芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

熱愛発覚

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/08/26(水) 16:13:25.55 _USER9
 人気タレント小島瑠璃子(26)との熱愛が発覚した、人気漫画「キングダム」作者の原泰久氏(45)。原氏は06年に結婚した妻との間に3人の子供がいたが、最近、離婚したとされており、「キングダム」ファンの間では小島との恋愛は“略奪愛”ではないかという声も飛び交っている。そんななか、原氏に小島以外の“彼女”がいたことが「週刊文春」の取材で明らかとなった。

「『週刊ポスト』が小島と原氏の熱愛を報じたのは7月31日のこと。すると、その直後、元アイドルのAさんがSNSに『許せないことがあった』『5日間、食事ができない』などと書き込んだ。さらに、『キングダム』ファンから批判された小島が『誹謗中傷は終わりにして欲しい』とツイッターに投稿すると、Aさんはさらに『誰かを傷つけたことを知らないふりにするのは無責任』などと反論したのです」

 Aさんの知人が語る。

「元アイドルのAさんは10代から大手芸能事務所に所属。テレビの仕事を通じて、原氏と親密な関係になりました。2年ほど前から本格的な交際に発展したと聞いています。当時、原さんには奥さんがいましたので不倫ということになります」

 Aさんは、「週刊文春」の取材に対し「芸能界を引退しているので、一切の取材にはお答え致しかねます。その姿勢は今後も変わりません」と強調したうえで、次のように説明した。

「一時は感情的になってツイートしてしまいましたが、私のような人間が原泰久さんや小島瑠璃子さんを批判したり、人間の善悪を裁く権利はございません」

 小島の所属事務所に原氏との交際時期などについて聞いたが、「プライベートは本人に任せています」と答えるのみだった。

 原氏の代理人を務める弁護士は、Aさんとの交際などについては「質問事項はいずれにつきましても回答及び見解の披歴を控えさせていただきます」と答えず、小島との交際についてだけ「なお前妻との婚姻関係の継続中、小島瑠璃子氏とお会いしたのは昨年1月放送のテレビ番組における対談及び同年10月実施のイベント登壇の計2回のみ、その他には面談はもちろん、発信受信を問わず連絡もございません」と回答した。

 なぜAさんは、小島と原氏の熱愛報道に大きなショックを受けたのか。

 8月27日(木)発売の「週刊文春」では、原氏をめぐる小島、元妻、そしてAさんの「泥沼の四角関係」、Aさんがツイッターでつぶやいた悲痛な叫び、原氏の小誌直撃への対応、小誌取材後に相次いで削除されたSNSの中身など4ページにわたって詳報する。


リンク先に画像あり
https://bunshun.jp/articles/-/39869?page=1
20200826001

【【文春砲】こじるりと交際の「キングダム」作者・原泰久氏、アイドルとの熱愛発覚!!!】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/07/31(金) 16:28:23.79 _USER9
 時は令和2年7月下旬──福岡・博多駅の地下食品売り場には、マスク姿でも笑顔と分かる、仲睦まじいカップルの姿があった。女性は買い物かごを自ら持ち、食材を選んでいく。レジで男性が支払いをする間、寄り添う女性は自然と彼の腕に自分の腕を絡ませていた。

「女性は黒いジャージに細身のジーンズ、男性もストライプのシャツにジーパンというラフな服装でしたが、女性は一際スタイルが良く目立っていました。よく見たらタレントの小島瑠璃子さん(26)でびっくりしました」(居合わせた買い物客)

 小島は「こじるり」の愛称で親しまれ、『アッコにおまかせ!』(TBS系)、『サタデープラス』(TBS系)などバラエティから情報番組まで数多くの番組に出演している。

 そんな彼女が親しげに寄り添った男性は、『週刊ヤングジャンプ』(集英社)に連載中の大人気漫画『キングダム』の作者・原泰久氏(45)だった。古代中国を舞台に、大将軍を目指す少年と、若き日の秦の始皇帝が力を合わせて中華統一を目指すこの大巨編は、現在58巻まで刊行され、累計発行部数は6600万部を誇る。昨年には実写映画化されて興行収入57.3億円の大ヒットを記録し、2019年の邦画実写作品で1位。続編の制作も決まり、今もっとも売れっ子の漫画家である。

