芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト、芸能トピ++

炎上

1: なまえないよぉ~ 2019/06/25(火) 12:32:28.51 ID:1+R8Qjzh9
タレントの陣内智則(45歳)が6月25日、自身のTwitterで、“闇営業”問題により謹慎処分が下された芸人たちに言及。炎上状態となっている。

吉本興業が“闇営業”についての調査を進めた結果、「会合への参加により一定の金銭を受領していたことが認められました」と結論付け、参加した11人の芸人の謹慎処分を発表したが、この発表を受けて陣内はTwitterを更新。

「もちろん己の身から出た錆。影響力のある立場として反省を」「賛否はあると思いますが吉本の決断は厳しく正しいものだと思います!」とした上で、「ただ、十分に反省した上で いつか謹慎が解けた際には、お笑い芸人として復帰が出来る環境をマスコミ各位、世間の皆さんが温かく迎えてもらえる時代である事を願います!」とツイートした。

しかし、このツイートには疑問の声が噴出。Twitterなどネットでは「甘すぎやろ」「仲間守りたい気持ちは分かるけど、反社との関わりを軽く考えすぎ」「いま、このタイミングで復帰のこと書くのは違うんじゃない?」「陣内さんにはガッカリだなぁ」「謹慎前から保険かけるのどうなの」「芸能村はいいですね、ちょっとの期間謹慎してりゃ復帰できるの分かってて」「紳助さんは復帰しましたか?」「これが世間とのズレなんだろうな」など、厳しい意見が上がっている。

https://www.narinari.com/Nd/20190655163.html 
2019/06/25 10:19 

no title

【【炎上】陣内智則さん、謹慎がやっと決まったのにもう復帰後の話をして炎上、そらそうよwwwwww】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/06/17(月) 06:44:25.36 ID:qUxwHuOV9
 スマホ決済サービス『バンドルカード』の新CMに、タレントのベッキーが出演。〝捨て身〟のようなモノマネ芸を披露しているが、視聴者からはすこぶる不評のようだ。

話題のCMでベッキーは、上下黄色のスーツに赤い蝶ネクタイ姿で登場。所属する芸能事務所『サンミュージック』の先輩であるダンディ坂野のスタイルで、「お久しブリーフ」「ゲッツ!」といった往年のネタを披露してみせた。

ダンディの鉄板芸を盛り込んだにぎやかなCMだが、ネット上では、

《内容も不快だけど、普通にCM出演しているのがウザ過ぎる》
《お久しブリーフの挙動に全くヤル気が感じられないし、リスペクトが足りない》
《ベッキー使うくらいならダンディ本人にやらせろよ!》
《CMを見てこんなに不快な気持ちになったのは初めてだ》
《『こんな仕事もできちゃうんです』感が伝わってきて無理》

など、非難の声が続出している。

 

“自虐ネタ”で起死回生を狙うベッキーだが…

4月に放送された『行列のできる法律相談所 3時間SP』(日本テレビ系)では過去の不倫騒動を蒸し返され、自虐気味の不倫ネタを放ったベッキー。
近ごろは不倫ネタだけにとどまらず、日常の些細な出来事にも自虐ネタを絡めているようだ。今年5月には、

《どうしよう。今ラーメン屋さんで並んで待ってるんですけど、有線で自分の曲かかってる。恥ずかしい。しかもだいぶマニアックなアルバム曲。『手紙』って曲》
《何が恥ずかしいって、誰もベッキーの曲って分かってないことが恥ずかしい。私の恥ずかしさがムダなことが恥ずかしい》

などと、渾身の自虐ツイートを投稿している。しかしネット上では、

《歌う人じゃなくて、不倫の人として世間は認知してるから安心しろ》
《人として恥ずかしいこと、他にもいっぱいしてきたよね?》
《不倫は平気だけど、自分の曲を聴くのは恥ずかしいのか…》

