中。
タイトル「フィアンセ」から着想した菅井のチャレンジ企画「#ゆっかー花嫁修業なう」も展開している。

菅井友香(すがい・ゆうか)プロフィール
1995年11月29日、東京都生まれ。いて座のAB型。
2015年8月、欅坂46の1期生オーディションに合格しメンバーとなる。
“ゆっかー”のニックネームで親しまれ、2017年1月には欅坂46のキャプテンに任命。
特技は小学5年生から始めた乗馬で、大学でも馬術部、さらに欅坂46加入後も『炎の体育会TV』企画にて馬術大会にも出場。
その“馬愛”はガチで、馬グッズや馬にまつわるものに目がない。
また、アイドル界でも随一のお嬢様で、丁寧で気遣いに溢れた言動や癒しの笑顔に、ファンのみならず市井の人々からも敬意を込めて“菅井様”と呼ばれている。

http://mdpr.jp/news/detail/1768484

菅井友香1st写真集「フィアンセ」表紙カット
no title


菅井友香1st写真集「フィアンセ」より
no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

【【欅坂46】「お嬢様」菅井友香、神々しい初写真集の表紙解禁 秋元康氏「親に見せたい写真集である」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2018/05/21(月) 10:35:12.30 ID:CAP_USER9
欅坂46のキャプテンを務める菅井友香が、23日発売の「anan」2103号に登場。
1stソロ写真集「フィアンセ」(6月5日発売)に先駆けてランジェリーカットが掲載される。

同号では、大人可愛いランジェリーカットを6ページにわたって公開。
インタビューでは、初の写真集、初渡仏、旅先でのランジェリー姿…と撮影から今日まで、お嬢様のベールを脱ぎ捨てて出会った“新たな自分”について語った。

菅井友香「とにかく恥ずかしかった」

すでに、水着カットも解禁されているが「水着も友達の前では着たことがないので、ランジェリーはとにかく恥ずかしかったです」と語る菅井は、「でもくびれを褒めてもらえるのは嬉しいですね(笑)」とコメント。
「今まで主張することが苦手で、みんなをうまく引っ張れなくて。写真集は自分への挑戦の始まりだったかもしれません」と話した。

菅井友香1st写真集「フィアンセ」

欅坂46の“癒し系キャプテン”をフランス・パリで撮影した同作。
恥じらいと気品が共存するランジェリー姿、美食に舌鼓を打つ“もぐもぐゆっかー”、リラックスした素の表情など、まるで“お嬢様初めての海外旅行”に帯同するかのような、上品でいて欲張りな内容に仕上がり。

タイトルはいくつかのタイトル候補から決定する際、どれも甲乙付け難いということで菅井家では家族のグループLINEでの協議。
結果、家族全員一致で『フィアンセ』に決まったという。

なお、公式Twitterでは、トムやテレキシオ号とのオフショットをはじめ、新たな情報が随時更新されている。

http://mdpr.jp/news/detail/1767190

【菅井友香 プロフィール】
1995年11月29日、東京都生まれ。欅坂46キャプテン。
おっとりとした佇まいとていねいな言葉遣いが魅力的な生粋のお嬢様。
趣味は乗馬。6月5日、ファースト写真集を発売。
愛称・ゆっかー、菅井様。

「anan」2103号 ランジェリーカット公開 菅井友香
no title


清楚な水着ショット
no title

菅井友香1st写真集「フィアンセ」より
no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

【【欅坂46】「お嬢様」菅井友香、くびれが美しいランジェリーカット公開「とにかく恥ずかしかった」 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2018/05/16(水) 19:12:17.03 ID:CAP_USER9
6月5日に発売される欅坂46のキャプテン・菅井友香の1st写真集「フィアンセ」より、水着カットが公開された。

今回公開されたのは、ネイビーのチューブトップタイプの水着で、白いラインとリボンが上品さをさらに引き立てているカット。

パリ近郊・シャンティイという街の森の中にある、19世紀の城を改装して作られたホテルで撮影。
その地下にある室内プールは、モダンで優雅な造りとなっており、お嬢様である菅井にぴったりの雰囲気だった。

