芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

綾瀬はるか

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2022/06/26(日) 12:28:53.60 _USER9
21日、東映創立70周年記念作品で、総事業費20億円が投入された“絶対に失敗が許されない”大作「THE LEGEND & BUTTERFLY」(来年1月27日公開予定)の製作発表が行われた。
この作品の最大の見どころは、木村拓哉(49)と綾瀬はるか(37)の11年ぶりの共演と初の夫婦役だ。


“キムタク信長”にファン賛否…時代劇に求められる「共演者を生かす演技」

今回の製作にあたり東映は2007年9月公開の木村の主演映画「HERO」が記録した興収81億5000万円を成功の目安としているようだ。

しかし、東映の意気込みを冷めた目で眺める映画関係者もいる。
その理由は、無敵を誇ってきた綾瀬の人気に、わずかだが陰りが露見し始めたこと。
それを象徴するのが、10日に公開された綾瀬の主演映画「はい、泳げません」の集客動向だ。


公開初日こそ1万人を超えたが、翌日から8000人台へ落ち込み、3日目には5000人台、そして2000人台へと急降下。
23日現在、観客動員数は5万9000人足らずで、興収は1億円に届かず8800万円前後で推移している。
上映期間を再検討している劇場も出始めたという。


「はい、──」の原作はノンフィクション作家・高橋秀実氏の人気エッセーで、共演者もNHK大河ドラマ「麒麟がくる」で主演した長谷川博己(45)。
何より綾瀬の水着姿が拝めるというのに、誰がこれほどの厳しい結果を予想できただろう。

「『はい、──』が“『THE LEGEND──』の露払いになる”とうそぶいていた人もいましたが、さすがにここまで大コケに近い状態になると笑っていられませんね。弱気をのぞかせる幹部もいると聞いています」(東映関係者)


綾瀬は“出演作品を丁寧に吟味し、固定ファンを持つ大コケしない堅実な女優”というのが業界内での定評だ。
21年3月公開の主演作「奥様は、取り扱い注意」はコロナ禍にもかかわらず12億円に迫る興収を叩き出し、その前の18年2月公開の「今夜、ロマンス劇場で」も、17年1月公開の「本能寺ホテル」も軽々と興収10億円を突破した。“無敗神話”を持つ数少ない大物女優といえるだろう。


■実母のトラブルに韓流タレントとの熱愛騒動…

この綾瀬の“陰り”について、筆者は昨年秋に公になった実母の投資トラブルが影響しているのではないかとみている。
綾瀬は「私がまた稼ぐから心配しないで」と実母を一切責めず、優しい娘の一面をのぞかせたわけだが、秘密がこのように“ダダ漏れ”状態になったこと自体が致命傷になったと解釈している。

「人気女優にとって『ベールに包まれた私生活』は今も大切な要素といえます。綾瀬さんは、それがこの1~2年の間に赤裸々になってしまいました。親族に関する金銭スキャンダルはファンの潜在意識に与えるダメージが大きいし、透明感を売りにしている綾瀬さんはなおさらです。その前の韓流タレントとの熱愛騒動もあり、こういった小さなスキャンダルが、あたかもボディーブローのように効いてきたのでしょう」(ベテラン芸能マネジャー)


もちろん映画やドラマは共演者がいて、数字の良し悪しが全て綾瀬のせいではない。
しかし、4月期の主演ドラマ「元彼の遺言状」(フジテレビ系)の平均視聴率も10%に届かなかった(関東地区)。
今は綾瀬の“陰り”の伏線が張り巡らされた状態であることは確かだろう。


日本の映画会社“御三家”のひとつ、東映が社運を懸ける勝負作の行方に注目が集まる。

綾瀬はるか“無敗神話”ついに崩壊…主演映画「はい、泳げません」が大コケ
https://news.yahoo.co.jp/articles/08ea601aacf70d6d92ac7480384e695e93550416

pose_kuyashii_woman (1)

