芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

秋元康氏

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2019/06/12(水) 11:30:41.60 ID:9ySoXkiV9
先月18日にNGT48を卒業した長谷川玲奈(18)が声優事務所「クロコダイル」に移籍したことが10日、明らかになった。
長谷川は、昨年12月に暴行事件に遭った元メンバーの山口真帆(23)に寄り添う形で同時卒業。

この時点で山口は「自分が長谷川を巻き込んでしまった…」と強く後悔していたという。
そのため山口は、長谷川の新たな夢の実現と新事務所への移籍がスムーズに運ぶように、
水面下で総合プロデューサーの秋元康氏に直訴していたことが分かった。

夢に向かって新たな一歩を踏み出した長谷川の移籍に大きく尽力したのは、先月25日に大手芸能事務所「研音」に移籍した山口だった。

「長谷川はグループやファンへの思いも強く、卒業することには迷いもあった。それを一番気にしていたのが山口。
自分が長谷川を巻き込んでしまったことをとても後悔していた」とは芸能プロ関係者。

長谷川の将来に強い責任を感じていた山口は、総合プロデューサーの秋元康氏に“直訴”したという。
「長谷川の新たな夢の実現や事務所への移籍などをフォローしてくれるように、秋元氏に強く訴えていた」(同関係者)

山口がグループからの卒業を発表したのは4月21日、NGT48・チームGとしての最後の公演となった「千秋楽公演」だった。
この時点で山口の直訴は実を結び、長谷川と菅原の卒業後の進路はほぼ決定していたそうだ。
それを知った山口は安心して、自らグループを離れる決断を口にしたという。

こうなると気になるのは、もう一人の卒業メンバー、菅原だ。
山口に続いて、長谷川も新たな事務所が公表されたことで、ファンからは菅原を心配する声が上がっている。

しかし、長谷川が新事務所への移籍を発表したこの日、菅原はツイッターで「玲奈~!声優事務所『クロコダイル』さん所属おめでとう!!!」と祝福。
「今は会えなくて寂しいけど、いつか必ず一緒にお仕事出来るように りこも頑張るよ!絶対夢叶えようね」と今後の活躍を誓った。

これは「そう遠くないうちに菅原の新事務所も発表される予定」(別の芸能関係者)だからだろう。
山口もツイッターで「おめでとうれな」と祝福。今後も山口、長谷川、菅原の3人は“同志”としてつながっていくのか?

「卒業後も連絡を取り合っており、いつか共演を夢見て語り合う時もあるとか。 
たとえ事務所は違っても、支え合う関係は変わらないでしょうね」とは同関係者。

長谷川は第2期放送が決定したアニメ「邪神ちゃんドロップキック」の公式リポーターにも就任。
今月29日には、神奈川・川崎クラブチッタで開催されるアニソンライブイベントにMCとして出演するとともに、初となるアニソンミニライブも決まった。

一方で、山口の“近況”も伝わってきた。

「研音は主役級の実力派俳優、女優が所属しており、山口は事務所内でも厳しい競争にさらされる。
将来を不安視する関係者もいるが、移籍が発表された時にアクセスが集中して事務所の公式サイトは一時パンク。
テレビ局からも出演オファーが殺到しており、反響の大きさに事務所も驚いている」(テレビ局関係者)

争奪戦の様相を呈しているようだが、一過性の人気で終わらぬように、事務所は女優としての育成を含めて丁寧に話し合いを進めているという。

NGT卒業組の3人への共演オファーを企画しているテレビ局もあるだけに、今後の活躍が注目される。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190612-00000007-tospoweb-ent
no title

【山口真帆が秋元康氏に直訴・・・元NGT長谷川玲奈「再出発」のカラクリ、事務所への移籍フォロー要請】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2019/05/08(水) 11:35:55.76 ID:4yEuQ2o89
昨年12月にファンを名乗る男2人から暴行被害を受け、今月18日にNGT48を卒業する山口真帆(23)が6日、神奈川県横浜市のパシフィコ横浜で、自身最後となるAKBグループの握手会に出席した。

終了後、ファンにアイドルからの卒業を改めて明言する一方で、今後も芸能活動を続けることを示唆。
残り少ないアイドル人生となったが、山口の卒業をめぐってはグループ内で、とてつもない摩擦が起きているという――。