菅井友香お気に入りの水着カット

同カットは菅井のお気に入りだといい「大人っぽい場所と大人っぽい水着ということもあって、今回の写真集で着た水着の中でも1番大人っぽく撮っていただけた」と紹介。
「このプールは本当に綺麗で高級感があって、ネイビーの水着もこのプールにぴったりだったので、リラックスして撮れました。撮影直前まで雨が降っていたんですけど、ちょうど撮影しはじめたら雨が上がって良い光が入ってきて、自然と表情も柔らかくなっていきましたね」と振り返った。

菅井友香1st写真集「フィアンセ」

欅坂46の“癒し系キャプテン”をフランス・パリで撮影した同作。
恥じらいと気品が共存するランジェリー姿、美食に舌鼓を打つ“もぐもぐゆっかー”、リラックスした素の表情など、まるで“お嬢様初めての海外旅行”に帯同するかのような、上品でいて欲張りな内容に仕上がり。

タイトルはいくつかのタイトル候補から決定する際、どれも甲乙付け難いということで菅井家では家族のグループLINEでの協議。
結果、家族全員一致で『フィアンセ』に決まったという。

なお、公式Twitterでは、トムやテレキシオ号とのオフショットをはじめ、新たな情報が随時更新されている。

菅井友香(すがい・ゆうか)プロフィール
1995年11月29日、東京都生まれ。いて座のAB型。
2015年8月、欅坂46の1期生オーディションに合格しメンバーとなる。
“ゆっかー”のニックネームで親しまれ、2017年1月には欅坂46のキャプテンに任命。
特技は小学5年生から始めた乗馬で、大学でも馬術部、さらに欅坂46加入後も『炎の体育会TV』企画にて馬術大会にも出場。
その“馬愛”はガチで、馬グッズや馬にまつわるものに目がない。
また、アイドル界でも随一のお嬢様で、丁寧で気遣いに溢れた言動や癒しの笑顔に、ファンのみならず市井の人々からも敬意を込めて“菅井様”と呼ばれている。


清楚な水着ショット解禁 菅井友香
no title


菅井友香1st写真集「フィアンセ」より
no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

【【欅坂46】「お嬢様」菅井友香、清楚な水着ショット解禁 美くびれボディ披露】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2018/04/16(月) 00:14:12.56 ID:CAP_USER9
欅坂46の菅井友香が、16日発売の「週刊ヤングマガジン」20号の表紙、巻頭グラビアを飾る。

今号では、6月5日に発売されることが発表された菅井のファースト写真集から先行初だしカットを公開。

アイドル界一の正統派お嬢様だけに、伝統的ホテルも自然に似合う品格をみせている菅井。
パリを満喫する姿、恥じらいながらも堂々とみせる表情など、どれも写真集に期待が高まるカットとなっている。

菅井友香ファースト写真集

菅井のファースト写真集には、エッフェル塔、凱旋門、モンマルトルの丘と、お嬢様にはパリの名所がよく似合うカットや、パリの街に馴染むほど、リラックスした素の感情が表れる“まだ見ぬ菅井友香”を収録。
さらに、本場のフランスパンに感動、有名店のオムレツに舌鼓と、レアな“もぐもぐゆっかー”、初めて披露する水着に、恥じらいと気品が共存するランジェリー姿も。
圧巻の“美くびれ”を初公開する。

そして、撮影秘話から生い立ち、将来のことまで、10000字超のロングインタビュー&直筆コメントも掲載される。

http://mdpr.jp/news/detail/1759627

ファースト写真集から先行カット初公開 「週刊ヤングマガジン」20号 菅井友香
no title

no title

no title

no title


欅坂46 菅井友香
no title

no title

no title

no title

【【欅坂46】「正統派お嬢様」菅井友香、写真集から先行カット初公開 パリで美肌魅せ】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2018/04/11(水) 13:50:00.30 ID:CAP_USER9
欅坂46の菅井友香が9日、月曜レギュラーを務める生放送ラジオ『オテンキのり&欅坂46菅井友香のレコメン!』(毎週月曜深夜12時~)にて、欅坂46のデビュー2周年記念ワンマン公演 
菅井友香「私は何も出来てない」センターへの覚悟

