芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

矢作萌夏

    このエントリーをはてなブックマークに追加
gassyou_pig

1: なまえないよぉ~ 2021/10/14(木) 12:44:02.57 _USER9
元AKB48の矢作萌夏(19)が、約1年半所属していた大手レコード会社「エイベックス」と契約を終了していたことを14日、自身のSNSで発表した。

矢作は「この度、1年半所属していたavexと契約を終了させていただくことになりました」と報告。
「お世話になった事務所の皆さんには、感謝の気持ちでいっぱいです」としつつ「私にとっては大きな決断でしたが、これからも音楽の道を邁進(まいしん)して行くつもりですので、どうぞよろしくお願い致します」とつづった。
同社によると、9月末で契約が終了したという。

矢作は、18年にAKB48加入後、史上最速でソロコンサート開催や、シングル「サステナブル」でセンターを務めるなど、次期エースとして期待されたが、昨年2月に卒業。
卒業後は同社に所属し、ボイストレーニングを行いながら、ピアノやギターを本格的に習得。
今年6月ごろからSNSで復帰を示唆すると、7月の誕生日にはインスタグラムとTikTokでSNSライブを行い、シンガー・ソングライターとしてのデビューに向けて、本格的に再始動していたばかりだった。

今月10日、矢作はインスタグラムで、恒例で行っていた生配信ライブの休止を発表していた。
関係者によると、音楽活動をより独自で進めていきたいと決意を固めたといい、同社も本人の意志を尊重し、今回の契約終了に至ったという。

◆矢作萌夏(やはぎ・もえか)
2002年(平14)7月5日、埼玉県生まれ。
18年1月「第3回AKB48グループドラフト会議」で3チームから1巡目指名され、AKB48チームK入り。
19年1月にソロコンサートを開催し、同9月発売のシングル「サステナブル」で初センター。
同10月に「第2回AKB48グループ歌唱力No.1決定戦」で優勝。昨年2月にグループ卒業。血液型O。

http://news.yahoo.co.jp/articles/1113f0f0893a1dd8bac9f68c73b76ff612c12ec7

【【矢作ブー】元AKB48センター矢作萌夏(19)、ソロデビュー前に「エイベックス」との契約終了、今度は何やらかしたのかなwwwwwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2021/07/05(月) 09:36:58.10 _USER9
元AKB48の矢作萌夏が、今日5日の19歳の誕生日に、インスタグラムとTikTokでSNSライブを行う。

シンガー・ソングライターとしてデビューに向けて、本格的に再始動するにあたり、日刊スポーツの取材に応じた。

「お久しぶりです!」

先月9日にSNSで復帰を示唆し、その後はオリジナル楽曲の弾き語り動画などをSNSに投稿していたが、姿を見せるのは卒業後初めて。
体形もスリムになり「卒業してからの1年半で、筋トレや食事制限をしたり、岩盤浴にも通って、ダイエットも頑張りました。健康的に“米俵”ぐらいはやせました!」と愛嬌(あいきょう)たっぷりに笑った。

18年にAKB48加入後、史上最速でソロコンサート開催や、シングル「サステナブル」でセンターを務めるなど、次期エースとして期待されたが、昨年2月に卒業。
卒業当初は大学進学を目指していたが、「AKB48グループ歌唱力No・1決定戦」で1位に輝くなど歌唱力に定評があり、両親からも背中を押され、音楽の道を歩むことを決めた。

卒業以降、大手レコード会社「エイベックス」に所属し、ボイストレーニングを行いながら、ピアノやギターを本格的に習得。
機材も自ら購入して曲作りにも挑戦し、すでにオリジナル楽曲は30曲近くあるという。

「メロディーが先にできることが多いんですけど、まだ頭の中に急にメロディーや歌詞が降ってきたりはしないです(笑い)。まずは曲をたくさん聞いてもらいたいので…。ひたすら作って、届けて…を繰り返していきたいです。周りから、武器になりそうなのは『声』と言ってもらえることが多いので、自分の声に合った曲で勝負していきたいです」

