芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト、芸能トピ++

芦田愛菜

1: なまえないよぉ~ 2019/06/14(金) 00:16:09.06 ID:NRHDSPs59
 女優の芦田愛菜さんが出演する書籍「図鑑 NEO」(小学館)の新CM「ドラマのワンシーン」編が6月14日、公開された。中学3年生になった芦田さんが制服姿で告白シーンに挑戦。大人っぽい表情を浮かべ、「好きです。ずっと……ずっと前から……」と、ドラマのワンシーンのように話す姿などが収められている。

 新CMは、3冊の図鑑テーマ「昆虫2地球編」「水の生物」「恐竜」と、「図鑑 NEO」シリーズに絡めた内容のせりふを芦田さんがドラマ仕立てに話す4種類。
「シリーズ」編では、2002年から続く同シリーズに対し、カメラに向かって芦田さんが「好きです。ずっと……ずっと前から……」と告白。「水の生物」編では、真剣な表情で「あなたのことは好き……でも、住む世界が違いすぎて一緒に生きられないの」と話し、「昆虫2 地球編」編では、「……もう終わりだと思ってた」とおもむろに意味深なせりふを披露する。「恐竜」編では、困った表情の芦田さんが「なんで……なんで……」と話し、各シーンの最後に商品カットと図鑑のタイトルが入るという内容。

 撮影後、芦田さんは「CMの中で、すごく思わせぶりなせりふを言っているのに、その相手が実は図鑑だったというオチがすごく面白かったです。そのせりふを言うときに、『あ、実は相手は図鑑なんだな』と思い出すとおかしくなってきてしまって、カットがかかるたびに笑ってしまいました」と語っている。

 CMは6月19日から全国で放送。

https://maidigitv.jp/movie/7rpJFWqOXTk.html
no title


芦田愛菜、大人っぽい表情で告白 「好きです。ずっと前から…」
https://youtube.com/watch?v=7rpJFWqOXTk


【芦田愛菜ちゃんが、大人っぽい表情で告白、おまえら大興奮wwwwwwww】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/05/08(水) 19:34:06.62 ID:7gGwCfo39
令和の時代を迎えて、一躍株を上げたのが女優、芦田愛菜(14)だ。年齢に似つかわしくない落ち着きぶりやたたずまいから“芦田プロ”とも呼ばれる彼女だが、NHKの令和特番に出演し、しっかりと発言したことで、聡明さが浮き彫りになった感じだ。

令和の幕開けとなった1日、即位の儀式を伝えるNHKの特番に出演した芦田。上品な青いブラウスを着て、姿勢良く座る姿は、14歳とは思えないほど大人びた雰囲気を醸し出していた。

難関中学の受験を突破した芦田とあって「教科書に載っているので、上皇さまとお呼びすることに抵抗はありません」「天皇陛下と上皇さまがいらっしゃるのは不思議な気がします」などとほころびのないコメントを連発。

進行の武田真一アナ(51)も思わず、平成の改元のときと比べての感想を求めてしまうほどの落ち着きぶりに、ネット上でも「コメント力がすごすぎる」「14歳とは思えない数々のコメント」「芦田愛菜だけ原稿読まずに発言してる」などと驚嘆の書き込みが相次いだほど。

「新しい時代を担う象徴となるひとりとして、コメンテーターに起用されたそうです。難しいテーマだけに芦田自身も引き受けるか迷ったそうですが、14歳にして、これほどそつなくこなすとは、地頭の良さが出たということ。演技巧者がそろう同世代の俳優の中でも、頭ひとつ抜け出た感じですね」と放送関係者。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190508-00000003-ykf-ent 
5/8(水) 16:56配信 


no title

no title

no title

【芦田愛菜“プロ”、NHK令和特番で株上げる 14歳とは思えないコメント力】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/01/31(木) 03:50:19.19 ID:ZtOJpTtp9
Y!mobileの新しいテレビCM「Y!BAND結成」篇の放送が2月1日に開始。このCMにToshl(X JAPAN)と新垣隆(ジェニーハイ)が出演することが明らかになった。

このCMは学校の教室を舞台に、教師役の吉岡里帆から転校生として紹介されたToshlが「みんな、バンドやろうぜ!」と呼びかけるという内容。Toshlがボーカル、新垣がキーボード、吉岡がギター、猫のふてニャンがドラム、そして芦田愛菜が縦笛を担当するバンドが結成される。

CM内で彼らは演奏しながら振り付けに合わせてダンスも披露しており、Toshlは撮影後に「“ニャー”の部分がガッキー(新垣隆)みたいにうまくできなかった」と反省。一方で演奏に関しては「十分、日本武道館を狙えるレベルですね」と満足した様子で、新垣も「そうですね、やるからにはがんばりましょう!」と意欲を見せた。


2019年1月31日 0:00 

この記事の画像・動画一覧(全18件)大きなサイズで表示
https://natalie.mu/music/news/318081
no title

【Toshl、新垣隆、吉岡里帆、芦田愛菜がバンド結成】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/09/16(日) 08:53:57.12 ID:CAP_USER9
「芦田愛菜」でネット検索をかけると、本人が出演する『CM動画』が上位検索にあがる。
グリコ『パナップ』(今年5月配信)のCM動画は290万再生、『早稲田アカデミー』(2017年7月配信)のCM動画は270万再生。
軒並み高い再生数でその人気ぶりが伺える。人気子役と言えば、その“無垢さ”のインパクトからか、
劣化したなどと誹謗中傷されたり(まだ10代にもかかわらず、だ)、成長を“穢れ”と揶揄する宿命を背負わされている。
だが、彼女の場合は清廉潔白さを保ちながら女優業にまい進し、プライベートでは名門中学にも入学するなど、子役時代から変わらぬ驚異的な“地続き感”を維持し続けている。

