芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

父親

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2018/11/10(土) 12:05:55.27 ID:CAP_USER9
今年、放送されたドラマ『きみが心に棲みついた』(TBS系)、『健康で文化的な最低限度の生活』(フジテレビ系)の平均視聴率はともに5%台、映画『音量を上げろタコ! なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』の興行収入も芳しくなく主演作が軒並み不調の女優・吉岡里帆。

そんな中、吉岡にとってまさに泣きっ面に蜂のような報道が……。
10月31日発売の『週刊新潮』が、吉岡の父親がNHK大河ドラマのプロデューサーであるという記事を載せたのだ。

「吉岡さんは昨年、大ヒットしたドラマ『カルテット』(フジテレビ系)で演じた悪女役のインパクトが強く、さらにグラビアアイドル出身であることから、女性からの人気は低いと言われています。この報道によって、さらに女性票を減らしたのではないかと囁(ささや)かれています」(テレビ誌ライター)

《京都に住んでいた頃は、夜行バスで東京のオーディションを受けに来ていた》

《上京費用の捻出のために、バイトを4つも掛け持ちしていた》

など、吉岡はバラエティー番組などでよく苦労話を語っていたのがアダとなった。

「“父親がNHKプロデューサー”という恵まれた環境なのに、“苦労人アピール”をしていたととらえられたんでしょう。ネット上では、“だから急に推されているんじゃない?”“結局コネなんかい!”など辛辣なコメントが続々と上がっています」(同・テレビ誌ライター)

しかし、この記事に対してある芸能プロ関係者はこう話す。

「吉岡さんの父親は、テレビ局員でもNHK関係者でもないので、コネなんてありません。彼女は実力で主演を張れる女優にまでのし上がったのに、あの記事で今までの努力が疑われてしまうのはかわいそうですよ」

本誌が吉岡の所属事務所に確認したところ、

「吉岡の父親がNHK大河ドラマのプロデューサーという記事は、まったくの事実無根」

NHK広報にも確認すると、

「事実ではありません。通常は出演者のプライバシーについてはお答えしておりませんが、今回はそういった事実はないのでお答えしました」

と回答した。

吉岡自身も過去のインタビューで、父親について「映像会社を経営するカメラマン」だと明かしている。
本誌が調べたところ、確かに吉岡の父親が経営する会社が京都に存在していた。
名前もネットで噂されているNHKのプロデューサーとは異なる。

「誤った記事で、明らかなイメージダウンにつながっています。所属事務所としては『週刊新潮』を訴えたいほど怒り心頭でしょう」(前出・芸能プロ関係者)

逆風が吹く今こそ、吉岡の本当の実力が試されているのかもしれないが──。

http://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181110-00013781-jprime-ent

吉岡里帆
no title

【吉岡里帆さんの父親がNHK大河ドラマプロデューサーは誤報だったwwwwwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2018/11/07(水) 08:41:54.18 ID:CAP_USER9
 スターダムにのし上がらん、というはずが大コケで、周囲も呆気にとられたのである。主演のドラマも映画も爆死して、吉岡里帆(25)が、スターダムどころか女優生命まで危うくなってきたのだから。その原因だが、押さえるべきを押さえなかったから、なんだとか。

 実際、1月から連続ドラマ初主演で、今年は幸先よいスタートを切ったはずだった。が、TBS系で放送されたその「きみが心に棲みついた」は、平均視聴率7・7%に終わり、7月に始まったフジテレビ系「健康で文化的な最低限度の生活」(ケンカツ)にいたっては、平均5・8%。

 もっとも、生活保護のケースワーカー役は地味すぎたか。そう思って、10月12日に公開された阿部サダヲとのW主演映画「音量を上げろタコ! なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ‼」に期待すると、興行通信社の「国内映画ランキング」で初週トップ10圏外。目下「Yahoo! 映画」のユーザーレビューでも5点満点で2・3点。目も当てられないありさまである。

