芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

紅白歌合戦

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2019/12/19(木) 10:40:34.05
 シンガー・ソングライターの松任谷由実が、昨年に続き、大みそかの『第70回NHK紅白歌合戦』(後7:15~11:45 総合ほか)に出場することが決定した。
あわせて、ラグビーワールドカップで日本中を沸かせた日本代表選手たちがスペシャルゲストとして出演することも決定。ユーミンは1984年に発表されたアルバム『NO SIDE』の表題曲で、
日本のポップス史上初めてラグビーをテーマに作られた名曲「ノーサイド」を、35年越しにテレビ初披露する。

 昨年の紅白では、歌唱中に別スタジオから移動してNHKホールに登場するサプライズや、平成最後の紅白を締めくくったサザンオールスターズが「勝手にシンドバッド」
を演奏中、“胸騒ぎの腰つき”を披露したり、桑田佳祐の頬にキスするなどして沸かせたユーミンが、2年連続(4回目)で出場することが決定した。

 ユーミンはラグビー日本代表が勝利を収めた10月13日のスコットランド戦をスタンドで生観戦していた。ツイッターで「ものすごい場に立ち会わせてもらえた気がする!」と
大興奮の投稿をし、堀江翔太選手が反応したのを機にラジオ番組での共演が実現するなど、選手との交流も生まれた。10月27日放送のNHK『サンデースポーツ2020』では、
日本代表の活躍を振り返るVTRの音楽として「ノーサイド」が使われ、SNSを中心に大きな反響を呼んだ。

 日本のラグビーが、いつか世界で健闘することを夢見ながら35年前に作られた「ノーサイド」は、戦う選手を見守る女性の気持ちを描いた楽曲。選手のみならず
社会で戦うサラリーマンの姿とも重なり合い、今でも幅広い世代に親しまれている。2019年最も話題になったラグビーワールドカップ日本代表の雄姿を称え、
ユーミンが紅白でスペシャルパフォーマンスを披露する。

 ユーミンは「まずは、日本中に興奮と感動を与えてくれたラグビーワールドカップ日本代表の方々に、ひとりのファンとして、感謝の気持ちをお伝えしたいです。
私自身、35年前に作った『ノーサイド』という楽曲を、紅白という舞台で歌うことは想像もしていませんでしたが、お声がけをいただき、出演させていただくことに
なりました。当日は、ラグビーワールドカップ日本代表の選手の皆さん、そして、これまで日本のラグビーを築いてきた全てのラガーマンに届くよう、
勇姿を胸に歌いたいと思っています」とのコメントを寄せた。

 紅白スペシャルゲストとして出演する日本代表は、FWの稲垣啓太、木津悠輔、ヴァル アサエリ愛、坂手淳史、中島イシレリ、ヴィンピー・ファンデルヴァルト、
姫野和樹、アマナキ・レレイ・マフィ、徳永祥尭、堀江翔太、BKの茂野海人、田中史朗、アタアタ・モエアキオラ、田村優、中村亮土、山中亮平、ラファエレ ティモシー、
福岡堅樹、松田力也選手。赤と白のユニフォームで世界中のファンに勇気と感動を届け、日本代表初のベスト8進出を果たしたヒーローたちの栄光を称え、
感動を再び呼び覚ますシーンを届ける。

■You Tube 松任谷由実 -ノーサイド(Audio/Lyric)
https://www.youtube.com/watch?v=w4_C-URxT8M



オリコン
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191219-00000322-oric-ent
20191219005

【【紅白歌合戦】ユーミン 今年も紅白出場決定!ラグビー日本代表も…「ノーサイド」35年越しTV初披露】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2019/11/28(木) 05:08:47.60
 大晦日放送の『第70回NHK紅白歌合戦』の副音声「紅白ウラトークチャンネル」の司会を今年は南海キャンディーズの山里亮太と渡辺直美が担当することが公式サイトで発表された。

