芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

石原さとみ

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/09/13(日) 18:50:31.11 _USER9
 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、大幅な撮影、放映のスケジュール変更が相次いだ、この春&夏ドラマ。だが、全体を見てみると「半沢直樹」(TBS系)の大ヒットを筆頭に、「私の家政夫ナギサさん」(同)、「ハケンの品格」(日本テレビ系)、「BG」(テレビ朝日系)、「MIU404」(TBS系)と、平均視聴率を二桁に乗せた作品も多かった。

「4月、7月の一斉スタートではなく、五月雨式のスタートになったこと、また外出自粛のステイホーム生活が、テレビ界、とくにドラマ業界にとっては追い風になったことは間違いありません」(テレビ雑誌編集者)

 だがそんな中、イマイチ数字が伸びてこないのが、石原さとみが患者に寄り添う薬剤師を演じる「アンサング・シンデレラ」(フジテレビ系)だった。

「出演者らに大きな話題性もない中、9~10%台を行ったり来たりというのは、逆に大見当とも言えるかもしれませんが、『半沢直樹』らの話題に完全に埋もれてしまいました」(前出・テレビ雑誌編集者)

 しかしながら、石原の演技への評価は決して低くない。

「特に、第5話。石原演じる葵みどりに信頼を寄せる患者が遺した形見を受け取り、声を上げて大粒の涙を流すシーンは、多くの視聴者の心を揺さぶりました。恋愛ドラマのヒロイン役ももちろん悪くありませんが、現在の石原は、こうした職業ものをきっちり演じられる、地に足のついた女優にしっかりと成長を遂げていますね」(芸能ライター)

 最近の石原が「変わった」という声は、業界内からもよく聞こえてくる。

「33歳になった石原ですが、やはり30という年齢が大きな節目だったような気がします。医療ドラマ『アンナチュラル』(TBS系)をヒットさせ、『高嶺の花』(日本テレビ系)は石原が脚本家の野島伸司氏に直訴して制作された作品。明らかに仕事に取り組む姿勢が変わりました」(ドラマ関係者)

 そして同時に、彼女の恋愛観や人生観を大きく変える、数々のオトコたちとの出会いと別れが石原を大きく変えたようだ。

     ===== 後略 =====
全文は下記URLで

https://www.asagei.com/excerpt/158262
no title

【石原さとみを「女のカラダ」にした男たち、初スキャンダルはマネージャー】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/08/14(金) 11:03:07.14 _USER9
 女優の石原さとみさんが主演を務める、連続ドラマ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」(フジテレビ系)の第5話が8月13日に放送され、平均視聴率(世帯)は9.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。

 ドラマは、マンガ誌「月刊コミックゼノン」で連載中の荒井ママレさん作、富野浩充さん医療原案のマンガ「アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり」が原作。石原さん演じる萬津(よろづ)総合病院薬剤部・病院薬剤師の葵みどりが、患者に真摯(しんし)に向き合う姿を描く。
 第5話は、みどりら薬剤部のメンバーが、入院中の辰川太一(伊武雅刀さん)と摂食障害に苦しむ孫の樹里(久保田紗友さん)に向き合う姿が描かれた。入院中の太一の容体が急変。幸い安定はしたものの、末期がんの太一は衰弱していく一方で、みどりは抗がん剤治療を太一に薦める。太一は入院せずに家族と過ごしたいと思っているといい、治療を拒否するが、みどりは抗がん剤治療には休薬期間があるので、自宅で過ごすこともできると提案する。太一は家族との話し合いで治療を決めることになる。

まんたんウェブ

https://news.yahoo.co.jp/articles/cff4e2b84b2b428bb4761e52eb6894f69651a1cd
1502174

【【視聴率】<アンサング・シンデレラ>第5話は視聴率9.4% “みどり”石原さとみが末期がん患者と向き合う】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/07/30(木) 18:50:27.34 _USER9
 今クールのドラマで、あるキャストの顔が期せずして話題になり、ファンから心配の声があがっている。

