芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト、芸能トピ++

秋元真夏

1: なまえないよぉ~ 2019/09/03(火) 16:36:33.48
アイドルグループ・乃木坂46の秋元真夏が3日、東京・明治座で舞台『サザエさん』の初日公演を終え、取材会に参加した。

フジテレビ系の国民的アニメ『サザエさん』が今年10月に50周年を迎えるにあたり、舞台化が決まった。
アニメと同じく3本立てで「10年後のサザエさん」「タマがいなくなった」「磯野家の団欒」となっている。

サザエ役に藤原紀香、マスオ役に葛山信吾、フネ役に高橋恵子、波平役に松平健、カツオ役に荒牧慶彦、ワカメ役(Wキャスト)に秋元と齊藤京子(日向坂46)、タラオ役に大平峻也、タマ役に酒井敏也という豪華な面々が出演している。
物語は10年後が舞台。
マスオは出世し、波平は定年退職してヒマを持て余す。
カツオは大学に、ワカメは専門学校に通い、タラオも、もう中学生となっている。

同作が個人として初舞台となる秋元は「初舞台が、まさか『サザエさん』。すごくびっくりなこと」と驚きつつ「みんなが知ってるワカメちゃんが大きくなったら、どうなるのか、いっぱい悩んだり、考えたりした」と役作りを語った。
共演陣からのアドバイスも受け「一からわからなかったので、そういうところを教えて、助けていただいた」と感謝していた。

また、被り物でタマになりきった酒井は「国民的飼い猫ですから」と、こちらも入念な役作りをしたそう。
タマ役のオファーの感想を「おぉ」と明かすと「過去に犬もハトもやっていますので」と動じることなく、あっけらかんと語っていた。

舞台『サザエさん』は、きょう3日から17日まで同所で、28日~10月13日まで福岡・博多座で上演される。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190903-00000341-oric-ent

舞台『サザエさん』ワカメ役 秋元真夏
no title

no title


(下段左から)高橋惠子、松平健、藤原紀香、葛山信吾(上段左から)酒井敏也、秋元真夏、荒牧慶彦、大平峻也
no title


乃木坂46 新キャプテン秋元真夏
no title

no title

no title

【【乃木坂46】新キャプテン秋元真夏、初舞台は『サザエさん』ワカメ役 ← 常時パンチラかwwwww】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/08/25(日) 17:49:36.68
乃木坂46の白石麻衣さんが、2019年8月20日に27歳の誕生日を迎えた。ツイッター上では白石さんについての「生誕祭」という言葉がトレンド入りするなど誕生日を祝う声が続々と上がったが、それに混じって驚きの声も。

あるツイッターアカウントは、「ちょっとまってくれ白石麻衣ってアラサーなの?」と驚きの声。ほかにも、「白石麻衣(27)アラサーのババアなの衝撃」と、白石さんの年齢と美しさが乖離しているとして戸惑う声も。「世論では四捨五入すればアラサーだとか言いますがあなたの場合は端数切り捨てが正しいと思うので成人おめでとうございます」という書き込みさえあるほどだ。

■新キャプテンは前任者より「年上」

これらをはじめ、白石さんが27歳になったことに驚く声は多い。確かに、20代後半で現役の「女性アイドル」も近年ではそれほど珍しいことではなくなったが、それでも、25歳前後で「卒業」を迎えることが多い業界では、より長きにわたって活躍していることになる。

最近の乃木坂46ではほかにも、白石さんが27歳の誕生日を迎えた8月20日には、同グループの秋元真夏さんも誕生日を迎え、26歳となった。秋元さんといえば、9月2日から同グループのキャプテンを務めることが決まっているが、就任のきっかけは、現キャプテンの桜井玲香さん(25)が9月1日で卒業するためだ。

ただ、桜井さんは秋元さんが誕生した1993年の翌年である1994年生まれであり、年齢は1歳下。このため、秋元さんは8月14日放送の「乃木坂46のオールナイトニッポン」(ニッポン放送)で、現キャプテンよりも年上の自分が後継者となることに驚いたとする趣旨の発言を行っていたほどだ。キャプテンに就任するということは、26歳となった今後も現役稼働が義務付けられることであり、この点でも女性アイドル業界としては異例の動きと言えよう。

また、乃木坂46には白石さんと同じく1992年生まれの松村沙友里さん(26)が在籍しており、こちらも現役メンバー。選抜メンバーとして常連であるほか、9月4日発売の24thシングル「夜明けまで強がらなくてもいい」でも選抜メンバーに選ばれるなど、こちらも現役バリバリだ。これら、乃木坂46のメンバーに見られる「ピークの高年齢化」は、一体何を意味するのだろう。そこで、J-CASTニュース編集部は「プロアイドルヲタク」のブレーメン大島氏に意見を聞いた。

■カープの新井・黒田選手的な存在?

