芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

知英

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2019/12/10(火) 12:27:14.39
韓国出身で女性アイドルグループ「KARA」の元メンバーである女優の知英が6日、自身のインスタグラムを更新。韓国語で母国での「芸能活動復帰」の意気込みを語った。

 インスタグラムにアップされたのは宣材写真と思われるもので、「こんにちは、カン・ジヨンです。多くの方々が待ってくれて応援してくれた分、もっと良い姿でご挨拶できるようにします。ありがとうございます」と復帰への意欲を綴っている。

「KARA」としてデビューし、大ブレイクを果たした知英。卒業後も女優として日本を中心に活躍していただけに、ファンからは「いなくなるのは寂しいな」「どこに行っても応援しています」と早くも反響を呼んでいる状況。すでに韓国の芸能事務所「キーイースト」と業務提携を結んだことが報じられており、近いうちに母国へ帰還すると思われる。

 ただ、「KARA」といえば先日、元メンバーのク・ハラさんが、ソウル市内の自宅で死亡した状態で発見され、自殺していたことが判明。これを受け知英は「自分自身を愛してください」「本当に今までありがとう」と追悼のコメントを寄せていた。

 そもそも韓国では、芸能人に対するバッシングの多さは日本を凌駕するレベルで、自ら命を絶ったク・ハラさんもその被害者とされている。誹謗中傷は社会問題になるほど深刻のようで、自殺率世界1位の大国で有名だ。

 そして、その被害を最も受けやすいのが、日本で活躍した新日派の著名人である。それだけに、反韓・嫌韓意識の強いネット民からも、韓国で復帰予定の知英に不安の声は多い。

「一度“親日派”のレッテルが貼られると、『民族の反逆者』として糾弾することが法律で許されるほど親日に厳しい国ですからね。KARA卒業後、日本で活動する知英さんに対して韓国では『もう帰って来るな』『裏切り者!』などいった非難が飛び交っていたようで……。

すでにアンチがいるなか、韓国で芸能活動を復帰するだけにネット上では『大丈夫かよ』『徹底的に追い込まれそう』と心配の声が多数寄せられています」(記者)

 早い段階から「裏切り者」扱いされている知英。そのような状態にもかかわらず、なぜ韓国で復帰しようと思ったのか疑問だが、ただただメンタル面が心配だ。

no title

https://entamega.com/28460

【元KARAの知英(ジヨン)、母国・韓国での芸能活動復帰に不安 親日派は朝鮮民族の裏切り者 ク・ハラ自殺の影響も】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2019/10/28(月) 06:27:10.65
「京都国際映画祭2019」最終日の10月20日、知英(ジヨン)の主演映画「どすこい!すけひら」(11月1日公開)の舞台挨拶が行われた。

同名人気漫画を映画化したこの作品で、知英が演じるのは恋に鈍感なぽっちゃり女子。事故に遭ってナイスバディー美女に変身したことから起きる三角関係を描いたラブコメディーだ。
見どころは知英のアッと驚く変身ぶり。周囲はもちろん本人も驚く変わりようだった。

「朝3時からぽっちゃり女子になる特殊メイクを開始。3時間がかりで完成させるんですが、ついついうたた寝してしまうそうです。で、起きた時目にするのは、まるで別人の自分。毎回『誰?』と混乱したそうです。
撮影は昨夏ですが、連日の酷暑にもかかわらず、体重100キロ超えボディーにするため、ファットスーツを着込んだそうです。
重たい素材で、ひとりでは身動きもままならず、おまけに物語の設定は冬。
長袖にマフラーを巻いての冬服仕様はとにかく暑くて、サウナ状態だったとか。簡単に取り外しできないため、撮影中はずっとつけたままの体勢。体力勝負の日々を過ごしたそうです」(映画ライター)

演出した宮脇亮監督によると「ものすごく暑かったと思うんですけど、いつもニコニコ楽しそうにやっていた。それが励みとなってスタッフも頑張れた」と知英のプロ根性に舌を巻いたという。

「舞台挨拶では、コンプレックスについてのトークがあったんですが、モデルとしても活躍するほど非の打ちどころのない美人なのに、コンプレックスに悩む日々を経験したそうです。
ただし、悩みの次元が少々違ってましたね。何でもデカすぎる目が嫌でたまらなかったそうです。
小さい頃、顔の半分が目というくらい大きかったため、『カエルちゃん』というあだ名をつけられたんだそうです。怖くなるくらい目が大きすぎたとか。
そのためいつも目を半開きにして小さく見せようと努力していたというから、美人には美人なりの悩みがあったんですね」(芸能ライター)

K-POPアイドルグループ「KARA」でデビュー。14年に同グループを脱退後は母国の韓国を離れ、単身日本に乗り込んだ。地道な努力で日本語を完璧にマスター。
ドラマ、映画などで違和感なく日本人役をこなし、役作りのため英語と広東語を覚え、北京語にも挑戦中という頑張り屋の面を持つ。 

「同じ事務所は桐谷美玲や内山理名らが所属。結婚後、活動をセーブしている桐谷に代わって、知英が事務所の屋台骨を支えている形です。夢はハリウッド進出。
そのためには『どすこい!すけひら』が大ヒット、知英の代表作にならないと…」(前出・芸能ライター)

