芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

石原さとみ

1: なまえないよぉ~ 2020/01/03(金) 21:25:44.84
 女優の石原さとみ(33)が3日放送のフジテレビ「石原さとみのすっぴん旅inギリシャ」(金曜後2・30)に出演、異国の地での恋愛トークの中で「今、彼氏はいない」と明言した。

 「すっぴん旅」は昨年のスペインに続く第2弾で、今回はギリシャへの3泊4日の旅。石原は現地の暮らしを知りたいと、ホームパーティーにも参加。ホストファミリーのローカル料理に
舌鼓を打つ一方で、石原がお返しに「お好み焼き」をふるまう場面もあった。

 パーティーの中で、年下の出席者(16歳、女性)から「彼氏はいないの?」と聞かれると、「今、いないです」と即答。「どんな男性が好み?」には「ええ…」と少し考えたあと、
「オタク」と意外な答えを口にした。

 芸能界は昨年から令和婚ラッシュだが、石原は「結婚秒読み」とうわさされたライブ配信サービス「SHOWROOM」社長の前田裕二氏(32)との破局が伝えられた。当の2人は
何も語っていないが、今回のギリシャ旅の中で間接的に破局を認めたかっこうだ。

 旅の合間には同行スタッフと“すっぴんトーク”も。「理想の家族像」については「お母さんがラジオが好き。しかもFMではなく、AMなのでずっと聞こえてくるのは(パーソナリティたちの)会話。
うちの両親もすごくしゃべるし、それに対してお兄ちゃんも突っ込んだりしているので、わが家は朝イチからずーっとしゃべっている。うるさいくらい。だから、そういう会話が多い
家族がいいな」と打ち明けた。

以下全文 スポニチ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200103-00000258-spnannex-ent

no title

【石原さとみさん、即答「今、彼氏はいない」好きな男性のタイプは「オタク」 ← おまえらにもワンチャンwwwwww】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/10/06(日) 02:15:54.89
女優の石原さとみ(32)に予期せぬ事態が起きている。“スクール水着”を始め、過去の恥ずかしい写真がネット上で多数流出。
それらがほとんど「本物」だというから驚きだ。
「今、一部芸能サイトに彼女の昔の写真が大量流出しています。正確にいえば“流出させている”ということになるでしょう。
石原の写真ばかりなので、運営側がある事を狙ってアップしているように思えます」(芸能ライター)

このサイトは一見、芸能記事を中心としたニュース仕様となっているが…。

「2016年頃から芸能の情報発信をしているようですが、なぜか石原の別コーナーがあり、そこに彼女の写真を掲載しているのです。
他へのリンクではなく自前。ただ、トップ画面から探しても、なかなか行きつけない奇妙な作りなんです」(同)

他のタレントのコーナーもあるようだが、石原には特に力が入っているように見受けられる。
「石原以外に綾瀬はるか(34)や佐々木希(31)、吉高由里子(31)といった人気タレントの流出写真もありますが、石原だけがひときわ数が多い。
例えば、綾瀬は10枚程度なのに比べ、石原だけ100枚超え。サイトの運営者が熱狂的なファンなのかもしれません」(同)

その中でも目玉となっているのが、デビュー前後の水着ショットという。
「石原の流出モノでファン垂涎なのが『“スク水”鮮明版』でしょう。
胸は成長過程で、股間を突き出しながらプールサイドに座っている。
これは以前、流出したのと同じものですが、画像が小さくて判然としなかった前回とは打って変わって、いずれもクッキリ。
10代半ば頃のショットです」(投稿雑誌編集者)

しかも、石原のコーナーはこだわりもあるようだ。
「通常、流出サイトは写真集を中心に、本物かどうか分からない写真がゴチャまぜになっているのですが、このサイトでは雑誌のセクシーショット、
ドラマでのキスシーン、舞台の濡れ場、果てはおっぱいを揉まれるGif動画や事務所のオーディションに合格した時の動画まで完全網羅。まさに『厳選・ワイセツさとみ』のオンパレードなのです」(同)

さらに、このサイトに似通った、別の芸能サイトも存在するという。
「ここもニュースを前面に出した同様の作りですが、近年の写真集からの抜粋が目立っています。ただ、過激さはないが、大人の石原を見ることができる。
ひょっとして、同じ運営者ということも考えられます」(同)

もちろん、こうした流出サイトは容認できるものではない。とはいえ、ネット民からは賛辞の声が送られているという。
「芸能界で流出モノの1位は、後藤真希(34)。彼女はグラビアでヌードもやっていますし、不倫報道もあったため、アイコラの本番画像など、とにかく下品な写真が多い。
一方の石原は、写真集を中心とした水着流出が多い。
これは、彼女が正統派女優の中でも、秀逸な存在ということの証明。ネットでも大好評です」(スポーツ紙記者)

そんなトップ人気を誇る石原だが、最近、ややパワーダウン。昨年のドラマ『高嶺の花』(日本テレビ系)、今年の『Heaven? ~ご苦楽レストラン~』(TBS系)は、連続して平均視聴率が一桁だった。
「どのドラマでも、キャラが一緒だと飽きられているのか、女優としては正念場。私生活でも、山下智久と破局。
今年はIT社長とのマンション内で別室同棲が確認されたものの、破局が報じられています」(同)

今回の流出写真は、ファンの「しっかりして!」のメッセージかも?

https://news.livedoor.com/article/detail/17188918/
2019年10月6日 0時15分 週刊実話
no title

【石原さとみ 流出!わいせつ写真!!!】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/09/24(火) 17:15:55.34
石原さとみが出演する「プリマヴィスタ メルティリキッドファンデーション」(花王)のCMが今月公開され、ネット上で口元に違和感を訴える声が相次いでいる。

