芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

理由

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2017/11/27(月) 16:05:46.76 ID:mUqVFA/z0 BE:837857943-PLT(16930) ポイント特典
no title


来年の9月16日をもって引退することを発表したアーティスト・安室奈美恵(40)。

23日放送の『安室奈美恵 告白』(NHK)で、テレビに出演しなくなった理由を明かし、話題になっている。

■テレビが苦しくなってきた

かつては歌番組にも出演し、明るい性格とキャラクターで支持されていた安室。しかし『Baby Don’t Cry』の発売を機に番組への
露出も減っていったという。

その理由について「テレビで面白いことを言わなきゃいけないんじゃないか、しなきゃいけないんじゃないかっていうのがだんだん
苦しくなってきて」と明かす。

■コンサートにMCがない理由

また安室といえば2時間MCなしのぶっ通しステージのコンサートが有名だが、その理由についても語られた。

それまでは、そのご当地の料理を食べたネタをMCで話していたが、それも歳を重ねることで尽きてしまうと心配した安室。
日常の話をするにしても、コンサートの会場ごとに話すネタが見つからないと心配になったよう。

■8割が「安室は一流のアーティスト」

no title


一部では「引退までにテレビで歌ってほしい」との声があがっていたが、今回の放送を受けて、「生の姿を見てほしい」という
安室のスタンスを理解した人たちは多いだろう。

https://sirabee.com/2017/11/24/20161386441/

参考動画
https://youtu.be/xaxqBdPEXLw


【安室奈美恵がテレビに出演しなくなった理由を告白 「納得できた」と共感の声】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
no title


1: なまえないよぉ~ 2017/11/14(火) 08:02:05.81 ID:CAP_USER9
■番組は、なぜ今終わりを迎えることに? 

1996年の放送開始以来、長年にわたって多くの視聴者に愛されてきた人気番組「めちゃ×2イケてるッ!」(フジテレビ系)が来年3月で終了することが発表された
。ネット上でも突然の終了を嘆くファンの声が広がっている。「めちゃイケ」とはそもそもどういう番組だったのか。
どういうふうに始まり、なぜ今終わりを迎えることになってしまったのか。
歴史をひもときながら考察していきたい。

「めちゃイケ」が始まった1996年当時のテレビお笑い界では、ダウンタウンが市場を席巻していた。
「ダウンタウンのごっつええ感じ」「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!」「HEY! HEY! HEY!  MUSIC CHAMP」「ダウンタウンDX」などの番組が人気だった。

ダウンタウンの浜田雅功は小室哲哉のプロデュースでCDデビューを果たしてヒット曲を連発。
松本人志は著書が200万部を超えるベストセラーになり、武道館で単独ライブを開催していた。
名実共にお笑い界のトップランナーとなっていた。

一方では、ダウンタウンに続く次世代芸人の登場が求められている機運もあった
。そこで「ポスト・ダウンタウン」の最有力候補とうわさされていたのがナインティナインだった。
彼らはフジテレビの新人発掘番組「新しい波」で極楽とんぼ、よゐこ、光浦靖子らとともにその才能を見いだされ、ローカル深夜番組「とぶくすり」に出演した。
そして、それが発展する形で全国ネットの深夜番組「めちゃ×2モテたいッ!」が始まり、これが満を持してゴールデンタイムに進出して「めちゃイケ」になった。

「めちゃイケ」が始まった当初、ナイナイ以外のレギュラー陣はほとんど無名に近い状態だった。
しかし、この番組は決してナインティナインだけを特別扱いせず、あくまでもレギュラー全員を平等に扱った。
彼らは番組最後のスタッフロールでも「おだいばZ会」というくくりで紹介され、個々の人員は「めちゃイケメンバー」と呼ばれていた。

すでにテレビのスターだったダウンタウンやとんねるずが、それぞれの強烈な個性を生かして自分たちの番組を作っていたのに対して、
キャリアの浅いめちゃイケメンバーは「チームとしての一体感」を重視していた。
フジテレビでそれまでに数多くのバラエティ番組を手掛けてきた片岡飛鳥は、「めちゃイケ」では「総監督」を名乗り、
強力なリーダーシップを発揮して、演出を通してメンバーにテレビのいろはを教えこんでいった。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171114-00197257-toyo-soci
11/14(火) 6:00配信

【「めちゃイケ」がついに終わってしまう理由】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2017/11/11(土) 07:10:55.66 ID:CAP_USER9
10日放送の「ぴったんこカン・カン」(TBS系)で、お笑い芸人のブルゾンちえみが、大学を中退した理由を明かした。

番組では「ブルゾンちえみ 7年ぶりの島根想い出巡り再会の旅」と題し、岡山県出身のブルゾンが、大学入学から3年生の夏までを過ごしたという島根県松江市を、安住紳一郎アナウンサーと巡った。

ブルゾンが通っていたのは国立島根大学の教育学部で、教員を目指していたという。ブルゾンによると、当時は「先生になろっかな」という安易な気持ちで、何となく教育学部に入学したとか。
しかし周囲の学生は、幼いころから「先生になりたい!」という強い思いを持って、教員を目指している人が多かったそう。