 吉岡について知識のない読者のために、芸能記者に解説してもらうと、

「元々女優志望で、いろんなオーディションを受けながら、『週刊プレイボーイ』のグラビアに出たりもしていた。2015年、NHKの朝ドラ『あさが来た』でヒロインの親友役を演じて注目され、翌年からは民放の連ドラに4期連続して出演。昨年1月からのTBS系『カルテット』では、脇役なのに、主役4人以上の存在感を発揮したと、話題になりました」

 で、今年は鳴り物入りの主演だったのだが。

女性が敵では…

 さる民放の幹部社員は、

「みなドラマや映画を観てまで暗い気持ちになりたくない、という声がある」

 と、こう続ける。

「『ケンカツ』は生活保護の話だし、『音タコ』は明るいものの、声を出すために覚醒剤を打つなど、奇想天外すぎて共感できません」

 だが、ほかの理由を挙げる人も多いのだ。その一人である芸能記者が言う。

「吉岡は若い男には人気でも、女性に人気がない。ドラマを見るのは主に女性なので、その影響は侮れません。よく新垣結衣に似ているといわれますが、10代前半からファッション誌『ニコラ』のモデルを務めていたガッキーは、女性の好感度が高い。一方、男性向けのグラビアに出ていた吉岡は、今は健気で素朴なキャラを演じていますが、女性からすれば、水着で媚びて売っていたくせに、あざとい、となってしまう」

 女性のテレビ関係者も、

「蒼井優、広瀬すずらは少女雑誌のモデルだったので、女性ファンが多い。そうでない場合、なんらかのキャラやエピソードが必要です。その点、元AKB48の川栄李奈なんかは、握手会での襲撃事件で女性からの同情を一気に集めました。女性から見たとき、媚びている感じがする吉岡は、なにか逆転エピソードがないと厳しい」

 男性からの同情票はある。先の民放の幹部社員は、

「吉岡は苦労人で上昇志向が強く、意志がある。京都に住みながら夜行バスに乗って東京のオーディションを受けていたのは有名な話です。また、お父さんはNHK大河ドラマのプロデューサーなのに、彼女は父がそういう職業だとは、周囲に一切言わずにきた。コネで起用されたくないという意思表示だったんです」

 上昇志向が強い分、主役を張りたいんだろうけど、同性に嫌われたのが急に好かれるようになったって話は、あまり聞かないなあ。


「週刊新潮」2018年11月8日号 掲載

吉岡里帆、映画も連ドラも大コケ 同性人気得られず 
11/7(水) 5:59配信 

男に人気でも厳しい…… 

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181107-00551338-shincho-ent
no title

【週刊新潮「吉岡里帆の父親はNHK大河ドラマのプロデューサーだが、彼女は父の職業を一切言わずにきた。コネを使いたくない意思表示」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
no title

1: なまえないよぉ~ 2018/11/04(日) 13:24:30.68 ID:CAP_USER9
ドラマ「きみが心に棲みついた」(TBS系)、「健康で文化的な最低限度の生活」(フジテレビ系)や映画「音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!」といった主演作が軒並み不調とあって、目下“戦犯”扱いを受けている女優・吉岡里帆。その要因に“非共感”があると10月31日発売の「週刊新潮」が報じている。

「視聴率や観客動員の“爆死”は主演女優ひとりの責任ではないものの、生活保護をテーマにした『ケンカツ』、声を出すために薬物を打つという『音タコ』にしても、女性が共感できる内容の作品に出演できていないことに加え、新垣結衣、蒼井優、広瀬すずなどの女性ファッション誌出身の女優がひしめく中で、男性誌で頭角を現してきた吉岡は、女性支持が低いというわけです」(週刊誌記者)

 さらに記事では、吉岡にとって、さらに“共感を呼べない”事実に言及している。週刊誌記者が続ける。

「彼女は、京都に住んでいた頃から夜行バスで東京のオーディションを受けていたという苦労人ですが、父親がNHK大河のプロデューサーということは公表していません。コネで起用されたくないという意思があるからだそうですが、恵まれた環境にあったことは明らかで、この点がネット上で、さらなる逆風になってしまわないか心配です」

