芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

紅白

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2019/01/01(火) 00:43:50.61 ID:CAP_USER9
 「第69回NHK紅白歌合戦」(31日、NHKホール)

 司会を務めた広瀬すずは終了後、「気を持っていかれる気持ちでうるうるしました。すごい貴重な経験でした」と“人生初司会”に充実した表情を浮かべた。

 「難しかったけど、本当にすごくて。音楽番組に出たことはなかったので見たことのない空間でした。緊張するタイプではないですが、3階まで埋め尽くされてるのを見てかみまくりました」と自らかんだことに触れた。

 今後も司会をやってみたいか聞かれ、「そんな機会があったら是非。私で良かったのかなって思います。もうちょっと頑張らなきゃ」と再挑戦を視野に入れた。

デイリースポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181231-00000146-dal-ent
no title

【広瀬すず「かみまくりました」“人生初司会”に充実 再挑戦も】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2019/01/01(火) 05:40:32.46 ID:G6OVYDeY0● BE:299336179-PLT(13500)
 特別枠での出場となったサザンオールスターズは、大トリ・嵐の後に登場し、ヒット曲「希望の轍」と「勝手にシンドバッド」の2曲を披露。NHKホールでの紅白歌唱は、1983年以来35年ぶりとなった。

 ボーカルの桑田佳祐(62)は歌唱前「何年たっても緊張しちゃいます」と真剣な表情。「今年、40周年をやらせていただいて、最後お茶の間の皆さんも会場の皆さんも楽しくなっていただければと」と気合を入れた。

 2曲目の「勝手にシンドバッド」では、北島三郎と握手し、松任谷由実から右ほほにキスを受け
、最後はやり切ってステージ上に倒れ込むなど大暴れ。歌い切った桑田は「夢の中にいたようです。まさかユーミンさんとサブちゃんとご一緒出来るとは」と感無量の表情だった。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181231-00000138-dal-ent

no title

【NHK紅白、サザン、大トリ後のラスト唱で大暴れwwwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2018/12/31(月) 13:30:51.19 ID:CAP_USER9
欅坂46のセンターを務める平手友梨奈が、怪我のため一部活動休止することを発表。
年末恒例の音楽賞「第60回 輝く!日本レコード大賞」、「第69回 NHK紅白歌合戦」でセンターに抜てきされた小林由依が注目を集めている。

小林由依「紅白」「レコ大」でセンター抜てき
今月21日、7作連続センターを務める平手が、腰部打撲・左仙腸関節捻挫による仙腸関節不安定症などのため、しばらく治療に専念するとともに一部の活動を休止することを発表。

「第60回 輝く!日本レコード大賞」で、『アンビバレント』にて優秀賞作品賞を受賞した欅坂46。
30日に行われた最終選考会では、小林がセンターに抜てきされ、同曲で初のセンターを務めた。

ダンスの表現力に定評がある小林は、オリジナルの振りを入れながら迫力のパフォーマンス。
ネット上では「欅坂46のセンターは誰?可愛い」「センターの子の表現力がすごい」「平手ちゃんセンターの『アンビバレント』は好きだけど、ゆいぽんセンターも好き!」「ポンビバレントすごい!世界観に引き込まれた」と話題に。
Twitterでは「#ゆいぽんセンター」がトレンド入りする反響となった。

また「第69回 NHK紅白歌合戦」で披露する『ガラスを割れ!』のセンターにも小林が抜てき。
同曲では、以前も平手不在時に、今泉佑唯(11月にグループを卒業)とともにWセンターを務めていたが、単独センターは初。
12月29日~30日にかけて行われたリハーサルでは、メンバーを引っ張るような力強いダンスを見せ、囲み取材では「平手の分まで頑張りたい」と決意を語っていた。

小林由依、欅坂46イチの美脚クイーン 圧巻の表現力も話題に
小林は、1999年10月23日生まれ、埼玉県出身。
2015年8月21日、欅坂46の1期生としてオーディションに合格。
“ゆいぽん”の愛称で親しまれている。
2016年に発売されたデビューシングル『サイレントマジョリティー』ではフロントを務め、アンニュイな眼差し、圧巻の表現力が注目を集めた。

