芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト、芸能トピ++

石田ゆり子

1: なまえないよぉ~ 2018/07/17(火) 05:06:25.09 ID:CAP_USER9
歌手で俳優の福山雅治(49)が来秋公開予定の映画「マチネの終わりに」に主演し、女優の石田ゆり子(48)と“初共演”することが16日、分かった。

 「マチネ-」は2016年に刊行された芥川賞作家・平野啓一郎氏(43)の同名小説が原作で初の映像化。日本、仏パリ、米ニューヨークを舞台に、クラシック・ギタリストの主人公(福山)と海外通信社所属の女性ジャーナリスト(石田)の切なく美しい大人のラブストーリーが描かれる。

 映画は福山演じるクラシック・ギタリストの蒔野聡史と、石田演じる海外の通信社に勤務する小峰洋子の切ない恋を描く。

 CMやバラエティーでの共演はあるものの、俳優としては初共演の2人。厳しい現実や社会問題に向き合い、「たった三度しか会わなかった人が、人生で誰よりも愛した存在」になるまでを演じ上げる。原作は純文学として異例の17万部を突破。監督は、福山主演のフジテレビ系「ガリレオ」シリーズなどを演出した西谷弘氏(56)が務める。

 エレキ、アコースティックギターと違い、不慣れなクラシック・ギターの練習に余念がない福山は「恋愛する、恋愛しないに関わらず、どんな生き方も許容する現代において、『愛』とはどのような意味を持つのか?人が人を必要とするその時に名付けられる『愛』という感情。目には見えない無形の感情を、今作は可視化できるのではないかと感じています」と作品のパワーを感じ取った上で、「洋子そのものが身体に宿っておられるであろう石田さんと、蒔野聡史として向き合えるよう頑張ります」と熱演を誓った。

 石田も「こんなふうに人を愛せたら…そんな気持ちで一気に読み終えた『マチネの終わりに』の映画化に参加できることに心震える想いです。福山雅治さんと共に、素晴らしい物語の中に生きることはこの上ない喜びです」と9月中旬からの撮影が待ち遠しそう。来秋、大人のラブストーリーに涙する女性が続出しそうだ。

2018.07.17. 
福山雅治&石田ゆり子 日仏米で織りなす切ない恋 大人のラブストーリー 
  
 
クラシック・ギタリストを演じる福山雅治
no title

no title

https://www.daily.co.jp/gossip/2018/07/17/0011452245.shtml

【福山雅治&石田ゆり子 日仏米で織りなす切ない恋 大人のラブストーリー 】の続きを読む

石田ゆり子2

1: なまえないよぉ~ 2018/05/24(木) 08:57:52.37 ID:CAP_USER9
 石田ゆり子(48)のインスタグラムが大炎上している。これが原因でインスタを閉鎖してしまわないかと心配する声が相次いでいる。閉鎖まで行かなくとも、石田のインスタがつまらなくなってしまうんじゃないかと危惧されているのだ。以前はナマ足や寝顔、大開脚ショットを披露していたのだが、最近はすっかりご無沙汰だ。これに乗じて、ファンの間では辛辣な「脱げ」コールが持ち上がっている。
 「本当に、なんてことない書き込みで炎上したのです。別に気にする内容でもないのに、彼女はすぐさま削除。相手は“難クセ民”みたいなものですから、彼女が可哀そうです」(ネットライター)

 事の発端は、5月7日付の石田のインスタグラム。洋服店に入ったことに対し、「どうか 放っておいてください…ゆっくり見たいんです」、「それ、わたしも持ってます それは素材が~~…と それはやはりちょっと疲れてしまうんですね。つかずはなれず。距離を保つ。察する。というのはやはり必要かと思うのです」(いずれも抜粋)と、接客に対し、言及したのが問題となった。
 「ある1人が『店員の気持ちになれ』と反論するや、我も我もと書き込みが始まったのです。洋服店に入って、無理やり接客されて嫌な思いをするのは、よくある話。真っ当な意見を言っただけなのですが…」(同)