まず、乃木坂46のメンバーに見られる「ピークの高年齢化」、及び、女性アイドル界全体で高年齢化は進む傾向にあるのか否かについてブレーメン大島氏は、確かに以前よりも高い年齢までアイドルを続ける女性は増えているが、スタートはむしろ早まっており、「高年齢化」ではなく「幅が広くなっている」と言った方が正確であると指摘。その上で、

「乃木坂46は白石さんをはじめとする年長メンバーがモデルの仕事を兼任しており、握手会を主戦場とする主力メンバーたちの立ち位置からは一歩引いたところにいるといえます。そこがほかのグループとは違う点で、年長者が一歩引きながらも戦力としてメンバーを続けているのが特徴的です。例えとしてはちょっと変かもしれませんが、プロ野球の広島において、以前、新井貴浩さんや黒田博樹さんが年長者でありながら活躍する一方で、第一線の活躍は若手がメインだったという構造と重なるかもしれません」
と、同グループの特徴を指摘した。また、高年齢化は世代交代の邪魔になるか否かについては、

「9月の新曲では4期生の遠藤さくらさんがセンターを務めることになっているので、世代交代はうまくいっていると考えて良いでしょう。年長者が若手の邪魔になっていないところからすると、白石さんが30歳で現役という可能性もあるかもしれません」
と、白石さんの長期の活躍の可能性についても言及した。また、ほかの女性アイドルグループについては、

「AKBは全盛期に主力メンバーがほぼ固定されてしまっていたためか、世代交代はそれほどうまくはいっていない印象を受けます。また、モーニング娘。は世代交代には苦しみましたが、成功例と言って良いと思います。世間的にはメンバーの知名度は低いですが、固定ファンは固く、毎年のように武道館コンサートを成功させています」
と、乃木坂との違いを指摘しつつ、分析結果を教えてくれた。

(J-CASTニュース編集部 坂下朋永)

2019/8/25 07:00
https://www.j-cast.com/2019/08/25365603.html?p=all
no title

【白石麻衣27歳、秋元真夏26歳... 乃木坂46で「アラサー」の活躍が目立つ理由とは】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/08/14(水) 22:03:36.22
14日、大阪・京セラドームで開催された乃木坂46「真夏の全国ツアー2019」にて、次期キャプテンを1期生の秋元真夏が務めることがサプライズ発表された。

グループ結成から約8年間、キャプテンとしてグループを牽引してきた桜井玲香が「真夏の全国ツアー2019」の明治神宮野球場の最終公演(9月1日開催)をもってグループを卒業するに伴い、次期キャプテンが発表されたもの。

発表を受け秋元は、観客の大きな拍手に対して泣きながら一礼。
「次期キャプテンになることをここまで温かく迎えて頂けるとは思っていませんでした。今まで玲香が引っ張ってきたグループを受け継ぎ、そして皆さんが笑顔で楽しんで頂けるようなグループを作っていきたいと思います!」と力強くコメントした。

桜井玲香「私以上に立派なキャプテンになると思います!」
一方、卒業を控える桜井は「私がグループを卒業した後、キャプテンに相応しいメンバーは誰なのかを正直悩みましたが、真夏はグループにとって心の支えとなるメンバーで、人間としてもたくさんの魅力があるので、私以上に立派なキャプテンになると思います!」とエールを送った。

http://mdpr.jp/news/detail/1860253

乃木坂46新キャプテンに決まった秋元真夏(左)と桜井玲香
no title


乃木坂46 秋元真夏
no title

no title

no title

【【乃木坂46】新キャプテンに秋元真夏が決定!】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/07/24(水) 17:14:15.75
乃木坂46の特別番組『ファンタ坂学園と大合唱計画#1』がAbemaSPECIALチャンネルで7月16日に生放送された。

初回となる7月16日(火)の生放送では、乃木坂46の秋元真夏、生田絵梨花、齋藤飛鳥、遠藤さくら、賀喜遥香、筒井あやめ、そして先生役にお笑いコンビ・よゐこの濱口優が登場し、「ファンタ坂学園と大合唱計画」と題して、全国の“仲良しグループ”の学生と大合唱する企画の始動を発表。

2019年5月29日(水)にリリースした乃木坂46の新曲『Sing Out!』を、乃木坂46扮する“ファンタ坂学園”のメンバーと一緒に合唱して特別な夏の思い出を残したい、全国の“仲良しグループ”を大募集。
選ばれた仲良しグループは、合唱企画に参加し、「ファンタ坂学園のオリジナルミュージックビデオ」に出演する事ができる。

