芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト、芸能トピ++

生駒里奈

1: なまえないよぉ~ 2019/01/12(土) 07:55:44.31 ID:gzZ6ArAS9
 アイドルグループ「乃木坂46」の元メンバーの生駒里奈さんと、同じく元メンバーで日本テレビの市來玲奈アナウンサーが、13日に放送される「行列のできる法律相談所 さんま VS 怒れる美男美女軍団3時間スペシャル」(同局系)で、グループ卒業後、初共演することが12日、明らかになった。市來アナは同番組のMCアシスタントを務めており、生駒さんがゲスト出演する。番組では、生駒さんが市來アナに「試練のアナウンサードッキリ」を仕掛ける様子も放送される。

 生駒さんと市來アナは1期生として「乃木坂46」に加入。オーディションのころから一緒だったという2人は、グループ在籍当時からとても仲が良かったが、2014年に市來アナは学業に専念するためグループを卒業。その後も、市來アナは生駒さんを「本当に大好きで、誰かに何かを相談したいっていうときは、必ず生駒ちゃん」と言うほど大親友だという。

 生駒さんは「“元アイドル”に当たる風っていうのが、めちゃくちゃ強くて、だからこそ、れなりん(市來さん)には、アナウンサーとして成功してほしい」という願いから、市來アナに「試練のアナウンサードッキリ」を仕掛ける。とあるクイズ番組の企画という設定で、生駒さんの主演舞台の裏側をリポートする市來アナに、出演者と舞台スタッフの全面協力でドッキリを仕掛ける。市來アナは、スタジオでVTRを見たときに初めてドッキリだと明かされるという。

 「行列のできる法律相談所 さんま VS 怒れる美男美女軍団3時間スペシャル」は、13日の午後7時~9時54分に放送。


2019年01月12日 アイドル テレビ
https://mantan-web.jp/article/20190111dog00m200083000c.html
no title

【生駒里奈&市來玲奈アナ:乃木坂46卒業後テレビ初共演 「行列」で“試練のドッキリ”も】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/12/12(水) 17:05:45.13 ID:CAP_USER9
 元乃木坂46の女優、生駒里奈(22)が12日、TBSラジオ「伊集院光とらじおと」(月~木曜前8・30)に出演。乃木坂のオーディションを受けたきっかけや、活動初期の悩みを語った。

 乃木坂に入ったきっかけを聞かれた生駒は、高校に入って親友と離ればなれになって引きこもり気味になっていた娘を心配した父がネットでオーディションを見つけたのがきっかけと語った。当時の自身について「中学校も地味でした。小中高は地味でした。ダンスだけは習っていて、そのダンスだけはすごく楽しくて、それ以外はいじめられっこのようなものだったので」と振り返り「テレビに入って、この業界には私をいじめる人がいないからうれしくてずっといるみたいな。
それくらいの感じですね」と明かした。

 乃木坂での活動についても「いじめられたら辞めようっていうくらいの気持ちだったんです。乃木坂にいる子はみんないい子で、本当によかった」と振り返った。
その後の活動について「初期の頃は、芸能活動っていうことも知らなかったから、がむしゃらになんでも一生懸命になっていた」とし、センターを外れてからは「自分のことをようやく見ることができて。そこから、もっと気持ちとか体の力を楽にしながら、自分を見てくれる人のためだけにがんばろうとか。でも、90%は乃木坂のために自分のことは犠牲にして頑張ろうみたいなスタンスでいたら、しばらく楽しかったです」と語った。

 センターを外れたときの心境を「ほっとすることと不安になること」の割合はどれくらいだったかと聞かれた生駒は「『ほっと』が120%でした」と答え、「向いてない」などの「アンチの言葉」ばかりに縛られていたと振り返り「そういう言葉から逃れられるっていうのが。やっぱりそのとき17歳くらいだたので、17~18になるくらいだったので、そういう女の子にはとても楽になるというか、気持ち的には。私よりぜんぜんかわいくて才能ある子がいっぱいいるから、そっちの子を早く行ってよってそういうのもあるじゃないですか」と補足した。

サンスポ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181212-00000548-sanspo-ent
no title

