芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

紅白

    このエントリーをはてなブックマークに追加
NHK

1: なまえないよぉ~ 2018/10/29(月) 01:04:08.01 ID:CAP_USER9
NHKが、禁断のキャスティングに着手する。平成最後となる『第69回紅白歌合戦』の総合司会に、マツコ・デラックス(45)をキャスティングすべく、動き出したというのだ。

「マツコをLGBTの象徴として捉え、開かれたNHKをPRするためです。当然、高視聴率が望めます。期待度はかなりのものですよ」(テレビ関係者)

実はマツコの名前を決めるまでに、局内では紆余曲折があったという。
「今年も残すところ3カ月を切ったというのに、紅白に関しては何のプランも出てこないんです。当然、方向性や演出も定まらない。
制作を担当するスタッフ陣に、目玉演出をどう展開するのかと智恵を求めるも、まったく出ない状態に、一部幹部は自棄になって
『紅白なんて止めますか』と言い出し、その場はかなりシラけた雰囲気になったというんです」(制作幹部)

昨年も“目玉企画なし”と揶揄された紅白。土壇場になってお笑いコンビ『ウッチャンナンチャン』の内村光良を総合司会に据えることで、どうにか急場をしのいだが…。
「今年も内村に司会を打診しているが、多忙を理由に、今のところ、色よい返事をもらえてはいないんですよ」(NHK関係者)

そんな中、救世主として名前が浮上したのがマツコだったというのだ。
「マツコは、『嵐』の相葉雅紀と、女優の有村架純が司会を務めた第67回のスペシャルゲストとしてタモリとともに出演している。
当然、NHKに貢献しているわけで、最低限の資格は得ています」(NHK関係者)

気になる出演料だが…。
「当時は、リハ含め8時間拘束で80万円?だった。だが、総合司会となれば話は別。最近は民放並みにギャラを上げている。
そうしないと誰も出演してくれないからです。今回は300万円?という提案があったそうです」(放送作家)

果たしてマツコは、この条件を飲むのか要注目だ。

http://dailynewsonline.jp/article/1551626/
2018.10.28 21:00 週刊実話

【NHKが救世主として指名した『紅白』司会はこの人wwwwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2018/01/25(木) 11:29:31.26 ID:CAP_USER9
no title

no title



2017年の『NHK紅白歌合戦』で、最も多くの人が見た歌唱シーンは、2018年9月に引退する安室奈美恵が『Hero』を歌った場面だった。
では安室の次はどのシーンだろうか?

通常「視聴率」とは、(株)ビデオリサーチが調査したものだ。
同社は、番組の平均視聴率と、1分ごとの瞬間視聴率を公表している。

だが、世の中には「毎秒」の視聴データが存在する。
これを見れば、どの歌手のどのシーンで、視聴者が増えたか減ったかが一目瞭然。
芸能プロダクションを戦々恐々とさせる、いわば「第2の視聴率」なのだ。

上のグラフをご覧いただきたい。
上から2番めの折れ線が「ライブ視聴」、つまり、その時間にNHKにチャンネルを合わせて観た人の割合である。
いちばん下の「再生(リーチ)」は、録画再生で観た人の割合。下から2番め、「再生(延べ)」は、録画再生で観た延べ人数の割合だ。
何度も繰り返し観た人がいれば、それだけ「再生(延べ)」は数字が大きくなる。

そして、いちばん上の「ライブ+再生(延べ)」の折れ線が、リアルタイムの視聴と録画再生の合計で、そのシーンがどれだけ見られたかを測るグラフになる。

「ライブ視聴」では、安室が断トツ(23時19分17秒、同35秒、同54秒で30.41%)である。
だが、再生(延べ)の1位は、内村光良と欅坂46のコラボで、欅坂46の平手友梨奈と鈴本美愉、志田愛佳が過呼吸で倒れた瞬間(21時31分46秒)だ。
放送後に話題となり、録画で何度も確認した人が多かったことがわかる。

結果、「ライブ+再生(延べ)」のグラフを見ると、2017年の『紅白』で最も見られたシーンは安室の歌唱で40.85%、次は内村×欅坂46で40.80%なのである。

じつは、この調査をおこなっているのは、東芝映像ソリューション(株)。
従来の視聴率がサンプル調査であるのに対し、こちらはネットに接続された全国52万4000台の東芝テレビ レグザから収集された、テレビ視聴のビッグデータだ(>>0�。
同社VSクラウド&サービス推進室の片岡秀夫室長が解説する。

「我々は、膨大な量の視聴データをもとに、番組の分析や行動、嗜好などのマーケティングデータを提供しています。たとえばある番組を毎週観ている人がどれだけいるかもわかります。

連続ドラマは、視聴者の8割くらいが毎週観ている人と思われていましたが、実際は3、4割くらいで、あとは入れ替わっています。

同じバラエティ番組を毎週観ている人は1割以下、『イッテQ!』でも3割くらいです。また渋谷区と足立区では、早朝の情報番組を観る人は足立区が圧倒的に多い。足立区民のほうが朝早く出勤するためと推測されます」

