芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

熱愛

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/06/18(木) 17:23:34.36
大河ドラマ『花燃ゆ』で夫婦役を演じ、映画『カツベン!』でも共演! わずか650mの両家を歩いて行き来するアツアツぶり

NHK大河ドラマ『花燃ゆ』での夫婦役が好評を博してから5年。
若手実力派俳優の二人は、いつしかドラマの世界を超えて愛を育んでいたようだ。

6月上旬の朝8時過ぎ、閑静な高級住宅街に、犬を散歩させる俳優の高良健吾(32)と女優の黒島結菜(23)の姿があった。
二人で周囲を散策した後、高良は一人帰路についたが、帰ったのは黒島宅から徒歩8分ほどの高級マンション。
しかも、その2時間後には、高良は着替えを済ませて再度黒島宅を訪れた。

昼過ぎになると二人は再び姿を現し、近くのコンビニへ。少ししてコンビニを後にすると、突然の風が。
コピーしたばかりの紙が飛ばされてしまった……。
ここで、すかさず高良が足を伸ばし、なんとか靴の裏で紙を押さえることに成功した。
高良の奮闘に黒島は大笑い。
労ねぎらうようにカレ氏の腰に手を回すと、高良もまたカノ女の背中に手を置くなど、何ともいいムードである。

’13年に女優デビューした黒島は、NHKの土曜時代ドラマ『アシガール』などに主演し、昨年の大河ドラマ『いだてん』や朝ドラ『スカーレット』に抜擢された期待の実力派。
今年3月には、周防正行監督の新作『カツベン!』で日本アカデミー賞新人俳優賞も受賞した。

一方の高良は、’13年に『苦役列車』で日本アカデミー賞優秀助演男優賞を受賞し、一流俳優の仲間入りを果たす。
朝ドラ『べっぴんさん』や映画『シン・ゴジラ』にも出演し、その役柄の幅広さからカメレオン俳優と称される。

「高良は『花燃ゆ』の共演がキッカケで知り合った黒島との関係を深めていったようです。『カツベン!』で共演した際には、二人の息がピッタリだと現場でも評判でしたね」(スポーツ紙記者)

目と鼻の先に住んでおり、二人は頻繁に家を行き来している。
それならいっそ同棲してもいいのではと、いらぬ世話を焼きたくなるが、そうもいかない事情があるようだ。

「事務所は黒島さんを清純派女優として大事に育てており、恋愛するのは自由だが、同棲はさせない方針です。そこで高良さんと相談して、わずか650mしか離れていない近場にお互いが住み、頻繁に通う交際をしているのです」(黒島の知人)

二人の関係について高良の所属事務所に尋ねると、

「プライベートは本人に任せております」

との回答だった。

アツアツの関係を楽しんでいる二人。
また夫婦役を演じるようなことがあれば、以前にも増して〝熱い〟演技を見せてくれるに違いない。

6月19日発売の『FRIDAY』最新号では高良健吾と黒鳥結菜の様々なアツアツ・ツーショットを掲載し、二人の「通い愛」を詳しく報じている。

http://news.yahoo.co.jp/articles/137b7518e885a62b3da9136a322ba1173ec98494

高良は、免許証と通帳をコピーした黒島の背中を押しながらコンビニを退店。イチャイチャが止まらない二人だ
no title


黒島結菜
no title

no title

【熱愛!高良健吾&「アシガール」黒島結菜 若手実力派俳優が650mの通い愛】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/05/18(月) 13:30:36.38
STU48・瀧野由美子がTwitterにジャニーズJr. 横原悠毅のファンである旨を誤爆し、炎上している。
滝野はグループのセンターを務めるほどの人気メンバーであり、AKB48の楽曲にも選抜として参加している。

瀧野は今月17日、自身の公式Twitterアカウントに、横原悠毅、AKB48・岡田奈々、自身・瀧野由美子の名前と共に、「#48G好きな女ヲタさんと繋がりたい」「#ジャニーズと48Gの兼ヲタさんRT」といったハッシュタグを投稿した。

また岡田と瀧野のツーショット画像、横原の画像も添付されていた。

瀧野はプライベートなアカウントへの投稿用文面を、間違えて公式Twitterに投稿してしまったようだ。
ツイートはすぐに削除されたものの、スクショを取っていたファンがネット上で拡散。


「ジャニーズと繋がるためにアイドルになったの?」「自分で自分のファン演じるとか笑える」など炎上状態となった。

また、今年4月にジャニーズの動画配信サイト「ISLAND TV」で配信された動画で横原が着用していたトレーナーと、同じく4月の「SHOWROOM」の配信で瀧野が着用していたトレーナーがお揃いだったという情報も出回り、二人の熱愛疑惑まで浮上している。