【生駒里奈「この業界には私をいじめる人がいないからずっといる」地味だった小中高時代】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/12/01(土) 18:32:47.65 ID:CAP_USER9
元乃木坂46で女優の生駒里奈(22)が1日、都内で行われた『WOMAN EXPO TOKYO 2018 Winter』内のトークイベントに出席。
乃木坂46時代の思い出や自分のキャラクター作りについて語った。

今年5月にグループを卒業し、ソロ活動を行っている生駒は生活の変化を聞かれ「乃木坂の活動をしていないだけ。
さっぱりした性格なので一度決めたらその通りの考え方で動く。『悩んでいても仕方がない。意味がない』性格なので、あまり変わらずいる」と告白。

仕事に対する考え方は変化があるそうで「その場、その場の自分の在り方は変わって。
この舞台のカンパニーでは女の子らしくいよう、ここではリーダーとして引っ張ってみんなを育てなきゃということが激しくあった。

その場その場で学ぶことが多かった変化はありました」と回顧。「自分にこだわりを持たないし、ずっと同じ考えでいないタイプ。
臨機応変にやっていくことで、個の重要性とかこだわらなくても自然に後になって自分の個に返ってくると思っています」と持論を展開した。

人気グループ乃木坂46に在籍していた時はセンターで活躍していた生駒。自身の見せ方がわかったのはデビューしてから3年経ったあとだそうで「自分が思っているより変に見られているんだろうなと。『この子、大丈夫か?』と言われていたことに、『なんで?』と思っていましたが、『大丈夫か?』と思うよな~と後から思いましたね」と苦笑い。

それから気をつけたことは「私を見た人が嫌な気持ちがないように。憧れの中にも嫉妬というものが生まれるものじゃないですか人間って。

私を見た時にそれを一切なくして楽しい、面白いだけを思ってもらえる人になりたいなと」と告白。
今の仕事に繋がる部分もあり「ドラマとか舞台に挑戦している理由は、そういう自分をいっぱい観てもらい楽しんでもらいたいからです」と伝えた。

司会者から「当時はキャピキャピ感がなかったですよね」と言われると「作っていたのもありますが、もともとの性格が根暗のものもありましたが、
ただ“かわいい女の子”だけじゃなくて、観ていてプラスになる私になりたいなと。それが乃木坂に居た時の目標でした」と告白。

周りのメンバーのキャピキャピ感を学ぼうとしたそうだが「ドッキリを仕掛けられた時、みんなは『きゃー!』と丸くなるんですが、私は『ギャー!』と身体が動いちゃう。
そこで諦めて、自分のことを面白いと思ってくれる人をちょっとずつ増やそうかなと気づいて、万人受けしなくていいやと思いました」と振り返っていた。

この日は、SHOWROOMの前田裕二社長も出席した。

12/1(土) 13:20配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181201-00000333-oric-ent

写真
no title

【元乃木坂46生駒里奈「憧れの中にも嫉妬というものが生まれるものじゃないですか人間って」】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/11/26(月) 02:20:17.09 ID:CAP_USER9
11月11日に放送された乃木坂46のバラエティ番組『乃木坂工事中』(テレビ東京系)にて、メンバーの西野七瀬と秋元真夏が、過去の不仲を涙ながらに語り注目を集めた。

番組では、ニューシングル「帰り道は遠回りしたくなる」でセンターを務め卒業する西野が、様々なメンバーと思い出の場所を巡りながら、乃木神社を目指すという企画を放送。
そして秋元と合流すると、過去の因縁について振り返った。
秋元といえば2011年、乃木坂46に入ったものの、通っていた学校から芸能活動の許可がおりず、高校卒業まで芸能活動を休止していた。
その後、活動を再開させたものの、4枚目のシングル「制服のマネキン」で、いきなり2列目の選抜メンバーに抜擢され、西野は3列目に降格。
突然戻ってきた秋元の高待遇に不満を感じた西野は、その後1年以上、秋元を避け続けたという。
だが、それから西野は、自分がセンターになったことで心に余裕ができたのか、和解することとなった。

