芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト、芸能トピ++

石原さとみ

1: なまえないよぉ~ 2019/09/17(火) 07:09:31.19
 石原さとみ(32)主演のドラマ「Heaven? ~ご苦楽レストラン~」(TBS系)が振るわない。平均視聴率1ケタ台での着地が確実だ。放送前に「とんでもなく神回」と事前に興味を煽った第8話が、最低の7・5%を記録するなど空回り。

「レストランを舞台にしたドラマは竹内結子の『ランチの女王』、松本幸四郎と山口智子の『王様のレストラン』など数字が取れるドラマが多い。今回の低視聴率は過剰な演出と石原のキャラのマンネリ化に原因がある」(ドラマウォッチャー)

 特に昨年主演を務めたばかりの「高嶺の花」(日テレ系)と設定が被るようで、

「可愛くて高飛車で傍若無人というキャラがほとんど一緒。それより前の『アンナチュラル』で演じた法医解剖医などの意外性の方が視聴者に受けていたし、視聴率も良かっただけに勿体ない」(同)

 さらに傷口が深くなるようなことが起こると予言するのは、TBS関係者だ。

「次クールには、同じTBSで木村拓哉主演のレストランを舞台にしたドラマ『グランメゾン東京』が控えている。こちらは『半沢直樹』はじめ池井戸原作を多く手掛けてきた伊與田英徳プロデューサーが担当し、視聴率も見込める。より、『Heaven?』の失敗が際立つでしょう」

 そうなれば、石原の活躍の場所は自ずとドラマから離れるわけで、

「CMやオリンピック業務に集中することになりますね。石原は聖火リレーの公式アンバサダーも務めている。CMも今年だけで6本と盤石な地位を築いています。CMは引き続き出るけど、やりたい仕事だけに活動の場を絞ることも考えられます」(広告代理店関係者)

 ムムム、それこそ高飛車で傍若無人……? 

「週刊新潮」2019年9月19日号 掲載


9/17(火) 5:58配信 デイリー新潮
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190917-00582352-shincho-ent
no title

【石原さとみの主演ドラマが低視聴率の原因】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/08/28(水) 21:11:48.55
女優の石原さとみ(32歳)が、8月27日に放送された情報番組「ノンストップ」(フジテレビ系)に出演。毎年、さまざまな投球フォームで話題を呼んでいる「サントリードリームマッチ」での始球式について語った。

石原が初めて「サントリードリームマッチ」の始球式を務めたのは、2014年のこと。左投げで始球式を行ったが、このとき石原は右手を映画の撮影で負傷していたため左で投げたという。そして、「来年は何をしてくれるんだろう」という期待に応えるサービス精神で、さまざまな投球フォームに挑戦し始めたそうだ。

https://youtu.be/CWSdNpPnLTY



2015年目は名投手・村田兆治の“マサカリ投法”に挑戦したが、これは石原の父が村田兆治の大ファンで真似することとなり、「村田選手にもブルペンでずっと教えていただきました」とのこと。

https://youtu.be/9-sd2SC5kX4



3年目は野茂英雄の“トルネード投法”に挑戦。石原は「1回、後ろを向くのでバランスがすごく難しくて、すごく体幹が鍛えられました。でも届いてよかったです」とコメント。

https://youtu.be/9vjYxcyj9cI



4年目は体を沈めて下から投げる山田久志の“サブマリン投法”に挑戦し、「腕の筋肉が一番大事で、どうやったってサイドスローになっちゃうくらいアンダーがなかなかできなくて本当に難しかったです。この投法が」と、かなりの難易度だったと告白する。

https://youtu.be/qcaCrvMnORM



5年目は“2段モーション”の三浦大輔で、実際にブルペンで三浦選手に教わりながら挑戦。そして今年は岡島秀樹の“ノールック投法”に挑んだが、「下を向くって本当にコントロールしにくくて」と、これも難しかったと語った。

https://youtu.be/CuEJvJ1APZQ



石原は野球について「詳しくはないんですけど、両親や友達の影響もあっていろいろ見たりもするんですけど、マサカリのときからずっと投法にすごい興味を持ち始めて。そこから調べて。マサカリが結構飛びました。投げやすかったです」と過去の投球フォームを振り返った。

2019/08/27 18:36
https://www.narinari.com/Nd/20190856075.html

石原さとみ
no title

【石原さとみ、話題の“始球式の投球フォーム”裏話語る】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/08/16(金) 23:24:49.20 ● BE:632443795-2BP(10000)
石原さとみ 「小ぶりな“ポッチ”が見えた…」視聴者騒然の“ある映像”
 「小ぶりな“ポッチ”が見えたんじゃ…」石原さとみ(32)がNHKのスポーツニュース番組で“ノーブラ透け乳首”放送事故を起こしたのではないかと、話題になっている。

 「石原は7月28日の夜、NHKの『サンデースポーツ』にゲスト出演しました。2020年東京五輪において、聖火リレーの公式アンバサダーを務めているためです。本番1年前の放送ということもあり、番組内では“石原さとみ 聖火リレーに込めた思い”というタイトルで、聖火が走るエリアでもある福島の現地ロケVTRも流しました。その映像中で“異変”が起きたのです」(放送記者)