シンガー・ソングライターとして、今後はデビューに向けて、さらに研さんを重ねていく。

「一番は音楽を“届けたい”という思いです。この1年半、ファンの皆さんの大切さや、近くに寄り添ってくれていたことを実感しました。近くに寄り添って曲を届けられるようなシンガー・ソングライターになりたいです!」

将来的な目標は、AKB時代には立てなかった「NHK紅白歌合戦」の舞台。
今日5日のSNSライブでは、オリジナル曲も数曲披露予定で、目標に向けた第1歩となる。

「アイドルとしての私を好きになってくれた方や、私の歌が好きになってくれた方と、いろいろな方がいると思うんですけど、私は何も変わってないです。今は不安もありますが、ファンの皆さんの応援が支えになります。一緒に頑張っていきたいと思うので、これからもよろしくお願いします!」

◆矢作萌夏(やはぎ・もえか)
2002年(平14)7月5日、埼玉県生まれ。
18年1月「第3回AKB48グループドラフト会議」で3チームから1巡目指名され、AKB48チームK入り。
19年1月にソロコンサートを開催し、同9月発売のシングル「サステナブル」で初センター。
同10月に「第2回AKB48グループ歌唱力No.1決定戦」で優勝。
昨年2月にグループ卒業。血液型O。

http://news.yahoo.co.jp/articles/0f218992eb41e78e1bf2771edb44e938c556b228

動画
矢作萌夏オリジナル楽曲 【タイトル未定】作詞作曲編曲:矢作萌夏
http://vt.tiktok.com/ZSJxFvrB6/

スリムになった矢作萌夏
no title

no title

no title

no title

19年3月のの矢作萌夏
no title

no title


【【矢作ブー】元AKB48矢作萌夏(19)がスリムになった!「エイベックス」からシンガーソングライターとしてデビューへ】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2021/06/09(水) 23:48:25.52 _USER9
元AKB48の矢作萌夏(18)が9日、ツイッターを更新し、芸能活動再開を示唆した。

矢作は「7月5日の誕生日当日に、各種SNSでデジタルライブを行います! 予定空けておいてくれますか…?」と呼びかけた。

さらに直筆のメッセージも添付し「お久しぶりです。矢作萌夏です。今年の3月、無事高校を卒業することができました」と報告。「今まで過ごしてきた日々の中でたくさんのことを学ばせていただき、自分が伝えたいと思うものを見つけました。これからは自分なりに、さまざまな形で皆様に見ていただけるよう一生懸命頑張ります。温かく見守っていただけたらうれしいです」と、再開への思いをつづった。

矢作は18年1月の「第3回AKB48グループドラフト会議」でAKB48に加入。19年1月に最速でソロコンサートを開催し、同7月発売のシングル「サステナブル」ではセンターを経験。歌唱力に定評があり、昨年2月の「第2回AKB48歌唱力No・1決定戦」で優勝したが、同月に卒業していた。

6/9(水) 23:39
日刊スポーツ

元AKB矢作萌夏が7・5芸能活動再開を示唆、直筆メッセージに思いつづる
矢作萌夏(2019年10月撮影)
https://news.yahoo.co.jp/articles/261a1184edbb361ffe532dd142e4938d27318ae4

no title 【【矢作ブー】元AKB矢作萌夏が7・5芸能活動再開を示唆、直筆メッセージに思いつづる】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/06/04(木) 14:08:47.19
話題の連ドラ『M 愛すべき人がいて』(テレビ朝日系)と、それに合わせた文春砲の薬物疑惑報道連発の影響もあり、何かと騒がしすぎるエイベックス松浦会長(55)の界隈。

その火消しのためなのか、自身のSNSには別の新鮮な話題を提供し続けるなかで、かなり大きい動きがあった。

「先日、インスタグラムで『17歳の元アイドル』のプロデュースに新たに乗り出すことを報告した。
具体的な名前は示していないが、そのプロフィールや一部メディアの報道で、どうやら今年2月に不可解な状態でAKB48を卒業した矢作萌夏(17)と断定された」(エイベックスに近い音楽関係者)

