芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

苦言

    このエントリーをはてなブックマークに追加
4f4b7d7e

1: なまえないよぉ~ 2018/05/15(火) 19:12:29.47 ID:CAP_USER9
5月10日、フリーアナウンサーの高橋真麻(36)が、自身のブログを更新。一般人の“イジり”に対して苦言を呈した。

 この日、高橋は「イジり 弄り」というタイトルでブログを更新。最初に辞書に載っている“イジり”という単語の意味について解説。そのうえで「私が働いている業界では、イジリはエンターテインメントコンテンツでありイジリが無いとみんな困っちゃいます」「私も然り」と、イジりの重要性を説いた。

 そして高橋は、庭弄り、車弄りという言葉を例に挙げ、「庭が好きだから弄る」「車が大切だから弄る」というのが“イジり”の本来の意味だと説明。「私にとって現場での弄りには感謝しかないのです」と、テレビ番組などでの“イジり”には、相手を思いやる側面があるとつづった。

 しかし、高橋はイジった側がネットで批判されることに心を痛めているようで、「どうしたもんかなぁ…」と発言。そして「まぁ私自身、たまにプライベートで弄られると実際ムカッとする事もあります」と語り、プロがイジるのと、素人が雑にイジるのでは、「キャリアとクオリティが違う」との見解を述べた。

 また、「テレビを見て、無闇矢鱈に友達や仲間を弄るのがOKだ、面白い、と思うのは安易」「(イジられた側は)傷付いている事が多いように思います」と、素人による安易なイジりの危険性を指摘。そして最後に「この業界以外での弄りの方がめちゃくちゃ難易度が高いから、軽々しくしてはダメよ~」と警鐘を鳴らしていた。

 そんな高橋の意見は、多くの読者の共感を得たようだ。ネットには、「ほんとそれ!」「一般人のイジりって全然おもしろくないし、実質パワハラ」「完全に同意!」「やっぱり愛のないイジりはダメだよな」「芸能界でイジられるのはステータスだけど、一般人からするとウザいだけ」といった、高橋への賛同のコメントが多数寄せられていた。

「高橋真麻といえば、すっかり“イジられキャラ”でおなじみです。2017年3月の『有吉弘行のダレトク!?』(フジテレビ系)では、“真麻イジリベスト10”という企画を放送。過去の放送で、高橋が有吉弘行(43)にイジられたシーンをランキング形式で紹介するという内容でした。その中で高橋は“引き続き、(イジりを)よろしくお願いします”とコメントして、有吉を爆笑させていましたね」(テレビ誌ライター)――説得力がある!

日刊大衆2018年5月15日12時30分
https://news.infoseek.co.jp/article/taishu_59301/?ptadid=
no title

【<高橋真麻>一般人による“イジり”に苦言 !プロがイジるのと、素人が雑にイジるのでは「キャリアとクオリティが違う」wwwwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
出川哲郎

1: なまえないよぉ~ 2018/04/12(木) 18:51:47.24 ID:lhM9jKZw0● BE:748526364-2BP(2000)
 お笑いタレントの出川哲朗(54)が10日放送の日本テレビ「踊る踊る踊る!さんま御殿!!3時間SP」(後7・56)に出演。飲食店でインスタグラムを投稿する女性たちの言動に苦言を呈した。

 「若者への苦情」と題したテーマで、出川が言及したのが「インスタ女子」。飲食店で注文した料理の見栄えが地味だと「インスタ映えしい」「“いいね”がもらえない」などと不満をもらしていると指摘し、「ご飯を食べに来たんだろ!」と投稿に夢中になる彼女たちへの怒りを口にした。

 MCの明石家さんま(62)が「俺はもう慣れた」と話す中、出川のテンションは高まるばかりで「(料理を)持ってきれくれたら、僕たちはまず『いただきます』でしょ!」と力説。さらに「『いいね』が付いても何ももらえない。100ポイントでハワイ旅行が当たるというならわかるけど」と独自の見解を披露して盛り上げた。

 若者の立場からモデルのみちょぱ(19)らが、インスタ投稿は自己満足であること、また店のPR効果にもなると説明したが、出川はこれも「もっとハートで勝負しないと」と一蹴。さらに「コックさんに『いいね』って言ってほしい。『きょうはいいねです』って」と、呼びかけてさらに笑いを呼んでいた。
http://news.livedoor.com/article/detail/14568609/

【出川哲朗、「インスタ女子」に苦言 「まずいただきますでしょ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2018/04/11(水) 08:50:58.02 ID:CAP_USER9
歌手のmisono(33)が、一部ファンによる“ルール違反”に苦言を呈し、自粛を求めた。

misonoは10日、ブログを更新。
レギュラー出演していたネット番組が1日限定で復活したことを喜んだが、「この日に限らず“入り出待ち”は、禁止なのですが…それでも『まだしてしまう人』がいるため…言いたくないんだけど、書きます」と一部ファンのマナー違反行為について書き出した。

