芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

目黒蓮

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2024/05/20(月) 05:40:24.56
女優、有村架純(31)が7月スタートのフジテレビ系「海のはじまり」(月曜後9・0)で8年ぶりに月9に出演することが19日、分かった。主演のSnow Man・目黒蓮(27)と映画「月の満ち欠け」以来2年ぶりに共演。ある日突然、主人公に亡き元恋人との6歳の娘がいることが判明し、心揺れる女性を演じる。

トップ女優に成長した有村が、フジのドラマ看板枠に帰ってくる。

目黒が父親役に初挑戦することで話題の「海のはじまり」は、親子の愛をテーマにしたオリジナル作品。主人公の月岡夏が7年前に別れた元恋人の葬式で、ひそかに産んでいた自身と血のつながっている娘に出会う。

有村が演じるのは、夏と交際中の女性、百瀬弥生。結婚を考える中、愛する人に元恋人との娘がいると知り、心を揺らしながら懸命に現実と向き合っていく役どころだ。

目黒とは2022年の映画「月の満ち欠け」でも恋人役で共演。前作は生まれ変わりを題材にしたファンタジーだったため、今作ではリアルな葛藤をどう表現するのか注目される。

月9の出演は16年に民放連ドラ初主演を飾ったフジ系「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」以来8年ぶり。同年大みそかにNHK紅白歌合戦で司会を務め、翌17年に連続テレビ小説「ひよっこ」のヒロインに抜てき。昨年の大河ドラマ「どうする家康」では主演の嵐・松本潤(40)演じる徳川家康の妻、築山殿を好演した〝国民的女優〟となって凱旋(がいせん)する。

約1年前に今作の出演オファーを受けた有村は「この物語に出会ったとき、人は円滑に生きていくために痛みに蓋をするのかな、と感じました。誰かを思うことは決して楽ではない。この作品が教えてくれることを知りたくなりました」と当時の心境を吐露。撮影に向けて「一つ一つを見落とさないように弥生を考え続けたい」と熱演を誓った。

★再タッグの村瀬プロデューサー「難役ですが…有村さんなら」
有村は「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」に続くフジの村瀬健プロデューサーとのタッグについて、「お互いの変わらない心根も共有しながら、再び能動的に作品を作れることをうれしく思います」とコメント。村瀬氏は「弥生は一言では説明できないくらい難しい役ですが、有村さんなら演じ切ってくれると信じています」と期待した。


2024/05/20 05:00

https://www.sanspo.com/article/20240520-EMIVL5XUONICVGVXB2QZQGINEU/

figure_anti_3


【有村架純、8年ぶり月9 7月~フジ系「海のはじまり」で主演・目黒蓮と恋人役で2年ぶり共演】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2024/05/16(木) 07:50:14.05
「月9」にSnow Manの目黒蓮(27才)と、あの人気ドラマのスタッフが帰ってくる。5月8日、フジテレビは次クールの月曜夜9時枠のドラマ『海のはじまり』のホームページを立ち上げた。

「脚本の生方美久氏、監督の風間太樹氏、そして主演の目黒さんと、2022年10月に放送され社会現象にもなった『silent』とほぼ同じ陣容となっています」(フジテレビ関係者)

 今回、目黒が演じるのはシングルファーザー役。7年間音信不通のまま亡くなった恋人の葬式で、彼女がこっそり出産して育ててきた6才の「わが子」と突然向き合うことになる父親役に挑戦する。

「フジテレビの宣伝戦略なのか、ヒロイン役はまだ公表されていません。そのため、ネット上では『silent』で目黒さんの恋人役を好演した川口春奈さん(29才)の登板を期待する声もあがっています」(芸能関係者)

 だが、すでに芸能関係者を仰天させる配役が内定しているという。

「実はヒロインは有村架純さん(31才)なんです。川口さんまで出演したら『silent』と同じになるので最初から彼女は候補外でしょうが、よりによって有村さんとは……2人の“因縁”を考えると、業界のざわつきも理解できます」(前出・芸能関係者)

 有村と川口。2才違いのトップ女優の2人は「同世代のライバル」として比較されてきた。各種アンケートやランキングではともに上位の常連。Z世代のインスタグラマーによる好感度調査(2023年)では、有村が2位で川口が3位。

