芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト、芸能トピ++

神対応

1: なまえないよぉ~ 2018/05/26(土) 11:38:29.95 ID:CAP_USER9
乃木坂46・西野七瀬のファーストフォトブック「わたしのこと」が、5月21日付オリコン週間BOOKランキングで1位を獲得した。写真集ジャンルが同ランキングでトップになるのは今年初だという。

「このフォトブックは、初版発行部数12万部という異例の部数でスタート。それでも書店やネット通販では、売り切れになるほどの反響を呼び、累計発行部数は20万部を突破したそうです。オリコンのBOOKランキングで、写真集が1位を獲得するのは、17年4月の『衛藤美彩写真集』以来、約1年ぶりの快挙となります」(芸能記者)

 そんな中、5月10日には、西野が直接ファンにフォトブックを手渡しする「お渡し会」イベントが行われた。そして、同イベントでの彼女の振る舞いが“神対応”だったと話題になっているのだ。

「イベント後、お渡し会に参加したファンが、SNSで続々とイベントの感想を報告しました。それによると、彼女は人気漫画『ジョジョの奇妙な冒険』好きとして知られていますが、ファンが“自分もジョジョ好きである”と報告すると、キャラのマネをしながらリアクションしてくれたそうです。他にも『(購入した冊数が)5冊目!って言ったら“ありがとう”って言ってくれた!』『にゃ~(西野の愛称)は期待を裏切らない可愛さだった。こりゃガチ恋多いの納得だわ』『最後まで手を振ってくれて、うれしいまるでした』と、彼女の対応から誠実な性格が伝わってきたと、称賛の声が飛び交いました」(前出・芸能記者)

 5月27日には、大阪で2回目のお渡し会を開く西野。その際は、さらに多くのファンを幸せな気持ちへと導くことになりそうだ。

https://www.asagei.com/excerpt/105040
no title

【【乃木坂46】「西野七瀬は裏切らない!」写真集お渡し会の“神対応”にファン悶絶】の続きを読む

稲村亜美

1: なまえないよぉ~ 2018/03/14(水) 06:18:33.27 ID:CAP_USER9
中学生の野球大会で始球式を行ったタレントの稲村亜美さん(22)が、グラウンド上で数千人の球児に取り囲まれ「もみくちゃ」となった騒動が波紋を広げている。

稲村さん本人は、騒動直後に「わたしは全く問題なく大丈夫です」とツイート。選手たちのけがを心配する投稿も寄せており、彼女の姿勢を「神対応」などと報じるメディアもある。だが一方で、こうした報道に違和感を示す意見も出ている。

運営は謝罪「決してあってはならないこと」
騒動は、2018年3月10日に神宮球場(新宿区)で行われた野球大会の開幕式で起きた。大会は日本リトルシニア中学硬式野球協会関東連盟が主催したもので、稲村さんはジャンパーにショートパンツ姿で始球式を行った。

始球式のマウンドに登った稲村さんの周囲には、大会に参加した202チームの球児がずらり。ハプニングが起きたのは、ボールを投げ終えた直後のことだった。

始球式の様子を客席から撮影した動画をみると、稲村さんを遠巻きに見守っていた球児はマウンドの方向へとにじり寄る。こうした状況に、マイクを手にした稲村さんは少し焦った様子で、

「大丈夫?よし、落ち着こう!押さないで」
と声をあげる。しかし、その直後に球児たちは稲村さんの元へ殺到。マウンドは1分以上にわたって多くの球児が入り乱れる「もみくちゃ」状態となっていた。

こうした騒動について、開幕式を主催した中学硬式野球協会関東連盟は12日、公式サイトに謝罪文を掲載。「稲村亜美さんや所属事務所の皆様に多大なご迷惑をおかけし、心よりお詫びを申し上げる次第です」などとした上で、

「選手が整列していた場所を離れ、あのように稲村亜美さん目指して殺到した行為は、決してあってはならないことだと考えています。今回の行為についてその場にいた選手には、チームを通じて猛省を促すとともに、今後このようなことが起きないよう役員一同指導者、選手の教育を続けてまいります」
とも訴えた。

つづく

2018年3月13日 13時
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14426157/

写真
no title

【<稲村亜美「もみくちゃ騒動」>「神対応」で済ませていいのか?「集団痴漢にしか見えない」球児たちを批判する声が続出】の続きを読む

no title


1: なまえないよぉ~ 2017/11/10(金) 21:57:27.31 ID:CAP_USER9
競馬騎手の武豊(48)が10日発売の『フライデー』(講談社)にタレント・小浦愛(26)との「路上キス」写真を報じられた。
同誌によれば武と小浦は10月23日、菊花賞を終えた夜に京都四条河原町の交差点で熱い抱擁をくりひろげ、さらに肩に頭をのせてキスをしたという。

「もはや”不倫常習犯”の武ですが、今回の相手は少し波乱含みの女性のようです」と語るのは、ある週刊誌の記者。

「小浦愛は少し若い頃の佐野量子(49)に似た小柄で可愛いらしいタイプ。しかし、彼女は以前から武の弟・幸四郎(39)と噂になっている厄介な女。
2人は『トレセンまるごと情報局』(グリーンテレビ)でも共演し、小浦のブログには何度もツーショット写真が掲載され、競馬ファンの間では有名でした」

幸四郎はすでに騎手を引退し、調教師に転向している。しかし、まさか同じ女性を巡って兄弟で「競走」することはありえるのか。

「競馬業界は閉鎖された狭い世界です。武が15年10月に”手?ぎデート”を『女性セブン』に報じられた美馬怜子(33)とも競馬関係の仕事で知り合っている。
男ばかりで出会いの少ない世界なので、出入り業者のキャスターやタレントはチヤホヤされ、
いわば『プロ野球選手が局アナを争う』ような争奪戦が繰り広げられてるんです」

■佐野がまさかの笑顔の神対応のワケとは?

