芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト、芸能トピ++

結婚

1: なまえないよぉ~ 2019/03/18(月) 22:13:02.32 ID:YWhm3mbf9
昨年7月に結婚を発表した三浦翔平と桐谷美玲。結婚当初、“芸能界のドン”なる人物らへの不義理があったとして「三浦は芸能界から干される」などといった報道もあったが、4月から舞台『ピカソとアインシュタイン~星降る夜の奇跡~』の公演も控えており、「干される」などという不穏な話はただの噂であったと思いたい。

一方の桐谷美玲も、結婚以降、所属事務所との衝突やレギュラー番組降板、インスタグラムが荒らされるなどの報道が度々されている。
結婚がそれほどまでに彼女の仕事に影響を及ぼしているというのだろうか。

桐谷美玲のインスタグラムに荒らしが常駐

三浦翔平は今月13日、自身のラジオ『三浦翔平 It's 翔 time』(FM NACK5)で結婚式の思い出として、「打ち合わせにはほぼ出席した」と語った。
また、昨年12月にはドレスとスーツ姿の二人が手を繋ぐ写真をインスタグラムに投稿したことも話題となった。

しかし、こういった桐美玲谷と三浦の仲睦ましい様子を良く思わない三浦のファンはいるようだ。

今年に入ってから、桐谷のインスタグラムのコメント欄が突如、誹謗中傷で荒れるという出来事があった。
少数のアカウントが複数回書き込んでいるようだが、今月投稿された最新の写真にも、三浦との離婚を勧める書き込みなどが見られる。
荒らしが続くようであれば、コメント欄を閉鎖するなどの措置が必要になるだろう。

また、三浦と桐谷が半ば強引に結婚をしたことによって、桐谷と所属事務所に亀裂が入ったとも囁かれてきた。一体どういうことなのか。

女優業をセーブしたい桐谷美玲と働かせたい所属事務所

まず昨年7月に「フラッシュ」(光文社)が、三浦翔平と桐谷美玲の結婚を、桐谷の所属事務所がなかなか許さなかったと報じた。
記事によれば桐谷は、結婚後は拘束時間が長くなる女優業をセーブし、家庭に重きを置くことを望んでいたという。

桐谷が所属する芸能事務所「スウィートパワー」には、以前まで堀北真希も所属していたが、2017年に芸能界を引退。
そのしわ寄せが桐谷にきていたといい、多忙から「女優業を辞めたい」と嘆いているとの報道は以前からあった。

しかし事務所は、彼女の仕事セーブを認めず、結婚にも反対。

桐谷が「結婚ができないから事務所を辞める」と宣言したことから、仕方なく事務所が折れる結果となったという推論がなされている。実際に現在の桐谷美玲は、CMやモデルの仕事が中心だ。

そして昨年10月に入ってから、事務所との間に新たな火種が生まれたという。

桐谷美玲の『NEWS ZERO』降板は妊娠されたら困るから?

桐谷美玲は昨年9月25日の放送をもって『NEWS ZERO』を降板したが、それは彼女にとって本意ではなかったようだ。
一部のメディアでは、番組側はリニューアルのために桐谷を降板させたようだが、それに納得いかない桐谷は番組側と交渉をした事務所に不満を抱くようになったと伝えている。

そのためか、キャスター卒業を前に応じたスポーツ紙の取材は、桐谷のキャスター業への愛着を窺わせるものだった。

<キャスターは一番好きな仕事のひとつ>
<今後もチャンスがあれば……。2020年東京五輪もあります>
<自分も環境の変化に合わせたテーマをやっていけるかも>

また、『NEWS ZERO』が桐谷を降板させた理由はリニューアルだけではなかったと、昨年9月に「週刊新潮」(新潮社)が報じている。
桐谷は以前、「30歳までに子どもを産みたい」と公言しており、「結婚後、すぐに産休に入られては困る」という理由から、番組から外したというのだ。

「子供がいると会社に迷惑をかけるから」という理由でやむを得ず退職する人もいるほど、「産休・育休・時短は迷惑」という空気が充満する社会。
“産みにくく育てにくく働きづらい”のだから、少子化も当たり前だ。

“結婚”によって、所属事務所やテレビ局との衝突が報じられる桐谷美玲。
「ワーク・ライフ・バランス」や「一億総活躍社会」が叫ばれているが、結婚が女性の仕事に及ぼす影響がこれほど強いのだとすれば、バランスなどとりようもない。

http://dailynewsonline.jp/article/1736932/
2019.03.18 19:05 wezzy
no title

【三浦翔平との結婚からバッシング受ける桐谷美玲、番組も降板wwwww】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/03/18(月) 02:48:03.94 ID:5qW5FLBT9
 今年2月に無期限で活動を休止した歌手の西野カナ(30)が、誕生日を迎える18日に結婚することが17日、分かった。お相手は16年に写真誌で交際が報じられた「市川海老蔵似」の元マネジャーの会社員。同日正式発表するとみられる。女子大生シンガーとしてデビューした歌姫は主婦になり、再び共感を呼ぶ歌を歌ってくれそうだ。