すでに大手広告代理店、放送局、スポンサーなどがこのデータを利用しているという。
ビッグデータが、テレビ業界を変える。

※同社はテレビの利用者から視聴ログの収集・使用について許諾を得たテレビのデータのみを収集・使用している。
第三者に提供する場合、個人が特定できない統計値として提供しており、機器1台レベルでのデータ提供はしていない(一部特別な許諾を得た場合を除く)。
テレビメタデータ提供/(株)エム・データ

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180125-00010002-flash-ent

「NHK紅白歌合戦」 激しいパフォーマンスで平手友梨奈らが倒れるハプニング
no title

DSZnifcVwAA47Mw

欅坂46

no title


【【欅坂46】「紅白」毎秒分析「欅坂が倒れるシーン」”視聴率は”40.80%!安室に次ぐ高視聴率だった】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2018/01/02(火) 21:35:20.10 ID:CAP_USER9
安室奈美恵(40)の出場が大々的に取り上げられた、昨年おおみそかの「第68回NHK紅白歌合戦」。

安室は来年9月での引退を発表しているが、それ以外の目立った話題ではX JAPANの出演が挙げられるだろう。今年5月に頚椎(けいつい)の手術を受けたYOSHIKI(年齢非公表)が、同バンドの代表曲「紅」で手術後初のドラム演奏を披露したのだ。

手術後、7月からのツアーもピアノ演奏のみのパフォーマンスだったYOSHIKI。しかし紅白では衰え知らずのドラム演奏を披露し、会場を盛り上げた。

「一時期は日常生活にも支障をきたすような状態だったそうで、ドラム演奏は難しいと思われていました。紅白前日の囲み取材では記者からドラム演奏について聞かれ、『僕も(ドラムを叩くという)うわさを聞いたんですけれど、うわさですよね』と発言。SNSにドラムチューニング写真をアップしていたことについても『うわさを広げようかなと朝、ドラムをチューニングしましたけど。まぁ、ドラムもリハビリのうちですよ』と笑みを浮かべていました。囲み終了後も通路で記者に囲まれましたが、きちんと質問に答えるなどの神対応ぶりを見せてくれました」(囲みを取材した記者)

デビュー時はメンバーたちが髪の毛を高々と逆立て、刺々しいオーラを放っていた同バンドのメンバーたち。紅白には'91年から'94年までと'97年、そして'15年から昨年まで計8回出場。しかし'15年からはすっかりメンバーたちの雰囲気が変わってしまったという。

全文はソースで
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180102-00010003-jisin-ent
no title

【【紅白】X JAPAN・YOSHIKI 紅白裏側でみせていた記者絶賛の神対応wwwwwwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2018/01/02(火) 10:40:10.00 ID:CAP_USER9
昨年大みそかに放送された「第68回NHK紅白歌合戦」(後7・15~~11・45)の平均視聴率(ビデオリサーチ調べ、関東地区)が前半(第1部)は35・8%、後半(第2部)は39・4%だったことが2日、分かった。

 今年9月に引退する安室奈美恵(40)が特別枠で14年ぶりに出演。
リオ五輪・パラリンピックのNHKテーマソング「Hero」を披露し、テレビ生歌唱は7年ぶりとなった。
同じく特別枠の桑田佳祐(61)は年越しライブ会場の横浜アリーナから中継を結び、昨年前期の連続テレビ小説「ひよっこ」の主題歌「若い広場」を熱唱。
「ひよっこ」紅白特別編、短編ドラマが2本放送され、桑田は昭和の大作曲家・浜口庫之助を演じた。

 ほかにも、X JAPANのYOSHIKI(年齢非公表)が昨年5月の首の手術以来、封印していたドラムプレーを解禁。
欅坂46と総合司会のウッチャンナンチャン・内村光良(53)の共演パフォーマンスの最後に、欅坂センターの平手友梨奈(16)志田愛佳(19)鈴本美愉(20)が軽い過呼吸のような状態になるハプニングがあった

 紅組のトリは石川さゆり(59)が2年連続8回目、大トリはゆずが初の大役を務め、石川は「津軽海峡・冬景色」、ゆずは「栄光の架橋」を熱唱した。

 テーマは「夢を歌おう」。総合司会は内村が初の重責。紅組司会は女優の有村架純(24)が2年連続、白組司会は嵐の二宮和也(34)が単独初の大役を担った。

 内村の安定した司会進行ぶりに、インターネット上には絶賛の声が続出。
「LIFE!~人生に捧げるコント~」のキャラクター・三津谷寛治氏にも扮し、お茶の間の笑いを誘った。

 白組が3年ぶりに勝利し、対戦成績を37勝31敗とした。
審査方法について、16年は視聴者から「分かりづらい」と批判が相次ぎ、物議を醸したため、17年は視聴者、ゲスト審査員、会場の観客が投票権を持ち、その票すべてを1票として数える方式に変更。
紅、白の22対戦ごとに集計し、白組=223万7644票(視聴者審査員=223万6339票、会場審査員=1305票)、紅組=143万2371票(視聴者審査員=143万1292票、会場審査員=1079票)(会場審査員にゲスト審査員含む)。
約80万票差がついた。