 CM契約数では、有村が2010年代後半はトップ争いを演じたが、昨年のランキングでは川口がトップに躍り出た。契約数は20社超えで独走状態だ。一方、映画の出演本数でいえば、有村が35本、川口が17本とこちらは有村に軍配が上がっている。

「女優業に比重を置く有村さんと、バラエティーもこなし、オールラウンダーの川口さんという傾向の違いはあるものの、どちらもアラサー世代のトップ女優であることは間違いありません」(広告代理店関係者)

 司会業でも2人は『NHK紅白歌合戦』、『輝く! 日本レコード大賞』(TBS系、以下『レコ大』)の司会を経験済み。両番組の司会の経験者は、ほかに黒柳徹子、綾瀬はるか、仲間由紀恵など数人しかない。さらに、昨年の『レコ大』でも2人の因縁には注目が集まった。

「『レコ大』の司会者は2年ごとに交代するという暗黙のルールがあるとされていたのですが、昨年、TBSは有村さんを1年で降板させ、川口さんに交代。『TBSは有村を切って川口を囲い込もうとしている』などと、さまざまな話が飛び交いました」(前出・芸能関係者)

 今回のヒロイン交代は「『レコ大』の逆転現象」としても物議を醸しそうなのだという。

「騒がしい外野をよそに、有村さんは大ヒットした『silent』と比較されることも受け入れ、覚悟を決めているようです。目黒さんとは2年前に公開された映画『月の満ち欠け』で共演し、ともに日本アカデミー賞で優秀助演賞を受賞。相性は非常にいい」(前出・芸能関係者)

 ちなみにフジテレビは有村の出演について「制作の詳細に関してはお答えしておりません」とのこと。トップ女優2人が繰り広げる“ガチンコバトル”は、この夏を一層盛り上げることになりそうだ。

※女性セブン2024年5月30日号

2024.05.16 07:00  女性セブン

https://www.news-postseven.com/archives/20240516_1963775.html?DETAIL

pose_kage_warau_man_嫉妬

【有村架純、目黒蓮主演の次期月9のヒロインに内定 『silent』で目黒の恋人役を好演した川口春奈と「同世代のライバル」対決か】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2023/11/17(金) 17:45:20.11
 12月31日に放送される『第74回NHK紅白歌合戦』から旧ジャニーズ事務所(現SMILE-UP.)が締め出された。11月13日の出場者発表に旧ジャニーズグループの名前はなく、追加招集がなければ実に44年ぶりの“ジャニーズなしの紅白”となる。

 そんなNHKに“矛先を向けた”と物議を醸したのがSnow Man・目黒蓮。発端は2日前の11月11日、グループの公式インスタグラムやX(旧ツイッター)にて発表された『Snow Man Special Live~みんなと楽しむ大晦日!~』。

 何でもメンバーによるYouTubeライブ配信を大晦日に行うというもので、インスタグラム・ストーリーズにて《9人とみんなで最高の大晦日にしようね! 絶対後悔させないよ 俺らを正解にする》とのメッセージを目黒が投稿。

 これを受けて『東スポ』Web版が、【NHKと完全絶縁か…Snow Man 目黒蓮は物議醸す“挑発投稿”】との見出しで、紅白から旧ジャニーズを排除したNHKに【“ケンカを売った”ととらえられても仕方がない】とする記事を配信したのだ。

「確かに《俺らを正解にする》との強めの物言いは、“俺ら”の比較対象とする“相手”に向けた言い方で、タイミング的にNHKへの“訣別”宣言に捉えられてもおかしくなありません。が、実のところ“相手”はNHKではなさそう」

「俺ら」の「相手」は辞めジャニか

 長らく旧ジャニーズ事務所を取材してきた芸能ライターが話すには、目黒の投稿はNHKに向けたものではなく、真相はメンバーの動向に関係しているとのこと。

 11月に入ってメンバーの佐久間大介、渡辺翔太、阿部亮平が立て続けに旧ジャニーズ本社を所在地とする個人事務所を設立したことが判明。前出の芸能ライターが続ける。

「このメンバーの動きは今後も続いていくと思います。というのも設立準備を進めている新エージェント会社と契約するために、各タレントは個人事務所を設立する必要があり、つまりSnow Manはスマイル社とのエージェント契約を選んだものと思われます。