今年は、雑誌『with』9月号より専属モデルに加入。
小さな顔やスラッと長い手足の抜群スタイルはまさにモデル向きで、欅坂46は普段露出が控えめな衣装が多いなか、デビュー時から欅坂46随一の美脚の持ち主とされており、番組などでも度々話題となっていた。

さらに歌唱力も武器であり、現在は土生瑞穂とのグループ内ユニット「線香姉妹」としても活躍。
今年の3月に高校を卒業したばかりだが、大人っぽい容姿から一見クールに思われる小林。
しかし、素顔は優しくて頼れる性格であることから、メンバー内でもファンが多数存在する、愛され美女である。

小林由依(こばやし・ゆい)プロフィール
生年月日:1999年10月23日/星座:てんびん座/身長:160cm/出身地:埼玉/血液型:A型

http://mdpr.jp/news/detail/1813523

「第60回 輝く!日本レコード大賞」 欅坂46『アンビバレント』でセンター小林由依、迫力のパフォーマンス披露
no title

no title

no title

no title

no title

欅坂46
no title


欅坂46の「美脚クイーン」小林由依
no title

no title

no title

【【欅坂46】平手友梨奈不在 「レコ大」「紅白」センター抜てきの小林由依に注目集まる】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2018/12/31(月) 22:04:41.84 ID:CAP_USER9
欅坂46が31日、東京・渋谷のNHKホールから生放送中の「第69回 NHK紅白歌合戦」に出演した。

欅坂46、3度目「紅白」センターは小林由依
昨年も「第68回 NHK紅白歌合戦」にも出場した欅坂46。
グループ史上最高難度のダンスに挑んだ迫力のパフォーマンスが特徴の「不協和音」を、後半のトップバッター、そして総合司会を務めていたウッチャンナンチャンの内村光良とともに、2度披露していたことから、内村は「去年はちょっと無理させちゃってごめんね。とても良い宝物になりました」と欅坂46に感謝。
キャプテンの菅井友香は「去年内村さんがやってくださった“内村さんポーズ”を、今回の振り付けにも入れているんです!」と、胸の前で腕をクロスするポーズを紹介した。

7作連続センターを務める平手友梨奈は、一部活動を休止中のため紅白本番も欠席。この日披露した「ガラスを割れ!」では、小林由依が代理センターを務めた。

パフォーマンス中には小林のソロダンスや、メンバーが叫ぶ声も会場に響き、鬼気迫るダンス。
全員が全力を出し切ったパフォーマンスに、内村も「平手、絶対拍手送ってたと思うよ!」と平手のことを思いながら、欅坂46を絶賛した。

ネット上でも、「センターの子だれ?!迫力すごすぎ」「やっぱり欅坂46最強、大好き」「自然と涙がでた」「平手ちゃんの分も全力で踊りきったね!!!ゆいぽんすごいよ!!」「震えた…迫力に圧倒された」などと反響が続々と上がっている。

http://mdpr.jp/music/detail/1813557

「第69回 NHK紅白歌合戦」 欅坂46「ガラスを割れ!」で圧巻パフォーマンス センター小林由依
no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

欅坂46 (後列左から)守屋茜、小池美波、長濱ねる(前列左から)土生瑞穂、渡邉理佐、菅井友香、小林由依
no title


欅坂46 小林由依
no title

no title

no title

【【いつもの褒め記事】欅坂46平手友梨奈不在 「紅白」センター小林由依、鬼気迫る圧巻パフォーマンスwwwwwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2018/12/31(月) 21:23:56.65 ID:CAP_USER9
 「第69回NHK紅白歌合戦」で、中島みゆきの名曲「時代」を歌唱した島津亜矢(47)の公式ホームページが、歌唱後の31日午後8時55分頃からアクセスしづらい状況になった。紅白で島津の歌唱を見て、興味を持った人たちからのアクセスが集中したとみられる。関係者は「反響が大きいようで
喜ばしいです」と話した。

 前日30日にはTBSで放送された「第60回日本レコード大賞」に出演。こちらでは、宇多田ヒカルの「First Love」を伸びやかな歌声で歌唱。
SNSでは「泣けるほど上手かった」「すごいとしか言えねえ」などと、歌唱力を絶賛する声が相次いでいた。

スポニチ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181231-00000142-spnannex-ent
no title

【顔はともかく、歌うますぎた島津亜矢さん、紅白「時代」熱唱で公式HPダウンwwwww】の続きを読む