芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

神田沙也加

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/01/10(金) 10:32:12.10
松田聖子とは母子断絶。連絡を取れるのは聖子の兄だけと、沙也加の奔放生活は母への当てつけか

「カンパ~イ! 一緒に乾杯ができてうれしい。このディナーショーは12月25日まで続きます。皆さんに少しでも楽しんでもらえるように頑張ります!」

この時期、もはや毎年恒例となっている松田聖子(57)のディナーショーが、今年も全国11ヵ所で開催された。この日も都内ホテルの宴会場は、500名近い観客で埋め尽くされていた。

「ディナーショーは東京、大阪、名古屋を中心に全23公演。チケット代はだいたい5万円なんですが、即完売。会場は400~500人規模なので、総売り上げは5億円以上でしょう。都内で行われるファンミーティングもチケット代は4万円と高額にもかかわらず、プラチナ化してます。秋以降だけで6億円近く稼いでいることになります」(レコード会社関係者)

今年も7年連続23回目のNHK『紅白歌合戦』出場が決まったこともあって会場の熱気は凄まじい。娘・神田沙也加(33)の離婚発表があったばかりだからか、「娘さんのこと教えて~」と、男性ファンから容赦ない声も。ところが聖子は動じる気配すらなく、「いろいろお教えしたいと思いますがもう少しお待ちください」と、苦笑しながら、さらりとかわしていた。

結局、この日はショーの終了まで、聖子が沙也加について語ることは一切なかった。そもそも、聖子は沙也加から離婚についての報告を受けていないのはもちろんのこと、二人はまったく連絡を取っていないのだという。

「沙也加が連絡をするのは、聖子のお兄さんだけで、あれほど可愛がってもらってたお祖母(ばあ)ちゃんとも、ほとんど会ってないと聞いてます」(音楽関係者)

沙也加に〝不倫〟疑惑も!?

12月4日、沙也加は俳優・村田充(42)と離婚していたことを発表した。離婚の理由について、沙也加は、

「結婚以来、子供のことについてずっと話し合ってまいりましたが、折り合う答えを見つけることが出来ませんでした」と、ブログで説明。村田も同様の理由から今年の夏に話し合って円満に離婚を決めたことを自身のブログで報告した。

だが、翌5日発売の『女性セブン』の報道で雲行きが怪しくなる。沙也加は7月に舞台で共演した、ジャニーズJr.で『MADE』メンバーの秋山大河(27)との不倫を報じられたのだ。

「セブンによれば、沙也加は村田との別居中に、秋山の自宅に入り浸っていたとのことでした。夫の村田を直撃取材すると、村田は離婚について完全否定。ところが、セブンの発売日の前日になって慌てて離婚発表しました。明らかに不倫を隠すためでしょう」(芸能プロ関係者)

不可解なのは、聖子が、娘の離婚についてまったく語ろうとしないこと。それが、二人の確執がいまだ根深いことを物語っている。

「沙也加が10代の頃から断絶と修復を繰り返してきた二人の関係ですが、ここ数年は最悪な状況だと聞いてます。恋愛に奔放な聖子に、沙也加は幼い頃から振り回され続けてきました。転校を繰り返し、イジメにも遭ったそうです。しかし娘の恋愛に関しては、聖子は厳しく、沙也加が連れてくる相手にことごとく反対したんです」(テレビ局関係者)

その一方でお互いに歩み寄ることもあった。親子でバラエティ番組に出演したり、『紅白』でデュエットしたこともあった。しかし、二人の亀裂を決定づける事件が5年前に生じる。発端はやはり聖子の〝奔放すぎる恋〟だった。

「’12年に聖子は当時、慶應大学医学部准教授だったA氏と3度目の結婚をしました。知り合ったとき、A氏には妻子がおり、略奪婚でした。しかし、聖子にはそれまで5年間、一緒に暮らしていたマネージャーのB氏の存在があった。結婚後もB氏との関係が続いていたため、聖子の母や兄はB氏と絶縁するように聖子に詰め寄ったそうです。すると聖子は’14年に家族経営の個人事務所『ファンティック』を飛び出して、B氏と新事務所『melody fair』を立ち上げてしまったのです。あまりに身勝手な聖子の行動に家族は距離を置くようになったそうです」(芸能リポーター)