 男性人気は確固たるものを築いた吉岡。女性たちの共感を得るための“成長戦略”を立てることが急務のようだ。

2018年11月04日 13時10分 アサジョ
https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12251-117832/#article

【吉岡里帆さん、実は父親がNHK大河プロデューサーwwwwwwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2017/09/29(金) 08:38:34.90 ID:CAP_USER9
9月22日放送の『明石家さんまのコンプレッくすっ杯』(テレビ朝日系)に、尼神インターの誠子(28)が出演。
見た目に関する切ないエピソードを披露し、司会を務める明石家さんま(62)らを爆笑させる場面が見られた。

この番組は、“貧乏”“ブサ顔”などといったコンプレックスを抱えるゲストたちが、それぞれ笑えるエピソードを告白するという内容。
そのトークの最中、さんまがお笑いタレントのほんこん(54)そっくりの誠子に、「ほんこんなんかは」と話を振ると、誠子は「ほんこんじゃないですよ!」とすかさずツッコミを入れてスタジオの笑いを誘った。

誠子によると、あまりにほんこんに似ていると言われることから、“顔交換アプリ”で自身とほんこんの顔写真を入れ替えてみたところ、自分で見てもそっくりだったという。
実際に顔を入れ替えた画像がスタジオで紹介されると、その違和感のなさに、さんまも「これ、入れ替えてるの!?」と思わず目を丸くしていた。

そんな誠子だが、妹の双子はかなりの美人だということで、三人で一緒に撮影した写真も紹介された。
妹たちのあまりの美しさに、スタジオから驚きの声が上がる中、誠子は妹たちから容姿をバカにされていた学生時代のエピソードを告白。
誠子によると、妹たちから陰でアメリカ映画のキャラクターである“シュレック”というあだ名をつけられていたそうで、そのことを知らない誠子が、
妹たちの会話を聞いたときに「今日の金曜ロードショーは『シュレック』なのかな」と思ったと明かし、共演者を笑わせていた。

また、今春から東京で一人暮らしを始めるにあたって、心配している父親を安心させるため「私は妹と違ってブスだし、大丈夫だよ」と言ったところ、
“家族の中で唯一誠子に優しい”という父親から「男はブスでも襲うんや! ブスでも気を抜くな!」と注意されたという。
誠子が「びっくりしました。(優しい父親も)“ブスやとは思ってたんや”と思って」と当時の心境を振り返ると、さんまは思わず爆笑していた。

「ブスキャラで売っている誠子ですが、最近はインスタグラムで自撮り写真をよくアップしていて、ファンからは“かわいい”というコメントが多くついています。
今まで彼氏ができたことがないと番組で嘆いていましたが、今の好調ぶりなら、近いうちに熱愛報道も聞かれるかもしれませんね」(芸能誌記者)――実は隠れ美人!?

http://dailynewsonline.jp/article/1359683/
2017.09.28 19:30 日刊大衆

no title

【尼神インター誠子、父親からの「ブス警告」に衝撃www】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2017/04/15(土) 22:15:25.66 ID:CAP_USER9
先日、大学入学式を終えた平祐奈。
『メレンゲの気持ち』(日本テレビ)に出演し、15歳まで父親と一緒に風呂に入っていたことを打ち明けた。

その告白にスタジオからは驚きの声があがったが「全然今でも平気なんですけど、お父さんがあれみたいで」と話を続けた。
さらに「でも、一緒には寝ますよ」と平然と言い放つと、これにもスタジオは仰天。
「お父さんと一緒に寝ると身長が伸びるんですよ」との理由に、久本雅美から「意味がわからない」とツッコミをうけていた。

この他、20歳になるまで「眉毛はそっちゃダメ」「ピアスや髪の毛を染めるにもダメ」「コーヒーと炭酸は飲んじゃダメ」という独特の禁止事項があることも紹介された。

http://news.livedoor.com/article/detail/12940570/
2017年4月15日 18時48分 RBB TODAY

no title

【平祐奈、15歳まで父親と一緒にお風呂に!「今でも平気なんですけど、お父さんが…」】の続きを読む