問題のツイートが削除されて以降、瀧野由美子はSNSを更新していないが、同日の夜に会員制のメールサービス「モバメ」で誤爆について認め、謝罪。
「自分自身の意識が低いことで招いた結果」「穴があったら入りたいくらい情けない」「皆さんの信頼を取り戻していけるよう活動していく」といった反省を綴っている。

自らのミスによってジャニーズファンであることが公になってしまった瀧野だが、AKBグループ・坂道グループメンバーのジャニーズファン発覚は珍しいことではない。

彼女たちもアイドルである以前に、10代や20代の年頃の女性だ。
ジャニーズへの憧れが芸能界入りの動機になっていてもおかしくもないだろう。

デビュー前のオタ活写真が流出することもあり、NGT48の中井りかはKis-My-Ft2の藤ヶ谷太輔、乃木坂48の白石麻衣は関ジャニ∞の安田章大のファンだったことが判明している。

また、SNSの裏アカウント発覚でジャニオタバレするパターンもあり、元AKB48の大島涼花、島崎遥香は、SNSの裏アカウントでジャニーズJr.とやりとりしていたことが発覚。

同じく元AKB48の渡辺麻友は裏アカウントにKis-My-Ft2・玉森裕太の楽屋の前で記念撮影をしている画像を投稿していたことが話題になった。
https://wezz-y.com/archives/77100
20200518001

【STU48センター瀧野由美子とジャニーズJr.横原悠毅に熱愛浮上】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/04/25(土) 14:58:57.96
NHKのエースのひとり、桑子真帆アナ(32)と俳優の小澤征悦(45)の熱愛がすっぱ抜かれた。

23日発売の女性セブンが「昨年春ごろから交際している」などと報じたもので、新型コロナ感染拡大の中、突然出た看板アナの“浮かれ話”に「局上層部はカンカンです」とスポーツ紙芸能担当デスクがこう言う。

「女性セブンは、桑子アナが4月中旬、1泊した小澤の自宅から出てきて並んで路上を歩く写真を掲載しています。同誌によると、2人は数年前に共通の知人、俳優・和田正人の紹介で知り合い、昨年春ごろに急接近。桑子が小澤を追いかけるかのように、小澤の自宅近くに引っ越したというのです」

桑子アナは、2017年5月に結婚したフジテレビの谷岡慎一アナ(33)とは約1年でスピード離婚。
渋いイケメンの小澤も、かつてフリーアナの滝川クリステル(42)との真剣交際で話題になったが、15年に破局している。

お互いに独身なので恋愛自由だが、時期がまずかった。
政府が緊急事態宣言を発令し、都と共に外出自粛や“3密”を避けるように呼びかけている状況下での「ツーショット報道」だったからだ。

「局の看板アナがこんな時期に、自宅を飛び出して新恋人の家にお泊まりし、対人距離も取らず、路上を無防備に並んで歩いていた写真が撮られたのだから、目も当てられません。しかも桑子アナは、マスクをせずに歩くという、致命的なミスも犯した。

万が一感染したら大混乱するだけに、NHKの複数の幹部が、彼女の危機意識の低さと浮わついた私生活に、『こんな時期に何をやっているのか』と激怒しています。今後“人事問題”に発展する可能性もささやかれています」(前出のスポーツ紙芸能担当デスク)

桑子アナは親しみやすい笑顔と高いトーク力でブレークし、17年、18年と「NHK紅白歌合戦」総合司会を2年連続で務め、「ポスト有働由美子」的な立ち位置で国民的アナになった。

その一方でミスも目立ち、18年2月の平昌冬季五輪開会式の現地中継で「閉会式」と言ってしまったり、18年大みそかの紅白では白組が優勝したのに「紅組に優勝旗が」と、絶対まずいレベルの言い間違えをした過去がある。

「そうしたミスや、1年で離婚するなど私生活の不安定さなどから、NHK幹部の間では桑子アナをエースから外す意見も強くなり、今年3月末には、局の看板報道番組『ニュースウォッチ9』キャスターの座を、1年後輩の東大卒・和久田麻由子アナに奪われ、それまで和久田アナが務めていた朝報道番組『おはよう日本』キャスターに“更迭気味”の異動をさせられたばかりです。
今回の小澤との熱愛報道で、桑子アナを干す空気が局内でさらに強まるかもしれませんよ」(芸能ライターの吉崎まもる氏)

知名度と実績からここ数年、独立説も絶えない桑子アナ。Xデーが近くなることもありそうだ。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200425-00000006-nkgendai-ent
20200425-00000006-nkgendai-000-4-view[1]