「まぶたが腫れぼったくて全体的にむくんでいるし、メイクで隠せていないほど顔が真っ赤なシーンもありました…」(40代・会社員)
 そのキャストとは、田中圭(36才)。現在『アンサング・シンデレラ』(フジテレビ系)に出演中だ。石原さとみ(33才)が病院薬剤師を演じている今作品は、第1話の平均世帯視聴率10.2%、第2話は9.8%と好発進中。
「見逃し配信も好調で1週間で165万再生を記録し、フジテレビ歴代1位となる過去最高の再生回数を達成しました」(テレビ局関係者)
 新型コロナによる撮影の延期やメインキャストの1人、清原翔(27才)の脳出血による緊急降板などトラブル続きだったが、その苦労が報われたかたちだ。
「座長の石原さんは絶対に感染者を出さず、いい作品にしようと緊張感を高めていて、現場はかなりピリピリムードです」(別のテレビ局関係者)
 4月初旬、現場に石原の高い声がひびきわたったという。
「集中してくださいよ…」
 声の先にいたのは田中だ。
「田中さんは新型コロナの影響で、撮影スケジュールが変更になった2本のドラマにかけもち出演中で、とても忙しい。それでも大好きなお酒を控えることはなく、毎日だいぶお疲れのようで、出番を待つ間に寝ていることもよくあります。特に『アンサング~』では専門用語満載のせりふが多く『頭がパニック』と言っていますね。
 そんな田中さんが目が開けられないほど顔がむくんだ状態の二日酔いで現場入りしたんです。ピリピリしている現場だけに、彼ののんきな雰囲気に“こんなんじゃメイクできないよ”とヘアメイクさんがいじったりして、和やかなムードだったのですが、石原さんがぴしゃりとたしなめたんです」(前出・別のテレビ局関係者)
 普段の現場ではムードメーカーの石原も、今作では薄いメイクにマスク姿。私語も控えていただけに、急に放たれた一言に周囲は凍りついた。

「冗談めかしてはいましたが、険しい目つきで、あれはマジギレでしたね(笑い)。田中さんはそれ以降、撮影途中の居眠りはあるものの、二日酔いでの現場入りは全くなくなりましたね」(前出・別のテレビ局関係者)
 石原のプロ意識と田中ののんびりしたキャラクターのバランスで、最後まで高視聴率を保てるか。
※女性セブン2020年8月13日号

https://news.yahoo.co.jp/articles/59128d876369042b7b7d90e377765de3c5157513
https://news.yahoo.co.jp/articles/59128d876369042b7b7d90e377765de3c5157513?page=2
20200730-00000011-pseven-000-3-view

【石原さとみさんが二日酔いで現場入りの田中圭さんに放った一言ってwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/07/24(金) 11:30:04.80 _USER9
 ‪石原さとみが主演を務める「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」(毎週木曜夜10:00-10:54、フジテレビ系)の第2話が、7月23日に放送された。
劇中では、苦味のある薬を子どもに飲ませる方法が紹介され、視聴者はTwitterなどで「懐かしい~うちもそうだった」「親切な薬剤師さんありがたい」「チョコアイス一択!了解!」などと感想を寄せている。(※以下、ネタバレがあります)



患者一人一人と向き合うみどりのスタンス

今作は、萬津総合病院薬剤部に勤務する薬剤師・葵みどり(石原)が主人公。「月刊コミックゼノン」で連載中の「アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり」(荒井ママレ/医療原案:富野浩充)が原作の医療ドラマだ。
みどりのポリシーは、たとえ時間がかかっても患者一人一人と向き合うこと。多忙な病院薬剤部では、他の薬剤師から白い目を浴びることもしばしばあるが、みどりは仕事のスタンスをキープしている。
第2話もてんやわんやの薬剤部。薬の大量摂取で患者が倒れてしまったり、麻薬取締官の来院により麻薬の保管状況の数が合わないトラブルに見舞われた。




