芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

竹内結子

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/10/27(火) 13:26:40.04 _USER9
本誌が東京都内で中林大樹(35)を目撃したのは、10月中旬のこと。9月27日に女優・竹内結子さん(享年40)が自宅で急逝してから1カ月をむかえようとしていたころだった。

シングルファーザーとなった中林の日々について、彼の知人はこう語る。
「彼はこれからも俳優の仕事を続けながら、お子さんたちを育てていこうと考えています。お父さんも“何か困ったことがあれば、いつでも言いなさい”と、全面的な支援を約束してくれているそうですが、彼の実家は奈良県ですからね……。
彼が家を留守にせざるをえないときには、竹内さんのお姉さんにサポートをお願いするという話になっているそうです。竹内さんが亡くなって間もないですが、銀行に行って手続きをしたりと、すでに忙しい毎日を過ごしているようです」

竹内さんには2人の姉がいる。今後は、竹内家と中林家が協力し合って子供たちを養育していくようだ。

中林は銀行などにも通っているというが、相続・終活コンサルタントで行政書士の明石久美さんは次のように語る。
「生前の準備がなく突然、家族が亡くなってしまった場合、遺族にはさまざまな悩みが残されます。どんな葬儀にするのか、などの供養の問題もありますが、意外に難しいのが“お金の手続き”です。
通帳はどこにあるのか? 銀行口座にはいくら残っているのか? 未払金はいくらあるのか? どのような口座引き落としがあるのか?……、家族はこれらを調べなければなりません。もしネットなどでやりとりしていた場合には、情報の把握は難しいものです」

また竹内さん・中林夫妻の知人によれば、さまざまな問題のなかでも、中林が直面している大きな悩みが2つあるという。まず1つ目が、“自宅退去のタイミング”だ。
「中林さんと子供たちは、いまも同じところで生活をしています。ただ、あのマンションにいつまでいるべきか、彼も悩んでいるようです」

’19年2月、竹内さんは中林と再婚した直後に、都心にある低層マンションに転居した。一戸が200平方メートル以上あるメゾネットタイプで、家賃は月に180万円ほど。
「かなり高額ですが、少女時代にお母さんが早逝したりなどで、家庭環境に恵まれなかった竹内さんは、家族のために“理想のわが家”を用意したかったのでしょう。環境もよく、セキュリティも万全というだけではなく、ご長男の通学にも便利という条件もあって決めたようです」(竹内さんの仕事関係者)

転居から1年7カ月の間には、次男も誕生。幸せな日々を過ごし、楽しい思い出もいっぱいだが、その半面で、“竹内さんが亡くなった悲劇の家”でもある。

「子供たちにとっては“ママの温もり”が残る家です。そこから退去することは、中林さんも忍びないようです。しかし家賃はかなり高額だそうですからね。中林さんのいまの収入だけでは払い続けることは不可能です。
実家は会社を経営しているそうですが、ずっと頼り続けるわけにはいかないでしょう。現実的には、遺品の整理を終えるころには、退去せざるをえないと思います」(前出・夫妻の知人)

続きはソースをご覧下さい

https://jisin.jp/entertainment/entertainment-news/1907143/ 
2020/10/27 

20201027004

【竹内結子さん夫が直面する退去問題 家賃180万円支払い困難か】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/10/14(水) 22:07:16.90 _USER9
 タレントのイモトアヤコ(34)が14日、パーソナリティーを務めるTBSラジオ『イモトアヤコのすっぴんしゃん』(毎週水曜 後9:30)に出演。9月27日に都内の自宅で亡くなった女優・竹内結子さん(享年40)について言及した。

 番組のエンディングでイモトは、多くの友人、リスナーから心配の声が届いていたことを明かし「正直、まだ何も整理できていないというのが今の気持ちです」と竹内さんについて語る。生活や仕事をなんとかこなしていることを報告し「今はふんばることしかできない。ふんばってます」と心境を告白した。