 買い出しを済ませた2人は、原氏の運転する車に乗って福岡市内にある彼のマンションに向かった。さらに翌日、2人は車で「金印」が発見された場所として有名な志賀島(しかのしま)を訪れ、縁結びの御利益があるという志賀海神社を参拝。その後は映画を鑑賞し、またしても原氏のマンションへ。2連泊ということになる。

「ずっとお会いしたかった」

 小島は以前から大の『キングダム』ファンとして知られていた。2015年5月に放送された『アメトーーク!』(テレビ朝日系)の「キングダム芸人」では、同作に登場する美少女剣士・羌(キョウ)カイのコスプレで登場。

 これに原氏が反応し、ツイッターに〈コジルリさんキョウカイのかわいさ。w〉と書き込むと、小島が〈きゃー嬉しいです〉と返信するやり取りがあった。

 2019年1月放送の『世界ふしぎ発見!』(TBS系)では、小島がミステリーハンターとして中国を訪れ、『キングダム』の舞台を巡りながら古代中国史の秘密に迫るという企画で、2人の対談が実現した。

 初対面のシーンでは、「初めまして! ずっとお会いしたかったです」と目を輝かせる小島に、原氏が「僕もです」と応じた。仕事場に足を踏み入れると感動のあまり涙を流していた。

 原氏はかつて『キングダム』単行本のおまけページで妻の存在を明かしていたが、事情を知る関係者が明かす。

「今は原さんは独身で、最近になって小島さんが猛アタックして、交際に発展したようです。彼女が仕事がオフの日に福岡を訪れ、デートしているみたいです」

 小島の所属事務所に確認したところ「プライベートなことは本人に任せております」と回答(集英社は「作家のプライバシーに関することは回答を差し控えさせていただきます」と答えた)。

 こじるりが憧れた“キングダム”は、福岡にあった。

【8月3日(月)発売の週刊ポストでは、小島瑠璃子が街中で原泰久氏の肩を抱いて密着する写真も掲載しています】

2020.07.31 16:00
https://www.news-postseven.com/archives/20200731_1582784.html?DETAIL
no title

【【こじるり】小島瑠璃子(26)さんに熱愛発覚、人気漫画『キングダム』の作者(45)と交際!!!】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
no title

1: なまえないよぉ~ 2019/05/15(水) 07:07:58.20 ID:R3/ta+aO9
5月10日発売の「FRIDAY」で初スキャンダルが報じられたフジテレビの“クジパン”こと久慈暁子アナ。彼女の熱愛の相手はプロ野球・ヤクルトの原樹理投手だった。
記事ではマスクをつけた両者がデパートでデートする様子のほか、神宮球場のスタンドで応援する久慈アナの写真を掲載。すでに「半同棲生活」だというふたりの交際を詳しく報じている。

17年の入社当時は「フジテレビ」の救世主とまで評された久慈アナだが、果たして熱愛発覚による局の反応は──。

「彼女に近い一部の同僚は原投手との熱愛を知っていたそうですが、驚きの声のほうが大きいですね」と明かすのはさるフジテレビ関係者。
中でも、彼女の初スキャンダルを巡り、「上層部にとっては『当面はオトコの影を見せずに仕事に励むだろうと』の思い込みがあったことで、大きな衝撃が走っている」(前出・フジ関係者)のだという。

同局上層部は「今年度のブレイクを見据えて抜擢した『めざましどようび』のMC就任から1カ月でのスキャンダル発覚に頭を抱えている」とも同関係者は言う。
さらには「我々の判断が悪かったせいだ」と“反省の弁”を述べる役員までいると明かすのだ。
ではいったい、どんな点を反省しているのか──。

「入社当初はやたらチヤホヤしておきながら、その後は冷遇していたことですね。
久慈アナとしては冠番組の『クジパン』をすぐに打ち切られ、目立った起用もなくガッカリしたはず。
上層部が『判断ミス』と感じるのも理解できます」(前出・フジ関係者)

覆水盆に返らず、か。

http://news.livedoor.com/article/detail/16460000/
2019年5月15日 5時59分 アサ芸プラス

【フジ久慈暁子「熱愛発覚」に「フジ上層部が反省している」ポイントとは?】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2019/04/15(月) 14:31:32.97 ID:3KcYgvL29
西武ライオンズの源田壮亮内野手との熱愛が発覚した元乃木坂46の衛藤美彩のインスタグラムが物議を醸している。