 恋愛ソングのカリスマが“ずっと大切にしてね 永久保証の私だから”と、自身のトリセツを誕生日に最愛の人に託すことを決めた。

 関係者によると、相手は西野のマネジャーを数年務めた男性。16年11月に写真誌でジョギングデートするツーショットとともにお泊まり愛が報じられ、目力が強い海老蔵似のイケメンと評された。マネジメント能力が高く、仕事ができると評判だったが、知人は「報道後はマネジャーを外れて、現在はカナさんの事務所のグループ会社で働いています」と明かした。

 3年以上の交際期間を経て、西野が三十路となる18日にゴールインする。1月に「期限を決めずにいろいろと挑戦したい」と、充電を目的とした無期限活動休止を発表したが、プライベートを充実させたかったようだ。

 国民的歌姫としてステップアップしていく中で男性が常に支えだった。マネジャーとしては、ライブやレコーディングに加え、作詞の締め切りにも追われる多忙な生活をサポートしてもらった。交際後は、16年に日本レコード大賞を初受賞し、17年には平成生まれの日本人女性歌手で初めてドーム公演を開催するなど大躍進。わずかなプライベートの時間で愛を育み、音楽活動の活力としてきた。

 2月3日に横浜アリーナで開催した休止前のラストライブでは、ファンに「またね!」と元気よく再会を誓った。充実感に満ちた幸せそうな表情に、一部のファンの間で「結婚が近いのではないか」と噂になっていた。

 大の旅好きだけに、ハネムーンも計画しているとみられる。活動休止を発表した際には「旅行が好きなので、行きたい場所もまだまだあります」と意欲。旅行になると積極的になり、旅支度を「しおり作り」から始めるほどで、関係者は「じっくりとプランを練って、ゆっくりと数カ国行くのでは」と話した。

 2008年、女子大生だった18歳の時にデビュー。♪会いたくて 会いたくて 震える…と歌い出す「会いたくて 会いたくて」など、同世代の女性が抱く恋心や悩みを等身大の目線から歌詞に描いてきた。新妻となる今はまさに、♪これからもどうぞよろしくね…と、ヒット曲「トリセツ」に重なる思いだろう。私生活に大きな変化を迎える歌姫。活動再開後、どんな歌を届けてくれるのか楽しみだ。

 ◆西野 カナ(にしの・かな)1989年(平元)3月18日生まれ、三重県出身の30歳。大学生だった08年2月にシングル「I」でメジャーデビュー。10~18年まで9年連続でNHK紅白歌合戦に出場。16年に「あなたの好きなところ」で日本レコード大賞を受賞。17年には平成生まれの女性ソロ歌手として史上初のドーム公演を開催。ヒット曲に「Darling」「トリセツ」など。愛称はカナやん。血液型A。

3/18(月) 2:31配信 スポニチアネックス 
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190318-00000000-spnannex-ent 
1b7c9_188_ceb81012_4bf7e6ec

【西野カナさん、30歳誕生日に結婚「市川海老蔵似」元マネジャーと】の続きを読む

no title

1: なまえないよぉ~ 2019/02/20(水) 18:08:53.81 ID:LKekads89
元AKB48で女優の篠田麻里子(32)が20日、今月16日に一般男性と結婚したことを自身の公式ファンクラブ会員サイトで発表した。

 直筆のメッセージで報告。お相手は3歳年下で、昨年10月に出会い、初めて2人で食事をした際にプロポーズをされたという。交際前から2人とも玄米を食べて育ったことや、理想の家族像、将来像などの共通点が多く「お付き合いをしてもいないのに結婚ということを自然に意識することができました。『一生一緒にいたい』と心から思えた方です」とつづった。仕事はこれからも続けるという。

 篠田は06年1月にAKBメンバー入り。前田敦子(27)や大島優子(30)らとともに「神セブン」と呼ばれた人気メンバーとして活躍し、13年7月にAKBを卒業した。その後は女優として活躍している。元祖「神セブン」メンバーでは、前田が昨年、俳優の勝地涼(32)と結婚して以来2人目となる。

 ◆篠田 麻里子(しのだ・まりこ)1986年(昭61)3月11日、福岡県糸島市生まれの32歳。06年1月にAKBメンバー入り。11年の第2回じゃんけん大会で優勝し、シングル「上からマリコ」でセンターを務めた。卒業後は映画「リアル鬼ごっこ」「ビジランテ」、ドラマ「水戸黄門」などに出演。現在もフジテレビ系のドラマ「後妻業」に出演している。1メートル67、血液型A。