 「私が感じた本当」として「すごく結子さんは私のことを愛してくれていました。いっぱい、いっぱい愛をくれたのは本当のことです。私自身、なにかうれいしいこと、つらいこと、悲しいことがあったら誰よりも先に、1番に結子さんに伝えていました。そういう時は誰よりも喜んでくれるし、悲しんでくれるし、怒ってくれる。本当に、たくさん愛をもらったなと感じています」竹内さんの人柄を語る。そして涙声で「私も心から結子さんのことを愛しています」と伝えた。

 イモトと竹内さんは、2014年に舞台『君となら』で共演。以降、親交を深め、一時は同じマンションに住むほど仲がよかった。お互いのインスタグラムに何度も登場し、お互いの結婚についても祝福していた。

オリコン

https://news.yahoo.co.jp/articles/8f71e4da9b1b1a939c2a2ac5609824b97f028706

20201015001

【イモトアヤコ、親友・竹内結子さんしのぶ 涙声で伝える「結子さんを愛しています」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/10/06(火) 06:24:27.70 _USER9
竹内結子さん(享年40)が9月27日に逝去してから1週間ほどがたつ。竹内さんは少女時代のほとんどを埼玉県で過ごした。

いまも多くの親戚や知人が埼玉県に住むが、彼らがいまいちばん心配していることが、“残された2人の子供たちは誰が養育していくのか”ということだという。

竹内さんは05年に中村獅童(48)と結婚。同年に第1子となる長男を出産したが、08年に離婚した。そして19年に中林と再婚。今年1月に第2子となる次男を出産していた。

「上の14歳の男の子は、いまのご主人の中林さんの実子ではないわけですし、下の子供は、まだ生後8カ月ぐらいですからね。その2人ともを、まだ若い中林さんが育てていくのは難しいのではないでしょうか。私たちは、結子の姉が引き取って育てるのがいいように思うのですが……」(母方の親戚女性)

だが実は、残された夫・中林大樹(35)は、静かに決意を固めているのだという。中林の知人はこう語る。

「中林さんは2人の子供を、ほかの人に預けることは考えていないと思いますよ。確かに“実父・実子”という関係ではありませんが、長男くんは、中林さんを深く信頼しているのです。結子さんと結婚する前から、彼のことを“パパ”と呼んでいたぐらいですからね。

中林さんの趣味はサーフィンですが、結婚後は長男くんの休日に合わせて、サーフィンを教えるために海へ行っているんです。今年の夏も2人きりで、千葉の海でサーフィンに励んでいたそうです。長男くんも筋がいいし、中林さんの教え方も丁寧なので、かなり上達しているとか」

竹内さんと中林は、同じ所属事務所の先輩・後輩という間柄。’09年公開の竹内さんの主演映画『ジェネラル・ ルージュの凱旋』で初共演したことをきっかけに知り合い、後に真剣交際へと発展していったという。

■実父が明かした中林の“決断”

竹内さんが再婚を決断した理由の1つが、当時13歳の長男の後押しだったという。再婚を公表するコメントで、竹内さんはこうつづっている。

《将来を話し合う中で、『3人一緒になればこれから楽しくなるね』と息子が背中を押してくれたこともあり、このような運びとなりました》

第2子に恵まれた後も、家庭は円満だったようだ。今年9月1日に「サッポロ一番」のPRイベントに登場した際も、竹内さんは笑顔でこんなエピソードを語っている。

「お湯を沸かすのもハラハラしながら見守っていたうちの子が、自分でサッポロ一番を作るようになって。夫といっしょに夜食を囲んでひそひそ男の話をしたり……」

中林の実父・Aさんは、奈良県にある医薬品原料卸売会社の会長を務めている。竹内さんの家族葬が営まれた翌々日、Aさんは本誌の取材に、息子の“決断”について明かした。

「突然のことですからね……。家族みんなが憔悴しているのですが、特に大樹が憔悴しきっている状態です。

しかし、そんななかでも大樹は、こう言っているんです。『2人の子供たちを結子の分も育てていきたい。でも彼らを守るためには一生懸命頑張らないといけない。僕が子供たちを育て上げることが、結子がいちばん喜ぶことなんだ』と。

ただ下の子もまだ小さいです。だから中林家としてもみんなでフォローしていきたいと思います。

大樹の精神面のサポートも必要ですよね。いまの彼にはどんな言葉をかけても心に届いていない状態です。まず大樹が、子供たちを守っていけるように立ち直ってもらわないと、と考えています。

