芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト、芸能トピ++

爆死

フジテレビ

1: なまえないよぉ~ 2019/03/10(日) 08:24:58.92 ID:PQmTU75v9
日曜日のゴールデンタイムといえば、NHK大河ドラマ、TBSの日曜劇場、『行列のできる法律相談所』『世界の果てまでイッテQ!』などの人気番組がひしめく超激戦区だ。

そのゴールデンに、今年1月から青春応援バラエティ『アオハルTV』(フジテレビ系)がスタートした。
司会は、芸能生活30年にして、フジテレビ系ゴールデンのMCを初めて務めるヒロミ(54)。

『アオハルTV』では、他にSexy Zoneの菊池風磨(23)と佐藤勝利(22)、ビビる大木(44)、DAIGO(40)がレギュラー出演している。

この番組は、昨年の4月27日と9月20日にパイロット的にオンエアされた『青春アオハルTV』をレギュラー化したもの。

ところが、1月27日に2時間スペシャルとして放送された第1回目の視聴率は、4.1%。大コケのスタートとなった。

その後、2月10日放送の2回目が3.3%、2月24日放送の3回目が4.7%と番組開始以来、一度も5%を超えたことがないという惨状を呈している。

「フジテレビは真っ青です。不調とはいえ、さすがに、ゴールデンでこの数字はありえない。
打ち切りが話題なるのも仕方がありません。局内では番組開始60日の最短スピード記録で終わるのでは、と噂されています」(制作会社関係者)

この低視聴率の大きな要因は、番組の企画そのものが「とにかく面白くない」という根本的なところにあるようだ。

ネットに寄せられた評判も「アオハルTV、絶対つまらないだろと思って見たら予想を上回る勢いでつまらなかった」「アオハルTV企画がつまらないな」
「アオハルTV見返してみたけど、やっぱり最初の20分ぐらいが本当につまらない」「アオハルTVなんとかしてよ」など、散々だ。

番組の目玉というべき企画が、1つの道を極める達人の元で出演者がいろいろな体験をする「アオハル課外授業」がある。
MCのヒロミが洞窟を探検したり(1月27日放送)、アイスクライミングに挑戦したりする(2月24日放送)のだが、

「『イッテQ』のイモトアヤコ(33)的な感動を狙ってるのかもしれませんが、どこから見てもオッサンでしかないヒロミが、延々と氷壁を登るような映像を見せられても……。
セクゾのファンなど、若い層の視聴者を狙っているのでしょうが、そこにヒロミが頑張る映像は何も刺さらないはず。何がしたいのか分かりません」(放送作家)

こうなると打切りが話題になるのも仕方のないところだが、なんと、番組自体が打ち切りになっても、ヒロミやSexy Zoneは、「次の番組でもレギュラーとして残るはず」(前同)というのだ。

「低視聴率は“あくまでも企画が悪いのであって、出演者が悪いのではない”という強引な解釈になるのでは、とささやかれています。
でも、ヒロミやSexy Zoneが数字を持っていないことは、この番組の視聴率3~4%という数字が端的に示していると思うのですが……」(同)

はたして、記録に残るスピード打ち切りはあるのか!?

http://dailynewsonline.jp/article/1725126/
2019.03.10 07:30 日刊大衆

【ヒロミ&Sexy Zoneの爆死『アオハルTV』、最短の「60日打ち切り」wwwww】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/02/22(金) 14:35:07.43 ID:q5GBosu29
TOKIOの松岡昌宏が主役の女装家政夫を演じる人気ドラマ「家政夫のミタゾノ」(テレビ朝日系)
のパート3で、川栄李奈がヒロインを務めることが発表された。
4月にスタートするパート3で川栄は、高い家事スキルを持つ若き家政婦の恩田萌を演じる。

その川栄はアイドル出身とは思えない演技力が高く評価されており、多数のドラマや映画に出演。
16年上半期のNHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」ではヒロインの友人役を好演し、お茶の間での知名度も大きく向上した。
現在は菅田将暉主演のドラマ「3年A組-今から皆さんは、人質です-」(日本テレビ系)
にて存在感を示しているが、今回のヒロイン起用で先行きを心配する声が出ているというのだ。