 目黒くんが言う“俺ら”とはSnow Manをはじめ、これからも旧ジャニーズに所属する残留組であり、“相手”は自ずと退社を選んだ辞めジャニになるわけです」

後輩やファンに向けた「俺らを正解に」
 東山紀之社長と井ノ原快彦副社長による会見以降、元V6の岡田准一、嵐の二宮和也、そして生田斗真が旧ジャニーズから退社、また意思表明をしている。それより以前にも元King & Princeの平野紫耀、神宮寺勇太、岸優太、元Kis-My-Ft2の北山宏光らが事務所を去り、滝沢秀明氏の『TOBE』に合流している。

「もちろんジャニー(喜多川)さんの“犯行”は許されるものではなく、(藤島)ジュリー(景子)さんや東山社長の後手後手の対応も目立ちました。スマイル社を先行き不安に思うタレントが退社を選択するのもやむなしで、彼らを責めることはできません。

 それでもSnow Manは“今の自分たちがあるのは会社のおかげ”と恩義も感じているのでしょう。動揺する後輩やJr.に向けた、“俺らが支えるから見ていて”という宣言でもあるのでしょう。

 そして、たった数か月で一変した状況を誰よりも不安に感じているのがファンですよ。彼女たちを安心させるためにも、“心配しないで俺らについてきて!”とのメッセージを送りたかったのでしょう」(同・芸能ライター)

 ファンを置いてけぼりにしない目黒、Snow Manこそ真のアイドルなのだろう。

https://www.jprime.jp/articles/-/29982?display=b

figure_anti_嫉妬

【Snow Man目黒蓮の「俺らを正解にする」投稿が物議も、“挑発”の矛先はNHK紅白ではない「本当の相手」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2023/10/26(木) 10:53:32.98
 10月23日までに、9人組グループ「Snow Man」の目黒蓮が、公式Instagramを開設した。

 24日昼過ぎまで、まだ写真の投稿はされていないが、「ストーリーズ」を続々と更新。白のタンクトップで、デニムを着たワイルドな印象の自身の写真とともに《目黒蓮です。よろしくお願いします》とつづり、目黒は自己紹介をおこなった。

 突如として開設されたInstagramに、ファンからは歓喜の声が殺到している。

《抜群の知名度で爆速のインスタの伸びを見せる目黒くんすごい》
《開設されて早くもフォロワー100万人越え! これからどんなことがupされていくか楽しみです》
《目黒くん!!インスタ開設ありがとう うわぁー嬉しいよー!!》

 Snow Manとしての活動だけでなく、俳優業でも引張だけの目黒。2022年に放送された『silent』(フジテレビ系)の演技で大きな注目を集めたが、2023年も『トリリオンゲーム』(TBS系)で、単独での連続ドラマ初主演を飾るなど、快調ぶりを見せつけていた。

 Instagramも、開設後わずか1日でフォロワー数が120万人を突破し、破竹の勢いで増加している。

「120万人という数字は、『Kis-My-Ft2』の玉森裕太さん、『KAT-TUN』の亀梨和也さんといった面々のフォロワー数を、1日で超えたことになります。

 それだけでなく、2022年末にInstagramを開設した『嵐』の松本潤さんが、現在のフォロワー数が110万人。自身が徳川家康役を演じるNHK大河ドラマ『どうする家康』でのオフショットを頻繁に投稿し、非常に注目を集めていたアカウントですが、目黒さんは、それすらも一瞬でぶち抜いた形になります。

 さすがに、木村拓哉さんの約400万人というフォロワー数にはまだ届きませんが、目黒さんの勢いならいずれ可能かもしれません」(芸能記者)

 一般社団法人・日本レコード協会が発表しているゴールドディスク認定によれば、2023年に発売したSnow Manのシングル2作、アルバム1作は、すべて出荷枚数が100万枚以上を突破した“ミリオン作品”となっている。

 テレビ局関係者もこう話す。

「いまや、どのグループと比べても、売上面でも人気面でも、Snow Manは頭ひとつ抜けている状態ですよ。

『完全にゼロ』とも『2枠のみ出場』とも取り沙汰されている『NHK紅白歌合戦』の旧ジャニーズ勢ですが、制作チームは、是が非でもSnow Manを出場させたい、と考えているはず。もし、旧ジャニーズ勢の出演が大幅に制限されるとしたら、これまで歌唱から司会まで『紅白』に貢献し、旧ジャニーズ事務所の“顔”だった『嵐』の各メンバーよりも、Snow Manが優先度が高くなるのは間違いありません。