今回のライブでは、デビューから6作連続センターの平手友梨奈が欠席となったことから、それぞれの楽曲のセンターをほかのメンバーが担当し、グループ最高難易度ダンスといわれる『不協和音』のセンターは菅井が務めた。
普段はおっとりした“お嬢様”の菅井は、ポンコツな一面も時折見せて愛されているが、ライブではこれまでに見たことない鋭い目つきや会場を震え上がらせるほどの気迫で大きな反響を呼んでいた。

番組のパーソナリティをともに務めるオテンキのりもライブを観に行ったようで、菅井のパフォーマンスについて「顔つきというか、気迫っていうんですかね…別人!あんな菅井さん、知らないと思って!」と圧倒された様子。
菅井は「平手ちゃんが、ど真ん中がいない代わりにポジションとかを全部変えたりしていたんですけど、不協和音の代役だけはずっと決まっていなくて…。『(センターを)やる子、大変だよなぁ』って思ってたらマネージャーさんから『菅井に背負ってもらいたい』みたいな連絡が来た」とライブ開催の約1週間前にセンターに指名されたことを明かした。

直前の抜てきだったため「(不協和音は)去年の紅白で歌わせていただいた1年を代表するような曲でもあったし、本当に大切な曲だからすごく悩んだ」と話したが、「でも、この2年間キャプテンとしても私はみんなのために何が出来てたんだろうって思ってたら、『私は何も出来てないな』って思って」とこれまでの自分を変えるためにもセンターを担うことを決意。
しかし「まず実力が足りていなかったし、改めててち(平手)の『不協和音』が大好きだなって思った。わかりたいって思ってたけど、てちの凄さを何もわかっていなかったなって思った」とセンターを務めたことで実感した本音をポツリ。

そんな菅井にのりは「でも、改めて本当にキャプテンになったなっていう瞬間だったんじゃないかなって。もちろん僕だけじゃなくて、ファンの皆さんとか、あの会場にいた人とかみんな思ったんじゃない?あの経験で一回りも二回りも菅井さんももちろんメンバーのみなさんが成長したというか、大きくなったという感じ」とファンの気持も代弁した率直な感想を述べていた。

菅井友香「不協和音」パフォーマンス中は「記憶がない」

グループを代表する楽曲のセンターへのプレッシャーを感じていた菅井だったが、「本当にステージに立つの怖かったんですけど、でもみなさんの歓声とか聞いて間違っていなかったのかなと思えたので、ありがたかったなって思います」とファンに感謝。

「心の奥のメラメラ燃えた闘志みたいなのが、自分も知らなかったような闘志が全開になった。自分がコントロール出来ない感じになっちゃって…あんまり記憶がない」と全身全霊をかけて表現していたようで、「メンバーが曲中に『友香!!』って。誰かわからないんですけど『友香!』って声が聞こえて、私はもう『やめてー!!』とか言って」と曲中の様子を説明。
「とりあえずもう欅坂を、今の欅坂を見てろ!みたいな、すごい言葉遣い悪いんですけど…」と心からの思いをパフォーマンスにぶつけていたことを話した。

さらに、3日間でだんだん自分の気持ちのコントロールが出来るようになったといい、「最初のリハーサルの時は『不協和音』やったあとに涙が止まらなくなっちゃって。アンコールのリハーサルまで引きずっちゃったりとか、1日目も2日目も心のキャパを超えちゃって、アンコールでどうしても泣いちゃったりとかしちゃった」と極限状態で本番に挑んでいたことを吐露。
「3日目は絶対泣かないって決めて。本当に平手ちゃんの凄さがわかりましたね。どれだけ頑張ってくれてたか…」と改めて平手の存在の大きさを実感したことをしみじみと語った菅井は、のりが「また帰ってきてほしいね」と声をかけると、「本当にそう思います」と同意していた。

全文
http://mdpr.jp/news/detail/1759371

菅井友香センターの『不協和音』 欅坂46デビュー2周年記念ワンマン公演『2nd YEAR ANNIVERSARY LIVE』
no title

欅坂46キャプテン 菅井友香
no title

平手友梨奈
no title

【【欅坂46】菅井友香「平手友梨奈の凄さを何もわかっていなかった」】の続きを読む