芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト、芸能トピ++

無気力ダンス

1: なまえないよぉ~ 2019/08/10(土) 08:39:50.05
8月4日、日本を代表する野外ロックフェスティバル『ロッキン』こと『ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2019』の2日目に、秋元康氏プロデュースのアイドルグループ『欅坂46』が出演した。

「欅坂」が「ロッキン」に出演するのは、これが3年連続3回目。同イベントはエリアごとにステージが複数存在しているが、「欅坂」は3回とも『GRASS STAGE』のトップバッターを務めており、もはや常連としておなじみの存在になりつつある。

しかし、日頃からファンの間で「やる気がない」「無気力ダンス」などと評されているセンターメンバーの平手友梨奈は、一大イベントのトップバッターとして登場したにもかかわらず、相変わらず鈍い動きでのパフォーマンスを披露。

イベントに参加したファンからは、ネット上で、

《平手さん下向いたままステージ徘徊してる》
《昔は180%でパフォーマンスしてたのが20%くらいの力でしかパフォーマンスできてない》

《同一人物によるパフォーマンスかと疑問に思うぐらい過去一でキレなかった》
《平手相変わらず死んでてわろた》

《出るならシッカリやるのがプロ やりたくないやれないなら初めから出るなよ》など、またも厳しい声が上がってしまった。

「平手の動きが物議を醸すのは、もう何度目かといった感じですね。
大きなイベントやコンサート、大型の音楽番組で〝無気力ダンス〟を披露するのは、もはや恒例と化していますし、ファンは何年も前からフラストレーションをためていますよ。

イベントの急な欠席や活動休止も常習犯で、仕事に穴を開け続けていても〝エース〟の扱いが変わらない現状に、ファンも呆れています」(アイドルライター)

一般的に考えれば、やる気のない者は別のメンバーに取って代わられそうだが…。

「平手は『SKE48』の松井珠理奈と同じく、グループの〝女帝〟ですよ。
無気力でもドタキャンでも、運営は〝グループの顔〟として仕事を与え続けていますし、敵対したメンバーは平手を守るために辞めさせてくれます。
しかし、ファンはそんな異常な贔屓をしっかりと見抜いているので、今や裸の王様ならぬ〝裸の女帝〟状態ですね」(同・ライター)

これだけ物議を醸し続けているにもかかわらず、なぜ運営は〝平手一強体制〟に固執するのだろうか…。
https://myjitsu.jp/archives/91250
001l

【【ポンポコダンス復活w】欅坂46 平手友梨奈が 「ロッキン」でかました “無気力ダンス” に批判続出wwwwwww】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/04/14(日) 17:27:36.06 ID:hco6UJtj9
3月にメジャーデビューを果たした『日向坂46』が、4月6日放送の『うたコン』(NHK)に出演。
デビュー曲『キュン』や昭和の名曲を披露したが、メンバーの1人、井口眞緒のダンスが「やる気がなさ過ぎる」とネット上で物議を醸した。

この日の番組は『今夜はみんなで! 花の宴』というサブタイトルで、「花」にまつわる名曲を出演者一同で熱唱。
戦後間もない1946年に発表された『東京の花売娘』をはじめ、Superflyの『愛をこめて花束を』、SMAPの『世界に一つだけの花』、布施明の『君は薔薇より美しい』などがカバーされていった。

問題の場面は、演歌歌手の市川由紀乃が「東京の花売娘」を歌った場面で訪れた。同楽曲はバックダンサーに「日向坂」が就き、井口を含むメンバー6人が市川の引き立て役を演じることに。
振り付けはイントロから入るのだが、井口は出だしからいきなりワンテンポ遅れた動きを見せていく。

前のメンバーを見ながら体をクルクル…
井口は全く振り付けを覚えていなのか、前のメンバーのダンスを凝視し、それに合わせて体を動かしていた。
当然、他のメンバーよりワンテンポもツーテンポも遅れ、画面右端で目立たない位置とはいえ、足を引っ張っていることは誰の目にも明らかだった。

井口のせいで「日向坂」のダンスはバラバラの印象になってしまい、ネット上には、

《見てていらつくわー》
《なぜ井口を選んでしまったんだ…》
《日頃レッスンとかしてないの?》
《振りも簡単なのにプロとは思えない》

などといった声が。しかし一方で、

《さすが井口!》
《生放送でこれをできるのはスゴいwww》
《こういうとこ好きだわー》
《むしろこれでいいと思う》

などの反応が多く、ファンは失敗さえも礼賛しているありさまだ。

簡単な振り付けのミスも好意的に受け止められるとは、女性アーティストデビュー曲の「初動売上」歴代1位をたたき出しただけあり、まさに無敵状態のようだ。

http://dailynewsonline.jp/article/1775659/
2019.04.14 11:01 まいじつ
no title

【うたコンで今度は日向坂46が無気力ダンスを披露してしまうwwwwwww】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/12/22(土) 09:48:58.81 ID:CAP_USER9
欅坂46の平手友梨奈さん(17)がダンス・パフォーマンスを伴う活動を当面見合わせる。
グループの公式サイトが公表したもので、「仙腸関節不安定症」などの診断を受けたとしている。

診断結果について、聞き慣れないと感じた人もいたようで、ツイッターには「何言ってるか分かんない」といった指摘も寄せられた。
「仙腸関節不安定症」とは何か。J-CASTニュースが、「日本仙腸関節研究会」の医師に話を聞いた。

●「これが原因だったのか」ファン推測

欅坂46の公式サイトは2018年12月21日、平手さんに関する情報を発表した。平手さんは、「以前から身体の調子が優れない状態」が続いていたそうで、改めて精密検査を受けた結果、

