芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト、芸能トピ++

終了

陸海空

1: なまえないよぉ~ 2018/08/05(日) 00:57:06.20 ID:CAP_USER9
秋の番組改編期が迫り、続々と打ち切られる番組、そして新番組が決定している。テレビ朝日系のバラエティー番組「陸海空地球征服するなんて」も深夜からプライムタイムに昇格してわずか1年で終了となりそうだ。

昨年1月にスペシャル番組として放送された「陸海空」は、同年4月からレギュラー化。火曜23時15分からの枠で一躍、人気番組となった。様々な芸能人たちが世界各地でロケを行っていたのだが、その中で最も人気者となったのが「ナスD」こと友寄隆英ディレクターだ。
ナスD人気とともに10月から土曜22時の枠に昇格となったのだが…逆にこれがあだとなった。

テレ朝関係者は「芸人以上に体を張るナスDの企画ばかりが話題となってしまい、他の企画にまったくスポットライトが当たらなくなってしまった。そのナスDも1月に引退表明して、画面から姿を消した。視聴率も悪いわけではないが、思った以上に伸びず、打ち切りで内定しています」。

“CG加工疑惑”を報じられたことも、少なからず番組にとっては向かい風となってしまった。ナスDはペルーの原住民の村を訪れた時、“絶対に落ちない染料”を顔に塗ってしまい、真っ黒になってしまったのだが、「女性週刊誌が色はすでに落ちているが、CG加工して放送していると報じました。
テレ朝は否定しており真偽は分からないのですが、番組のイメージダウンとなったことは間違いない」と制作会社関係者。

「陸海空」の後番組として、同じく火曜23時15分からの枠で放送されている「ソノサキ~知りたい見たいを大追跡!~」が昇格する予定だという。
同番組は6月、現在「陸海空」の枠でスペシャル番組が放送された。

https://a.excite.co.jp/News/entertainment_g/20180804/TokyoSports_1084288.html

40f6c3d9-s

【「ナスD」で人気のテレ朝「陸海空」が終了へ CG加工疑惑でイメージダウンwwwwwwww】の続きを読む

アメトーーク

1: なまえないよぉ~ 2018/07/29(日) 16:45:10.72 ID:CAP_USER9
25日、テレビ朝日は2016年より放送してきた『日曜もアメトーーク!』を終了することを発表。10月からは木曜の週1回放送に戻すとのこと。同番組があった枠には、過去にレギュラー化され、現在も不定期でスペシャル番組が放送されているネプチューンMC『ナニコレ珍百景』が放送される予定だ。

 『日曜もアメトーーク!』は、わずか2年で終了となってしまったが、SNSでは「ネタ切れ」「やっぱ週2はキツかったか」などの声もあった。

 「編成の都合なのか、視聴率低下が要因なのかは分かりませんが、原則隔週の日曜版は毎回は放送されず、視聴者に定着しなかった。昨年9月17日に放送した2時間スペシャルでは、人気番組の『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)の視聴率に迫るところまでいったんですけどね」(お笑いライター)

 『アメトーーク!』のように、深夜放送が好評でゴールデンに昇格したものの、すぐに終了した番組は多い。例えば、有吉弘行MCの『おーい! ひろいき村』(フジテレビ系 ※昇格後1年で終了)、くりぃむしちゅーMCの『くりぃむナントカ』(テレビ朝日系 ※昇格後半年で終了)、千原ジュニアらが出演していた『オモクリ監督(深夜時代はOV監督として放送)』(フジテレビ系 ※昇格後1年で終了)などだ。

 反対に、ゴールデンに昇格しても長らく番組が続くケースもある。前出の『ナニコレ珍百景』も、もともとは深夜に放送していた。そのほかにも、マツコ・デラックス出演の『マツコの知らない世界』(TBS系)、おぎやはぎ・矢作兼がMCを務める『家、ついて行ってイイですか?』(テレビ東京系)、さまぁ~ずが出演する『モヤモヤさまぁ~ず2』(テレビ東京系)などだ。

 成功例には2つの共通点があるという。

 「まずは、“スタンスを変えなかった”という点。番組イメージが変わると深夜からの固定ファンは離れてしまいますからね。もちろんゴールデンに昇格し、スタンスを変えて成功した例もありますが、稀です。そして、もう1点は“もともとゴールデン向きの番組だった”ということ。教養が身に付けられたり、人を傷つけて笑いにしたりしない番組は得てして成功しています」(同上)

 ゴールデンは、深夜のようなディープなネタではなく、老若男女にウケる企画を放送しなければならない。10月の改編期で、深夜好評だった番組がゴールデンに昇格する可能性もあるだろう。群雄割拠の時間帯へ挑むにあたり、どのようなスタイルで立ち向かうのか? 今後の情報を待ちたい。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180729-00000003-reallive-ent