つらいでしょうに上の子も気丈にふるまっています。いま中学3年生ですが、『(高校への)進学も頑張ります』という言葉を聞いて、なんとも言えない気持ちになりました……」

成長していく2人の子供たちの姿が、シングルファーザーとなった中林の活力になり、また天国にいる竹内さんを笑顔にすることを願いたい。
「女性自身」2020年10月20日号 掲載

https://news.yahoo.co.jp/articles/e0469464292dfb88f0a2f06fc3c325239617d6d5
no title

【竹内結子さん再婚夫の決意告白 14歳長男も「僕が育て上げる」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/10/04(日) 16:59:50.79 _USER9
9月27日に急逝した竹内結子さん(享年40)の周辺を取材していくと、所属事務所とのギクシャクした関係をたびたび耳にするようになった。

竹内さんは今年1月に第二子を出産したばかりなのに、盛んに担当マネジャーに新しい仕事を催促していたという。
もちろん彼女が望んだのは女優の仕事だったが、事務所は思い通りの仕事をなかなか取ることが出来なかったといわれる。その最大にネックとなったのが、40歳という年齢だった。

「彼女がどんな思いで『仕事をしたい!』と担当マネジャーに訴えたのか真意を図りかねますが、もし頭の中で竹内さん自身が20代のときに演じた『あすか』や『白い影』『ムコ殿』の残像があったとしたら、そこでミスマッチが生じてしまった可能性が高い。日本の芸能界は40歳を超えると、どんなに美人でも清純派女優への仕事オファーがガクンと減ります。竹内さんのマネジャーもクライアントの間で板挟みとなって苦しい思いをしたはずです」(芸能プロダクション関係者)


残酷に聞こえるかもしれないが、事務所がいくら一生懸命売り込んだとしても、現在の竹内さんのポジションは映画『コンフィデンスマンJP』のラン・リウ役のように、エンドロールの上から10番目あたりが精一杯だった。
「清純派女優35歳限界説」は彼女の演技力や努力とは全く関係がない日本の芸能界の風習と言うほかない。
今の日本のテレビ界・映画界には40歳の女優をあえて主人公に作品を作ろうと考えるプロデューサー・演出家がほとんどいないのだ。


実際、この数年の竹内さんの仕事ぶりを改めて確認しても、テレビは年に1本程度、映画も多くて1~2本。
あとはテレビのバラエティー番組のナレーションの仕事がいくつかあったくらいだ。

「最近のドラマ『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』にしても『イノセント・デイズ』にしても、同年代の女優に比べたら、まだ主演を張れるだけ竹内さんは恵まれています」(前出・芸能プロ関係者)


ちなみに竹内さんと同じ1980年生まれの女優には田中麗奈、優香、小池栄子、広末涼子、江口のり子、田畑智子がいる。
映画で主演を張れ、興収も上げられそうな女優をあえて挙げるとすれば広末くらいだろう。


■石原さとみは34歳を目の前にして結婚を発表

「01年にヒットしたハリウッド映画『ブリジット・ジョーンズの日記』で主演を務めたレネー・ゼルウィガーは体重を増やしたり、体当たりで役柄に臨みました。彼女はこの映画で女優の皮を1枚も2枚も剥ぎ、40代でも十分に主演を張れる女優になりました。今のハリウッドは40歳の女優でもコメディーやホラーといったジャンルで特別なプロモーションを仕掛けていくやり方が定着していますが、日本のショービジネスにはこの手法や文化が浸透していません。
清純派を売りにしていた女優の“賞味期限”は35歳前後とされ、40歳になる頃には使い捨てにされているのが実情です。間もなく34歳の誕生日を迎え、そろそろ“賞味期限”を迎えると見られていた石原さとみも突然、結婚を発表しました」(前出・テレビ関係者)


だったら、45歳の米倉涼子や52歳の鈴木京香の売れっ子ぶりはどう説明するんだよ? という声も聞こえてくるが、これについては前出のテレビ関係者が次のように説明してくれた。