2019年02月20日 18:00スポニチ
https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/02/20/kiji/20190220s00041000233000c.html

【【朗報】元AKB48篠田麻里子さん一般男性との結婚を発表!】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/02/13(水) 15:24:16.02 ID:R+Db449a9
ベッキー、巨人・片岡2軍コーチと結婚「これからも感謝の気持ちを忘れず」

 かねてから交際中のタレント、ベッキー(34)とプロ野球・巨人の片岡治大(やすゆき)2軍内野守備走塁コーチ(35)が結婚したことが13日、分かった。

 ベッキーがインスタグラムで発表。「私事ではありますが、先日、読売巨人軍内野守備走塁コーチの片岡治大さんと結婚いたしました」と報告し、「これからも、感謝の気持ちを忘れず、ゆっくりと、しっかりと歩んでいきます。今後ともどうぞよろしくお願いいたします」と喜びを爆発させた。

 2人は昨年、共通の知人を通じて出会い、片岡コーチがベッキーのファンだったことから意気投合。昨年5月から真剣交際をスタートさせ、同9月にはベッキーのアート展に2人でこっそりデートに出かけるなどオープンに愛を育んできた。

 今月10日放送の日本テレビ系「行列のできる相談所」に出演したベッキーは、片岡コーチとの“進展”について司会から「今は楽しくしている?」と質問され、「ありがたいことに」と笑顔。「デートしている?」との問いかけには「はい!」とうれしそうに答えていた。

https://www.sanspo.com/geino/news/20190213/mrg19021315200002-n1.html
no title

【ベッキー、巨人・片岡2軍コーチと結婚 ← そのまま引退よろwwwww】の続きを読む

no title

1: なまえないよぉ~ 2019/02/11(月) 20:14:06.43 ID:x6Lgl/wK9
2月1日発売の週刊誌「フライデー」(講談社)は、関ジャニ∞・村上信五とタレントの小島瑠璃子の熱愛を報じた。
村上と小島といえば、一昨年にも「フライデー」によって“お泊りデート”が報じられていたが、テレビ局関係者は語る。

「錦戸亮以外の関ジャニメンバーもこじるりも、とにかく性格が良くて現場スタッフからの評判も良いので、陰ながら2人の幸せを見守っている人も多いと思いますよ。
もし2人が晴れてゴールインともなれば、業界は祝福ムードに沸くでしょう。ただ、結婚へのハードルは限りなく高いといえます」

その“ハードル”とは何か。業界関係者は語る。

「今やこじるりは所属事務所にとって名実ともに看板タレントで、これからもガンガン稼いでもらわなければ困る存在ですが、もし錦戸との関係がこじれたり悪いかたちでクローズアップされたりすると、


今後こじるりは関ジャニのみならずジャニーズの全タレントと共演NGになる恐れもある。
たとえば、かつてHey!Say!JUMPの中島裕翔や嵐の相葉雅紀との交際が報じられた水川あさみは、現在ではジャニーズタレントとの共演はほとんどありません。
そのため、一昨年に村上との熱愛が報じられた際、事務所はこじるりに対して、
村上と別れるようにかなり強く説得したものの、こじるりは頑なにそれを拒んだため、一時期は仕事が減らされたともいわれています。

一方、村上の所属するジャニーズ事務所も、SMAPに続いて嵐も来年いっぱいで活動休止となり、たて続けに稼ぎ頭が不在となるなかで、関ジャニはジャニーズをしょって立つ存在とならなければならない。
さらに関ジャニとしても昨年に渋谷すばるが脱退し、グループとしても岐路を迎えているなかで、とてもではないが結婚できるような状況ではないことは、村上が一番よく理解しているでしょう」

そんな2人の今後について、前出と別のテレビ局関係者は語る。

「とにかくこじるりは、村上との結婚を強く望んでおり、村上と別れる気は1ミリもないようです。
一方、いくら以前と比べてタレントの結婚に寛容になったといわれるジャニーズといえども、さすがに今のタイミングで村上の結婚を許すことはあり得ず、当面は“現状維持”が続くでしょう。
そして、そんな状況に悩んだこじるりが、何か暴走のような行動に出てしまわないかを事務所も心配しているようで、
かといって強引に別れさせようとして言うことを聞かなくなってしまうのも困るということで、頭を抱えているようです」

人気タレント同士の結婚は、一筋縄ではいかないようだ。

http://dailynewsonline.jp/article/1688286/
2019.02.11 19:00 ビジネスジャーナル

【小島瑠璃子、関ジャニ村上との結婚へ強い意志…破局を拒否、事務所が恐れる“暴走”】の続きを読む