「若手女優としてトップランナーの一人になった川栄ですが、なぜか視聴率には縁がないのです。
『とと姉ちゃん』を別にすれば、出演ドラマすべてで視聴率がひとケタどまり。
演技自体は評価されているのに作品に恵まれず、放送中の『3年A組』でやっと初の二ケタ視聴率が達成できそうです。
ただ『3年A組』でもヒロインは永野芽郁ですし、川栄自身のヒロイン作はNHK BSプレミアムの『アオゾラカット』のみ。
そんな流れもあって、『ミタゾノ パート3』ではこれまで同様に視聴率が爆死するのではと危惧されています」(テレビ誌のライター)

ただ「家政夫のミタゾノ」はもともと二ケタ視聴率に縁のない金曜ナイトドラマ。
パート1は平均7.6%、パート2は同6.7%となっており、今回のパート3でも6~7%の視聴率で合格点となるのは確実だ。

「だからこそ5%台に沈没しようものなら、川栄への風当たりが強くなることは確実。
彼女は演技面では文句ないものの、どうにもルックスが地味すぎてヒロイン向きではないと評されています。
ただ『家政夫のミタゾノ』では松岡の演じる女装家政婦が主役なので、
今回ばかりは川栄の薄いルックスが、いつにも増して可愛らしく見えるかもしれません」(前出・テレビ誌ライター)

発表されたキービジュアルでは、家政婦らしく小さくまとめた髪型が可愛い川栄。
「家政夫のミタゾノ」で新しい面を開花できるのか、期待と不安の入り混じるところだろう。

http://dailynewsonline.jp/article/1702355/
2019.02.22 05:59 アサ芸プラス
no title

【川栄李奈さんが「家政夫のミタゾノ」ヒロイン決定で爆死が確定かwwwwwww】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/10/04(木) 17:49:22.86 ID:CAP_USER9
SKE48の須田亜香里(26)が4日未明に自身のブログを更新。一部週刊誌に初写真集「可愛くなる方法」の売れ行きが芳しくないと報じられたことに触れ、
「最高のネタいただきました!」と前向きにとらえた。同写真集は4月にキューバで撮影。ビキニや手ブラ、Tバック姿も収録された一冊となっている。
須田は「先々週かな、週刊新潮さんの記事に私のことが載りました。そして今日ネットニュースの新潮さんにも同様の記事が出ました。

【須田亜香里 初写真集 爆死】
まとめると総選挙2位の割に写真集売れてなさすぎだよ!って話」と切り出した。

「私はグループで容姿のことをブスだとか、うんぬん言われてきて途中からオイシイなって思ってネタにしてここまで来た身としては、その割に1万部ってすごいんじゃないか?!」とつづった上で、
「でも、出版社さんには期待していただいて5万部も刷っていただいてしまったのでまだまだこれから!とはいえ申し訳ない出だしだった」と謝罪し、「今日めちゃめちゃ泣いたのは事実です(笑)」と明かした。

今年のAKB48グループ選抜総選挙で自己最高の2位に躍進した須田。
「アイドルをがむしゃらに9年近くやって初めて週刊誌に記事が出たのが恋愛スキャンダルじゃなくてがむしゃらに何でもやっちゃうアイドルになった挙句写真集が売れない…って最高のネタいただきました!!!!!」とまとめた。

http://news.livedoor.com/article/detail/15399352/
2018年10月4日 17時4分 サンケイスポーツ

no title

【須田亜香里、写真集“爆死”報道に「めちゃめちゃ泣いた」】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/10/03(水) 06:55:37.26 ID:CAP_USER9
出版不況が叫ばれる昨今、「乃木坂46」や「欅坂46」といったアイドルの写真集だけは好調な売れ行きが続いているという。
では、一時、国民的アイドルグループとまで称された「AKB48」グループの上位メンバーの場合はどうだろうか。