衛藤は報道後、12日にインスタグラムで「私、衛藤美彩は 埼玉西武ライオンズの源田壮亮選手とお付き合いさせて頂いております」と熱愛を認めていたが、
14日に再びインスタグラムを更新し、「皆さん、ありがとうございます!」とファンからの反響に言及。
その上で、「私を愛し、応援してくださる、愛のある方の意見は 例え厳しい意見でも真摯に受け止めますし、
本当に考えさせられますし、勇気をもらいます」とし、励ましや応援の声に感謝した。

さらに、衛藤は「そして、私はこれまでも今日からも自分を信じて生きているので、
私のことを大切に思っていない人たちの愛のない雑音は全く気になりませんので 皆さんご安心を!」とコメント。
「私は何を言われても大丈夫です 自分を見失わない一筋の光が ずっと中心にあります」とつづっていた。

3月31日に乃木坂46を卒業した直後の熱愛報道ということもあり、ファンから混乱の声が多数聞かれていたということもあり、
これについて、一部ファンが「これまでどんなにお金落としても祝福しないやつはファンじゃないってこと?」
「いくらなんでも言い方ってものがあるでしょ」「残念で仕方ない。結局ファンのこともその程度に思ってたのか」と反発。インスタグラムにも批判の声が殺到し、意見を呈したファンから
「インスタブロックされた」「DMで思ったこと伝えたらブロックされたんだけど」といった報告も相次いだ。

その後、衛藤はインスタグラムのストーリーズを更新し、「先ほどの投稿ですが、最初の方に“
私を応援してくださる方の愛のある方の意見は例え厳しい意見でも受け止めるしとても感謝をしている”と書いているのですが そこは読んで頂けていますか?」と前置きした上で、
「さまざまな意見も私のことを想って下さっての意見なら全部受け止めさせて頂いていますし 肯定的な意見じゃなかったとしても思ってくださる気持ちがひしひしと伝わる方々のコメントには私も真正面から受け止めさせて頂いています」とコメント。
「雑音」の発言については「説明が足らなかった」としつつ、「たくさん届けられる誹謗中傷、死ね、などのコメントや 皆さんからは見ることができないDMを指すのですが この言葉が芸能人だからといって許されるのでしょうか?」と意見を呈していた。

衛藤の問題提起に、ネットからは「恋愛発覚くらいで『死ね』とか言われたら『雑音』くらい言いたくなるでしょ」
「ファンだからってなんでも言っていいわけじゃない」という声が集まっているものの、「誹謗中傷以外もブロックしてる説明が付かない」「言葉のチョイスが絶望的。なぜがっかりしてるファンを煽るの?」といった非難の声は続いている。

当分、衛藤に対する批判の声は続きそうだ――。

http://news.livedoor.com/article/detail/16319111/
2019年4月15日 12時40分 リアルライブ
no title

【熱愛発覚の元乃木坂・衛藤美彩さん、アンチメッセージを「雑音」発言、オタの断末魔が心地いいんだろうなwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2018/05/30(水) 17:24:24.00 ID:CAP_USER9
4月19月に30歳を迎えた“こじはる”こと元AKB48の小嶋陽菜に、熱愛話が浮上である。
お相手は5歳下の若手IT社長だった。

 ***

先述の誕生日の数日後に、こじはるがTwitterに掲載した1枚の写真。
米カリフォルニア州で行われた野外音楽フェスを訪れた旨の投稿だが、
“その場にはある男性の同行者もいた”とIT業界の事情通氏は打ち明ける。

「男性は、25歳の若さでDMMグループの会社『ピックアップ』で社長をつとめる宮本拓さん。
アメリカから帰ってから“フェスを観に行った”と知人に話していたそうです」

こじはると宮本社長は、すでに半同棲の仲にあるとか。彼女の飼い犬と思しき
トイプードルの写真を宮本社長がSNSにアップするなど、関係を匂わす素振りも見せている。

こじはるの事務所に訊くと、
「プライベートは基本的に本人に任せております」
と否定せず。5月31日発売の週刊新潮では、2人の出会いの経緯と共に、こじはるに訪れた春を報じている

小嶋陽菜に熱愛発覚、IT社長と婚前旅行へ 事務所否定せず 
2018年6月7日号掲載 

デイリー新潮
https://www.dailyshincho.jp/article/2018/05301659/?all=1
no title

【【朗報】元AKB48の小嶋陽菜(30)に熱愛発覚、IT社長と婚前旅行へ】の続きを読む