山口が卒業すれば騒動も落ち着くかと言えば、実はそう簡単に解決しそうもない。それほどグループ内の摩擦は大きいというのだ。

「山口らは卒業公演について、“出演したくないメンバーが無理に出演しなくても構わない”という考え。
秋元康総合プロデューサーらは“3人の好きなようにやらせてあげればいい”というスタンスだが、一方で運営会社AKSの上層部は“全員が出演するべき”と主張したそうです。

3人だけで卒業公演が行われれば、“追い出した”という印象は拭えず、再び運営会社へ批判が向かう可能性もあるからです」(関係者)

山口は2日配信の有料会員向けメールで秋元氏について「唯一心配してくれていた」とコメント。
「れなとりこのことも心配してくれたから、私は凄く感謝しています」と、菅原と長谷川を気遣ってくれたことへの思いを明かしている。

「山口は事件を告発したことで、自分を支えてくれた菅原と長谷川の将来も潰してしまったのでは?と心配していた。
秋元氏らが2人のために事務所探しなど尽力してくれていることを知り、それが感謝と謝罪の言葉につながったようです」(地元関係者)

HKT48を卒業した指原莉乃(26)も5日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」で、NGTの騒動について秋元氏に相談したことや、秋元氏が人づてに山口に対して励ましの声をかけていたことを明かした。

さらに秋元氏の立ち位置にまで言及。「会社(AKS)側がすべて今、勝手に動いてしまっていて、本来相談するべき秋元さんに相談も報告もせずに、NGTの今後の動きなどを先に発表してしまって」
「トップ(社長)が代わった瞬間から、秋元さんがクリエーティブだけのプロデューサーになっていた」などと明かした。

指原の言葉を聞く限り、NGTの運営会社であるAKSと秋元氏との間に溝すら生まれている状況だ。

卒業公演は“3人の好きなように”という秋元氏に対して、“全員出演するべき”と主張するAKS。
こうした意見の食い違いからも両者の溝は意外に深そうだ。

そもそもAKSはAKB48の主要創設者である秋元氏が中心となって立ち上げた運営管理会社。

国内AKB48グループのうちAKB48、HKT48、NGT48の3グループを管轄しているが、「5年ほど前に社長が代わって新体制になってから秋元氏の意向は運営には反映されにくくなった。
今回の山口の騒動での対応がまずかったのもこうしたことと無関係ではない」(事情通)という声は少なくない。

山口が卒業しても、騒動の火種はグループ内にまだまだ残っているようだ。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190508-00000016-tospoweb-ent
00bed3

【NGT48山口真帆卒業めぐり秋元康氏と運営に摩擦】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2018/09/04(火) 08:28:55.20 ID:CAP_USER9
AKB48グループ、乃木坂46・欅坂46の坂道シリーズなど、数々の人気女性アイドルグループを輩出してきた総合プロデューサー秋元康氏が、今度はこれまでにない“メンバー選抜制”のアイドルガールズバンドを手がけることが3日、わかった。
1期生オーディションの募集がきょう4日からスタート。
来春デビュー予定で、“国民的アイドルガールズバンド”を目指す。

今回は昨年の『NHK紅白歌合戦』に初出場したTWICE、WANIMAらが所属するワーナーミュージック・ジャパンと初タッグ。
秋元氏が「楽曲によってチームが編成される大所帯のバンド」を提案し、従来にない新しいプロジェクトがスタートする。

ボーカル、ギター、ベース、ドラム、キーボードなどそれぞれのパートに複数のメンバーを在籍させ、楽曲によって選抜メンバーを選出する、アイドルグループさながらの「メンバー選抜システム」を採用。
楽器の練習過程、セッションの模様、選抜の過程は各種メディアを通じて可視化し、ファンと共に、個として、バンドとして成長していく「サクセス・シンデレラ・バンドストーリー」を展開する。

秋元氏はワーナーミュージックのスタッフとの会議の中で「『どうせなら、バンド経験者だけではなく、楽器を弾けない人も参加できるオーディションにしよう』と盛り上がった」といい、きょう4日から1期生オーディションの募集を開始。
一次審査(書類)、二次審査(面接)、最終審査(面接)を経て、12月23日にZepp Tokyoで最終メンバーとバンド名を発表し、来春デビューを目指す。