この時のことについて、西野は「ああいう出来事ってさ、別に起こそうと思ったことでもないし、そうなってしまったのは、自分が子供過ぎたんだなってことが原因なんだけど。
そうなったとしてもさ、今みたいに綺麗にわだかまりが解けるとも思ってなかったから、それがなんでこうなれたのかなって思うと、それは絶対、真夏の人柄かなって思う。
真夏じゃない子だったら多分、無理だと思う」と涙を流しながら振り返った。

そんな西野といえば、過去には松村沙友理への怒りも明かしたことがある。
ドキュメンタリー映画にて、不倫スキャンダルが報じられた松村に対し、「怒ってない子、いたのかな? そりゃ少しは怒りますよね。
怒り? ああ、はい、みんな怒ってたと思いますよ」とコメントしている。
また、松村には、今年卒業したメンバー・生駒里奈も生放送中に激怒したことがあった。

インターネットで配信された『乃木坂46時間TV』にて、生駒は小学校時代のあるあるトークを展開するも、周りから共感が得られず、松村から「秋田だけだよ」と突っ込まれた時のこと。

生駒によると、松村は普段から何かと秋田出身であることをイジってくるようで、
「いっつも秋田だからってバカにしてくるよね? この際だから言うけどさ、いっつも結構イラついてるからね! 乃木坂入って一番イラついてるから! また言ったわと思って。
卒業前に言わせてもらわないと。マジでイラついてるからね! だって他の子には言わないの。宮城だからとかね。秋田だからとかしか言わないの!」とブチギレ。
生駒は笑いながら訴えていたものの、以前から地元をバカにされたような言い方には納得できなかったのかもしれない。

これに松村は「そういう企画やろう! 生駒ちゃんの鬱憤を晴らす……」と提案するも、
生駒は「いやもう鬱憤晴らしたから大丈夫」と笑顔で反応。こちらも、本音で向き合ったことで、わだかまりはなくなったようだ。

http://dailynewsonline.jp/article/1585400/
2018.11.25 21:20 リアルライブ


no title

no title

【元乃木坂46・生駒里奈が生放送中、松村沙友理に激怒!】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/11/10(土) 21:41:37.03 ID:CAP_USER9
万年筆が最も似合う著名人に贈られる「第15回万年筆ベストコーディネイト賞2018」の表彰式が8日に都内で行われ、万年筆を次世代に伝えるための若者代表として元乃木坂46の生駒里奈(22)がゲスト出演した。

この日初めて万年筆を手にしたという生駒。
今年を表す言葉を求められると「動」という字を書いて「今年(4月)、所属していたアイドルグループを卒業して動きがあって、いろんなことに1人で動き始めたので、『動』がピッタリかなと。万年筆で書くと気持ちが引き締まるし、やっとレディーな感じになりましたね」と笑顔を見せた。

卒業後の生活については「メンバーにもう会えないわけじゃないし、1人でも寂しさはないです。充実したいい日々を送らせていただいている」と明かした。

アイドルはどんなに人気グループに所属していても、卒業後は表舞台から消えてしまうことがほとんど。
アイドル界で人気ナンバーワンともいわれる乃木坂46も例外ではないが、生駒は舞台、テレビ、イベントなどでコンスタントに活動を続けている。

「それは業界関係者に“生駒ファン”が多いからです。アイドル時代は一度もスキャンダルを起こさず、メンバーを叱ったりと嫌われ役を買って出て、グループを引っ張ってきた。センターを務めていた時に、ファンから『ゴリ押し』とバッシングされ、心を痛めていた関係者も多かった。でも、スタッフや業界関係者は真面目に努力してきた姿を知っているから『ソロでも活躍してほしい』と思っているしバックアップしている」(出版関係者)

ソロとして卒業生の“光”となるような活躍を誓っているという生駒。
アイドル時代に培った信頼があれば、きっとかなう時が来るはずだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181109-00000029-tospoweb-ent

「第15回万年筆ベストコーディネイト賞2018」表彰式 生駒里奈
no title

no title


元乃木坂46 生駒里奈
no title

no title

【【卒業ブースト】乃木坂46卒業後もソロで順調活動 生駒里奈が培った信頼度の高さ】の続きを読む