そして沙也加が結婚した’17年、さらに追い打ちをかけるような事件がおこる。

聖子は『ファンティック』から、沙也加を追い出してしまう。沙也加は仕方なく、新事務所『ローブ』を立ち上げ、『ローブ』の社長には聖子の兄が、『ファンティック』の取締役兼任で就任。現在、沙也加が連絡を取ることができるのは、この聖子の兄一人だけだという。 

2020年1月10日 7時0分
FRIDAYデジタル
https://news.livedoor.com/article/detail/17643586/
20200110004

【神田沙也加、離婚発表2週間で不倫疑惑のジャニーズJr.と同棲か】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2019/12/11(水) 06:06:51.55
《突然のご報告ではございますが、私、神田沙也加は、村田充さんと離婚しておりました事をご報告いたします》

 12月4日、俳優の村田充との結婚生活にピリオドを打っていたことを自身のブログで報告した神田沙也加。発端は、『女性セブン』が報じたジャニーズJr.の秋山大河との不倫疑惑。11月下旬、秋山との深夜の密会現場をキャッチされたのだ。

「秋山さんは4人組グループ『MADE』のメンバーで、嵐やNEWSなどのバックダンサーも務めています。沙也加さんとの出会いは、7月に上演された舞台『SHOW BOY』での共演。8月には地方での公演もあり、そこでふたりの距離が徐々に縮まっていったそうです。最終的には沙也加さんが10月に村田さんとの家を出ていき、秋山さんは彼女の新居近くに引っ越したそうです」(芸能プロ関係者)

 この不倫報道への回答として、彼女は“すでに離婚していた”と発表。同ブログでは、離婚理由にも触れられており、

《結婚以来、子供のことについてずっと話し合ってまいりましたが、折り合う答えを見つけることが出来ませんでした。(略)結果、別々の人生を歩むという結論に至りました》

 沙也加と村田は、'16年夏の舞台共演をきっかけに交際がスタート。翌年4月には、沙也加のインスタグラムで父・神田正輝とのスリーショットとともに結婚を発表した。

「結婚当初、沙也加さんは子づくりに関してわりと積極的だったように見えましたよ。舞台の共演者に“妊娠して舞台を降板した場合の違約金って、いくらぐらい取られるのかな?”なんて冗談で言っていたぐらいですから。その気はあったんだと思います」(舞台関係者)

■松田聖子・神田正輝の娘に生まれて

 '17年9月、村田が耳の病気の療養のため、俳優業の休止を発表。これにも子づくり計画が関係していたようで、

「村田さんはこの活動休止をきっかけに、自分が家庭に入って自宅でできる仕事にシフトしようと考えていたそうです」(村田の知人)

 彼の決意には、沙也加の家庭環境も少なからず影響していたという。

「村田さんは、子どもができたら両親がともに芸能人なのはかわいそうだという考えがあったんです。沙也加さんは松田聖子さんと神田正輝さんの娘ということで、ずっと好奇の目にさらされてきた。それをいちばん近くで見ていた彼は、彼女の気持ちが痛いほど理解できていたのでしょう」(同・村田の知人)

 沙也加は、'15年に出版した自著『Dollygirl』(宝島社)で幼少期の体験をこう綴っている。

《卒園式のときに周りの父兄の方がざわざわしているのがわかって。「あれが!」「あの人が!」っていうざわつきが伝わって来て。そのときに、私の家には噂されたり、取沙汰される何かがあるのかもしれないって思うようになりました》

 同書では、中学時代に壮絶ないじめにあっていたことも告白している。

「昭和の大スター・聖子ちゃんの娘ですから、どこにいても注目を集めてしまう。沙也加さんが一時、芸能活動を休止していたときもマスコミに追いかけられたことは、そうとうショックだったそうです」(スポーツ紙記者)

 そのせいもあってか、聖子は沙也加と表立って関わることを徐々に避けるように。

「沙也加さんが成人したころから“プライベートには関わらないし、母娘関係をアピールするコメントはしない”と決めたそうです。だからこそ、彼らの結婚披露パーティーにも、聖子さんは“娘の邪魔はしたくない”と出席しませんでした。でも、結婚報告直前には母娘で都内の高級フレンチレストランでお祝いをするなど、すごく仲はいいんですよ」(同・スポーツ紙記者)

■離婚の翌日、ディナーショーを開催した“聖子ちゃん”は

 子どもを守りたいという思いは村田も同じだったという。

「村田さんは自分たちの子どもには沙也加さんのような目にあってほしくないと思っていたんじゃないかな。彼はそもそも“主夫”願望があり、沙也加さんのプロデューサーとして裏方に回りたかった。“沙也加さんが仕事に邁進して、自分が子どもを育てる”という気持ちがあったと思いますよ」(前出・村田の知人)