 確かに石田は店を名指しで書いたわけではない。世間の声を代弁した軽いものだったが、さらに事態は予想外の展開へ。
 「石田への非難は、またたく間にネットに拡散し、議論になったのです。5月9日に、彼女は削除に対する釈明のコメントを出しましたが、ほとんどのファンは同情的。しかし、ある一部では怒りが収まらず、“これはヌードで詫びるしかない”“まず乳首みせろ!”といった心ない声が噴出しているも事実です」(同)

 業界では、真面目な女優として知られている彼女。それだけに、ネットの声に応えるのでは、と周囲が慌ただしくなっている。
 「彼女も50歳まで1年半。その前にヌードを見せてほしいという熱いエールは以前からありました。そこにきて今回の“脱げコール”ですから、炎上で下がったイメージ回復とお詫びを兼ねて、セクシー裸体の披露があるのではないかと囁かれているんです。ヌードとは無縁のように思えますが、もともと彼女はキャンギャルデビューで、青々とした剃り痕を見せた“超ハイレグ水着”で活動していましたから、可能性はある」(アイドル雑誌編集者)

 T163、B83・W59・H85のCカップ美乳は健在だ。
 「彼女は手ブラの元祖とされているだけに、本気になったら、プッツン乳首見せ写真集もあるかもしれません。部数40万部はカタい」(同)

 石田はその後「色々考えましたが…。しかしわたしは接客すべてを全否定など全くしておりません。そういうことじゃなく日々のおもったことを書いただけなのですが。…きをつけますね。たくさんのご意見ありがとうございました」と、胸中を明かしている。
 生真面目な石田のこと、お詫びは言葉ばかりじゃなく「大開脚、乳首見せ写真集」でお詫びします。ってことになるかもしれない…。って、ならないかなぁ…。


https://wjn.jp/article/detail/9454660/
no title

【石田ゆり子 “これはヌードで詫びるしかない”“まず乳首みせろ!”の“難クセ”でインスタ大炎上wwww】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/05/09(水) 17:46:38.98 ID:CAP_USER9
女優の石田ゆり子さん(48)が接客への不満をインスタグラムにつづったところ、一部で非難があったとして、投稿を削除した。

しかし、ネット上では、普通の意見だったとして、石田さんを擁護する声が続々と寄せられている。

■「どうか 放っておいてください」

「さきほど、ちょっと服を見たくて とあるお店に入ったのですが...」。石田さんは、ゴールデンウィーク明けの2018年5月7日、インスタを更新し、店に入った感想を次のようにつづった。

「あの、わたしいつも思うんですが 用事があるときは呼びますから どうかどうか 放っておいてください... ゆっくり見たいんです 黙って見たいんです 自分と対話しながら見たいんです。それだけ言いたくなりました」

さらに、こうも書いた。

「お店の接客問題はたしかに、なんというか相性、みたいなものもあるような気もします。そのときの気分もある。でも、手に取るものすべてを、それは~です それ、わたしも持ってます それは素材が~~...と それはやはりちょっと疲れてしまうんですね。つかずはなれず。距離を保つ。察する。というのはやはり必要かと思うのです。ふぅ~」

これに対し、インスタのコメント欄などには、石田さんの発言に様々な意見が書き込まれ、石田さんは、お礼を述べるとともに、「いろんな意見があるものだなと思いました...」と意味深なつぶやきをした。

■接客否定との一部非難に「しておりません」

そして、5月8日になって突然、「色々考えましたが...」として、前日の投稿を削除したことを明らかにした。

接客すべてを全否定しているなどと非難を浴びたといい、石田ゆり子さんは、「全くしておりません」と反論したうえで、「そういうことじゃなく 日々のおもったことを書いただけなのですが。...きをつけますね」と反省の言葉も漏らした。