矢作といえばAKBの次世代エースとして期待されながらも、昨年6月に、これまた男女交際ネタの文春砲を被弾。

しかし総帥・秋元康(62)のいわゆる “ゴリ押し枠” であった矢作は、その3ヶ月後に発売するシングルのセンターに抜擢されたが……結果的にそれが悲劇の結末を産んだようだ。

「10才以上も上の先輩メンバーにタメ口で迫る破天荒キャラだった矢作も当時まだ高校2年生。
本人は否定したもののスキャンダル後に即センターですから。それに異を唱えたアンチからの誹謗中傷の嵐に相当メンタルをやられてしまったそう。
特に、スキャンダルとまったく関係ない “足が太すぎる” という体型を揶揄する攻撃は、年頃の少女にはキツ過ぎたようです」(スポーツ紙アイドル担当記者)

そのセンター曲のリリースからわずか約1ヶ月での卒業発表となり、このまま芸能界引退を匂わせていた矢作だったが、秋元氏のゴリ押しは卒業後も続いているようだ。

「秋元氏と松浦氏は昵懇の仲で知られるし、その関係でのタレントの行き来の例は数多い。
秋元氏は、まだ若くキャラも立っていて歌唱力にも定評があった矢作をこのまま埋もれさせるのは勿体ないと考えていて松浦氏に話をもちかけたのだとか。そして松浦氏からしても渡りに船だったとも」(同前)

今年6月の株主総会で、エイベックスのCEOを退任する意向を表明している松浦氏。

「一連の文春砲の影響とも言われているが、また制作畑に熱を入れたいという意思があるのも事実。
そして何よりこのまま文春にやられっぱなしではメンツが丸つぶれという意識があるのでは。
矢作ともども、文春に壮大なリベンジを仕掛けるという裏テーマがあるのでは」(前出関係者)
https://k-knuckles.jp/1/10363/2/
no title


【【矢作ブー】 元AKBセンター 「エイベックスから再デビュー説」 の裏】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/05/18(月) 06:35:27.48
エイベックスの松浦勝人会長(55)が、今年2月にAKB48を卒業した矢作萌夏(17)のプロデュースに乗り出す可能性が浮上したことが17日、わかった。
松浦氏は16日、自身の公式インスタグラムで、「17歳の元アイドル」と面談したことを報告。
松浦氏、エイベックスともに名前は明かさなかったが、関係者によると、かねて松浦氏による矢作のプロデュース案が浮上しており、今回の面談相手も矢作だったという。            

6月開催予定の株主総会でCEOを退任し、クリエイティブ活動を行うことを宣言していた松浦氏。
その“第1弾”は、国民的アイドルグループ・AKB48の元センターにして、電撃卒業したばかりの矢作となる公算が高まった。


松浦氏はインスタグラムで「僕がネットで見た時からこの子はすでに人気者だった」と面談相手の特徴を説明。
「ここに来たから成功したのだと、あとでやはり自分は思ってもらえるようにしなければならない」「そのために出来ることをしてあげよう。そして、たくさんの議論もしよう。自己主張とわがままのはざまで大いに話し合おう。今日話した君の夢をかなえるためにね」と、矢作のソロデビューを念頭に置いた話し合いだったことをうかがわせた。

矢作は18年1月、第3回ドラフト会議でAKB48チームKに1巡目指名された。
昨年1月にはグループ最速でソロコンサートを開催。
7月発売の56thシングル「サステナブル」ではセンターに抜てきされたが、10月にテレビ番組で卒業を電撃発表した。

愛らしいルックスと“天然キャラ”が注目されたが、歌唱力にも定評。
グループの「歌唱力No.1決定戦」では第1回が2位、第2回は優勝と抜群の結果を残した。
今年2月、AKB48として最後の活動となったライブ後には、卒業後について「何も決まってないんですけど、機会があれば…」と明言を避けていた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200518-00000000-dal-ent

元AKB48 矢作萌夏
no title

no title



【【矢作ブー】AKB48電撃卒業の矢作萌夏(17)をエイベックス松浦会長がプロデュース!】の続きを読む