芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト、芸能トピ++

美容整形

1: なまえないよぉ~ 2019/08/22(木) 09:46:07.22
NGT48中井りか(21)が美容整形した芸能人らに対する中傷に異議を唱えた。

中井は21日、インスタグラムのストーリーズを更新した。7月に体調不良のためレギュラー番組を欠席したことについて「急性胃腸炎?で熱出てたんだけど その時SNS休んでたから生放送も行けなくて 整形したとかなんだとか言われてたらしくマジでうざかった」と整形疑惑が持ち上がっていたことを明かし、「ただの体調不調 素直に受け止められないひねくれた人たちって思考回路意味わかんなくて怖い」とつづった。

また美容整形に対するネット上の中傷に「可愛くなかったらブスって叩いて 可愛くなろうとしても叩いて りかは整形してないけど、してる人からしたら人生より良くするためにしてるわけであって、どんだけ痛い思いしてどんだけ金払って美しさを手に入れたと思ってんやって感じだわね」と、嫌悪感をあらわにした。

8/22(木) 9:35配信 日刊スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190822-08220122-nksports-ent

写真
no title

【NGT48中井りか「どんだけ…」美容整形への中傷に嫌悪感】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/03/03(日) 15:15:22.71 ID:RaJcXHqH9
女優の有村架純(26)の姉でグラビアアイドルの有村藍里(28)が、3日、自身のブログを更新。
「あれ?なんか最近雰囲気変わった?と思っていた方もいらっしゃると思いますが、輪郭矯正という骨から輪郭を整える手術をしました」と、美容整形手術を行ったことを公表した。

口元の突出感、笑うと歯茎が露出してしまうガミースマイル、口が閉じにくいことなど「自分の口元に対してずっとコンプレックスがあった」とし、「口元が気になって人前で素直に笑うことが怖くなっていました」と告白。
「あと少しここがこうなっていれば…毎日メイクをするたびにその気持ちがあふれてきました」と手術をしたいと思う一方で「自分が自分でなくなってしまうんじゃないかと怖くてたまりませんでした」と、気持ちは揺れ動いていたという。

それでも「ただ、手術をしないという選択は出来なかったです」とし、「一歩踏み出してみようと決意したのは、今、可愛くなりたい。と強く想ったからです。もう何も気にせず思いっきり笑えるようになりたい。この胸に残るわだかまりを消したい。その想いだけでした」と振り返った。

手術当日について「何もかもがすごく怖い。怖くて怖くてたまらない。涙が止まらない。手が震える。変わることも怖かった。変われないままでいることも怖かった。言ってることが矛盾していてわけがわからないかもしれませんが、どっちも本当の気持ち」。
さらに、術後数カ月間のダウンタイムの期間も不安にさいなまれたというが、現在の心境は「勇気出してよかった」と言い切った。

公表した理由についてもつづり「隠す必要も無いのかなと思って。今の私も手術前の私もワタシだから」と説明。
あらためて「私は胸を張って、手術してよかったと思います」とした。

手術によって、自撮り写真での口元の修正加工はしないようになったが「相変わらず実物と写真は異なると思います」とも。
「メイクも楽しくなりました。口紅を塗って、こんなにもしっくりきたのは初めて」とその効果を実感していることも明かし、最後は「1ミリでも可愛くなりたい。その精神を持ってまた一歩、進みます」と締めくくった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190303-00000121-spnannex-ent

有村藍里
no title

no title


美容整形前の有村藍里
no title

【有村架純の姉・有村藍里さん、1ミリでも可愛くなりたかった模様wwwwww】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/05/10(木) 05:08:38.67 ID:CAP_USER9
芸能人が美容整形しているって本当なの? 整形率が高いジャンルとは

整形している可能性が高い「芸能人のジャンル」とは?

