芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

独立

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2018/03/14(水) 06:39:50.73 ID:CAP_USER9
たけし、オフィス北野退社、独立へ「背負ってきたもの下ろしたい」
2018年3月14日 06:20 スポニチ Sponichi Annex 芸能
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/03/14/kiji/20180314s00041000080000c.html

今月いっぱいでオフィス北野を退社し、独立することが分かったビートたけし Photo By スポニチ
no title


オフィス北野の森社長(左)とビートたけし Photo By スポニチ
no title


お笑い界最大の実力者で世界的な映画監督でもあるビートたけし(71)が3月いっぱいで所属事務所「オフィス北野」を退社し、独立することが13日、分かった。

今年で設立30年を迎えたオフィス北野。森昌行社長(65)は13日、スポニチ本紙の取材に、たけしが今月いっぱいで事務所を退社して独立する事実を認めた。独立の理由については、たけしから「軍団を含め、これまで背負ってきたものをいったん下ろしたい。自分の時間を増やしたい」という申し出があったことを明かした。

◆ビートたけし 本名北野武。1947年(昭22)1月18日生まれ、東京都出身の71歳。明大を3年で中退したが2004年に同大の「特別卒業生認定制度」第1号に選ばれた。1973年にビートきよし(68)と「ツービート」を結成。その後、俳優活動も始め、83年に映画「戦場のメリークリスマス」で毎日映画コンクール男優助演賞を受賞。89年に「その男、凶暴につき」で監督デビュー。97年にベネチア国際映画祭で「HANA―BI」が金獅子賞(グランプリ)、03年に「座頭市」で監督賞を受賞。血液型O。

【ビートたけし、オフィス北野退社、独立へ、たけしが取締役かと思ってたわwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2018/02/01(木) 14:48:54.34 ID:CAP_USER9
2/1(木) 14:41配信
スポニチアネックス
小泉今日子が所属事務所からの独立発表

 女優の小泉今日子が所属事務所から独立したことが1日、分かった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180201-00000111-spnannex-ent
no title

【小泉今日子が所属事務所からの独立発表】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2018/01/30(火) 21:22:24.65 ID:CAP_USER9
 女優の真木よう子(35)が、今月中旬に所属事務所「フライングボックス」から独立していたことが30日、発表された。所属事務所が公式サイトでマネジメント契約満了を報告した。

 この日発売の女性誌では「長年に渡る“泥沼”契約トラブル」と独立理由が報じられていた。所属事務所は、これを全面的に否定。「真木よう子本人との考え、方向性の相違から協議の末、契約満了という結論に至りました。これまでパートナーという関係の中で長年を過ごしたうえで、双方とも納得し、この日を迎えました」とした。

 真木を巡っては、昨年7月期で主演したフジテレビ系ドラマ「セシルのもくろみ」からトラブルが相次いだ。当時開設していたツイッターで「コミケ」参加、クラウドファンディングを利用しての雑誌制作を掲げたが、コミケの趣旨から脱していたことなどで批判が殺到する事態に発展。真木本人も一連の言動を撤回して「私自身の軽率さと馬鹿さが原因だと猛省しております」と謝罪。直後にドラマの撮影を欠席したほか、体調不良を理由に映画「SUNNY 強い気持ち・強い愛」(8月31日公開)も降板した。

 事務所との契約は満了したが、すでに撮影済みの映画「孤狼の血」(5月12日公開)、「焼肉ドラゴン」(初夏公開)があり、予定通りにプロモーションをこなしていく予定という。CMも3社と契約中で、7月頃までは前事務所がサポートを継続していく。真木の今後については「未定」としており、新規の仕事は個人で対応しながら、今後の活動を模索していくという。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180130-00000126-sph-ent
no title

【真木よう子が所属事務所から今月中旬に独立 今後については「未定」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2017/11/10(金) 18:40:22.58 ID:CAP_USER9
さすがに“オッケ~!”ではなさそうだ。事務所との独立騒動で泥沼状態のモデルでタレントのローラ(27)がついに強行手段に踏み切った。発売中の写真週刊誌「フライデー」は、ローラの兄が代表を務める新事務所を設立したと報じたのだ。たとえ、独立したとしても待ち受けるのは多額の違約金というイバラの道かもしれない。