「米倉さんや鈴木さんは非常にレアなケースといっていいでしょう。米倉さんの場合は、彼女のキャラクターと『ドクターX~外科医・大門未知子』の脚本がうまい具合に“化学反応”を起こしたことで今があります。こうした成功例は10年に1度あるかないかの例外中の例外。鈴木さんは『セカンドバージン』で濡れ場に挑戦したことで脱皮し、元清純派女優なのにくたびれたオバサン役や母親役も厭わないので次々にオファーが来るのです。これまた例外と言えるでしょう」


女優デビューから早24年を迎えていた竹内さん。
元清純派女優が思い描いた夢や希望は何だったのだろうか。
今となっては知ることも出来ない。

竹内結子さん、石原さとみに立ちはだかった… 
人気女優でも「35歳が限界」説 

https://news.yahoo.co.jp/articles/d4510c1531d31fba9d02b12dad777e1bc45577b0
20201004003

【竹内結子さん、石原さとみに立ちはだかった…人気女優でも「35歳が限界」説 清純派女優の“賞味期限” 米倉、鈴木はレアケース】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/10/03(土) 08:32:56.93 _USER9
竹内結子さんは本当に死ぬつもりだったのか!? 一家団らんを抜け出し、ひとり寝室へ…

 一体ナゼ…。その言葉しか出て来ない。トップ女優の竹内結子さんが先月27未明、東京・渋谷区の自宅マンションで自らの命を絶った。享年40。

「妻がぐったりしている!」。消防に119番通報があったのは、同日午前1時57分。すぐに最寄りの大病院に搬送されたが、死亡が確認された。

 竹内さんに“異変”は微塵も感じられなかった。同日夜、1階で夫の俳優・中林大樹と長男(14)、生後8ヵ月の次男と食卓を囲み、一家団らんの時間を過ごしていた。竹内さんはお酒を飲んでいたというが、これはいつものこと。途中、ベランダに出ることはあったが、深刻なトラブルを抱えた様子はなく、家族とたわいもない会話をしていたという。

 その後、竹内さんはひとり2階の寝室へ。10分以上経過しても降りてこないため、夫と長男は「寝たのだろう」と判断し、気にも留めなかった。

 しばらくして夫と長男も就寝のため寝室へ。そこで竹内さんがいないことに気付く。中林さんは自宅内を探し、クローゼットを開けると、変わり果てた竹内さんがぶら下がっていたという。

 最大の謎は動機だ。ネット上では7月に亡くなった三浦春馬さんや先月亡くなった芦名星さんとの共通点を指摘する声もあるが、決定的に違うのは、竹内さんが2児の母ということだ。

「次男は今年1月に生まれたばかり。教育熱心で、長男の中学受験にも力を入れていた。そんな彼女が子供を残して旅立つとは思えない」とは芸能プロ関係者。

 室内に遺書はなく、不審な点もなかったという。一部の業界関係者の間では「本当は死ぬ気ではなかったのではないか」という声も上がっている。

「たしかに三浦春馬さんの死は衝撃的で、あれ以来、死生観について考える人が続出している。私の知り合いにはクローゼットに興味を持ち、ヒモをかけて“自死ごっこ”のようなことやった人もいる。決してふざけているわけではなく、三浦さんの見た光景を知りたいという気持ちから。竹内さんも試してみたら、すぐに意識を失い、どうにもならなかったのではないか」(芸能プロ関係者)

 仕事面は順調。金銭的にも余裕がある。夫は俳優だが、竹内さんの仕事に理解があり、進んで家事を手伝うイクメンでもあった。

「コロナ禍で仕事が減り、竹内さんが事務所に『新しい仕事を入れて下さい』と要望していたという報道もあったが、主演ドラマのオファーは来ていたはずだ。彼女ほどの立場になると、マネジャーの一存では仕事を決めることはできず、必ず『こういう仕事が来ていますが、どうしますか?』と確認がいく。一時期よりオファーは減ったとはいえ、それでも売れっ子であることに変わりはない」(同)

 竹内結子は本当に死ぬつもりだったのだろうか――。

https://news.infoseek.co.jp/article/tocana_174061/
no title

【竹内結子さんは本当は死ぬ気ではなかったのではないか? 最大の謎 『自死ごっこ』とは?】の続きを読む