 石原が、福島の海沿いを歩いている時、「事件」が起こった。海から吹く強い風のため、着ていた薄手のシャツの生地が胸元周辺に何度もピッタリ密着してしまったのだ。

 「石原の乳房といえば推定Eカップといわれ、きれいな円錐形のお椀型カーブを描く、“美巨乳”であることは有名な話です。そんなおっぱいに強い海風が直撃し続け、ぶるんぶるんと揺れたあと、シャツにくっついたのです。その瞬間です。何度か、胸の先端部分に乳首なものが見えてしまったのです。ホンモノの可能性が極めて高いと言えます」(同)
 同時に、もう一つの“事故”も連鎖的に浮上してしまった。

 「なぜかブラジャーのラインが全く見えなかった。ということは“ノーブラロケ”に臨んだと推察され、かつ“乳首透け”を意図的に狙うための確信犯だったとの疑惑すら囁かれているのです。確かに石原は、夏場になると“蒸れるのが苦手”という理由で、しばしばノーブラだと言われますからね」(芸能ライター)

 背景には、昨年5月に熱愛が報じられた動画配信サービス『SHOWROOM』前田裕二社長との破局説があるとみられる。7月上旬、複数のメディアで2人は半同棲をすでに解消し、別れたなどと報じられた。

(中略)

 「そんな彼女が今回、ヤケクソモードに突入。NHKのスポーツ番組を使い、“エロ放送事故”をあえて仕掛けたとも考えられるのです。今後も五輪特番に何度も出るとみられますから、そのたびに過激な露出で楽しませてくれるかもしれませんよ」(スポーツ紙記者)

 石原は『Heaven?』放送中の9月6日から同26日まで、舞台『アジアの女』でも主演することが決まるなど、当面は大忙しだ。

 「まだまだ石原に稼いでもらいたい所属事務所サイドとしては、このまま仕事が多忙な状態が続き、前田社長との結婚話も消滅してほしい…というのが本音でしょう。
しかし石原は、破局報道を一蹴したいため、舞台を完走した直後の10月にも電撃婚約発表をし、12月24日のクリスマスイブの大逆転婚に持っていきたい…と親友らに語っているそうです」(同)

 そういえば、石原の誕生日も12月24日、どんなクリスマスイブになることやら。

https://wjn.jp/sp/article/detail/5427145/
no title

【石原さとみ 「小ぶりな“ポッチ”が見えた…」視聴者騒然の“ある映像”wwww】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/08/14(水) 10:08:33.67
 13日に放送された女優の石原さとみ(32)主演のTBS系連続ドラマ「Heaven?~ご苦楽レストラン~」(火曜・後10時)第6話の
平均視聴率が7・5%だったことが14日分かった。

 初回は10・8%で2ケタ発進。第2話は9・2%、第3話は8・7%、第4話は10・0%、第5話は7・8%。今回は0・3ポイント微減した。

 同ドラマは1999年から2003年まで「週刊スピリッツ」(小学館)で連載された佐々木倫子氏による同名漫画が原作。
「ロワン・ディシー<この世の果て>」という名のフレンチレストランを舞台に、石原演じる風変わりなオーナー・黒須仮名子(くろす・かなこ)と
個性的な従業員たちとの間で繰り広げられる“至極のフレンチレストランコメディー”だ。

 福士蒼太、志尊淳、勝村政信、段田安則、岸部一徳らが共演し、舘ひろしがナレーションと謎の紳士役で出演する。
(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)

スポーツ報知
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190814-00000050-sph-ent
石原さとみ4

【【視聴率】石原さとみ主演「Heaven?」第6話視聴率】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/08/07(水) 10:54:17.51
 6日に放送された女優の石原さとみ(32)主演のTBS系連続ドラマ「Heaven?~ご苦楽レストラン~」(火曜・後10時)第5話の平均視聴率が7・8%だったことが7日分かった。

 初回は10・8%で2ケタ発進。第2話は9・2%、第3話は8・7%、第4話は10・0%。今回は2・2ポイントの大幅ダウンとなった。

 同ドラマは1999年から2003年まで「週刊スピリッツ」(小学館)で連載された佐々木倫子氏による同名漫画が原作。「ロワン・ディシー<この世の果て>」という名のフレンチレストランを舞台に、石原演じる風変わりなオーナー・黒須仮名子(くろすかなこ)と個性的な従業員たちとの間で繰り広げられる“至極のフレンチレストランコメディー”だ。

 福士蒼太、志尊淳、勝村政信、段田安則、岸部一徳らが共演し、舘ひろしがナレーションと謎の紳士役で出演する。(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)

スポーツ報知
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190807-00000019-sph-ent
no title

【【視聴率】石原さとみ主演「Heaven?~ご苦楽レストラン~」第5話視聴率は大幅ダウン】の続きを読む