【「日曜もアメトーーク!」が終了決定、“深夜からゴールデン昇格”は成功しにくい?】の続きを読む

NHK


1: なまえないよぉ~ 2018/05/07(月) 18:57:43.18 ID:CAP_USER9
【番組終了のお知らせ】
「Rの法則」は番組の放送を終了します。
これまで長年にわたりご覧いただきまして、誠にありがとうございました。

同放送枠では、当面、海外ドラマ「100 オトナになったらできないこと」の再放送を予定していますが、その後の同枠の編成については、新たな番組が決まり次第お知らせいたします。


【番組からのお願い】
今、番組出演者のSNSアカウントやブログなどに対して、個人を著しく中傷するような心無い書き込みが数多く投稿されています。
こうした投稿は出演者たちを深く傷つけ、悲しませるものです。
絶対にやめていただくよう強くお願いいたします。

「Rの法則」制作スタッフ一同

http://www.nhk.or.jp/rhousoku/

【【Rの法則終了】番組出演者のSNSやブログへの心無い書き込みは絶対にやめてくださいwwwwwww】の続きを読む

no title

1: なまえないよぉ~ 2018/03/29(木) 08:48:43.02 ID:CAP_USER9
今月31日をもって22年の歴史に終止符を打つフジテレビ系バラエティー番組『めちゃ×2イケてるッ!』(毎週土曜 後7:57)。数々の人気企画を生み出し、日本のバラエティー史に名を刻んだ人気番組の最後の花道を盛り上げるべく、ORICON NEWSではメンバー全員にインタビューを行い、リレー形式で毎週掲載していく。

 最終回では前回に引き続き、『めちゃイケ』のリーダー的なポジションで時には表から、ある時は裏から番組を進めていったナインティナイン・矢部浩之のインタビューを掲載。後編では、20代半ばでゴールデンタイム、しかもバラエティー番組にとって伝統ある枠である“土8”を任された思いをきっかけに、今のお笑い界への思い、相方である岡村隆史との関係、そして『めちゃイケ』が終わった後の“矢部浩之”について、余すことなく語りつくした。

■若手時代の同志はSMAPとシャ乱Q 後輩芸人へのやさしいまなざし

 僕が25歳の時に『めちゃイケ』が始まったんですけど、20代半ばで“土8”を任されるって、今の時代だったら信じられないことですよね。今は上も詰まっていて若手芸人たちが僕らの時みたいにゴールデンのメインを張れないことは、もちろんかわいそうなことだと思います。僕らが若手だった頃は、今に比べて芸人の数が絶対的に少なかったから、よく「同じ時期に売れた芸人さんは?」との質問を受けても、なかなかいなくて、結果的にアーティストですけどよく共演していたSMAPとシャ乱Qって言っていました(笑)。

 僕らの頃は「ゴールデンで冠番組を持つぞ」っていう目標があったから良かったんですけど、今の若い子たちも冠番組を持ちたいはずなのに、僕らの若手時代のようになかなかそこに至る道筋が見えない。ただ、芸人の数が多くなって普通にしていても売れない時代になっているので、みんないろんな工夫をして、ネタもおもしろい、キャラもこれまで見たこともないような奴もいっぱいいるから、みんなで切磋琢磨して笑いのレベルが上がっているので、そこは羨ましいなと素直に思います。

 あと、大昔に品川(祐)が「僕たちはダウンタウンさん、ナイナイさんみたいにゴールデンで冠番組を持つことを目指してきた世代なんです。だけど、それは無理だから、僕は映画に行ったんですよ」と僕に言ったことがあって、「なるほどな」と思いましたね。確かに、今の時代は芸人としても活動しながら、品川みたいに映画監督で成功したり、キングコングの西野(亮廣)みたいに絵本を描いて成功したり、ピースの又吉(直樹)みたいに小説を書いて芥川賞取ったりと、いろんな分野で才能を開花させていますよね。

 もちろん、みんなベースにもともとの才能があるのは当然ですが、「今の時代、自分たちがお笑いでど真ん中に行くのは無理だ」と1回思った上で、そこから悩みに悩んで線引きして、自分の得意分野を見つけて行って、今の結果があると思うんですよね。

 そして、ここが厄介なんですけど、そうやっていろんな分野で才能を伸ばしていく後輩たちに岡村隆史という男はやきもちを焼くんです(笑)。だから、西野が「僕らはナイナイさんを見てきましたし、好きですし、そこを目指してきたけどダメだった。だから次を考えて、いろいろやっているのに、そんな後輩に岡村さんはなんで厳しくケンカを売ってくるんだろう?」って戸惑っちゃう(笑)。相方はテレビのど真ん中を走ってきて、今も売れているのに、一生満たされないんでしょうね。カッコ悪い先輩ですけど、だからこそ面白いんやろうし、周りからもイジられて、笑いを取れるんだと思います。

■岡村への不満爆発?「なに照れてんねん」 30周年の節目に新ネタ披露「しないといけない」

 そういえば、この連載1回目のインタビューで相方が「2年後には結成30周年も来るので久しぶりに2人でネタをやろうかなと考えています」って言っていましたよね。ちゃんと読んでいますよ(笑)。ただ、はじめにこれだけ言わせてください。こうやって、取材やラジオを通してオレに言うけど、まずは直接言ってこいよ、ええ大人がいつまで照れてんねんっていうのは常々思っています(笑)。