 だが、いざ子どもをつくろうと思っても、沙也加のスケジュールは数年先まで仕事で埋まっていた。

>>2以降に続きます

12/11(水) 4:00配信 週刊女性PRIME
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191211-00016720-jprime-ent
no title

【神田沙也加、不満があった「夫の収入面」と村田充の母が離婚について語ったこと】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2019/12/09(月) 11:29:45.70
 離婚報告をした神田沙也加(33)のインスタ画像を巡って、ファンが騒然としている。沙也加は12月4日、「子づくりを巡る意見の方向性のズレ」を理由に俳優の村田充(42)と離婚していたことを、ブログで発表した。その翌日に発売された『女性セブン』で、ジャニーズJr.の秋山大河(27)との“お泊りデート”が報じられると、さらにこの電撃離婚劇が話題となった。

 女性セブンによれば、沙也加と村田の夫婦関係にすきま風が吹き始めたのは今年に入ってから。そんな中、7月に沙也加が秋山と舞台で共演し、2人は急接近。やがて交際に発展すると、10月に沙也加が村田と別居生活を始めたという。

 「村田さんも沙也加さんと同時にブログで、離婚を発表しています。そのブログによれば〈今年の夏、二人で円満に離婚届を作成し、離婚に双方合意をいたしました〉と書かれているのですが、離婚届を提出したとは書いていないんです。村田さんはブログで不倫について明確に否定しているものの、秋山さんとの交際報道も出てきたので、なんだか釈然としない発表だったと感じている関係者は少なくないようです」(芸能関係者)

 そんな中、沙也加ファンたちが彼女のインスタの中で、“意味深な画像”を発見し、話題となっている。

 「沙也加さんの9月30日のインスタです。ゲームセンターにいる沙也加さんの写真が投稿されているのですが、その写真を撮ったと思われる人がゲーム機に写り込んでいるんです。スマホのカメラレンズを沙也加さんに向けるその人は、男性でサングラスをかけていました。女性セブンに掲載されていた秋山さんもサングラスをかけていて、同じ形のように見えると、ファンたちはザワついています。

 投稿された9月30日は、沙也加さんのバースデーの前日。この後、沙也加さんはこの男性と一緒に誕生日を過ごしたのでは、という妄想まで出てきていて……」(沙也加のファン)少なくともその男性は村田ではないという。

https://www.news-postseven.com/archives/20191209_1505664.html 
2019.12.09 

no title


no title

no title

【神田沙也加、9月30日のインスタに夫ではないサングラス男が写り込む 秋山大河かとファンざわつく】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2019/12/07(土) 12:32:53.77
4日に自身のブログで離婚を報告した女優の神田沙也加(33)。俳優の村田充(42)と別れた理由については、〈(2017年の)結婚以来、子供のことについてずっと話し合ってまいりましたが、折り合う答えを見つけることが出来ませんでした〉などとつづっている。

 一方の村田も同日、自身のブログで〈子どもが欲しかった私と、前向きになれなかった彼女とで折り合いがつかず〉などと話を合わせているが、離婚の理由は別にあると見る向きは多い。5日発売の「女性セブン」12月19日号が報じた神田の〈アナ雪「不倫の代償」〉じゃないか、ともっぱらなのだ。

 同誌は、大ヒット記録を更新中のディズニー映画「アナと雪の女王2」で「アナ」の声優を務める神田が、7月に舞台で共演したジャニーズJr.の4人組グループ「MADE」のメンバー、秋山大河(27)と〈禁断の恋にのめり込んでいった〉と“スクープ”。

「離婚したのは今年の夏だから不倫じゃない。村田はそう説明していますが、いずれにせよ村田しかり、“新恋人”とみられる秋山しかり、神田と比較したら、芸能界では“格下”です。過去に熱愛の噂があった一連の男性もそうでしたね」(舞台関係者)

