芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

石橋貴明

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/10/26(月) 05:08:05.16 _USER9
石橋貴明が「Ku-Wa de MOMPE」として出演する

11月1日(日)に放送される、稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾による番組「7.2新しい別の窓」(昼3:00-夜10:12、ABEMASPECIAL2)に、石橋貴明が自身のYouTubeチャンネル「貴ちゃんねるず」から誕生したマッコイ斉藤氏とのユニット・Ku-Wa de MOMPE(くわともんぺ)として初登場する。

番組内では、稲垣、草なぎ、香取と往年のバラエティー対決で「3番勝負」を繰り広げるほか、石橋にまつわる数々の伝説を振り返るトーク企画「イシバシ伝説」、そして「ななにーSPライブ」では、Ku-Wa de MOMPEと3人による一夜限りのコラボライブが放送される。
とんねるずの大ヒット曲も歌われるほか、石橋貴明を交え三人の楽曲も歌う予定で、約10年ぶりの歌唱コーナーでの共演となる。

約6年ぶりに石橋と共演することになった香取は、「石橋貴明さんとは本当に久しぶりにお会い出来るので、登場していただくだけでも嬉しいのに、あのコーナーにも、あんなコーナーにも、さらには歌まで!とっても楽しみです!生放送ですので、何が起きるかわかりません?!

(※以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

石橋貴明、稲垣&草なぎ&香取と約10年ぶり歌唱共演! SPライブでとんねるずの大ヒット曲披露 
10/26(月) 5:00 ザテレビジョン 
https://news.yahoo.co.jp/articles/1dec8e12a5112a4c7bf0611174a39b988a403513 

20201026004

【【YouTuber】石橋貴明さん、稲垣&草なぎ&香取と約10年ぶり歌唱共演! SPライブでとんねるずの大ヒット曲披露】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/10/23(金) 13:43:13.36 _USER9
石橋貴明のバースデー生配信にGACKT、清原氏が出演!MVPは小籠包女王・野呂佳代


お笑いコンビ・とんねるずの石橋貴明(59)が自身の誕生日の22日、ユーチューブチャンネル「貴ちゃんねるず」で「石橋貴明50代最後の誕生祭 生でダラダラいかせて!!生配信SP」を生配信。
ミュージシャンのGACKT、元プロ野球選手・清原和博氏らがサプライズ出演した。

首に赤いタオルを巻き、タキシード姿で登場した石橋は久しぶりにアントニオ猪木氏のモノマネを披露。
「元気ですか! 元気があれば何でもできる」と気勢を上げた後、「今日は30分で帰ります」と会場の熱気を冷まして笑いを誘った。

親交の深いお笑いタレントによる祝福メッセージ、カラオケ、懇親のもようなど地上波と別次元の配信を続けた後、ゲストが登場した。


進行役のマッコイ斉藤氏が「半年前から国民的アイドルに声をかけていました」と胸を張ると石橋は「道系?」と問いかける。
拍手の中、登場したのは「恵比寿マスカッツ」のメンバー。
セクシー度は超国民的だが、石橋のテンションは上がらないまま。続いて登場した野呂佳代(元AKB48)は宙に浮くパフォーマンスを敢行。
ベルトをショートパンツに食い込ませながら熱唱する姿に、石橋は苦笑しながら「小籠包が見えてました」とコメントした。

野呂らがバースデーソングを熱唱する中で、花束を抱えたGACKTが登場。
近くで食事をしていたところ「貴さんが、ユーチューブをやっていたので」とのこと。
石橋から「うたばん以来ですね。ぜひ、貴ちゃんねるもお願いします」と声をかけられると爽やかな笑顔で返し会場を後にした。

そして、石橋の「次はキヨさんかな」の言葉通りに清原氏が登場。
「キヨさん! 本物! いやー、かっけーな。やっぱり清原和博」と笑顔で招き入れた。

清原氏は今年7月、同チャンネル3日連続で出演し、驚異の再生回数を叩き出した。また8月23日に配信した「24分間テレビ ~石橋が地球を救うかも~」では「貴さん、いつも僕に勇気と希望をくれてありがとう!僕が×××(編集でピー音)やめられたのも、今の貴さんが居たからです。NOシャブNOライフ!」の激励メッセージが大きな話題になった。

会場いっぱいの「清原コール」に応え、笑顔でフルスイング。石橋を祝福し会場を後にした。
この日の総視聴回数は約190万回。〝小籠包女王〟とイジられまくった野呂にMVP賞(1万円)が贈られた。


https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/2326197/
貴ちゃんねるず

【【YouTuber】石橋貴明さんのバースデー生配信のゲストが凄いwwwwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/10/18(日) 02:40:58.72 _USER9
プロゴルファーの丸山茂樹がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「英語のアルク presents 丸山茂樹 MOVING SATURDAY」。10月10日(土)の放送は、とんねるずの石橋貴明さんが登場しました。