>>2以降に続く

番組初期、初々しいナイナイの2人 
no title


3/29(木) 8:11
オリコンニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180328-00000362-oric-ent

【【めちゃイケ、31日終了 矢部が語る相方岡村との関係 22年の集大成「ファンが喜んでくれる最後を」】の続きを読む

した

1: なまえないよぉ~ 2018/03/26(月) 07:58:51.94 ID:CAP_USER9
今月、空前の長寿番組終了ラッシュが始まっている。バラエティー番組を中心に、多くの番組がその歴史に幕を下ろすのだ。毎回は見ていなくても、つねに“そこにある”はずだった番組が終わることは、大きな喪失感を伴う。史上最大のロスとどのように向き合えばいいのか。コラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんが解説する。

22日、『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)の最終回が放送され、30年超の歴史に幕を閉じました。24日には22年の歴史を持つ『ランク王国』(TBS系)、25日には19年の歴史を持つ『ウチくる!?』(フジテレビ系)が終了。週をまたいだ30日にも放送20年の『「ぷっ」すま』(テレビ朝日系)、31日にも放送22年の『めちゃ×2イケてるッ!』(フジテレビ系)が終了するなど、ついに長寿番組の終了ラッシュがはじまりました。

さらに、長寿番組ではないものの、29日で『おじゃMAP!!』(フジテレビ系)が終了することで、香取慎吾さんの地上波レギュラー番組がゼロに。『あさイチ』(NHK)も今月末で井ノ原快彦さん、有働由美子さん、柳澤秀夫さんの名トリオが番組を卒業します。

◆「とんねるずが見たい」と後継番組へバッシング

これらが矢継ぎ早に訪れることで予想されるのは、猛烈な喪失感。2014年3月31日に『笑っていいとも!』(フジテレビ系)が終了したときを上回る過去最大の喪失感が迫っているのです。どんな声が飛び交い、どんな心理状況になるのでしょうか?

最も多そうなのは、「とんねるずが見られない……」「香取慎吾が見たい!」というタレントに対する喪失感。『笑っていいとも!』終了後、「タモロス」に陥る人が続出したのと同じ状況が起きるのではないでしょうか。

次に飛び交うのは、後継番組へのバッシング。長年親しんできたものがなくなってしまったことによる、やり場のない寂しさが、新番組に向けられる視線を厳しいものにするのです。「前のほうが全然面白かった」「今すぐ元の番組に戻せ!」「これでテレビを見る機会がまた減る」などの辛らつな言葉が飛び交うでしょう。

終了直後は、ただ感傷的になっているだけであり、改編期で大型特番が多いため気もまぎれますが、4月入って新番組がスタートしたとき、初めて本当の喪失感に気づかされるのです。

では、どのようにロスと向き合えばいいのでしょうか?

そもそもロスは「当たり前」と思っていたもの、無償で得られていたものが、失われたことによる喪失感。心にぽっかり穴が開いたような気分になるものです。

最も手っ取り早いロス軽減方法は、そのぽっかり開いた穴を埋めること。「今、見られるお気に入りの番組をこれまで以上に楽しむ」「新たなお気に入りの番組を探す」ことで、喪失感はそれなりに薄れるでしょう。

あまり意識していないかもしれませんが、すでに多くの視聴者は、連ドラでその方法を使っています。たとえば、『あまちゃん』(NHK)終了後の「あまロス」も、すぐに『べっぴんさん』(NHK)がスタートしたほか、同時期にはじまった多くの民放連ドラを見ることでロスを軽減させました。日本の連ドラは季節ごとに必ず新番組に変わるため、ドラマ好きの人ほどロスへの対処に慣れているのです。

もし新たなお気に入りの番組を探すのなら、似たジャンルや同じタレントの番組ではないものがおすすめ。終了した番組と比べやすいものではなく、毛色の違う番組のほうが直接的なロスを感じにくいのです。たとえばAmazonプライム・ビデオなどの動画配信サービスが手がけるバラエティーは、かつて『とんねるずのみなさんのおかげでした』『めちゃ×2イケてるッ!』が武器にしていた勢いのあるものが多いだけに探してみるのもいいでしょう。

◆残りの長寿番組は日曜に集中している

また、終了した番組と新番組を比較しないことも大切です。長年の歴史や愛着のある番組と、まだ見たことない番組を比べるのはフェアではなく、自ら不満を抱えにいくようなもの。なかでも出演者がガラッと変わる『あさイチ』は、慣れるまで「別の番組」と思ったほうが楽しめるでしょう。

>>2以降に続く

2018.03.25 16:00
NEWSポストセブン
http://www.news-postseven.com/archives/20180325_661479.html?PAGE=1#container

【長寿番組終了ラッシュ 史上最大のロスとの向き合い方ってみんなが観ないから終わったんだよなwww】の続きを読む