芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

無視

    このエントリーをはてなブックマークに追加
20190425-00000015-mai-000-1-view[1]

1: なまえないよぉ~ 2019/04/29(月) 20:46:35.55 ID:gd910mu/9
 新潟を中心に活動しているNGT48の山口真帆(23)が、4月21日、新潟市で開かれたNGT48劇場の公演の舞台でこう話し、「NGT48から卒業」することを宣言した。

 昨年12月、アイドルハンターといわれる不良たちに待ち伏せされ、帰宅直後に襲われた被害者である山口が、なぜ、NGT48から追われるように退団しなくてはいけないのか。

 誰が考えても理不尽なこの結末に、ファンばかりではなく、各方面から憤りの声が上がっている。山口の言葉を続けよう。

----------
「私はアイドル、そしてこのグループが大好きでした。だからこそ、このグループに変わってほしかったし、自分がつらかったからこそ、大切な仲間たちに、同じ思いをして欲しくないと、すべてを捨てる覚悟で取った行動でした。
事件のことを発信した際、社長には不起訴になったイコール、事件じゃないことだと言われ、そして今は会社を攻撃する加害者だとまで言われていますが、ただ、メンバーを守りたい、まじめに活動したい、健全なアイドル活動ができる場所であって欲しかっただけで。何をしても不問なこのグループに、もうここには、私がアイドルをできる居場所はなくなってしまいました。
目をそらしてはいけない問題に対して、そらさないなら辞めろ、新生NGT48は始められないというのが、このグループの答えでした。だけど、この環境を変えなければ、同じ事が繰り返されると思い、今日までずっと耐えて、最善を尽くしましたが、私にできたことはほんのわずかなことでした」
(朝日新聞デジタル<「ここにはアイドルをできる居場所ない」NGT山口さん>2019年4月21日21時56分)
----------

 そして山口は、「NGT48のために自分ができることは卒業しかない」というのだ。

 「正しいことが報われない世の中でも、正しいことをしている人が損をしてしまう世の中ではあってはいけないと、私は思います」

 5月5日と6日が最後の「握手会」になるが、そこでは握手をせず、話だけをするそうだ。

 山口の批判の矛先は、アイドルハンターたちに帰宅時間などを教えたメンバーだけではなく、こうした事件が起きてしまったのに、何ら有効な手を打たず責任も取らない運営会社AKSと、こうした危ういAKB商法の生みの親であり、NGT48のプロデューサーでもある秋元康に向けられていると、私は思う。

4/29(月) 18:15配信 
NGT48問題を無視し続ける秋元康の無責任 
■「私はアイドル、そしてこのグループが大好きでした」 

 「ここには私がアイドルできる居場所がない」 

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190429-00028567-president-soci

【NGT48・山口真帆さん問題を無視し続ける秋元康の無責任 ← これwwwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
5d1dc3df

1: なまえないよぉ~ 2018/09/14(金) 12:42:03.53 ID:T2e8rrzX0 BE:448218991-PLT(13145)
ひき逃げなどの疑いで逮捕された「モーニング娘。」の元メンバー、吉澤ひとみ容疑者は、女性をはねたあと事故の目撃者に車から降りるよう促されたものの、無視して走り去っていたことが捜査関係者への取材でわかりました。

「モーニング娘。」の元メンバーで、タレントとして活動している吉澤ひとみ容疑者(33)は、今月6日の朝、東京 中野区の交差点で酒気帯びの状態で車を運転し、自転車の女性をはね、そのまま逃げたとして、ひき逃げなどの疑いで逮捕されました。

その後の調べで、吉澤容疑者が女性をはねたあと、事故の目撃者が追いかけ、車の窓をコンコンとたたいて車から降りるよう促したにもかかわらず、無視して走り去っていたことが捜査関係者への取材でわかりました。

警視庁は、この目撃者から詳しく話を聞いて当時の状況を調べています。

また、警視庁によりますと、飲んだ酒の量については「自宅で夫と缶チューハイを3杯飲んだ」と供述していましたが、その後、「ほかにも度数の高めの酒を飲んだ」と供述しているということです。

吉澤容疑者の呼気からは基準値の4倍近くにあたるアルコールが検出されていて、警視庁は、詳しい飲酒の状況を調べています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180914/k10011629691000.html



【【悪質】飲酒ひき逃げの吉澤ひとみ 目撃者が追いかけ車から降りるように促すも無視して逃走】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
広瀬すず