 山里が『逆転人生』『ねほりんぱほりん』、渡辺が『シブヤノオト』と、それぞれNHKの番組との関わりが大きい2人。今回は『逆転人生』で山里とともにMCを務める杉浦友紀アナウンサーが加わり、2人をサポートする。

 『第70回NHK紅白歌合戦』は12月31日19時15分~23時45分放送。 

【NHK紅白歌合戦】ウラトーク司会は南キャン山里&渡辺直美に決定! 
2019年11月27日(水) 22時39分 
https://www.rbbtoday.com/article/2019/11/27/175095.html 

123

【【NHK紅白歌合戦】ウラトーク司会は南キャン山里&渡辺直美に決定!】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2019/11/22(金) 12:19:55.02
NHKは22日、大みそかの「第70回NHK紅白歌合戦」(午後7時15分開始)に、デビュー40周年を迎えたシンガー・ソングライターの竹内まりや(64)が、初出場すると発表した。

特別企画で出場し、竹内がナレーションも務めた08年度後期の連続テレビ小説「だんだん」の劇中歌だった「いのちの歌」を歌うという。同曲は三倉茉奈、三倉佳奈により劇中歌として初披露され、
12年にはセルフカバーもしている。同曲は家族や友人ら大切な人たちへ向け「出会えた喜び」と「命への感謝」を歌った歌詞はこの春、道徳の教科書に掲載された。

竹内は「デビュー40周年のNHK特番『Music&Life』を制作・演出してくださった誠意ある番組スタッフの方々から、大変熱心なお声掛けと温かい励ましを受け、このたび、令和初の紅白に
出場させていただく運びとなりました。これまで私を支えてくださったファンの皆様、そして、新しい時代を一緒に歩いてゆく全国の皆様に向けて、深い感謝と共に心をこめて歌いたいと思います」とコメントした。

竹内は、今年発売したアルバム「Turntable」がオリコン週間アルバムランキングで1位を記録。女性アーティストで初めて昭和、平成、令和の3時代で1位となり、同時に女性アーティストでは最年長1位
(64歳6カ月)。また、今年の日本レコード大賞特別賞も受賞。春には芸術選奨文部科学大臣賞(大衆芸能部門)も受賞していた。今年のめざましい活躍ぶりが評価されたようだ。

竹内は今年3月に放送された特別番組「竹内まりや Music&Life~40年をめぐる旅~」に出演した。これまで紅白には出場しなかった竹内だが、同番組を通じ、NHKとの信頼関係ができ、
大みそかの舞台へとつながったようだ。

日刊スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191122-11220267-nksports-ent
20191122006

【【紅白歌合戦】竹内まりや 紅白初出場発表「深い感謝と共に心を込めて」 特別企画で「いのちの歌」を歌唱】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2019/11/16(土) 08:47:01.38
2019年11月14日に発表されたNHK紅白歌合戦の出場歌手では、乃木坂46をはじめとする「坂道」グループが3組も出場を決める一方で、AKB48も12回目の出場を決めた。

19年はNGT48をめぐる問題でAKB48グループには社会から厳しい目が向けられ、ファンからは連続出場を危ぶむ声も出ていた。紅白出場を報告するメンバーのツイートも例年とは一変。「泣き顔」の顔文字で出場を喜ぶメンバーが増え、「当たり前に思っていたことは、当たり前じゃない。今の環境に本当に感謝しています」(西川怜さん=16)といった声もあがった。

「泣き顔」の絵文字が目立った
NGT48に所属していた山口真帆さん(24=19年5月卒業)に対する暴行事案が発覚したのが1月9日。運営会社のAKSの対応の問題も加わって、丸1年にわたってこの問題がグループの活動に影を落とした。そういった中でも継続された紅白出場で、メンバーも喜びひとしおのようだ。

まず、紅白出場に言及したメンバーの数が大幅に増えた。18年も紅白歌合戦の出場者が発表されたのは11月14日。この日のうちにツイッターで言及したAKB48グループメンバーは16人だったが、19年はリツイート(拡散)を含めて50人を超えた。