石田さんが一部で非難を受けたことについて、コメント欄などでは、普通の意見であり投稿を削除するまでもなかったと擁護する意見が次々に寄せられた。

「私もああいう接客されると一気に見る気買う気失せます」
「あの投稿の何がいけないのかが分からない」
「そんなことを気にせずに思ったままを綴って良いと思います」

自分も販売員だという人からも、「投稿を拝見して、やはりそうだよねーと思い、翌日はお客様の行動や反応をより見るように心掛けました」といった声がかかっていた。

その一方で、「有名人がSNSに一般人の悪口書いたようなもんか」「店員も大変なんだよ 声かけないとサボってるように見られるからさ」「発信力をもっと 考えるべきだったと思うなぁ」との意見が一部で出ていた。

no title

no title

2018/5/ 9 16:15
J-CASTニュース
https://www.j-cast.com/2018/05/09328125.html?p=all

関連スレ 
【炎上】奇跡のアラフィフ石田ゆり子 店員接客の感想でインスタが炎上し、投稿削除wwwwwwww


【石田ゆり子、インスタ削除も擁護の声続 店の接客への不満投稿 「あの投稿の何がいけないのかが分からない」】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/05/08(火) 23:33:17.79 ID:CAP_USER9
 女優の石田ゆり子(48)が、店員の接客について自身の考えをつづったインスタグラムの投稿で批判を招き、当該投稿を削除した上で、あらためて真意を説明した。

 石田は7日、店員の接客について投稿。「相性、みたいなものもあるような気もします。そのときの気分もある」とした上で、「でも、手に取るものすべてを、それは~です それ、わたしも持ってます それは素材が~~…と それはやはりちょっと疲れてしまうんですね」
と、自身が過剰に感じる接客についてつづり、「つかずはなれず。距離を保つ。察する。というのはやはり必要かと思うのです。ふぅ~」との考えを示した。

 石田の考えに共感するコメントも多数寄せられたが、一方で販売員の仕事を否定したと受け取った一部のユーザーから反論や批判の声もあがっていた。

 石田はそうした声を受け、「さまざまなご意見ありがとうございました…いろんな意見があるものだなと思いました…」とコメントしたが、8日には「きのうの投稿、削除いたしました」と報告。
「いろいろ考えましたが…。しかしわたしは接客すべてを全否定など全くしておりません。そういうことじゃなく日々のおもったことを書いただけなのですが」と真意を説明した上で、「…きをつけますね。たくさんのご意見ありがとうございました」と反省した。

https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201805080000643.html
no title

【【炎上】奇跡のアラフィフ石田ゆり子 店員接客の感想でインスタが炎上し、投稿削除wwwwwwww】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/03/23(金) 19:41:07.00 ID:CAP_USER9
猫2匹、犬1匹を飼う女優の石田ゆり子さん(48)が、ペットと暮らす上での悩みを明かした。「#こんな生活はいやだ」と言うほどの悩みとは――。

石田さんは2018年3月23日インスタグラムを更新し、「もうこんな生活はいやだ、とおもうことも ないことはないです」と愚痴をこぼした。

一緒に投稿された写真には、石田さんにのしかかる愛猫「たび」と愛犬「雪」の姿が。雪は石田さんを覗き込むようにして顔の左半分を覆っており、たびは前足で石田さんの口を封じて指を鼻に突っ込んでいる。

「ここは満員電車の中なのか」と例えるほどの密着度で、「なぜこの、 おおきな、おはぎカラーの猫は わたしをこうやって起こすのか。 クリームパン色の犬は なぜこんなに密着型なのか」と、石田さんはぼやく。

さらに画像には写っていないが、もう一匹の愛猫「ハニオ」についても、「そしてはちみつ色は なぜ布団の中なのか」と不思議がる。最後はこうした朝の日常について、「#こんな生活はいやだ」とハッシュタグでまとめた。

愚痴をこぼしつつも、写真からは幸せがにじみ出ており、「本当は嬉しいよね~」「幸せそうに見えますよ」「微笑ましい 愛されてますね」といった声がコメント欄に書き込まれた。

また、鼻に手を突っ込まれるという女優らしからぬ衝撃的な写真に、「女優の顔になんて事をーw」などの反響も寄せられた。

https://www.j-cast.com/2018/03/23324349.html 
2018/3/23 11:48 


no title

【石田ゆり子「こんな生活はいやだ」とこぼす愛猫との写真wwwwww】の続きを読む