1: なまえないよぉ~ 2017/11/18(土) 08:41:51.94 ID:CAP_USER9
ゲームでそこまで悔しがらなくても……。

女優の広瀬すずが9日放送の嵐の冠番組「VS嵐」(フジテレビ系)にゲスト出演した。

同番組は嵐チームと、ゲストチームがアトラクションゲームで楽しく対決するというゲームバラエティ番組だが、
この日の広瀬はヒロイン役で出演する映画「先生!、、、好きになってもいいですか?」の宣伝のため、主演の生田斗真ら共演者たちと登場。
さまざまなゲーム企画に広瀬は真剣に取り組んだものの、スタジオでのある振る舞いが嵐ファンの怒りを買ってしまったようだ。

広瀬は最初のゲーム「ピンボールランナー」で、ゲームの勝敗を左右する走者役を担当するも、いまいちパッとしない結果に。
対して、嵐チームはなかなかの高得点を獲得し、序盤で結構な点差がついた。
すると広瀬は露骨に無口になり、嵐・櫻井翔から「すずちゃんがめちゃめちゃ悔しそうですよ。ね?」と話を振られても、広瀬はただ切ない表情を浮かべ頷くだけ。
空気を察した櫻井は「余計なこと言うな、と」と広瀬からの無言のメッセージを代弁し笑いを取っていたが、スタジオは一瞬、何とも言えない空気になったのだ。

このやり取りを見た嵐ファンと思しき視聴者から「広瀬すず、やっぱ性格キツそう」「嵐に気を遣わせすぎ。何様?」
「ゲームでそこまで熱くなるなよ」と呆れ気味の声がネット上に上がった。

「広瀬は先月放送されたバラエティ番組『モニタリング』(TBS系)で、女子高生に変装し、女子校の体育の授業に混ざるというミッションに挑戦しました。
授業の中でバスケットボールの試合になると、番組企画を忘れているかのようなガチな動き。
元々バスケ部ということもありますが、彼女の負けず嫌いな性格が垣間見えました。
今回の『VS嵐』にも、その負けん気の強さが滲み出ていましたね。
また、広瀬のムスッとした表情がブリッコに見えて、そこにイラッとくるという意見もありました」(エンタメ誌ライター)

最終的にはゲストチームが僅差で嵐チームに勝利したわけだが、もしかしたらそこも嵐が空気を読んだ結果なのかも。

http://dailynewsonline.jp/article/1376888/
2017.11.17 18:15 アサジョ

【広瀬すずが嵐・櫻井翔の問いかけを無視して嵐ファンが怒り!】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2017/11/14(火) 09:28:49.10 ID:CAP_USER9
お笑いコンビ、ナインティナインの岡村隆史が13日深夜に放送されたABCテレビ「なるみ・岡村の過ぎるTV」に出演。
女心を無視した無神経なコメントを連発し、同局の斎藤真美アナウンサーから「最低ですよね…」と、冷たい視線を送られた。

チーズ料理がテーマのトークで岡村は「ほんまにチーズフォンデュっておいしいかな?」と切り出した。
「ソーセージとか普通にうまいもんやん。チーズにつけんでも…」と持論を展開。

しかし共演のタレント・なるみらは反論。

「あなたがタイプの20代の女の子は、パーティーしよかって言った時(チーズ)フォンデュ用意してしまうよ?」と例を挙げて、いかにチーズフォンデュが若い女性に人気かを諭した
これに岡村は「しょうがない。食べるけど…」と不本意そうな表情を浮かべた。

また、パーティーで彼女がどんなチーズ料理を作ってくれたらうれしいか?と聞かれた岡村は
「ピザ頼んだらいいんちゃうん?そのまま(容器を)捨てられるし」と一言。

この発言にも女性陣はドン引き。

斎藤アナは「チーズフォンデュ作った時にそれ言われたらもう大ゲンカですよね…」と悲しそうにコメントした。
しかし岡村は「チーズフォンデュ作るって…。チーズ溶かして切ってるだけやで!」と反論。
女心無視の発言に、斎藤アナも思わず「最低ですよね…」と切り捨てた。

なるみも冷たい視線を送り「隆史の彼女はチーズ料理はするな!次、行こ!」と強引にコーナーを終わらせた。
斎藤アナも「ハイ!」と次のコーナーをスタートさせた。
これに焦ったのが岡村。「なんかオレ印象、悪なーい?印象悪いまま次へ行ったで!!」と大慌てだった。

http://news.livedoor.com/article/detail/13887639/
2017年11月14日 8時55分 デイリースポーツ

no title

no title

【女心を無視のナイナイ岡村に、ABC斎藤アナ「最低ですよね」】の続きを読む