 嵐は、“完全復活”すれば大きな目玉にはなりますが、中途半端にゲスト審査員などで松本潤さんが登場したとしても、あまり番組的に効果がないことは、低空飛行を続ける『どうする家康』の視聴率を見ていたら明らかですからね」

 Snow Manの快進撃が目立つなかで、これまで旧ジャニーズ事務所を引っ張ってきた嵐には、苦境が聞こえてきている。

「二宮和也さんが主演する“月9”の『ONE DAY~聖夜のから騒ぎ~』(フジテレビ系)は、制作側の力の入れようがうかがえるにも関わらず、第2話で視聴率が5%台まで急落。期待を裏切った形になっています。

 相葉雅紀さんも、フジテレビ系の『VS嵐』から枠を引き継いで、新たなMC番組『木7◎×部』をスタートさせますが、前身の『VS魂』時代から番組リニューアルの連続で、スケールダウン感は否めません。

 いちばん厳しいのは、櫻井翔さんです。『news zero』(日本テレビ系)のキャスター続投が明言されましたが、これに対して、インターネット上では猛批判が巻き起こっています。そもそも、故・ジャニー喜多川氏の問題について無言を貫き続けた時点で、彼のファン以外はニュースキャスターとしての手腕を見限っていましたから……」(前出・芸能記者)

 そこに追い打ちをかけるように報じられたのが、現在、無期限の芸能活動休止をしている大野智の“近況”記事だった。

「WEB女性自身」が掲載した写真では、都内で愛犬のパグを散歩させて歩く大野は、黒く日焼けした肌に、顎には長いヒゲを蓄えたワイルドな姿。

「アイドル時代とは打って変わったこの姿を見たファンのなかからは、2024年に結成25周年を迎える嵐の活動再開について、“あきらめムード”も出てきました。

続きはソースで
https://smart-flash.jp/entame/257923/1/1/

figure_anti_嫉妬

【Snow Man目黒蓮、インスタ開設1日で「松本潤」をぶち抜くフォロワー数の快進撃 『嵐』に迫る世代交代の苦境】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2023/08/04(金) 10:17:33.27
「Snow Man」の目黒蓮(26)が主演しているドラマ「トリリオンゲーム」(TBS系、金曜午後10時)の平均視聴率(世帯・個人)が下降線をたどっている。このままでは人気に影を落としかねないという。

 同ドラマは、漫画誌「ビッグコミックスペリオール」で連載中の同名作品が原作。〝世界一のワガママ男〟のハルこと天王寺陽(目黒)と、〝気弱なパソコンオタク〟のガクこと平学(佐野勇斗)がゼロから起業し、型破りな方法で金を稼いでこの世のすべてを手に入れようと成り上がる物語だ。

 目黒と言えば、昨年10月期のドラマ「silent」(フジテレビ系)で人気を爆発させたほか、今年3月に公開された主演映画「わたしの幸せな結婚」も大ヒットしたのは記憶に新しい。

 ある芸能関係者は「今回のドラマは『わたしの幸せな結婚』でも共演した今田美桜も出演しているのでスタート前は話題でした。ところが、目黒が演じるのはド派手で奔放なキャラ。これまでドラマや映画で見せてきたクールなイメージとは程遠く、離れていく人は多いようです」と話す。

 たしかに初回こそ世帯7・4%(個人4・2%)だったが、2話目で5・6%(3・2%)と一気に視聴者が脱落。3話目も5・2%(3・0%)と〝下落トレンド〟になっている。

「まったく異色のキャラのドラマを選んだのも、『目黒は違った役もできる』というジャニーズの戦略でしょう。ただ、このまま下げ止まらない可能性もある。そうなると目黒人気にも陰りが見え始めないかと心配する声も出ています」(同)

 一時は「ポストキムタク」の呼び声も高かった目黒だが、まだまだその座を奪うのは厳しいか…。(視聴率は関東地区、ビデオリサーチ調べ)

2023年8月4日 05:00

https://www.tokyo-sports.co.jp/articles/-/271840

tv_monku

【Snow Man目黒蓮のTBSドラマが大苦戦!〝イメチェン〟不評で人気に影響も】の続きを読む