◆「ゴルフ界の新たな方向性を見せてくれた」
丸山:貴さん、お久しぶりです。「石橋、薪を焚べる」(フジテレビ系)に呼んでいただいて以来ですね。みんなに「すごくよかった」と言ってもらえて。

石橋:丸ちゃんが「飛距離のある選手ばかり勝ってつまんない」と。「マット・クーチャーみたいな業師が勝たないとゴルフ界も盛り上がらない」なんて話をしていたら、ちょうど(「全米プロゴルフ選手権」で)コリン・モリカワが勝って。

丸山:そうですね。

石橋:あのガタイでもPGAで勝てるんだと。あの勝利は、ゴルフ界の新たな方向性を見せてくれましたね。

丸山:ブライソン・デシャンボーとかキャメロン・チャンプとかのプレーを見ていると、(飛距離がすごすぎて)アジア人なんて夢がなくなっちゃうじゃないですか。だから、コリンが勝ってくれて、アジア人にすごく夢を与えてくれましたよね。

石橋:うん。ちょうど300ヤードぐらいのミドルをワンオンして。

丸山:16番ですね。

石橋:丸ちゃんが中継で言っていたよね。「これ、コリンだったら、ドライバーで一番いい距離なんじゃないですか」って。“本当、丸ちゃん!?”なんて思っていたら、ピッタリきて。それをまた入れるもんね!

丸山:あの流れを崩さないところがすごいですよね。

石橋:丸ちゃんが言っていたよね、「勝つときはそういう画が見えてくる」って。

丸山:ああいう(トップ)選手たちは、そういう画も見えてくるでしょうし、(勝ち)パターンに入って心地よくなってくるんですよね。

石橋:それが、いわゆる“ゾーン”と。

丸山:はい。だから勝ち慣れていない選手だと不安じゃないですか。ゾーンになってくると“やれる”っていうモードに入ると思うんですよね

◆話題の「貴ちゃんねるず」開設のきっかけ
まぁ、ゴルフの話はこのくらいにして……貴さんといえば、最近はYouTube(「貴ちゃんねるず」)! 僕もチャンネル登録していますよ(笑)。

石橋:ありがとうございます。

丸山:なんですか、あの爆発的な人気は?

石橋:いや、要はテレビで戦力外通告を受けたんで、やり場がなかったんですよ(苦笑)。でも、面白いことをまだやりたいなと思っていたら、マッコイ斎藤っていう演出をやるヤツが「YouTubeがありますよ」って言ってきて。

丸山:はい。

石橋:“キャッチボールをしちゃいけない”、“サッカーボールを蹴っちゃいけない”って、いまの公園みたいにテレビがあまりにも規制が多くなってきて。「まだキャッチボールできるの、そこ(YouTube)は?」っていう。

丸山:けっこうYouTubeはいいんですか? ヤンチャしても?

石橋:まだね。キャッチボールできるんなら、ちょっとやらせてもらおうかなと。そんな素敵な遊び場があるならね(笑)。

丸山:面白いですよ! 清原(和博)さんが出て、“スゲー!”と思って観ちゃいましたよ。貴さん、次から次へとすごい人を呼ぶんじゃないかって。しかも、いま(チャンネル登録者数は)130万人オーバーでしょ?

石橋:いままで自分がYouTubeを観ていなかったから、何万人が登録したとか、何万再生されたとか言われても、まったく意味がわかっていなくて。最初、「バズった」とか言われて、「バズったって何?」って聞いていたくらいだからね(苦笑

TOKYO FM「英語のアルク presents 丸山茂樹 MOVING SATURDAY」2020年10月10日(土)放送より)


https://news.yahoo.co.jp/articles/17927dd139311af0317ab7bf2d18f36e92b748dd?page=2
10/16(金) 20:11配信
貴ちゃんねるず

https://youtu.be/FJtLgonRL2c


【【YouTuber】石橋貴明さん「テレビで戦力外通告を受け、やり場がなかった」YouTubeチャンネル「貴ちゃんねるず」開設を語る】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/09/12(土) 23:55:49.15 _USER9
タレントの勝俣州和が8日、YouTube公式チャンネル「かっちゃんねる 勝俣」に出演。
お笑いコンビ・とんねるずの石橋貴明が、番組収録で用意される弁当を食べない理由を明かした。

「【とんねるず伝説】生ダラ(秘)エピソードまだまだあります」と題した動画内で、勝俣は、「番組でお弁当って用意されるじゃないですか。貴明さんって絶対に食べないんです」というエピソードを紹介。
お弁当を食べてた若手の頃に戻りたくないんですって。お弁当がありがたいと思ってたときは、本当に生活も苦しかったり、お仕事もそんなにいっぱい入ってなくて、局にある豪華なお弁当がうれしくて食べてたんですけど。そこから自分はステップアップして頑張ってきたっていうのがあるから」とその理由を語った。