同番組のスタジオは繁華街である東京・原宿の“ど真ん中”にあるといい、多くのファンが1カ所に集中することで「苦情もきてしまう」と、入待ちや出待ちを禁止している理由を説明。
この日もmisonoは近隣の迷惑になることを避けるため、ファン対応せずに車に乗り込んだそうだが、「そこからも『皆さ~ん!危ないから帰って下さ~い』と、スタッフが呼び掛けていたのに…動かない人がいたのは、何でなんだろうか?! マナーを守ってる人もいる訳だから『ズルイ』『羨ましい』ってなるし、“ルール違反”をしてる人の方が『良い想いをする現場』って、どうなんだろうか?!」と苦言を呈した。

しかし過去にはそうした熱心なファンを特別あつかいしてサインに応じるなどしていたこともあり、「こうなってしまったのは、自分が原因」と反省したmisono。
それによって近所迷惑などの問題からオファーがなくなってしまった仕事もあるという。
「自分が悪いんだけど…」と繰り返しながらも、「『始発の新幹線の時間から、駅で待ってた』って聞いたりすると…女の子ばっかりだから『事件にまきこまれないかな』とか、まだ寒いし『風邪ひいてないかな』とか、ただただ心配になります…」と複雑な胸中をつづった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180410-00175318-nksports-ent

misono
no title

【misono 、「出待ち」ルール違反のファンに苦言、ファンは大切になwwwwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2018/04/06(金) 21:10:27.47 ID:CAP_USER9
フリーアナウンサーの田中みな実(31)が、歩道を自転車で走行する一部のルールやマナーを無視した行為に苦言を呈した。

 6日放送のTOKYO MX「ひるキュン」では、自転車の走行ルールなどについて特集。その中で田中は、数日前に歩道を歩いていた際に前方から向かってきた自転車の運転者から舌打ちされたというエピソードを語った。

 「横にずれようかとも思ったんだけど、歩道だから、こっちは歩行者だから、それほどずれなかった」という田中。舌打ちされたことに腹が立ち「だから『歩道ですよ!』って言ったわけ。そこはちゃんと。一応、下を向きながら、大声で」言い返したそうだが、「もう1回、チッて言われました。腹立ちますね。舌打ちされたり、わが物顔で通ってる自転車見るとほんとに腹が立つ」と憤った。

 そのほか、友人の幼い子どもを連れて歩いている時にも自転車の危険な運転にヒヤッとする場面があったという。「4歳5歳くらいの小さい子どもだから手をつないで歩いてたら、子どもの方に向かって猛スピードで来たわけですよ。『危ない!』って思わずギュって抱きかかえちゃったけど……」とその時の状況を振り返ったが、最後は「子どもほしいなぁ」とうっとり。予想外の着地に、共演者たちから一斉にツッコまれていた

2018年4月6日 19時55分
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14543030/

写真
no title

【<田中みな実アナウンサー>歩道を自転車で走行する一部のルールやマナーを無視した行為に苦言「腹が立つ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2018/01/04(木) 00:03:29.62 ID:CAP_USER9
2日放送の「新春TV放談2018」(NHK総合)で、フリーアナウンサーの高橋真麻が、古巣であるフジテレビに苦言を呈する場面があった。

番組では、NHKや民放を問わず、放送局の垣根を越えて2017年のテレビ番組を振り返りながら、出演者がテレビのあり方を語り合った。

その中で、フジテレビのバラエティー番組「めちゃ×2イケてるッ!」と「とんねるずのみなさんのおかげでした」が、2018年3月で終了することについて取り上げた。

MCの千原ジュニアが、元フジテレビアナウンサーの高橋にコメントを求めると、高橋は「毎回ね、改編のたびに『終わるんじゃないか?』なんて言われてましたけれども」と、以前からあった両番組についての噂に触れた。

その上で「私個人の体感としては、まずフジテレビに入社して調子が良くて、その後『笑っていいとも!』が終わるっていうので『あ、看板番組がやっぱり終わるんだ』っていうところから、なんかちょっと『そういうふうになっていくのかな?』っていう感じでしたけど」と、社内の空気感を打ち明けたのだ。

高橋の発言を受けて音楽クリエーターのヒャダインも「たぶんこのいい番組をふたつとも終わらせなきゃ、このくらいの抜本的なことをしないと大人数のマインドを変えられなかったんじゃないかな?」と持論を展開。

すると、高橋は「危機感を持つのがちょっと遅かったっていう感じはなんとなくありました」「ちょっと下がってきてるんだけど『まだ大丈夫。俺たちはあの時代を生きてきたから。まだ盛り返せる』(として、かつてのフジテレビを象徴するキャッチコピーだった)“楽しくなければテレビじゃない”感をちょっと残してたかな?」と、フジテレビへの苦言を呈していた

2018年1月3日 22時25分 トピックニュース
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14112044/

【高橋真麻、古巣のフジテレビに苦言!「危機感を持つのがちょっと遅かったっていう感じはなんとなくありました」】の続きを読む