《本当に綺麗に撮ってもらって嬉しいけど 8月22日に発売されてから 本屋さんがあるたびに 写真集コーナーへ行くのですが 積んであればあるほど 減る気がしなくて 須田さん真っ青になっておりまして…》

と、悲愴感たっぷりにブログで嘆くのは、SKE48に所属する須田亜香里(26)ご本人である。

彼女のファースト写真集『可愛くなる方法』(学研プラス)は、全編キューバで撮り下ろしたというセクシーなカットが満載で、初版は強気の5万部。
書店に行けば誰もが目につくところにどっさり平積みされているものの、

「結論から言えば、これが全く売れていないんですよ。オリコンが発表している3週間の累計売り上げ部数も8600部程度で、
1万部にすら届いていないという惨憺たる状況です」(出版関係者)

ちなみに、今年の第10回AKB48世界選抜総選挙で1位になった松井珠理奈(21)が3年前に出した初の写真集は、初週で2万2千部を売り上げており、
3位だったHKT48の宮脇咲良(20)も、3万4千部を売っている。いかに須田の写真集が売れていないかが分かるだろう。

しかし、彼女はそこらのB級アイドルとはワケが違う。先の総選挙では松井に次ぐ堂々の2位に輝いたトップアイドルなのである。

スポーツ紙のAKB担当記者が解説する。

「2009年からSKE48のメンバーになった須田は、握手会でのファン対応の良さから“握手会の女王”とまで呼ばれています。
彼女に魅了されたファンに支えられ、15年から18位、7位、6位と着実に順位を上げてきた実力派アイドルなんです」

そんな人気メンバーだからこそ、出版社側も売れることを確信していたのだろう。

「今年の総選挙で、須田が獲得した票数は15万4011票。
そのうち3分の1のファンが写真集を買えば、完売、即重版になるはずですが……」(同

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181003-00549314-shincho-ent
10/3(水) 6:00配信

no title

no title

【須田亜香里、初写真集が“爆死”でもAKB総選挙は2位のカラクリwwwwwwww】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/08/22(水) 10:59:09.44 ID:CAP_USER9
 松本穂香主演ドラマ「この世界の片隅に」(TBS系)の第6話が8月19日に放送され、平均視聴率は8.5%とワースト記録を更新した。初回は10.9%とまずまずの出だしだったが、回を追うごとに下がり続け、第4話で前回から0.2%アップするも、第5話で8%台になってしまった。

 この結果に、ドラマ関係者は「頭を抱えている」とテレビ誌ライターは言う。

「原作は、こうの史代氏による同名の漫画で、単行本の累計発行部数は130万部を突破した人気作。アニメ映画化された時は興行収入約15億円、動員数110万人を突破しました。夏は、終戦記念日もあり、今年は平成最後の年で、戦争モノに対する関心が高まっていた。TBS内では高視聴率が期待されていましたが、この数字。現場ではガッカリ感が広まっています」

 きっちりとした人気の原作があるにもかかわらず、ここまで落ち込んでしまったのはなぜか?芸能記者に聞いた。

「視聴者からの意見にも多く見られるように、主演のキャストミスは否定できない。原作の主人公・すず(松本)はおっとりした性格ではあるが、常に前向きで真の強い女性。ですが、松本の演技では単なるボーっとした人に見える。見合い結婚の夫・周作(松坂桃李)に見惚れる目も、すずの幼馴染の水原(村上虹郎)に夜通し話し相手になれと言われたことに腹を据えかね怒ってニラミつける目も同じ。空襲で多くの敵機が頭上を飛んでも、しばらくはボーっと眺めている。演出かもしれませんが、すずの魅力が今一つ伝わってきません」

 主演がミスキャストとは何とも身もフタもない話…。松本にとっては、黒歴史になりそうな作品となってしまうかもしれない。

https://www.asagei.com/110680
no title

【【視聴率】鉄板で高視聴率のハズが…TBSドラマ「この世界の片隅に」爆死wwwwwww】の続きを読む