だが、武にとって、弟の問題以上にこじれそうなのは妻・佐野量子(49)との仲だ。佐野はフライデーのインタビューに笑顔で応じ、
夫婦のツーショットを撮るように頼むなど「妻の鑑」「神対応」と言われたが、
SNS上では「逆に笑顔が怖い」「取材が帰ったら地獄だろ」「責め方がネチっこそう」という意見も飛び飛び交っている。

「フライデーの報道を受けて、今朝も各局ワイドショーが武の自宅を直撃してるんですが、その時も佐野が登場し、
『キツく怒りすぎたかな?というぐらい、キチっと怒りました』と言ってます。
佐野は結婚当初から『あのおっとりした喋り方はキャラで、じつはかなり気が強く、周囲が困惑している』とさんざん週刊誌に書かれていた人物。
佐野が笑顔を振りまけば振りまくほど武の顔が強ばっていく様子を見てると、家庭内での第2レースが始まっているんだなと察しがつきます」(芸能関係者)

武の生涯獲得賞金は約50億と言われる。それほど稼げば浮気の一つもしたくなるだろうが、離婚となれば「慰謝料」は天文学的な数字になる。
武は浮気の代償に、この先も佐野に御され続け、馬車馬のごとく働くことになりそうだ。

http://dailynewsonline.jp/article/1374554/
2017.11.10 20:22 デイリーニュースオンライン

【武豊の不倫騒動、妻・佐野量子の取材が神対応すぎて「あれが逆に怖い」と関係者wwwwwww】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/10/29(日) 13:33:14.29 ID:CAP_USER9
歌手の浜崎あゆみが10月23日、広島市内の会場でコンサートを行った。
広島開催を意識して、広島東洋カープのユニホーム姿で熱唱した浜崎は、ファンから大声援を受けてコンサートを無事に終えた。

今回の浜崎のコンサートは今年5月から始まっている全国ツアー『Just the beginning -20- TOUR 2017』の広島公演だ。
前日の22日に予定されていた神戸公演は台風21号の影響で中止となってしまったが、その際に急遽グッズ売り場でファンサービスをするなど“神対応”が話題になった。

広島公演の後に浜崎はツイッターを更新。ファンの女の子と一緒に写った写真を投稿した。

広島ありがとうございました2日分の想いが爆発してステージを降りて客席に乗り込んでしまいました
一緒に歌ってくれてありがとうこれはこの子のお母さんが撮ってくれたんだよぉ??#TOUR2017#Justthebeginning第2章#sacrifice pic.twitter.com/qpRFA7rSns

? ayumi hamasaki (@ayu_19980408) 2017年10月23日

https://platform.twitter.com/widgets.js

ここまでなら“いい話”だ。

今回のツアーは観客によるスマホやケータイで写真撮影とSNS投稿が許可されているため、
ツイッターやインスタグラムには広島でのコンサート中の浜崎の姿を収めた写真が多数投稿された。

だが、その“被写体”があまりにも太っていると炎上してしまったのだ。

《一時期巻き返してたのにまた太ったのか》
《あゆの激太りがさらに進行してて笑った》
《チョーカーがアクセサリーってよりただの首輪みたいになってるw》

このような投稿が多数された。

浜崎が太ったと言われたのは今回が初めてではない。
今年の5月に今回のツアーの初日である代々木第一体育館のコンサート写真がSNSで出回ったあとには《森三中の黒沢に似てる》、《女子プロレスラーかと思った》などと投稿されていた。

あのときの“悪夢”をまたよみがえってしまったのだが、いまさらツアーのルールを変えて写真撮影禁止はできないだろう。

ツアーは年内は大みそかまで行い、来年2月の沖縄公演が最後だ。
それまでに全盛期とまでいかなくても、何とか森三中の黒沢と言われることがないようにしたいところだ。

http://dailynewsonline.jp/article/1370379/
2017.10.29 10:30 まいじつ

no title

no title

【浜崎あゆみさん神対応するも、またしても激太りをイジられるwwwwwww】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/05/10(水) 21:19:39.71 ID:CAP_USER9
10日放送の『バイキング』(フジテレビ)で、アンガールズの田中やおぎやはぎの矢作が、ガッキーの愛称で親しまれる女優・新垣結衣の気さくでかざらない人柄について語った。

番組では新垣が、取材記者の待つ場所に自ら出向いて挨拶をしたり、「お疲れ様」と印刷された飴を渡したりした逸話を紹介したが、
この日の番組には、以前深夜のバラエティー番組「落下女」で新垣とコントを演じていたアンガールズやおぎやはぎが出演。
口々に新垣の"神対応"が日頃からのものであることを語った。

アンガールズの田中は、新垣がブレーク後のインタビューでコント番組での経験が生きていると語っていたことに言及。
「普通コント番組の経験は(女優として売れたら)消すじゃないですか」と、コント番組に出演していたことを新垣がブレーク後も語っていることに感激した様子。
廊下などですれ違う時も「どうも!」と声を今でもかけてくれると明かした。

また、おぎやはぎの矢作兼は、偶然出会ったときの新垣の様子が「すっごいかわいい」"神対応"だと絶賛。
笑顔で両手を振り、嬉しそうに声をかけてくれると明かし、「(そんな挨拶をされたら)好きになっちゃうよね、まいっちゃう!なんでもしてあげようと思う」と目尻を下げた。

http://dailynewsonline.jp/article/1309028/
2017.05.10 16:49 RBB TODAY

no title

【新垣結衣、日常でも"神対応"にアンガ田中、矢作兼もメロメロ!】の続きを読む