芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

紅白歌合戦

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2024/01/01(月) 08:56:54.59
昨年は6組が出場した旧ジャニーズ(現SMILE―UP.)勢が44年ぶりに姿を消す中、31日のネット上では賛否両論の声が挙がった。


今年の紅白歌合戦では、故・ジャニー喜多川氏の性加害問題を受け、所属タレントが1979年以来出演していない。長年多くの「ジャニーズタレント」が出演していただけに、どのような変化が現れるのか注目されていた。

放送を受け、X(旧ツイッター)では「紅白にジャニーズいないのやっぱ物足りないな」「ジャニーズって、偉大なんだなあ、、、」「ジャニーズのいない紅白歌合戦違和感しかないけど??」「ジャニーズがいない大晦日なんて年越せねぇ」など、ジャニーズタレントが出演していないことを残念がる声が多く見られた。

一方で「ストプリが紅白とか信じられない時代になったけどジャニーズ枠が消えたせいで入ったならば新しい試みとしては賛成」「ジャニーズおらん紅白おもろいんかなって思ったけどケーポ(K―POP)めちゃくちゃいいしなんならこっちの方がいい」など、変化を歓迎する声も見られた。

今回は旧ジャニーズ勢が姿を消した一方で、新進気鋭のK―POP勢を含む若手からベテランまで多彩な顔ぶれが集結している。

『ジャニーズのいない紅白歌合戦』に賛否両論

https://news.yahoo.co.jp/articles/13b60d26d9b1d91eb3c19864f603f909e5818f72

tv_monku_daisuki

【『ジャニーズのいない紅白歌合戦』に賛否両論  「やっぱ物足りないな」「違和感しかないけど」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2024/01/02(火) 12:10:47.04
 2023年12月31日にNHK総合で放送された「第74回NHK紅白歌合戦」の平均視聴率(世帯)が1部(午後7時20分から)29.0%(関東地区、ビデオリサーチ調べ・以下同)、2部(午後9時から)31.9%だったことが1月2日、分かった。第1部は初めて30%の大台を割り、2部の31.9%も、2部制になった1989年以降、歴代ワーストとなった2021年の34.3%を下回った。

 紅白歌合戦の視聴率は1963年には81.4%を記録したが、1986年以降は60%を割り込んだ。2004年以降は40%を前後しており、過去5年では、2018年は1部37.7%、2部41.5%を記録、2019年は1部34.7%、2部37.3%、2020年は1部34.2%、2部40.3%、2021年は1部31.5% 2部34.3%、2022年は1部31.2%、2部35.3%と推移していた。

 「第74回NHK紅白歌合戦」は、「ボーダレス-超えてつながる大みそか-」がテーマで、司会を、有吉弘行さん、橋本環奈さん、浜辺美波さん、同局の高瀬耕造アナウンサーの4人が務めた。2023年12月31日午後7時20分~同11時45分にNHK総合ほかで放送された(途中ニュースで中断あり)。

1/2(火) 12:04配信MANTANWEB
https://news.yahoo.co.jp/articles/1b2ca8ef05361521189162a7ab14b9815ae406bc

figure_anti

【【視聴率】<第74回紅白歌合戦>第2部視聴率31.9% 歴代ワーストを更新 第1部は初の大台割れ】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2023/12/30(土) 09:44:30.00
 12月31日夜に放送される「第74回NHK紅白歌合戦」。近年は視聴率アップのため、若者向けの歌手の出場を増やすような人選が多いようにも見られるが、実際に若い世代はどう思っているのか。本誌がアンケート調査を実施した。

 対象としたのは、全国の10代(15歳~)と20代の男女500人。今回の紅白出場歌手で「まったく見る気になれない」と思うのは誰かを、「紅組」「白組」からそれぞれ1組ずつ選んでもらい、それぞれの理由も聞いた。