「紅白」後半視聴率39・4% 

1/2(火) 10:32配信 

スポニチアネックス 

 
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180102-00000052-spnannex-ent


20180102-00000052-spnannex-000-19-view[1]

【【紅白】視聴率40%切り 特別枠に受信料投入も伸び悩むwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2018/01/01(月) 12:00:00.64 ID:CAP_USER9
【NHK紅白歌合戦/モデルプレス=1月1日】2017年12月31日に東京・渋谷のNHKホールから生放送された「第68回 NHK紅白歌合戦」。総合司会のウッチャンナンチャンの内村光良に視聴者から絶賛の声が上がっている。

安室奈美恵の紅白見守れなかったイモトアヤコへ 内村光良のメッセージが「泣ける」と話題に

◆「安心感があった」「票を入れたい」と絶賛の声

今回、初の総合司会を務めた内村。紅組司会の女優の有村架純、白組司会の嵐の二宮和也と番組を最後までつとめあげた。

特に内村は安定感抜群の司会進行をしながら、座長を務めるコント番組「LIFE!」でのおなじみのキャラクターNHKのゼネラル・エグゼクティブ・プレミアム・マーベラス・ディレクター三津谷寛治に扮するなど、自ら特別企画で番組を盛り上げ。

視聴者からは「ウッチャンめっちゃ良かった」「総合力がすごい」「安心感があった」「総合司会ウッチャンに票を入れたい」「またウッチャンにやってほしい」など絶賛の声が相次いだ。

◆安定した司会ぶりに安心感

「世界の果てまでイッテQ!」(日本テレビ系)、「スクール革命!」(日本テレビ系)、「痛快TV スカッとジャパン」(フジテレビ系)など多くのバラエティ番組ですでにそのMC力を発揮している内村。

全く焦りを感じさせない落ち着いた喋りは出演者、視聴者に安心感を与え、MC中にはちょくちょくボケも。二宮、有村とも相性ぴったりで2人が内村のボケを上手に拾っていた。

◆アーティストへのコメントが絶妙

出演アーティストとの絡みも「傾聴力がさすが」「ほのぼの感がすごい」と話題に。韓国の人気ガールズグループ・TWICE(トゥワイス)には「うちの娘は“TTポーズ”を毎日歌ってやってます」と、歌手の三浦大知には「うちの息子は『EXCITE』を毎日踊ってます」とほっこりする家族の話を引き合いに絶賛。

他のアーティストも具体的な自身のエピソードで、絶妙に褒めちぎっていた。

また、親交が深いHey! Say! JUMPや星野源との共演も実現。トークが注目を集めた。

◆三津谷寛治のイジリも絶妙

NHKの風紀に厳しいという三津谷ディレクターが、出演者を厳しくチェックする企画では、Sexy Zoneのグループ名を「SexyのZone氏。あなた方のグループ名、際どいですね。NHK的にギリギリです」「NHKに入る際は“Safety Zone”と名乗って下さい」とイジるなど、笑いを誘った。

◆欅坂46とコラボも

さらに、自らもパフォーマンスに参加。かねてよりファンを公言している欅坂46のステージでは、「不協和音」をメンバーとコラボレーション。

メンバーと同じ衣装でキレキレのダンスを披露し、その後司会業に戻った。

また、欅坂46メンバーにとっては2回目となった「不協和音」のパフォーマンス中には、苦しそうに肩で息をする平手友梨奈に、内村が踊りながら「大丈夫?」と声をかけて平手がうなずくシーンが放送され、その気遣いにも反響が寄せられている。

◆「紅白歌合戦」2年目の「夢を歌おう」

今年のテーマは昨年に続き「夢を歌おう」。東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年に向かって、多くの人々が夢や希望を持ち歩み始める中、同番組では「歌の力」で夢を応援したいと考え、オリンピックイヤーを目前にした2019年の「第70回 NHK紅白歌合戦」までの4年間、この「夢を歌おう」をテーマに掲げ、様々な世代の人々の夢を「歌の力」で応援していく。

総合司会はウッチャンナンチャンの内村光良と同局の桑子真帆アナウンサー、紅組司会は昨年に続き2年連続で女優の有村架純、白組司会は単独では初となる嵐の二宮和也が務める。出場歌手は紅白合わせて46組で、初出場は紅組4組、白組6組の計10組。また、特別出演歌手として安室奈美恵、桑田佳祐も登場した。

放送は、2017年12月31日午後7時15分から11時45分まで(>>5分間の中断ニュースあり)だった。(modelpress編集部)

2018年1月1日 4時35分 モデルプレス
http://news.livedoor.com/article/detail/14103943/

画像
no title

【【紅白】ウッチャンの紅白総合司会ぶりに絶賛相次ぐ】の続きを読む