■難関中学突破の報せで再認識

昨年初頭、テレビ東京で放送されたドキュメンタリータッチのドラマ『山田孝之のカンヌ映画際』で芦田愛菜が本人役で登場。
カンヌ国際映画祭の最高賞パルム・ドールを取るために映画を制作していく物語で、山田は親殺しの大量殺人鬼を題材とした映画を発案。
その殺人鬼役に選んだのが“芦田愛菜”という設定だった。当時、芦田は小学6年生。
視聴者がそこで見たのは、あどけなさから脱皮した“正統派美少女”の姿。SNSやネットニュースでは「子役から進化した」、「育成成功」など称賛の文字が踊った。

同年春、彼女が慶應中等部と女子学院という名門校の合格が報道。芦田の才色兼備が明らかになった他、
『早稲田アカデミー』のCMでは「かわいくて頭良くてお金があって、完璧かよ」、「かわいいから美人になった」、一人二役に挑んだグリコ『パナップ』
CMでも、「愛菜ちゃんというより愛菜さん」、「子役というより女優さん」など注目の高さを感じられるコメントが散見された。

さらに芦田のコメント力の高さにも注目が集まり、同年4月、映画『バーニング・オーシャン』の公開直前イベントでは、池上彰がシェール革命について解説。
芦田は産出されるシェールガスが頁岩(けつがん)層に含まれていることを即答し、
池上は「『はい』とうなずくだけじゃなく、“もっと知りたい光線”を出してくる。こういう良い生徒がいると、こちらもついノッちゃう」とその優等生ぶりも絶賛した。

■「天才子役」が仇となったか、過去には批判の対象にも…

芦田愛菜は2007年、3歳で芸能界入り。2010年、『Mother』(日本テレビ系)で母親から虐待を受ける少女を熱演し、一躍“天才子役”と称されることに。
翌年、『マルモのおきて』(フジテレビ系)で連ドラ初主演を果たし、共演の鈴木福と歌った主題歌「マル・マル・モリ・モリ!」で紅白にも出場。
013年、ハリウッド映画『パシフィック・リム』ではギレルモ・デル・トロ監督も「天才」と太鼓判。
CM契約も15社ともてはやされていったが、同時にその完璧すぎる立ち居振る舞いからアンチを生むことにもなった。

「あざとい」、「大人に媚びている」、「仕事ばかりでいつ勉強? 親もどうかと思う」――。
2012年に放送された『上沼・高田のクギヅケ!』(読売テレビ・中京テレビ)では「テレビから消えて欲しい有名人」、「CMで見たくない有名人」で1位に。
同年発売『週刊文春』でも「CMで見たくない有名人ランキング」で1位と“批判”の流れが強固に。

「転機はやはり、名門中学の合格」と話すのはメディア研究家の衣輪晋一氏。
「とくに“いつ勉強?”の批判については、学業にも勤しんでいた結果が目に見える形で出せたことは大きい。
名門校入学でイメージが良くなった代表例では慶應義塾大学経済学部を卒業した嵐の櫻井翔さん。
この学部は幼稚舎から通っていたとしても、高校で相当な成績でないと進むのは困難。
芸能活動と並行しての相当の“努力”があったことがうかがい知れ、そして視聴者は“努力”“苦労”しているタレントを好む傾向がある。芦田さんもここにハマった」(衣輪氏)

http://news.livedoor.com/article/detail/15313186/
2018年9月16日 8時40分 オリコン

no title

no title

no title

no title

【「子役は劣化する」を覆す芦田愛菜、驚異的な“地続き感”で飛躍】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/07/08(日) 16:51:30.11 ID:CAP_USER9
芦田愛菜と鈴木福が、7日放送の『THE MUSIC DAY 伝えたい歌』(日本テレビ系)に生出演。2011年のヒット曲『マル・マル・モリ・モリ!』を熱唱した。

同曲は、芦田と鈴木が共演したドラマ『マルモのおきて』(フジテレビ系)の主題歌。2人が踊ったエンディングシーンは当時大いに話題を呼んだ。その時、ともに6歳だった彼らも現在14歳の中学2年生。

SNS上では、元気いっぱいパフォーマンスする2人の姿に、「愛菜ちゃんと福くんの成長に涙」「愛菜ちゃん美少女すぎるし福くんは爽やかに成長してるし最高に尊い」と感動を覚えた者も多かった。
特に芦田の成長には「可愛くなってるなあ」「超絶美人美しい」と驚きの声が殺到した。

また「14歳になってもあんなにキラッキラな笑顔でマルモリを踊れる芦田愛菜ちゃんと鈴木福くんが素敵だと思った」と感嘆する声も寄せられていた。

芦田愛菜が鈴木福と『マルモリ』熱唱!ネット上では「最高に尊い」 
2018年7月8日(日) 08時14分 RBB TODAY 
https://www.rbbtoday.com/article/2018/07/08/161861.html 

芦田愛菜 
no title


【芦田愛菜が鈴木福と『マルモリ』熱唱!ネット上では「最高に尊い」】の続きを読む