芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

突入

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2018/01/01(月) 05:01:30.63 ID:CAP_USER9
お笑いコンビ・にゃんこスターのアンゴラ村長(23歳)とスーパー3助(34歳)が、1月1日に放送されたバラエティ番組「最強運決定戦SP2018」(フジテレビ系)に出演。2人の間を流れる微妙な隙間風に、3助が動揺する一幕があった。

恋人であることを公言している2人。この日、アンゴラ村長は3助との交際で抱えている悩みとして、「すぐ怒る」「ほかの女に優しい」「なんでもお揃いにしたがる」を挙げ、それぞれ「中学の担任みたいな怒り方してくる」「ちやほやされるのをそのまま受け取っちゃうアホな男」「服とかをお揃いにするんですけど、(3助が)したいって言って。でもイジられたりするんですよ。『お揃いじゃん』みたいにイジられたら、『アンゴラ村長がしたいからしてるんですよね』って濡れ衣を」と不満をぶちまけた。

最後の“お揃いの服”については、3助が「一緒にしたいでしょ? 一緒にしたいって言ってますよね? お揃いとかね」と確認すると、アンゴラ村長は「いや?……」と渋い顔。

一方の3助もアンゴラ村長への悩みとして「全てにおいてだらしない」を挙げ、耳かきを終えたあとの綿棒をゴミ箱に捨てずに放っておく、トイレに脱ぎっぱなしの服が置いてある、といったエピソードを披露。しかし、これには番組MCのバナナマン・設楽統から「付き合ってるのが生々しくて気持ち悪い」とツッコまれてしまった。

占い師タレントのゲッターズ飯田(42歳)は、そんな2人について「アンゴラ村長さん自体が、面白い男が好きとか尊敬できる人が好きなので、3助さんがもっと面白くなればうまくいく」と、交際についてアドバイス。

さらに2018年は、アンゴラ村長の恋愛運がとても良く、モテ期に突入するとした上で「(2人は)2018年、結婚する運気があるんですよ。ただ、アンゴラ村長がものすごいモテ期に入っているので、ここでどうするかで分かれると思います」と、結婚するかどうか、2人の運命はアンゴラ村長がカギを握っていることを示唆した。

そして、設楽はアンゴラ村長に「よく考えてね。モテ期に入るからいい人が現れるかもしれない、っていうのを考えたほうがいいかもね。3助のことすごい好きだったらいいけども」とアドバイス。

こうしたアドバイスにまんざらでもない表情を見せるアンゴラ村長に、「よく見て、よく見て。芸人の中でいろんな人いるけども……」と必死にアピールする3助だった。

2018/01/01 04:35 

アンゴラ村長が“モテ期”突入、恋人の3助動揺 

no title

no title

http://www.narinari.com/Nd/20180147395.html

【アンゴラ村長がモテ期突入、恋人の3助動揺】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
20170822-00003833-bunshun-000-3-view[1]


1: なまえないよぉ~ 2017/09/09(土) 12:28:29.94 ID:CAP_USER9
これで芸能界復帰は絶望的になったのではないか――と芸能関係者の間で囁かれている。所属事務所との契約トラブルで、姿を見かけなくなったタレントのローラ(27)のことだ。すでに「女性自身」が報じているのだが、事務所とのトラブルだけでなく、芸能界の“大御所”も怒らせてしまったという。

 女性自身によると、ローラが怒らせてしまったのはタレントの堺正章(71)。事務所とのトラブルを早い段階で、ローラから相談を受けていたという堺は「お互いがとことん自分の気持ちを言い合い、理解し合って、気持ちよく仕事することがベスト。けんか別れなんて最悪」とのポリシーを伝えたようだ。

 しかし、ローラはその“助言”を無視する形で、弁護士を立てて事務所と対決する姿勢を見せていて、今後、法廷闘争に突入することは間違いないという。これに対し、堺は失望しているらしいのである。ローラにとって“芸能界の父”とも言える恩人を怒らせてしまうとは、かなりヤバい状況なのだが、本人には自覚があるのか。

「堺は個人事務所所属ですが、系列は大手芸能事務所で、芸能界に絶大な影響力を持っています。“芸能界のオキテ”に反するようなことをすれば、厳しい対応を取る。今となってはネタになっていますが、タレントのヒロミが一時、芸能界から姿を消したのは、堺を怒らせてしまったから――という話がまことしやかに流れていた。最近では能年玲奈ことのんが、独立騒動を起こし芸能界から消えました。ローラも“同じ道”をたどるとみられています。『女性自身』の記事は芸能界からの“最後通告”だったのでは」(芸能リポーター)

 ローラは所属事務所と10年にも及ぶ長期契約を交わしていて、仮に契約が終了したとしても、その後2年間は芸能活動ができないという“奴隷契約”だった。ただし、17歳の高校生だったローラをスカウトし、売れっ子タレントにまで育て上げたのは現在の事務所でもある。うまい“落としどころ”はなかったのか。このままでは、ローラは完全に芸能界から消えていなくなる。

2017年9月9日 10時26分 日刊ゲンダイDIGITAL
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13588705/

【ローラ“法廷闘争”突入で復帰絶望か】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2017/05/20(土) 10:55:13.38 ID:CAP_USER9
no title

 ももいろクローバーZのリーダー・百田夏菜子(22)が自身のブログで、同グループが活動9周年を迎えたことを報告している。

「本日5月17日で私達ももクロ
9周年を迎えました!
わぁお!」

と報告した百田。

「濃密すぎる9年間。
何も分からず入った芸能界。
急に集められ始まったグループ。
レッスンの一環として始めた路上ライブ。
たくさんの夢に出会いたくさんの壁にあたり
こうして今みんなで9周年を迎えられてること
本当に嬉しいです。」

と振り返り、さらに

「いつも応援してくださってるみなさん、
今まで応援してくれたことがあるみなさん
これから応援してくれるかもしれないみなさん、(笑)(笑)
これからも、ももいろクローバーZを
よろしくお願いします」

と呼びかけた。ファンからは、

「おめでとうございます すごい!素晴らしい事だ?」
「日本含め世界中の人に愛されるももクロが大好きです!」
「9周年おめでとうございます!これからも応援し続けます!」

といった祝福とさらなる応援の声が寄せられている。

 ももクロは、結成当時全員が学生であったため、「週末ヒロイン」と称して土日を中心にパフォーマンスを開始。ひたむきで激しいライブパフォーマンスが特徴で、2011年にさいたまスーパーアリーナでの公演を行い、2012年には、アルバム『バトル アンド ロマンス』がCDショップ大賞を受賞した。これはアイドルとしては初の快挙となり、グループの存在が一般的に知られるきっかけに。そして同年には男性・女性客限定の各ライブを実際に武道館で実現し、大みそかには紅白歌合戦出場も果たした。


https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12105-14475/

【ももクロ・百田夏菜子 活動10年目突入を報告】の続きを読む