ブルゾンはそんな友人たちを見ているうちに「こういう人が教師になるべきだし、なってほしい」と心から思ったとか。
それと同時に、自身の中途半端な気持ちが許せなくなったという。

ブルゾンは「自分も100%なりたいっていうものを探したいな…とか考えはじめたら悩んじゃって」と葛藤した末、大学を中退したよう。
そんなブルゾンに安住アナは「そういう人にこそ先生になってほしかったなって思いますね」とひと言。

さらに安住アナは「マジメ!」「偉い!」とブルゾンを絶賛。
ブルゾンも自覚しているようで「マジメなんすよ、ホントに」と苦笑すると、安住アナは「ふる~い日本人に会ったって感じがして」とブルゾンのマジメな性格をイジり、笑っていた。

http://news.livedoor.com/article/detail/13875056/
2017年11月11日 6時50分 トピックニュース

no title

【ブルゾンちえみ 国立島根大学の教育学部を3年生で中退した理由明かす】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2017/10/03(火) 00:28:09.97 ID:CAP_USER9
 5月に女優・神田沙也加(31)と結婚した俳優の村田充(40)が2日、東京・下北沢の駅前劇場
で27日に初日を迎えた主演舞台「囚人」の千秋楽を迎え、活動休止に入った。日付けが変わった3日、
村田はブログを更新し、休業理由について詳細に報告した。

 村田はブログの冒頭で「殺し合いの螺旋から 俺は降りる」と漫画「バガボンド」から引用。
「私もそんな心境とでもいいますかいや少し違うか…」となかなか言い尽くせない心情を表した。

 「生きる為に仕事をするというよりは 仕事をする為に生きるという人生観だったのだと思います 
それが出来ていたかは定かではないですし ただの憧れだったのかもしれないです 私にとって 唯一 
辛うじて自負できるものが演技をする ことだったのかなとは思います」と俳優という仕事への思い入れを明かした。

 しかし、神田と結婚し、「妻との交際を機に誰が為に仕事をするのかというようになり 誰が為に生きるのかと 
いう人生観に変わっていきました」と心境の変化をつづった。

 村田はさらに「先々月 私は耳の病に襲われました 暑い日でした眩暈と吐気 気管支の弱さも重なって 
その日はずっと休んでいました」と病に苦しんだことを告白。「演技中に様々な不具合が生じました 
自信のないものをお客様に見せる事は失礼 そう思いますから 自信のあるものを作りました が 
やはり不具合との闘いはありました 正直に云えば この耳の状態で板に立ち演技をすることは難しい 
もう闘えない という実感です」と舞台に立つことができないと記した。

 村田は「舞台優先の日々は終わりました」とし、
「舞台は心体を酷使する場所ですから お互い前線で戦い続けていく未来に不安はありました
ファンの皆様も気になっているであろう新たな夢については 安心のできる温かな家庭を
作りたいというものですので 拍子抜けかもしれませんね」と今後は家庭を優先していく。

 「今夏 我が身に起きたアクシデントが 早期決断をさせてくれました あの時お医者様は直ぐに
入院をするべきですと仰っていましたから寧ろ遅すぎたかもしれませんが どうしても今日まで
務めたかったので」と千秋楽までは務めたかった思いをつづった。

 最後に村田はファンに向け、「新章の幕が上がるかどうかは 耳が回復してから考えたいと思います 
皆様と共有をした思い出は私の財産です 沢山舞台に立たせて下さって有難う いつかまた会えると
良いですねどうか元気でいて下さい本当に どうもありがとう」と重ねて感謝した。

デイリースポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171002-00000143-dal-ent
no title

【村田充 活動休止の理由が判明、今後は家庭優先(ヒモ?)www】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
fe0ba074


1: なまえないよぉ~ 2017/08/07(月) 10:52:32.25 ID:CAP_USER9
芸能界で随一の好感度タレントから、ゲス不貞騒動によってジェットコースター的な転落を味わったベッキー。
最近は徐々に出演機会も増えてきたが、以前の栄光とはほど遠い現状を芸能界関係者が分析する。

「かつてのベッキーは企業の発表会や芸能イベントに引っ張りだこで、その多さに断ることも多かったほど。
ところが現在は出演イベントの数が激減しました。ベッキーを起用してもさほど報道陣を呼べないからというのが理由のようです」

たしかにゲス不貞の件はほぼ片が付いており、禊を済ませた形のベッキーはもはや“過去の人”。
取材の対象にならないのもやむをえないが、それでも彼女ほどの知名度ならば、報道陣がまったく集まらないということもなさそうだが‥‥。

「不貞問題が終息してからも、ベッキーは相変わらず囲み取材に応じていません。そもそも報道陣が芸能イベントに足を運ぶのは、イベント後に行われる囲み取材が主な目的。
ここでタレントから近況を聞きだし、記事のネタにするわけです。しかしベッキーはかたくなに囲み取材に応じないので記事のネタにもならず、報道陣の足が遠のくのも当然でしょう」(前出・芸能界関係者)

天国と地獄を身をもって味わっているベッキーだが、どうやらそこには自業自得という面もあるようだ。

2017年8月7日 10時15分 アサジョ
http://news.livedoor.com/article/detail/13440902/

写真
no title

【<ベッキー>みそぎ後もメディア出演が増えない理由】の続きを読む