丁寧な服薬指導シーンが話題に

薬剤師としてのみどりの知識と優しさが際立ったシーンは、幼い息子が抗生剤の粉薬を嫌がって飲んでくれず、悩む母・真央(佐藤めぐみ)のエピソード。
真央は、マイコプラズマを患った息子に処方された抗生剤・クラリスロマイシンの苦味をどうすれば消すことができるか頭を抱えていた。
主任の刈谷(桜井ユキ)に服薬指導を命じられたみどりは、真央に粉薬をペロッと一口なめさせて、実際に味を試させた。これはみどりがよく新薬などを味見して、患者に薬の説明をするやり方だという。

苦味のあるクラリスロマイシンを飲ませるには、真央がやっていたオレンジジュースに混ぜる方法は逆効果。みどりは、子どもには苦味が強く感じられてしまうため、避けた方がいいという説明をした。

みどりがおススメしたのは、チョコレートアイスに薬を混ぜて飲む方法。真央は優しい薬剤師からのアドバイスに感謝していた。

このアイスに混ぜて飲ませる方法は、子育て世代の親にとって身近な話題だ。SNSには「懐かしい~うちもそうだった。錠剤が飲めるまでに育ったよ」「知らなかった!今度試してみよう」「独特なお薬の味覚えてるなぁ」といった薬にまつわる思い出話にも花が咲くドラマになっている。

「アンサング・シンデレラ―」公式HPには「医療・薬剤監修」という解説コーナーもできており、劇中で紹介された薬にまつわるより詳しい知識を得ることができる。




みどりがドラッグストアの薬剤師に激怒!
     ===== 後略 =====
全文は下記URLで

https://thehttps://thetv.jp/news/detail/239203/‬ 
1502174


【石原さとみさんが“ペロッ”と味見 ← “ペロッ”と味見してくれねぇかなぁwwwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/07/10(金) 07:15:27.61
石原さとみが、牛丼チェーン店「すき家」のイメージキャラクターに起用され、出演する新TVCM「おうち」篇が7月10日(金)から、「うな牛」篇が翌11日(土)から、全国で順次オンエアされる。メーキング、インタビュー動画が到着した。

本CMの舞台は“石原の自宅”。ステイホーム時間の増加に伴い、ポジティブに「おうち時間」をエンジョイしようとする人が増えていることを受け、「すき家」のテイクアウト“おうちすき家”の利便性や魅力を訴求する。

花や観葉植物の他、絵画やハンドメイドオブジェなどのアートで自分好みの空間作りを楽しんでいる石原が、気分転換に、そしてちょっと特別な気分を味わうために“おうちすき家”のランチタイムを過ごすストーリー。

スタジオ内に設営したセットは、ウッディなフロアや明るい色の壁紙、そして切り花や絵画、かわいいオブジェ、料理の本など、石原が大好きなもの、こだわっているものを可能な限り取り入れたデザイン、レイアウトとし、自宅のリビングのようにくつろげる雰囲気の中で撮影を行った。

大好きなおうち時間に“おうちすき家”のランチを楽しみながら、「おうち、すきや~」と最高にナチュラルな笑顔を見せている。


※省略していますので全文はソース元を参照して下さい。

石原さとみ「すき家」イメージキャラクターに! “おうち時間”で「危ない…」と思った自身の行動とは?(ザテレビジョン) - Yahoo!ニュース 
https://news.yahoo.co.jp/articles/dfc8233ee3ea4f6f05333d7ad1ac6e1b5b8d5e66 
no title


7/10(金) 4:00配信 
 石原さとみ「すき家」イメージキャラクターに! 新CM・メーキング・インタビュー公開
https://youtu.be/xYu3p-boKXw


【石原さとみさんが「すき家」イメージキャラクターに! “おうち時間”で「危ない…」と思った自身の行動とは?】の続きを読む