 では、紅組の「見る気になれない」トップ5から見ていこう。

【第5位】40票 新しい学校のリーダーズ
 5位は同票で2組。意外なことに「新しい~」は若者ウケしていないようだ。「見る気になれない」理由は?
「下品すぎて良さが分からない」(20代女性・医療系・北海道)
「今年よくテレビに出ていたが、ああいうノリは好きじゃない。名前もウケ狙いな感じ」(20代男性・アルバイト・岐阜県)

【第5位】40票 水森かおり
 出場21回めのベテランだが、今回は「ドミノ」に挑戦するとか。
「演歌の人ですね。演歌に興味なし」(20代女性・会社員・神奈川県)
 同様の意見が多数。

【第4位】41票 NiziU
 いつの間にか4回めの出場。
「ブームは過ぎてますよ。とっくに興味がない」(10代男性・無職・大阪府)
「K-POPのゴリ押し感がハンパない。韓国系は紅白に出なくていいと思う」(20代男性・アルバイト・兵庫県)

【第3位】49票 ano
 2023年テレビに出まくったあのちゃんだが……。
「生理的に受け付けない。以上」(20代女性・公務員・富山県)
「普段から歌手として活躍してるわけじゃない人が出るのはどうかと思う」(20代女性・学生・兵庫県)
「あのキャラが苦手」という意見が目立った。

【第2位】55票 天童よしみ
 今回が出場28回め。紅白で『道頓堀人情』を歌うのは4回め。
「この人の音楽に興味がない。要するに演歌が好きではない」(20代男性・アルバイト・北海道)
「さすがに世代が違い過ぎて見る気はない」(20代女性・アルバイト・埼玉県)
 予想されたことだが、10代・20代の多くは演歌に興味なし。

【第1位】74票 Ado
 昨今増えている「顔を出さない」歌手のひとり。2022年はアニメ映画のキャラ「ウタ」として出場したが、「Ado」としては初出場になる。
「顔を出さないのになんでテレビに出るの?意味が分からない」(20代男性・公務員・沖縄県)
「顔が見えないのに、本物が歌ってるかどうかわからない。出る意味あるか?」(20代女性・学生・宮城県)
「人気があるみたいですけど、私はこの人の声や歌い方が苦手なんです」(20代女性・会社員・東京都)
 若者から支持されていることは間違いないが、紅白などテレビに出演することに対する疑問がこの結果になったようだ。12月2日放送の『ベストアーティスト2023』(日本テレビ系)や18日の『CDTVライブ!ライブ!クリスマス4時間半』(TBS系)ではシルエット姿で歌ったが、紅白ではどうなるのだろうか。

 第7位以下は、次のとおり。
【第7位】39票 伊藤蘭
【第8位】23票 LE SSERAFIM
【第9位】22票 乃木坂46
【第10位】20票 緑黄色社会
【第11位】14票 JUJU
【第11位】14票 石川さゆり
【第13位】13票 MISAMO
【第13位】13票 欅坂46
【第15位】8票 椎名林檎
【第16位】7票 YOASOBI
【第16位】7票 坂本冬美
【第18位】6票 Superfly
【第19位】5票 あいみょん
【第20位】4票 milet
【第21位】3票 Perfume
【第21位】3票 MISIA

FLASH編集部2023.12.30 06:00
https://smart-flash.jp/entame/267574/

tv_monku_daisuki

【10代・20代が「まったく見る気にならない」紅白歌手ランキング!「ano」らを抑えた圧倒的1位は?紅組編】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2023/12/26(火) 19:02:20.45
 NHKは26日、男闘呼組(おとこぐみ)のメンバーを中心に結成されたバンド「Rockon Social Club(RSC)」が、大みそかのNHK紅白歌合戦に出演すると発表した。大トリのMISIAさんと共演する。バンドメンバーの岡本健一さんは旧ジャニーズ事務所(現SMILE―UP.〈スマイルアップ〉)とエージェント契約を結んでいたが、今月に入って契約解除を発表。NHKは、旧ジャニーズの所属タレントの新規番組出演を見送る方針を維持しているが、岡本さんの出演は問題ないと判断したという。