「腰部打撲・左仙腸関節捻挫による仙腸関節不安定症、両手関節捻挫による遠位橈尺(編注:とうしゃく)関節痛の診断」
を受けた。ダンス・パフォーマンスが出来ない状況であり、

「しばらく治療に専念する事にいたしました」
と報告。ただ、ダンス・パフォーマンスを伴わない活動は、「無理のない範囲で続けさせていただきます」としている。

平手さんをめぐっては、12月4日放送の「うたコン」(NHK総合)でグループ曲を披露した際、平手さんのダンスが「無気力な感じ」に見えるとする指摘がツイッターに相次ぎ、
J-CASTニュースも「欅坂46平手友梨奈が『無気力ダンス』? ファン『見ていて心配』」(5日配信)の記事で紹介した。記事中でも指摘しているが、平手さんは9月のツアー中の公演でステージから転落するアクシデントに見舞われていた。

今回の発表を受けてツイッターでは、この「無気力ダンス」を思い出し、「これが原因だったのか」と推測する人もいた。

また、「仙腸関節不安定症」などの診断名について、「ちょっと何言ってるか分かんない」と、知らなかったり、あまり聞いたことがないと感じたりした人からの反応もあった。

●老若男女問わず腰痛の原因に

「仙腸関節不安定症」とは何か。「日本仙腸関節研究会」の代表幹事で、JCHO仙台病院(仙台市)の医師、村上栄一副院長にJ-CASTニュースが21日、話を聞いた。

仙腸関節は、腰部分付近にある骨盤の骨である仙骨と腸骨の間にある関節。村上副院長によると、一般的に出産後の腰痛に仙腸関節障害が多いと言われるが、実は老若男女を問わず、腰痛の原因になる。
自身も、9歳の女の子から90歳代の男女まで、この障害の診断をしたことがあるという。

ただ、MRIなどの画像診断では所見が出ないため、「見逃されることも多い」。患者の痛みの表現などに慎重に耳を傾け、触診も重要だ。

基本的には個人差が大きいが、一般的には早期に治療すれば、ブロック注射や整体のような関節運動学的アプローチで、短期間で痛みが軽減して治るケースも多い。
ただ、痛みを長期にわたってそのままにしておくと、治療開始から治るまでに時間がかかるようになってしまう。

今回の平手さんに関する発表文の中には、

「一刻も早く万全の状態で欅坂46としての活動を再開できるよう努めてまいります」
とある。欅坂46は、年末のNHK紅白歌合戦に出場する。平手さんはどうするのか。今回の発表文の中では、紅白については触れていない。

http://news.livedoor.com/article/detail/15775530/

写真
no title


【無気力ダンスの欅坂47平手友梨奈さん、「仙腸関節不安定症」と診断!放置すると長期化も】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/12/13(木) 14:25:12.03 ID:CAP_USER9
あの女芸人のせい?平手友梨奈“異変”で欅坂46ファンから責められたのは…!

 単なる偶然!? 一部ファンの心配が的中する形となってしまったようだ。

 欅坂46の平手友梨奈が4日に放送された音楽番組「うたコン」(NHK)で披露したパフォーマンスがファンの間で話題となっている。

 同番組で欅坂は激しいダンスが特徴的なナンバー「アンビバレント」を披露したが、センターの平手からは覇気が感じられず、踊りのキレも皆無。そのため、ファンの間では平手のこの日のダンスを「無気力ダンス」と呼び、その異常な状態をファンから心配する声が上がっている。

「平手は昨年の夏頃から明らかに元気がなくなり、パフォーマンスが安定しない時期が続いていました。しかし、昨年の『NHK紅白歌合戦』で負傷した後、約半年ほどグループの冠番組や音楽番組、イベントへの出演を控えるなど、リフレッシュ期間を設けたことでメンタルも徐々に回復してきていました。しかし、今年の夏の全国ツアーではこれまた目に見えて元気がなかったり、秋でまた少し落ち着いたりと調子はなかなか安定しません。年末は音楽特番への出演が増えるため、コンディションが心配されていましたが、不穏な流れがまた漂ってきましたね」(アイドル誌ライター)

 なぜ今回もまたメンタルが崩れてきたのか、正確な理由は不明だ。しかし、一部の欅坂ファンからは平手の元気のなさは、“ある人物が影響しているのでは?”といった声が上がっている。

「その原因として名前が挙がっているのが、11月30日に放送されたモノマネ特番『ものまね王座決定戦』(フジテレビ系)で、平手のモノマネをした女芸人のキンタロー。です。
キンタロー。は事務所の後輩たちとユニットを組み、欅坂の『アンビバレント』を披露しましたが、平手がやらないような誇張したダンスや、表情などを誇張したような顔芸を盛り込んだりと、おもしろおかしくパフォーマンス。
これが平手をバカにしていると欅坂ファンに受け取られ、キンタロー。は大炎上しています。その批判の中には『こんなバカにするようなパフォーマンスをしていたら、平手が傷つくだろう』『必死にパフォーマンスしているのに、これでショックを受けて、平手のメンタルがまた崩れたらどうするんだ』など、平手に与える影響を心配するものも多かった。そして、結果、モノマネ特番放送後に平手の様子がおかしくなったこともあり、キンタロー。のモノマネが悪影響を与えたと考える人もいるようです。言いがかりのような意見ではありますが、100%ないとも言い切れませんからね」(アイドル誌ライター)

 とはいえ、やはりパフォーマンスは極端に元気がないよりは、元気があり余っているほうがいいことは確かだ。

 キンタロー。ほどとなれば行き過ぎかもしれないが、また、ダンスのキレが戻ってきてくれればいいのだが…。

https://www.asagei.com/117845
no title

【欅坂46平手友梨奈がまたメンタル崩したのはあの芸人のせいだ ← なにがなにやらwwwwww】の続きを読む