教室では、ファンタ坂学園メンバーが、“今年で卒業の仲良しグループ”や、“筋肉バッキバキな仲良しグループ”、“TikTokうますぎ仲良しグループ”など、参加してほしいグループについての話題で盛り上がっていると、突然、チャイムが鳴り「ぶっちゃけタイム」がスタート。
齋藤、生田、秋元の3人は、『ファンタ』の“ぶっちゃけボトル”をそれぞれ選び、濱口先生の指示で、ボトルに描かれた絵柄に合わせて“今の素直な気持ち”をぶっちゃけることに。
齋藤は「ぶっちゃけ、仕事してないでプールに行きたい!」、秋元は「ぶっちゃけ、ファンタ坂学園の中で私が1番可愛い」、そして生田は「ぶっちゃけ、今すぐグータラしたい」と発言し、笑いを誘った。

また「ファンタ坂学園と大合唱計画」始動にあたり、メンバーの齋藤、秋元、生田は「仲間と大合唱で頑張った思い出」についてコメントを寄せた。

■齋藤飛鳥コメント
乃木坂のライブの一番最後に、いつも「乃木坂の詩」を歌うのですが、何フレーズかをファンの人にも歌っていただきます。いつもその時になるとイヤモニを外して、毎回、会場の皆様の声を聴いています。やるたびに、本当に歌ってくれるんだ!と一生懸命に口を開いて歌っている姿にグッときます。毎回嬉しい合唱といえば、これが一番に頭をよぎります。

■秋元真夏コメント
中学か高校の時の合唱祭の思い出は、歌が得意ではなく、合唱曲は高くて難しくて声が出ないので、2曲ですが、伴奏と指揮者を担当しました。指揮者をしている時、歌っている皆が、最後”わ~”っと、(声を)伸ばしているところを、私が指揮で切るのが気持ち良かったです。皆の歌声が私に届いていたし、(指揮を)切る気持ちよさも味わっていい思い出になりました。

■生田絵梨花コメント
乃木坂に入る前、中学生の時に合唱コンクールが校内でありました。それが青春の時間でした。ピアノの伴奏として参加して、男の子たちがなかなか集中してくれなくて、指揮者の子と一緒に「男子~!もうちょっとちゃんとやってください!」と言ってましたが、最終的にはみんなで優勝を目指して一致団結できたおかげで、実際に優勝できました。ふざけていた男の子たちが泣いたことが、学校の青春そのもので思い出深いです。

そして、次回8月13日(火)夜11時からの放送は、「ファンタ坂学園と大合唱計画」に、なんと、あの人気TikTokerのりかりこ、西山乃利子、久保乃々花(クボノノ)も参加。
ファンタ坂学園メンバーとの、他では見られないコラボレーションに注目だ。
さらに、気になるキャンペーンの速報も!?

http://news.infoseek.co.jp/article/newsdwango_39544/

AbemaTV『ファンタ坂学園と大合唱計画#1』
(後列左から)賀喜遥香、遠藤さくら、筒井あやめ(前列左から)生田絵梨花、齋藤飛鳥、秋元真夏
no title

乃木坂46『ファンタ坂学園』
no title


乃木坂46 秋元真夏
no title

no title

no title


秋元真夏出演
【FANTA】 乃木坂46 「ファンタ坂学園 みんなでぶっちゃけボトル」篇 15秒 FANTA TVCF
https://www.youtube.com/watch?v=1hFc7RvKo4c


【乃木坂46秋元真夏 、ぶっちゃけ「私が1番可愛い」wwwww】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/06/11(火) 08:29:59.95 ID:AP8B7AeV9
6月8日、テレビ東京系『ひねくれ3』に出演した乃木坂46・秋元真夏が、“先輩からの誘い”の断り方を明かした。

番組では、“嫌いな先輩からの食事の誘い”についてトークを展開。
その中で「あるっしょ?先輩から面倒くさい誘いみたいなの」とハライチ・岩井勇気が質問を投げかけると、秋元は「ありますね」と回答。

「あるんかい!無さそうだから言ったのに」と岩井からツッコミが入ると、秋元は慌てたような様子を覗かせながらも「『ちょっと今日乗り気じゃないな』とか、
『やっぱゆっくりしたいな』って。『疲れてて』とか」とし、誘いを断る理由について補足した。

さらに、秋元は誘いを断る言い訳について、「次の日(の仕事)がすごい早いことにする」と語り、「(言い訳が)通じる人もいるんですけど、
通じない人はホントに『私も(朝)早くても全然イケるタイプだから、真夏も大丈夫だよ』みたいな感じになっちゃいます」とし、言い訳が通じない相手がいることを明かした。

https://news.livedoor.com/article/detail/16599596/
2019年6月11日 7時40分 E-TALENTBANK

no title

【乃木坂46・秋元真夏、“先輩からの面倒くさい誘い”を明かす】の続きを読む