 同誌では、ローラの代理人弁護士が10月20日、所属事務所に所属契約を解除するという文書を送付したことと、兄が代表を務める新事務所を設立したと報じた。CMの各代理店に「事務所が変わりました。これからはウチに連絡をしてください」との連絡をしていたことも伝えている。

 「事務所側も、ローラが信頼していたマネジャーを復帰させるなど、ローラに歩み寄っていたそうですが、ローラ側は頑ななまま。事務所側は契約は続いていると考えており、この強行手段には困惑しているようです」と民放関係者。

 ローラは2007年のデビュー時から事務所に所属。有効期間は満10年だが、自動的に10年間更新される内容に対して、ローラ側が代理人を立てて契約解除を申し立ている状況だ。

 「一部メディアで“奴隷契約”などと報じられたことで注目され、ローラへの同情の声もありましたが、今回のローラの強行手段には業界内はかなり冷ややかな目で見ています。何より多数のCM契約の行方が注目されてます」と広告代理店関係者。

 そして、こう続ける。「ローラはテレビのレギュラーはそう多くありませんが、広告契約はライオンやユニクロ、サントリー、楽天など20社を超えます。しかも大手が多い。それだけCMタレントとしての価値が高いというわけですが、すべて事務所との契約になっている。このまま、独立を強行しようとすると、事務所側から10億円を超える損害賠償を請求される可能性もあります」

 しかも、独立したとしても、新たな事務所は家族経営に近く、スタッフとして業界関係者のサポートもない状況だという。
「もうちょっとうまいやり方はなかったのかと思いますね。大物芸能人のバックアップがあっても、事務所の運営がうまくいくというわけではない。多額の損害賠償を抱えた状況では、クライアント側も起用しづらい。これからの活動が非常に厳しくなるのではないでしょうか」と芸能プロダクション関係者。

 にっちさっちもいかない事態だ。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171110-00000003-ykf-ent
no title

【ローラ泥沼独立騒動、兄が代表の事務所設立で踏み込んだイバラ道 10億円超の損害賠償も】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2017/11/09(木) 00:05:45.40 ID:CAP_USER9
ローラ、契約を強行解除で独立、某大手芸能事務所の後ろ盾か…多額違約金&上納金は自腹
文=編集部2017.11.08
http://biz-journal.jp/i/2017/11/post_21287.html
no title


 いよいよローラが本格的に動き出した――。

 11月2日発売の「フライデー」(講談社)によると、ローラの代理人弁護士は、所属事務所・LIBERAに対して10月20日、所属契約を解除するという文書を一方的に送付し、兄が代表を務める新事務所を設立したという。

 これによって、一時は事務所と“和解”の方向に進むのではないかとの報道もあったが、その可能性を一掃するかたちとなった。芸能界関係者が明かす。

「ローラがLIBERAに怒りを爆発させるきっかけとなったのは、信頼していたマネージャーがLIBERAと揉めて先に退職してしまったことでした。
しかし、そのマネージャーがLIBERAに戻ったとの情報もあり、業界内では『いよいよ和解するのではないか?』といわれていたのです。

 ところがこのタイミングで、水面下でローラとの提携に向けて動いているといわれていた某大手芸能事務所がローラの“ケツ持ち”をするということで話がまとまったようで、ローラサイドはLIBERAとの決別を選択したようです」

 しかし、現在出演中のCMや広告の契約はすべてLIBERAとスポンサー企業の間で取り交わされており、これから撮影が控えているものもあるという。
独立騒動が裁判にまで発展すれば、放送できなくなったCMの違約金などでローラも痛手を負うことになりかねない。

「CMの違約金などが発生した場合、ケツ持ちとなった大手事務所が肩代わりしてくれるわけではないようです。それだけでなく、ローラが芸能界で活動を続けられるよう根回しする代わりに、
ローラサイドはその事務所に相当な“上納金”を支払わなければならないのでは、ともいわれています。それでもローラはLIBERAとの決別を選んだわけですから、相当な恨みがあったということでしょう」(同)

 どんな大金を払ってでもLIBERAを辞めたい――。ローラの固い決意は、果たして吉と出るのか凶と出るのか、第2ラウンドは始まったばかりだ。
(文=編集部)

【ローラ、契約を強行解除で独立、某大手芸能事務所の後ろ盾か…多額違約金&上納金は自腹】の続きを読む