“ド根性”が報われることに期待したい。

http://dailynewsonline.jp/article/2055489/
2019.10.28 05:59 アサ芸プラス

https://www.youtube.com/watch?v=pHtDaScwNjU


KARA - ミスター M/V

https://www.youtube.com/watch?v=kEbFTYJbgZ0


Jumping  M/V

no title

no title

no title

no title

https://contents.oricon.co.jp/upimg/news/20191021/2146854_201910210933113001571640452c.jpg
no title

【「KARA脱退から5年」知英が難役挑戦で撮影中に見せた「どすこい!」ド根性】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2018/08/10(金) 23:44:39.59 ID:CAP_USER9
 女優の知英(24)が10日、韓国・堤川で開催中の「チェチョン国際音楽祭」で主演映画「私の人生なのに」(公開中、原桂之介監督)舞台あいさつに登壇した。

 病気によって半身不随になった新体操選手が音楽と出会い、新たな夢をおう物語。知英が歌手名義JYとして主題歌の「涙の理由」も担当している。

 この日は観客との質疑応答も行われ、「日本で俳優業でも活躍され、JYとして歌手活動も行っていてすごいと思いますが、大変なことはないですか?」という質問も飛び出した。知英は「言葉の問題などもあるので、大変なことがないとは言えない」と率直に答え、「日本でスタッフさんや周りの方々にすごく応援して頂き、それが力になりました。その応援と支えがあったからこそ大変でしたが一生懸命頑張れました」とほほ笑んだ。

 前日の9日には、レッドカーペットが行われ、知英が登場すると3000人を超える観客から歓声が沸き起こった。音楽がテーマの同映画祭は14日まで開催される。

2018年8月10日20時23分 スポーツ報知 
https://www.hochi.co.jp/entertainment/20180810-OHT1T50238.html
no title

【女優の知英(24)「日本ですごく応援して頂き、それが力になりました」…韓国・チェチョン国際音楽映画祭で舞台あいさつ】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2018/03/04(日) 11:36:37.37 ID:CAP_USER9
女優の知英が、映画『私の人生なのに』(今夏全国公開)で主演を務めることがわかった。
オリンピック候補の新体操スター選手役で、美ボディあらわなレオタード姿を披露する。

知英、映画「私の人生なのに」で主演
同作は、オリンピック候補の新体操スター選手でありながら、不治の病で半身不随となり絶望を彷徨う中、音楽と出会うことで人生に彩りが戻り、自分を受け入れながら新たな夢に向かって歩き始めていく青春サクセスストーリー。

新体操、車椅子生活で役作り
主人公・金城瑞穂役を演じる知英は、KARAのメンバー時代からダンスで鍛えた身体能力をいかしながら、新体操のリボンを繰り返し練習。
また、車椅子で生活する女性の役でもあるため、日常生活でも車椅子を何ヶ月も利用し、自身の生活の一部にしながら役作りを続け、作品に挑んだ。

http://mdpr.jp/cinema/detail/1750665

Watashino jinsei nanoni TSR MP4
https://www.youtube.com/watch?v=AUKVihSjJ7E



映画「私の人生なのに」主演 知英
no title

no title

no title

【知英、レオタード姿で美脚あらわ 新体操スター役で映画主演】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2017/12/13(水) 19:50:43.43 ID:CAP_USER9
元KARAのメンバーで、日本でソロとして活動する女優の知英(23)の人気が急上昇している。

現在放送中の英BBCドラマをリメイクした「オーファン・ブラック~七つの遺伝子~」(フジテレビ系)では1人7役を熱演しているのに加え、歌手活動の際の名義・JYとして主題歌を歌っている。

「寒風吹きすさぶなかでの撮影にもかかわらず、体当たりでアクションシーンに挑んでいる。日本語・英語・韓国語に加えて秋田弁まで使いこなさなければいけないが、

猛特訓の成果でうまく話せています。08年の夏から日本で活動しているが、ここに来て日本語の上達が目覚ましいですね」(ドラマ関係者)

もともと写真が趣味だったというが、ショートムービーで映画監督デビューも決定。所属事務所の後輩女優・松風理咲(16)主演の青春ストーリーでメガホンを取り、クリエイターとしてもデビューを果たしたのだ。

14年4月にKARAを脱退したジヨンだが、ほかの元メンバーたちと大きな差がついてしまったようだ。

「ジヨン脱退後、ほかのメンバー3人が昨年1月で所属事務所との契約を終了。事実上、KARAは解散状態となりました。元メンバーたちは韓国国内でソロとして活動しているものの、

あまり仕事に恵まれていないようです。KARAは日本でも人気があっただけに、ジヨンに続いて日本に進出するのも得策だったはずですが……」(音楽業界関係者)

したようだ。

2017年12月12日 20時0分 女性自身
http://news.livedoor.com/article/detail/14019805/

写真
no title

【<知英>人気が急上昇!元KARAのメンバーたちとの間で広がる格差・・・日本行きを決断した選択が大当たり】の続きを読む