 そして村田も秋山もそうだが、ほぼ舞台での共演がきっかけだ。

■母・松田聖子への複雑な思い

「長く密な時間を一緒に過ごすと好きになってしまう“惚れっぽい体質”ということもあるとは思いますが」と、芸能ライターのエリザベス松本氏はこう続ける。

「沙也加さんは、母である松田聖子さんに対する複雑な思いを抱えています。ミュージカル女優の地位を確立した今でも、“聖子ちゃんの娘”というレッテルをはがそうともがき、母を超えたいと上を目指している。そんな沙也加さんにとって、“俺様”の男性はキャリアの邪魔でしかない。主役クラスの『俺の方がすごい』というタイプとはお互いに張り合う関係になって疲れるだけ。それより『沙也加ちゃんなら、大丈夫。できるよ。頑張って』と励まし、鼓舞してくれる男性を求めるのは、ある意味必然でしょう」

 実際、神田はかつて、演出家の宮本亜門の“ひと言”に救われたと話していた。

「2005年にミュージカルに初出演した時、宮本さんから『ちゃんとあなたを見て選んだんだから、あなたはあなたのままで自信を持ってそこに立っていいんだよ』と声をかけられ、心が楽になったといいます。別れた村田さんともそういう関係で、沙也加さんが自信を失いかけると、彼が『大丈夫だよ』などと励ましていましたね」(前出の舞台関係者)

 “応援団”になってくれる男性は、結果的に格下が多いということか。

写真
no title


12/7(土) 9:26配信 日刊ゲンダイ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191207-00000001-nkgendai-ent

【神田沙也加は不倫が原因で離婚か?“格下”ばかりと熱愛する深層心理】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2019/12/06(金) 14:59:41.75
女優の神田沙也加と俳優の村田充が12月4日、それぞれのブログにて離婚していたことを報告。双方〝円満離婚〟としているが、ネット上では神田に〝新カレ氏〟がいることが発覚したことについて、母・松田聖子の〝遺伝〟を指摘する声が続出している。

神田は離婚理由について、《結婚以来、子供のことについてずっと話し合ってまいりましたが、折り合う答えを見つけることができませんでした》《わたしは生きてきた環境の中で持った考えを変えられず、彼を幸せにすることができないと思いました》などと説明。また、村田も《子どもが欲しかった私と、前向きになれなかった彼女とで折り合いがつかず》と、子どもを巡って意見の相違があったことを明かしている。

また今回の発表は、当初、仕事の関係で年始に発表する予定だったが、某週刊誌のスクープ取材を受けたことで時期を早めた模様。取材を受けた村田は、《(週刊誌から)別居、不倫、離婚の事実について問われました。別居についてはお認めしました。不倫については否定をさせていただきました。離婚成立後に、彼女からプライベートの報告も聞いております》と、不倫については否定し、また神田も離婚成立から別居までの同居期間に《わたしのプライベートの話も、充さんにはすべて報告してきております》と〝身の潔白〟を主張している。

「12月5日発売の『女性セブン』では、沙也加の〝新恋人〟としてジャニーズJr.・秋山大河の存在をスクープしています。このような顛末は、母・聖子に通ずるところがありますね。聖子といえば、公認カップルとして長年付き合っていた歌手・郷ひろみと別れた数カ月後、映画で共演した俳優の神田正輝とあっさり結婚。翌年には沙也加を出産し、すぐさま〝アイドル復帰〟を果たしています。そして沙也加が10歳のとき、神田と離婚が成立。しかし、翌年には6歳年下の歯科医師と再婚(後の2000年12月に離婚)しました。男性に対する切り替えの早さは、聖子から沙也加に脈々と受け継がれたようです」(芸能ライター)

「アナ雪が始まったばかりなのに…」
ネット上では、神田にカレ氏の存在が発覚したことに対し、

《男がいないとダメなタイプなのかな》
《不倫は否定してるけどもうさやかには彼氏いるのか。それもまたびっくり》
《子供たちにも大人気なアナ雪の上映が始まったばかりなのに、離婚も不倫もイメージ的に良くないですね》
《離婚事由が子供じゃなくて不倫な気がしてならない》
《そりゃ他に気になる人ができたら子作りなんて、とてもできないですよね》

などと、衝撃を受ける声が多く上がっている。また、聖子との類似性についても、

《結局は親子》
《さやかも割とフラフラというか、ガッツリ聖子の遺伝子継いでるね》
《歯医者さんと再婚するのかな?》

など、指摘とともに揶揄の声も上がっている。

ああ~~沙也加の~恋は~♪ 南の風に乗って突っ走り過ぎかもしれない。

http://dailynewsonline.jp/article/2105752/
2019.12.06 10:30 まいじつ
20191206010

【神田沙也加“離婚直後の新カレ”に仰天!「母・聖子の遺伝子ガッツリ」wwww】の続きを読む