【綾瀬はるか“無敗神話”ついに崩壊 主演映画「はい、泳げません」が大コケ】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2022/06/21(火) 10:39:52.93 _USER9
 女優の綾瀬はるかさん主演のフジテレビ系“月9”ドラマ「元彼の遺言状」(月曜午後9時)最終第11話「麗子失踪編」が6月20日に放送され、平均視聴率(世帯)8.1%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)でフィニッシュした。
 ドラマは、新川帆立さんの同名小説(宝島社)が原作。主人公の敏腕弁護士・剣持麗子(綾瀬さん)が、バディーの篠田敬太郎(大泉洋さん)と数々の謎を解いていくリーガルミステリー。
 最終話は、「十ヶ浜強盗殺人事件」を解決したことで、剣持の元には探偵依頼が続々と舞い込んでいた。自由の身になった篠田はミステリー作家への一歩を踏み出す。
 麗子から篠田に連絡が入り、これからタヒチ旅行するという。そこへ、麗子を頼って津々井君彦(浅野和之さん)が来る。娘の彼氏と会うことになったが、当日その彼氏は来なかったらしい。しかも、娘だけでなく誰も彼氏と連絡が取れないという。更に森川紗英(関水渚さん)は某政治家事務所から裏金3億円が消えたので助けてほしいと頼まれた、と言い出して……と展開した。

まんたんウェブ
https://news.yahoo.co.jp/articles/464a58241eab83f75839acd880ec5bae0443d42f

ochanoma_smile

【【視聴率】<元彼の遺言状>最終話視聴率8.1% “麗子”綾瀬はるかが失踪? “篠田”大泉洋が最後の謎解き】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2022/06/17(金) 16:09:54.65 _USER9
女優の栗山千明(37)が6月12日、ツイッターへ謝罪文を投稿。自身が参加した金沢百万石まつりの百万石行列で肖像権保護を理由に写真・動画撮影が禁止されていたことに批判が集まった件について、「百万石まつりを楽しみにしてくださっていた皆様、誠に申し訳ございませんでした」「私が参加し、関係者の方々のご配慮に甘えてしまった事が、皆様のご不満を招く原因だったと思います」と謝罪する事態になった。

SNS上では「栗山さんのせいじゃないから」「栗山さんは悪くはないので謝らないで」と擁護の声が上がっている。スポーツ紙芸能デスクも同情的だ。

「栗山さんとしては善意で参加したイベントだけに、結果として批判を浴びることになったのはかわいそうでした。同じくまつりに参加した竹中直人さんの事務所が『実行委員会に撮影禁止は要請していない』『撮った写真をSNSに掲載するのは問題ない』との見解を示したことで、栗山さんサイドと実行委員会の間でそういう判断になったであろうことが明らかになりましたが、両者の意思疎通がうまくいかず、行き過ぎた配慮に繋がってしまったのではないでしょうか。

栗山さんが赤い和傘の下に黒い日傘を差す“二重傘”だったことも一部で批判されましたが、これについても実行委員会との間で事前にもう少し話し合いができていたら、批判を回避できたかもしれません」

栗山と対照的におまつり参加で株を上げているのが、同い年の綾瀬はるか(37)である。綾瀬は会津若松市を舞台にしたNHK大河ドラマ『八重の桜』(NHK)で主人公を演じて以来、地元で開かれる「会津まつり」のパレードに例年参加しているが、6月5日放送の『日曜日の初耳学』(TBS系)にゲスト出演した際、そのパレードに寄せる綾瀬の熱意が明かされた。

 番組に登場した会津若松市観光商工部の江川忠さんは、温厚な綾瀬が激怒したことがあると暴露。ある年のパレードで、時間の関係で切り上げようとすると「まだ、お客さんがいる」「エガちゃん(江川さんのこと)はひどい!」と激怒したというエピソードを紹介した。SNS上では、「なんてファン思いなんだ」「会津愛がすごい」と称賛の声が相次いだ。

「実は綾瀬さんのパレードも例年、写真・動画撮影の禁止が伝えられています。それでも参加者から不満の声が上がらないのは、長年培った綾瀬さん、主催者、そして参加者の間の信頼関係があるからです。禁止のアナウンスもそんなに声高に言われるわけではありませんが、多くの参加者は自然に従っています。綾瀬さんが毎年会津に来てくれる、その気持ちを地元の人たちは大事にしているし、感謝しているんです。綾瀬さんが市役所の方を“エガちゃん”と呼ぶのも、そうした信頼関係の表れと言えるでしょう」(同前)