応募資格は全国の満12歳~19歳(2019年3月末時点)の女性で、音楽・楽器経験は不問。
オーディション告知画像として、昔ながらの連絡先をちぎって持ち帰れる手書きチラシ風のビジュアル6種類が公開され、[夢は弾いてかなえろ!」「武道館でライブがしたい人」といった王道なコピーから「有名人に会いたい人」「アイドルになりたい人」「IT社長と結婚したい人」といったものまで。
「恋愛OK」とも明記されている。

秋元氏は「これから先、男性のバンドや、混合のバンドも生まれるかもしれないが、新しい試みにすぐ飛び込んでくれるのは、いつだって女の子だ。可愛いとか、スタイルがいいとかだけじゃなく、個性溢れる女の子が集まって欲しい。楽器が弾けなくたって構わない。これから練習すればいいのだ。何か、熱くなることを求めている人を待っている」とメッセージを送っている。

■秋元康氏コメント
Warner Music Japanの小林和之代表取締役兼CEOから、新しいプロジェクトをプロデュースして欲しいと頼まれたので、「やるなら、バンドがいい」と答えた。もしかしたら、Warner Music Japanはアイドルをプロデュースして欲しかったのかもしれないが、どうせなら新しいことに挑戦した方が面白い。

「カズさん(小林和之氏)、大人数のバンドはどうですか? ヴォーカルもギターもベースもドラムもキーボードも何人も所属していて、楽曲によってチームが編成される大所帯のバンド。こういう曲だったら、あのヴォーカルにこのギターの組み合わせがいいとかってあるじゃないですか?」会議で僕が提案したアイデアに、「そんなのないですねえ、面白い!」とカズさんを初めとするWarner Music Japanのスタッフが乗ったのである。

「どうせなら、バンド経験者だけではなく、楽器を弾けない人も参加できるオーディションにしよう」と盛り上がった。第一弾は、「ガールズバンド」。これから先、男性のバンドや、混合のバンドも生まれるかもしれないが、新しい試みにすぐ飛び込んでくれるのは、いつだって女の子だ。可愛いとか、スタイルがいいとかだけじゃなく、個性溢れる女の子が集まって欲しい。

楽器が弾けなくたって構わない。これから練習すればいいのだ。何か、熱くなることを求めている人を待っている。

総合プロデューサー 秋元康

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180904-00000301-oric-ent

アイドルガールズバンドオーディション告知画像
no title

no title

秋元康氏
no title

【秋元康氏、次は「アイドルガールズバンド」プロジェクト 恋愛OK】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2017/12/13(水) 21:34:28.61 ID:CAP_USER9
秋元康氏が13日放送の「伊集院光とらじおと」(毎週金・木曜あさ8:30~11:00/TBSラジオ)にゲスト出演。
元NMB48の須藤凜々花が今年6月の「第9回AKB選抜総選挙」の舞台上で突然結婚宣言をしたことに言及した。

秋元はパーソナリティーの伊集院光とともに、予定調和に定まらないアイドルの面白さについて議論。
伊集院は須藤の突然の結婚宣言について「噂でしか知らないけど、あの子に関しても、
(秋元は)やりなさい、頑張りなさいって感じ…」と秋元に質問した。

秋元は「あれは前日、“そういう話があります”っていうのが現場のマネジャーから上がってきたんですよ」と
事前に告知を受けていたことを明かし、「それはもう本人の問題だから、どっちでもいいよと、
本人と相談して決めなさいと投げたんですよ」と話した。

続けて「当日どうなるかな、と思って見ていたら、一瞬言おうとするんだけど言わなかったんですよ。
『ああ、言わないんだ』と思ったんですよ。そしたら(司会の)徳光(和夫)さんが変な感じに気づいたんでしょうね。

それで話をもう一度話を振ったら(結婚を)言ったんですよ」と総選挙当日を振り返り、「だからこういうことってあるんだな、と。
まさかああいう所で言うと思わないじゃないですか。だけど、そういうのもありだなと思うんですよ。
ファンの皆さんには申し訳ないし、でも結局は人間ですからね、みんな。どうなるかは何もコントロールできないし、
それが集団になると、更に化学変化を起こすわけですからね」と語った。
https://mdpr.jp/news/detail/1734137
no title

【秋元康氏が語る、元NMB48須藤凜々花 “結婚発表”の裏側】の続きを読む