【NHK桑子真帆アナ、小澤征悦と熱愛発覚で複数の幹部が激怒 ← この人なんでこんなに敵が多いの?】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/04/22(水) 21:01:15.58
 俳優の小澤征悦とNHKアナウンサーの桑子真帆アナの熱愛が『NEWSポストセブン』の報道により明らかになった。

 世界的指揮者である小澤征爾の息子である彼は、これまで杏や滝川クリステルといった数々の大物と浮名を流してきたわけだが、またもや“NHKの看板アナ”をものにしたわけだ。

無防備な姿で外を出歩いて……

「桑子さんは'15年にフジテレビの谷岡慎一アナと結婚しましたが、わずか1年たらずで離婚しています。子どもが欲しかった桑子さんでしたが、谷岡さんは結婚後しばらくしてすぐに夜に飲みにいったりで帰りが遅かったみたいです。加えて、合コンにいったり、局内に親密な関係の女性のカゲがちらついていたりと、女性関係にルーズだった一面も。そこに桑子アナが愛想を尽かしたというのが離婚の原因のようです」(スポーツ紙記者)

 そんな過去があった桑子アナだけに、今回小澤を選んだのはよほど信頼できる理由があるのだろうか。同ニュースサイトによると、ふたりは昨年から交際をスタートさせ、4月中旬には、小澤の自宅での“お泊りデート”を楽しんでいたという。この様子が写真つきで大体的に報じられ、大手ネットニュースのトップページにも掲載されるほどの話題となった。しかし、そのことが今、世間をザワつかせていて……。

「ネットの記事には、並んで小澤さん宅から出てくるところを捉えた写真が掲載されています。ふたりともサングラス姿で周囲の目を気にしている様子だったにも関わらず、桑子さんのほうはなんとノーマスクだったんです。これにはネットも騒然で、《報道に携わる人間がこのような無防備な姿で歩き回ること自体、危機管理意識が欠如している》といった声が相次ぎ、SNS界隈が大炎上しているんです」(同前)

 こんな“不要不急の外出”を禁じられているご時世にも関わらず、自宅デートが報じられたうえに“ノーマスク”が発覚。紅白や五輪キャスターを務めた好感度バツグンの“国民的女子アナ”だっただけに、」交際がバレたことよりも大きな痛手になってしまったか──。

〈取材・文 野口侑弥〉

週刊女性PRIME
2020/4/22
https://www.jprime.jp/articles/-/17758?display=b
no title

no title

【NHK桑子真帆アナ、小澤征悦との熱愛で「ノーマスク外出」が発覚! NHKエースが炎上 ← なんか嫌われ過ぎワロタwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/04/22(水) 16:06:16.33
NHKの桑子真帆アナウンサー(32才)が、小澤征悦(45才)と交際していることが女性セブンの取材でわかった。
ふたりは昨年から交際をスタートさせ、4月中旬には、小澤の自宅での“お泊りデート”を楽しんでいる。

桑子アナは2010年にNHKに入局。2015年に『ブラタモリ』のアシスタントに抜擢されると、
タモリが「お高く止まってないし、いい子」と絶賛したことも手伝って、一躍人気アナに。

以後、2017年から2年連続で紅白歌合戦の総合司会や2018年の平昌五輪開会式のキャスターを任されるなど、
NHKの看板アナに成長した。現在は『NHKニュース おはよう日本』のメインキャスターを務めている。

一方の小澤といえば、世界的指揮者・小澤征爾(84才)を父に持つセレブであり、
その育ちの良さも多くの女性を惹きつけた所以か、芸能界でもモテ男として知られる。

かつては杏と滝川クリステルが、彼をめぐり激しい恋のバトルを繰り広げていた。

「最初に小澤さんと付き合ったのは杏さんでしたが、その後、滝クリさんとのデートが発覚。
杏さんが奪還と報じられたかと思えば滝クリさんが再奪還。結局、滝クリさんとは結婚間近と目されていましたが、
2015年に完全破局と報じられました。ただ、滝クリさんとは腐れ縁なのか、昨年の春頃まで頻繁にふたりの姿が目撃されていましたよ」(芸能関係者)

独身を貫いてきた小澤と違い、桑子アナは結婚経験がある。2017年5月にフジテレビの谷岡慎一アナ(33才)と“局またぎ婚”を果たしたが、
わずか1年で結婚生活にピリオドを打った。

4月23日発売の女性セブンでは、ふたりの出会いのきっかけや“お泊りデート”、桑子アナの離婚の真相や前夫にまつわる新情報などを詳報している。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200422-00000012-pseven-ent

【NHK桑子真帆アナと小澤征悦が熱愛 自宅でお泊りデート】の続きを読む