2022.06.16
https://www.news-postseven.com/archives/20220616_1764926.html?DETAIL
https://www.news-postseven.com/uploads/2022/06/16/kuriyama_chiaki_ayase_haruka-4-750x500.jpg

pose_english_shrug_man

【栗山千明と綾瀬はるか 善意の「おまつり参加」で評価が分かれてしまった理由】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2022/06/09(木) 20:54:53.78 _USER9
 女優・綾瀬はるか(37)が、9日放送の日本テレビ系「ぐるぐるナインティナイン2時間SP」(後7・00)の人気企画「ゴチになります」に出演し、前代未聞の途中退席ハプニングに見舞われた。

 10日公開の映画「はい、泳げません」(監督渡辺謙作)で共演する長谷川博己と参戦。都内の高級和食店で、ウナギやネギなどを煮込んだ「う鍋」に舌鼓を打った。おいしそうにだしを飲む綾瀬だったが、ここで衣装の胸元にだしを豪快にこぼしてしまうアクシデントが。白い衣装のため、あまり色は目立たなかったものの、綾瀬は“やっちまった感”を醸しだしながら、周囲をキョロキョロ見回した。

 ちょうど増田貴久が食事の感想を語っている最中の出来事。綾瀬の異変に気付いた「千鳥」ノブは、テーブルに突っ伏して笑いをこらえていた。ようやく気付いた進行役のフリーアナウンサー羽鳥慎一から「何かありましたか?」と問われた綾瀬は、「すみません…」と笑いながら一言。ノブが「綾瀬さんがだしを吸われようとして、全部こぼしてました」と一部始終を説明し、その場は笑いに包まれた。

 綾瀬は「結構やっちゃったんですけど…。お話、全然聞いてませんでした」と申し訳なさそうにつぶやいた。着替えを勧める声が上がり始めると、「消えていいですか?ちょっと失礼します!」と一旦退席。一同、大爆笑の中、綾瀬も笑顔で席を立った。

 綾瀬のおっちょこちょいすぎるハプニングに、池田エライザは「もう大好き」と思わずラブコールを口にした。綾瀬に視線が集まる中、増田は「おいしいですね。周りがカリカリなのに中がレアでね…」と詳細な食リポを披露。羽鳥アナから「見てなかったですけど、ホタテいかがでしたか?」といじられると、増田は「おいしかったですよ!」とぶっきらぼうな口調で答え、笑いを誘っていた。

 綾瀬はその後、衣装を乾かして収録に復帰。「ちょっと遅くなっちゃって。ずっとそこ(カメラの後方)でお話は聞いてましたので」と説明していた。  

スポニチ 
https://news.yahoo.co.jp/articles/68fbf2261dce49650e4603703aa792e36d4282a9

pose_english_wow_woman

【綾瀬はるか おっちょこちょいすぎるハプニングで異例のゴチ途中退席】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2022/06/07(火) 05:44:51.56 _USER9
女優・多部未華子(33歳)が、6月5日に放送されたバラエティ番組「日曜日の初耳学」(MBS・TBS系)に出演。友人の女優・綾瀬はるか(37歳)に“直して欲しい所”を明かした。

連続ドラマ「鹿男あをによし」(フジテレビ系/2008年)で共演して以来、定期的に食事に行くなど綾瀬と友人関係にある多部は、“綾瀬に直して欲しい所”として「本当にちっちゃいことなんですけど、メールの改行がすっごい多いんです。本当ちっちゃい、本当にちっちゃいことなんで」と指摘する。

多部によると、綾瀬のメールは「タベコ~~~!」スペース、スペース、スペース「元気~~~?」スペース、スペース、スペース、といった具合に、たくさんスクロールしないと話の本筋に行かないとのこと、多部は「メールが長いんじゃないんです。たぶん、ぎゅって(縮めるように)したら、ぎゅっていくんだけど、改行していることによって倍くらいになっている」と語る。
多部の言葉に、綾瀬は「あの改行、大好きなんですよね。余白スペースが結構好き。ぎゅってしていると、何か活字がばーってあるから読みづらいっていうか。

(※以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

2022年6月6日 5時20分 ナリナリドットコム
多部未華子、友人・綾瀬はるかに“直して欲しい”こと
https://www.narinari.com/Nd/20220672347.html
https://cdn.narinari.com/site_img/photox/202206/06/20220606004.jpg

warai_koraeru_girl

【多部未華子、友人・綾瀬はるかに“直して欲しい”こと】の続きを読む