芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト、芸能トピ++

美脚大賞

1: なまえないよぉ~ 2018/10/11(木) 15:47:23.09 ID:CAP_USER9
 女優の有村架純(25)が11日、都内のホテルで行われた「第16回クラリーノ美脚大賞2018」表彰式に出席。20代部門を受賞し、
膝上約20センチの超ミニスカートで美脚を披露した。

 有村は小豆色のミニのワンピース姿で登壇。今回の受賞に「正直、このような賞をいただけると思っていなかったので、びっくりしました。
こんな機会があると思っていなかったので驚きました」と告白。司会者から脚を褒められ「すみません…」「私はモデルさんでもないですし、
平均的な体形ですし…」と恐縮しきり。それでも、美脚を強調するような超ミニスカートに「私服でも履かないですし、脚を出すということがまず
ないので、ソワソワしてます。落ち着かないですね、凄い脚の緊張があります」と照れ笑いを浮かべた。

 普段の脚のケアについては「運動はしています。ランニングとかジムでトレーナーさんについていただいて、気になる部分をトレーニングしたり。
あとは、お風呂上がりに保湿クリームを塗って、ストレッチをするようにしています。ヒールを履いて疲れたなと思ったら、ゆっくりお風呂につかって、
むくみを改善してから寝るのがいいかなと思います」と笑みを浮かべた。

 忙しかった2018年を振り返り、「『ひよっこ』が終わって、25歳になる年で、自分の中でも節目だった」としみじみ。
「お芝居に対する取り組み方は変わらないですけど、でも何となく、心持ちというか、もう25(歳)になったんだな、30代に向けて考えて
いかなきゃいけないんだなと節々に感じる1年だった。(心の余裕は)どうでしょうね、でも、考えることは変わったかなと感じます」と話した。

 さまざまなシーンで活躍する美脚の持ち主を表彰する同賞。他には、30代部門の中村アン(31)、ティーン部門の岡田結実(18)、
オーバーフォーティー部門の浅野ゆう子(58)が受賞した。

スポニチ
https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/10/11/kiji/20181011s00041000210000c.html
「第16回クラリーノ美脚大賞2018」表彰式 20代部門を受賞し、超ミニスカートで登場した有村架純
no title

「第16回クラリーノ美脚大賞2018」表彰式 20代部門を受賞した有村架純
no title

「第16回クラリーノ美脚大賞2018」表彰式 受賞した(左から)岡田結実、有村架純、中村アン、浅野ゆう子
no title

【有村架純 美脚大賞に「びっくり」膝上20センチのミニに】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/10/14(土) 16:06:11.55 ID:CAP_USER9
10月11日、30回目を迎える「日本メガネベストドレッサー賞」の授賞式が都内で行われ、芸能界部門から俳優の高橋一生、女優の土屋太鳳、スポーツ部門から吉田沙保里、今後、メガネをかけてほしい人として特別賞に欅坂46などが登場した。土屋は「高校生の時から主にプライベートでメガネを愛してきました。メガネは心強い相棒です」とコメント。所持するメガネは「1本です」と一本気な愛着を告白した。

「ベストジーニスト」同様、受賞理由が皆目わからないことで毎年疑問の声が沸き起こるこの賞。今回もまた、ネット上で様々な疑問の声が上がっている。

「いちばんやり玉にあがっているのが土屋です。『メガネのイメージない』『これほどメガネが似合わない人も珍しい』『どこにでもホイホイ出てくる』『近藤春菜や阿佐ヶ谷姉妹のほうが適任』など、批判的なコメントが多いですね。

また、土屋の『メガネを愛し、メガネに愛される女性、女優になれるように精進していきたい』というコメントには『意味不明』とバッサリ。土屋は翌日発表された『美脚大賞2017』でもアスリート脚として選出されました。アスリート脚ならアスリートを選びそうなものですけどね。どちらの賞も話題になる、ニュースになる人選なのでしょうが、主催者が望まない形で話題になっているのではないでしょうか」(芸能ライター)

 メガネのイメージよりも“なんでも欲しがる太鳳ちゃん”のイメージがついてしまいそうで心配だ。

2017/10/13 18:16 アサジョ
https://netallica.yahoo.co.jp/news/20171013-47408648-asajo

写真
no title

【<土屋太鳳>「メガネドレッサー」「美脚大賞」連続受賞も世間は「?」の嵐】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/10/12(木) 16:47:44.17 ID:CAP_USER9
健康的な美脚を持つ女性に贈られる『第15回 クラリーノ美脚大賞2017』表彰式が12日、都内で行われ、ティーン部門を平祐奈(18)、20代部門を土屋太鳳(22)、30代部門をシャーロット・ケイト・フォックス(32)、オーバーフォーティー部門を観月ありさ(40)がそれぞれ受賞し、美脚の共演を果たした。

平は「私なんかがいただいていいのかなと思っております。家族からも『あなたで大丈夫なの?』って言われたのですが、お姉ちゃん(平愛梨)は『良かったね』って言ってくれました」とにっこり。
きのうの『第30回 日本 メガネ ベストドレッサー賞』に続く受賞となった土屋も「筋肉質な脚でコンプレックスを持っていたのですが、演技もダンスも走ることも、この脚だったから乗り切れた。ここに立てていることがうれしすぎて信じられない」と喜びをかみしめた。

満面の笑みで登場したシャーロットは「緊張しすぎて、脚がブルブルしていますが、とてもうれしいです。
美脚は祖母と母から受け継いだものだと思っています」と感慨深げ。
2007年に30代部門で受賞して以来、2度目の受賞となった観月は「本当に光栄です。日々スタイル維持に頑張ってきて良かったです。50歳になっても、この賞が取れるように頑張ります」と宣言していた。

同賞は、靴の製造メーカーが集まり結成された『クラリーノパーカッシオクラブ』が2003年より毎年開催。
これまでに広末涼子、長澤まさみ、上戸彩、吹石一恵、武井咲らが大賞を受賞している。

ORICON NEWS
http://www.oricon.co.jp/news/2098816/full/
『第15回 クラリーノ美脚大賞2017』表彰式に出席した
(左から)平祐奈、土屋太鳳、シャーロット・ケイト・フォックス、観月ありさ
2098816_201710120404424001507793838c


no title

no title

no title

no title

no title

【「美脚大賞」土屋太鳳、観月ありさ、平祐奈、シャーロット・ケイト・フォックスが受賞 各年代の美脚ズラリ】の続きを読む