用意されたお弁当を食べずに、「我慢してちゃんと終わってからおいしいものを食べに行こうと。それが自分のジンクスみたいで」と石橋のポリシーを明かした勝俣。

実は、歌手でタレントの和田アキ子も同じポリシーを持っているそうで、「お弁当はありがたくておいしいんだけど、そのお弁当をおいしく食べてた、苦労してた若い頃に帰りたくないっていうことで、あえて食べないでマネージャーに持って帰ってもらったりしている」そう。

一方で、石橋の相方、木梨憲武は、「番組に来てすぐ弁当を食うんです。『今日の弁当何?』って言って」と明かして苦笑い。
勝俣によると、木梨は、「ずっと弁当を食べている」と言い、「なんだったら、ロケ前に一個食べて、ロケ終わりでみんながザワザワしてるときも、『さっきのおいしいお弁当持ってきて』って言うくらい弁当が好きなんですよ」と、確固たるポリシーを持つ石橋と対照的な木梨の一面を暴露していた。

マイナビニュース / 2020年9月11日 11時30分
https://news.infoseek.co.jp/article/mynavi_2124098

写真
no title

【【YouTuber】石橋貴明さんがロケ弁を食べない理由がかっこいいwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/09/13(日) 11:53:09.29 _USER9
「『やっぱり俺死んでいたんだ』って。脳も全然動いていなかったんでしょうね」。
石橋貴明、58歳。『とんねるずのみなさんのおかげでした』の終了以来、燃え尽き症候群になっていたという。6月、YouTubeチャンネルを開設し、息を吹き返した。

「絶対負けない。27個目のアウトを取られるまで、野球はゲームセットじゃない」。
お笑いに導かれた若き日、テレビと視聴率、「売れる」とは何か、規格外の笑い。40年の情熱を語り、若者世代に活を入れる。(取材・文:塚原沙耶/撮影:殿村誠士/Yahoo!ニュース 特集編集部)

「元とんねるずですかね?」
「『みなさん』が終わって、うーん……。ほぼ、とんねるずは死にましたよね。それだけ命をかけてやっていましたし、チャンスをもらった番組だったし、いろんな思いがすべて入っていたので。……なんか、あれからおかしかったです。
やっと、YouTubeでまたちょっと息が入ったというか、呼吸し始めた感じで、死んでいましたね」

肩書を尋ねると、「元とんねるずですかね?」。『とんねるずのみなさんのおかげでした』が終了したのは、2018年3月。30年にわたる「みなさん」をまとめたDVD BOXは、終わったことを認めたくないから「たぶんこの先も開けない」という。

「子どもたち、孫たちが棺桶に入れるんじゃないですか? 燃えるのかなあ、DVDって。
火葬場の人が嫌がるかな(笑)。約30年間、毎週木金、『みなさん』の収録でフジテレビに行ってたんですよ。
行かなくなって、定年退職したサラリーマンの方みたいに、燃え尽き症候群で。戦力外通告されて、テレビ大好きだったのにできなくなっちゃって、つまんねーなーって」

今年6月、YouTubeチャンネル「貴ちゃんねるず」が始動する。「みなさん」で苦楽を共にしたディレクター、マッコイ斉藤から、「タカさん暇でしょ?」と誘われた。

「マッコイに『YouTubeってどういうことをやるんだ?』って聞いたら、『僕に任せてくれれば大丈夫ですよ。石橋貴明を面白くするのが僕ですから』って」

「目指せ1万人」でスタートしたが、3カ月も経たないうちにチャンネル登録者数は125万人を突破。
元プロ野球選手の清原和博が出演した回は、600万回以上再生されている。毎回、視聴者からの熱心なコメントが並ぶ。


「テレビと違って面白いなと思ったのはコメントですよね。キヨさんの回なんて1万とかきてるから、読んでいると夜中の3時4時になっちゃって。『こんなふうに見てくれてるんだ』とか『こんなふうにキヨさんにあったかいメッセージ書いてくれてんだ』ってウルッときちゃう時がある」

視聴者は自身と同世代かと思いきや、意外な結果が出ているそうだ。

「(データを見たら)30歳までと30歳以上、52対48で若いほうが多かったんですよ。
これは俺らに勇気を与えてくれて。娘の友達で20歳くらいの男の子たちが、貴ちゃんねるずを見てくれていると。『パパの面白いよね。伝えといて』って言われたのが、最近すげー嬉しかった話ですよね」

元気を取り戻して、アイデアが次々と湧いている。
「ここ数カ月、すっげえ脳動いています。『そうだ。次はあれを作ろう』とか、出るわ出るわ。『あっ、やっぱり俺死んでいたんだ』って。
脳も全然動いていなかったんでしょうね。面白いもんですね」

(以下、長いので省略。記事全文はこちら)

●インタビュー動画あり
https://news.yahoo.co.jp/feature/1798
20200913003

【「とんねるずは死にました」―戦力外通告された石橋貴明58歳、「新しい遊び場」で生き返るまで】の続きを読む