 こんにちは、元アイドルでコラムニストの小川満鈴(おがわみな)です。

画像:no title


 いつの時代になっても芸能人が美容整形している・してない論は尽きないもの。 ちなみに私は整形はしていませんが、上の写真は「画像加工」で盛っています(汗)。

 今回は、「実際に芸能人の整形はあるのか?」について、私が芸能界で見聞きした経験をもとに明らかにしていきます。

■整形が大事な芸能人とそうでない芸能人

 整形率には、じつは単純に比例する要素があります。 それは、「見た目が大事な芸能人か」という部分。

 つまり、整形から一番遠いのは、演技に重点を置いている「個性派と言われる役者さん」。若い頃から演劇が好きで劇団上がり、もしくは今でも劇団に所属していることも多く、逆に個性的な見た目が演技の幅を広がる場合もあるので、整形の確率は低いでしょう。

 ここから徐々に整形率が上がってきます。

■セクシー女優、グラドルは確率高し

 次に整形率が高いのは、「普通のアイドル」。アイドルは見た目がまず大事ですが、歌やトークで他の部分を補うこともしています。

 次に来るのがグラビアアイドルという存在。グラドルになると歌やトークで補う部分が普通のアイドルよりも低く、見た目に依存する部分が高くなります。すると必然的に整形率が高くなるのです。

 それ以上に整形率が高いのが、セクシー女優さんです。ビデオ内での演技もあるとはいえ、そこは重要視されず、見た目がとにかく重要な世界。

 整形してすぐに作品に出ることもあるので、明らかに「目の上に埋め込んだ何かがある」などとユーザーから指摘されることも少なくありません。

■整形ってダメなこと?

 しかし、そもそも整形は「あり・なし」、どちらなのでしょうか。芸能人として活動してきた私の個人的な意見としては、「リスクを自分で負えるのなら自由でいい」と思います。

 リスクは色々ありますが、たとえば世間的なバッシング。過去の写真や動画、卒業アルバムなども簡単に出回る時代ですので、それらが出てしまえば一発で分かってしまいます。

 そしてもう一つのリスクは、「全員同じように見える」ということ。今の時代はぱっちり二重で顔が小さくて、ちょっと困った感じのアヒル口が流行っていますが、流行りは流行り。

 服と同じように、流行りはいつか廃れます。 そうなった時、みんな今風の同じ顔にしてしまった方々は、あらためて整形することになる可能性も。

■世間の人はどう思っているのか

 しらべぇ編集部が、全国20~60代の男女1,365名を対象に「芸能人の美容整形」について調査したところ、3割が「否定的」と回答しました。

画像:no title


 正直、もう少し否定的な意見が多いかと思っていましたが、逆に言えば、すでに好きな芸能人が整形していて、「それでも他の魅力でカバーしているから気にしない!」という部分もあるのかも。

 今後ますます芸能人の整形率は高くなっていくでしょう。そうった中で今度は、過去の卒業アルバムなどを堂々と公開するタレントの人気が出てくるのかもしれませんね。

・合わせて読みたい→鈴木亜美、整形疑惑に怒りあらわ 「何も知らないのに、何言ってるの?」
https://sirabee.com/2018/02/19/20161511043/

(文/しらべぇ編集部・小川 満鈴(おがわん))

しらべぇ
https://sirabee.com/2018/05/03/20161610682/

【整形率が最も高いのはセクシー女優 以下、グラドル→普通のアイドル 最も低いのは、演技に重点を置く「個性派と言われる役者」】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/07/09(日) 23:55:37.51 ID:CAP_USER9
2017年7月8日、美容整形タレントとして知られるスーロン(斯容)が、高額ギャラで中国に進出し、ネット配信番組の司会者を務めることが分かった。

これまでに大小合わせ、美容整形手術を60回も受けたと公言しているのが、台湾ではネットショッピング番組の司会で有名な女性タレントのスーロンだ。
最初に手術を受けたのは18歳の時で、その後は韓流女優キム・ヒソンのような顔を目指してソウルの美容クリニックに通うなど、ありとあらゆる美容整形を経験してきたと豪語している。

そのスーロンが1200万元(約2億円)の高額ギャラで中国へ進出し、ネット配信番組「医美大求真」の司会を務めることが分かった。
同番組は整形美容の専門家や、美容整形に関心のある一般の人々を招き、理想的な美を追求するというもの。
通販サイト大手の淘宝(タオバオ)や阿里巴巴(アリババ)の生中継サービスと結んで物販も行うほか、スーロンがこれまでの経験を余すところなく語るという。

スーロンによると、今後は美容整形の希望者を番組に招き、専門家と一緒に美しくなれる最適な方法をアドバイスし、「どんな平凡な顔でも女神に変身させる」という企画もある。
注目の「医美大求真」は、中国で今月10日から配信スタートする。

no title

http://news.livedoor.com/article/detail/13313943/

【【ちょいグロ】韓流女優にあこがれ美容整形を60回も受けた台湾の「人造美女」タレント、超高額ギャラで中国進出(写真あり)】の続きを読む