 NHKは、旧ジャニーズの創業者・故ジャニー喜多川氏の性加害問題を巡り、被害補償が適切に行われているかや、事務所のタレントを受け入れる新会社が事務所と経営分離できているかといった点が確認できるまで、事務所タレントの新規出演は見合わせる方針を示している。

 一方で、岡本さんは今月5日、自身のインスタグラムで事務所との契約を解除する意思を示した際、新会社と契約を結ぶ考えもすでに示しているため、紅白出演のために形式的に事務所を離れたのではないか、との指摘が上がっていた。

 NHKの広報担当者は朝日新聞の取材に「スマイルアップ社との契約解除が、紅白歌合戦出場のために行ったものではない点や、今後のマネジメントの契約先については、(事務所の新会社の)『STARTO ENTERTAINMENT(スタート エンターテインメント)』も含め、未定であるという点も確認し、今年の紅白歌合戦の出演は問題ないと判断した」と回答した。

 RSCは歌手のMISIAさんとの楽曲「傷だらけの王者」を発表し、同局のラグビーテーマソングに起用されていた。NHK関係者は「MISIAが今年出した曲であり、NHKのテーマソングにもなった。一緒に曲を出したのだから外せない。MISIAサイドの意向もあった」。あるNHK幹部は、「世間から、NHKがズルをしたんだと思われるようなことは避けないといけない」と述べるなど、対応を探ってきた。

※以下有料記事

2023/12/26 18:00

https://www.asahi.com/articles/ASRDV5GV5RDHUCVL00B.html


figure_anti_嫉妬2

【旧ジャニ離れて紅白へ 男闘呼組メンバーの対応、NHK「問題ない」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2023/12/23(土) 14:19:28.87
NHKは22日、大みそかの「第74回NHK紅白歌合戦」(後7・20~11・45)の曲目を発表した。YOASOBI「アイドル」やano「ちゅ、多様性。」など、アニメソングがズラリ。また、人気アニメ「鬼滅の刃」からは異例の5年連続楽曲が選出されるなど、早くも話題を集めている。

この日、紅白44組の曲目が発表された。そのうちアニメソングは6曲。特に、圧倒的な人気を誇る「鬼滅の刃」からは5年連続の選出となった。

「鬼滅の刃」は、放送開始の2019年の紅白には、オープニングテーマ「紅蓮華」(LiSA)が、2020年にはLiSAがアニメ特別メドレーを披露。2021年には映画「鬼滅の刃 無限列車編」主題歌の「炎」(LiSA)が、さらに昨年は「遊郭編」のオープニングテーマ「残響散歌」(Aimer)が披露された。今年は初出場のMAN WITH A MISSIONが、「刀鍛冶の里編」オープニングテーマ「絆ノ奇跡」を披露。さらに、miletは、「刀鍛冶の里編」エンディングテーマ「コイコガレ」を歌唱する。

また、YOASOBIは「推しの子」オープニングテーマ「アイドル」をテレビ初歌唱。anoは、「チェンソーマン」のエンディングテーマになった「ちゅ、多様性。」を、初出場のキタニタツヤは「呪術廻戦」第2期「懐玉・玉折」オープニングテーマ「青のすみか」を、10-FEETは映画「THE FIRST SLAM DUNK」エンディングテーマ「第ゼロ感」を披露する。

続きはソースをご覧ください

https://news.yahoo.co.jp/articles/5804a55e4ec2e99e4774d4eda393f7418530e49e
12/22(金) 13:58配信 スポニチ

figure_anti

【「鬼滅=紅白」!異例、「鬼滅の刃」使用曲が5年連続紅白 今年はOP&EDの2曲披露 アニソンは計6曲】の続きを読む