「笑うと歯茎が見えるガミースマイルを直すために、歯茎にメスを入れる整形を行ったのではないかと話題になっています。
CMの石原は、トレードマークだったぽってりとした上唇は見る影もないほど薄くなり、鼻の下が伸びている。石原らしさが薄れてしまった印象です」(記者)

 ガミースマイル整形はいくつかの方法があるが、石原がウワサされるのは、上唇と歯肉の間の粘膜を切除して上唇が引きあがらないよう縫合する手術。病院によっては1時間程で完了するという。

 石原といえば、2017年にワイドショーの取材で「コンプレックス」を問われた際に、「たくさんあります」と回答。しかし、「薄い耳たぶ」以外は明かさなかった。

「デビュー当時、古風で野暮ったい印象だった石原ですが、ここまで垢抜けたのはコンプレックスを一つずつ解消してきた努力の賜物でしょう。
ちなみに、ガミースマイル整形は手軽で傷口が見えないため、芸能人に人気が高い。新垣結衣や戸田恵梨香も、数年前に施術したともっぱらです」(同)

 ファンは、進化し続ける石原の笑顔を受け入れられるだろうか?

https://entamega.com/23973
no title

【石原さとみ「整形失敗」鼻の下に違和感……新垣結衣や戸田恵梨香と同じ手術か】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/09/17(火) 07:09:31.19
 石原さとみ(32)主演のドラマ「Heaven? ~ご苦楽レストラン~」(TBS系)が振るわない。平均視聴率1ケタ台での着地が確実だ。放送前に「とんでもなく神回」と事前に興味を煽った第8話が、最低の7・5%を記録するなど空回り。

「レストランを舞台にしたドラマは竹内結子の『ランチの女王』、松本幸四郎と山口智子の『王様のレストラン』など数字が取れるドラマが多い。今回の低視聴率は過剰な演出と石原のキャラのマンネリ化に原因がある」(ドラマウォッチャー)

 特に昨年主演を務めたばかりの「高嶺の花」(日テレ系)と設定が被るようで、

「可愛くて高飛車で傍若無人というキャラがほとんど一緒。それより前の『アンナチュラル』で演じた法医解剖医などの意外性の方が視聴者に受けていたし、視聴率も良かっただけに勿体ない」(同)

 さらに傷口が深くなるようなことが起こると予言するのは、TBS関係者だ。

「次クールには、同じTBSで木村拓哉主演のレストランを舞台にしたドラマ『グランメゾン東京』が控えている。こちらは『半沢直樹』はじめ池井戸原作を多く手掛けてきた伊與田英徳プロデューサーが担当し、視聴率も見込める。より、『Heaven?』の失敗が際立つでしょう」

 そうなれば、石原の活躍の場所は自ずとドラマから離れるわけで、

「CMやオリンピック業務に集中することになりますね。石原は聖火リレーの公式アンバサダーも務めている。CMも今年だけで6本と盤石な地位を築いています。CMは引き続き出るけど、やりたい仕事だけに活動の場を絞ることも考えられます」(広告代理店関係者)

 ムムム、それこそ高飛車で傍若無人……? 

「週刊新潮」2019年9月19日号 掲載


9/17(火) 5:58配信 デイリー新潮
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190917-00582352-shincho-ent
no title

【石原さとみの主演ドラマが低視聴率の原因】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/08/28(水) 21:11:48.55
女優の石原さとみ(32歳)が、8月27日に放送された情報番組「ノンストップ」(フジテレビ系)に出演。毎年、さまざまな投球フォームで話題を呼んでいる「サントリードリームマッチ」での始球式について語った。

石原が初めて「サントリードリームマッチ」の始球式を務めたのは、2014年のこと。左投げで始球式を行ったが、このとき石原は右手を映画の撮影で負傷していたため左で投げたという。そして、「来年は何をしてくれるんだろう」という期待に応えるサービス精神で、さまざまな投球フォームに挑戦し始めたそうだ。

https://youtu.be/CWSdNpPnLTY



2015年目は名投手・村田兆治の“マサカリ投法”に挑戦したが、これは石原の父が村田兆治の大ファンで真似することとなり、「村田選手にもブルペンでずっと教えていただきました」とのこと。

https://youtu.be/9-sd2SC5kX4



3年目は野茂英雄の“トルネード投法”に挑戦。石原は「1回、後ろを向くのでバランスがすごく難しくて、すごく体幹が鍛えられました。でも届いてよかったです」とコメント。

https://youtu.be/9vjYxcyj9cI



4年目は体を沈めて下から投げる山田久志の“サブマリン投法”に挑戦し、「腕の筋肉が一番大事で、どうやったってサイドスローになっちゃうくらいアンダーがなかなかできなくて本当に難しかったです。この投法が」と、かなりの難易度だったと告白する。

https://youtu.be/qcaCrvMnORM



5年目は“2段モーション”の三浦大輔で、実際にブルペンで三浦選手に教わりながら挑戦。そして今年は岡島秀樹の“ノールック投法”に挑んだが、「下を向くって本当にコントロールしにくくて」と、これも難しかったと語った。

https://youtu.be/CuEJvJ1APZQ



石原は野球について「詳しくはないんですけど、両親や友達の影響もあっていろいろ見たりもするんですけど、マサカリのときからずっと投法にすごい興味を持ち始めて。そこから調べて。マサカリが結構飛びました。投げやすかったです」と過去の投球フォームを振り返った。

2019/08/27 18:36
https://www.narinari.com/Nd/20190856075.html

石原さとみ
no title

【石原さとみ、話題の“始球式の投球フォーム”裏話語る】の続きを読む