内容も変化した。18年は「本当に本当にありがとうございます」といった言葉のあとに、泣き顔の顔文字をつけるメンバーは岡田奈々さん(22)ら3人だったが、19年は約20人が、

「本当に嬉しいです」(HKT48・田中美久さん=18)
「自分が出る出ないとかじゃなくて大好きなグループが選ばれるのは嬉しいよ...」(多田京加さん=20)
といった言葉の後に「泣き顔」を連ねて喜びを表現した。

向井地総監督「連続出場のバトンを私たちの世代でも...」
19年4月にグループ総監督に就任した向井地美音さん(21)は、18年は感謝の言葉を

「いつも応援してくださる皆さん、支えてくださっている皆さんのおかげです。本当に本当にありがとうございます」
と絵文字付きでツイートしたが、19年は環境の変化を念頭に置いたとみられるメッセージになった。

「先輩たちが繋いでくれた連続出場のバトンを私たちの世代でも受け取ることができて、本当に本当に嬉しいです...ありがとうございます...(;_;) 今年も変わらずこのグループを支えてくださった皆さんに心から感謝の気持ちでいっぱいです」
向井地さんや前総監督の横山由依さん(26)らグループの主要メンバーは、博多座(福岡市博多区)で「博多座開場20周年記念 AKB48グループ特別公演」に臨んでおり、紅白出場者が発表された11月14日は、公園の前半日程の最終日だった。その際、横山さんがグループメンバーに対して涙ながらに言葉をかける場面があったようだ。HKT48の村川緋杏(びびあん)さん(19)は、その様子を

「これまで48グループは色んなことがあって みんな頑張ってきたからこそ この出場が 私は出れなくてもAKB48の名前があることが嬉しくて何より円陣でゆいはんさん(編注:横山さんのこと)が涙して伝えてくれた言葉が頭をよぎって今も泣きそうです」
とツイートしている。

18年の紅白歌合戦では、AKB48はタイ・バンコクのBNK48とコラボして「恋するフォーチュンクッキー」を披露。日本側は16人が出演し、そのうちAKB48は8人。残り8人が姉妹グループから出演した。

(J-CASTニュース編集部 工藤博司)

https://news.livedoor.com/article/detail/17386761/
2019年11月15日 19時37分 J-CASTニュース
no title

【AKBメンバー、紅白出場に例年と違った感慨 「当たり前じゃない」...ツイートに浮き彫り】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2019/11/15(金) 19:06:29.61
11月14日に「第70回NHK紅白歌合戦」の出場歌手が発表された中、TWICEが3年連続で出場者リストに名前を挙げた。

3年連続で紅白歌合戦に出場するK-POPガールズグループは、TWICEが初めて。

TWICE、ワールドツアーの日本公演追加決定!2019年下半期は「日本活動」を積極的に

2017年の初出場ではヒット曲『TT』の日本語バージョンを披露し、2018年には日本1stアルバム『BDZ』から同名のリード曲と、映画『センセイ君主』のテーマ曲『I Want You Back』を披露している。

TWICEは初出場当時、歌手別視聴率で全出演者のうち27番目となる37.4%を記録したが、2018年には6番目にあたる42.7%を記録、高まる人気を実感させた。

そんなTWICEが、今年はどんなパフォーマンスで日本のファンを喜ばせるか、注目が集まる。

TWICEは11月20日、日本2ndアルバム『&TWICE』をリリース。10月に先行公開されたリード曲『Fake & True』はLINE MUSICのリアルタイムランキング1位を占めた。

2019年11月15日 10時45分
https://news.livedoor.com/lite/article_detail/17384030/

写真
no title

【TWICE『紅白歌合戦』に出場決定!K-POPグループ初の“3年連続” 歌手別視聴率、初出場で37.4%、2018年は42.7%を記録】の続きを読む