などといった厳しい評価が多数上がっている。

モノマネ芸から自虐ネタまで活動内容を手広くしているが、世間の風当たりはまだまだ強いようだ。

https://myjitsu.jp/archives/86224

001l

動画
ベッキー、おひさしブリーフ&ゲッツ!を完コピ 「バンドルカード」新CMが公開
https://youtu.be/MfImFvAFAaA


【【炎上】ベッキーのゲッツCMが酷評の嵐(動画あり)】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/06/17(月) 07:59:22.81
16日放送の『サンデージャポン』(TBS系)で、ゲスト出演した篠田麻里子が握ったおにぎりを前にした西川史子の態度に一部視聴者から批判が集まっている。

■西川史子が篠田特製おにぎりに拒否反応
番組では篠田麻里子がSNSに様々な料理画像をアップしていることについて、本当は別の人が作っているという「ゴーストコック説」が上がっていると紹介。篠田はこれを明確に否定し、今朝作ったという玄米おにぎりをスタジオに持ち込む。

おにぎりが出演者1人1人に配られると、西川史子が「おにぎりってちょっと苦手じゃありません?」「人の握ったおにぎりって…」と拒否反応を示す。

これに激怒したのが普段温厚な田中裕二。西川に対し「なんですか?」「うるせえ、黙って食べろ」とツッコミとも怒りと思える言葉を浴びせた。

■他人の握ったおにぎりが苦手と告白
スタジオには篠田麻里子がラップを使って握っている映像が流れ、笑顔で「ちゃんとラップしてやってるので…」と話すが、西川は食べられない様子。

再び田中裕二が話を振ると「おいしい」と話す。しかし、その手には全く手についてないおにぎりがあり、太田光が「食ってないじゃないか」と指摘。すると西川は

「人のおにぎり、ちょっと苦手ですね。製品だったらいいんですよ。友だちのお母さんのとかはちょっと…」とコメントした。

■「食べりゃいいんでしょう」と投げやりな態度に
激怒していた田中だが、優しさを見せ「そういう人もいるよねたまにね」とフォロー。しかし太田は「人のおにぎりじゃないよ。篠田麻里子(が作ったん)だよ」と突っ込む。すると、西川は「食べますよ、食べりゃいいんでしょう?」と無理やり口にご飯を入れ、「おいしい、おいしい」と話す。この様子に優しさを見せた田中裕二は「そんないやいやならいいよ食わなくて」と語気を強める。潔癖症に理解を示しつつも、苦労して作った人の前で「嫌々感」を前面に出した西川に憤りを感じているようだった。

■西川に批判の声
おにぎりを振る舞った篠田麻里子に対する西川史子の態度に批判が相次いでいる。

西川史子、篠田麻里子が握ったおにぎりを露骨に拒絶し物議 「作った人の前で失礼」と批判も 

画像

no title

no title

no title

no title

no title

【【炎上】西川史子さん、篠田麻里子さんが握ったおにぎりを拒絶し批判殺到wwwwwwwww】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/06/15(土) 19:43:50.58 ● BE:486699244-2BP(2000)
元AKB48西野未姫、現役時代のファンは8割童貞!?「息遣いに特徴があった」

 DT(童貞)にスポットを当てた青春バラエティ番組『DTテレビ』#78(毎週金曜23時~)が6月14日AbemaTV(アベマTV)にて放送。当番組は徳井義実と朝日奈央が送る、行き場のないエネルギーを抱えたDTによる、DTのための、青春バラエティ番組だ。

 今回番組にはゲストとして元AKB48のアイドル・西野未姫が出演。西野は登場するなり「夢の舞台に立てたことが嬉しいです。この番組に出るためにAKB48を卒業したと言っても過言ではない」と話し、MC徳井から「ご覧の通り、嘘つきです」と注意を受けた。 「どうですか、DTのイメージは?」と質問された西野は「AKBの時、握手会に来てくれるファンの方は8割DTだなと思って」と、DT慣れしていることをアピール。

 さらにDTの特徴を尋ねられると「DTの人は息遣いにクセがあるというか……『シーハーシーハー』言う人がいたり、『フガフガ』言う人とかがいて……」と話し、西野が思うリアルなDT像を再現してみせた。 オーバー気味にフガフガしてみせる西野に、DTたちからは「酷い」と悲鳴が上がる。しかしそんな西野を見て、徳井は「(DTの真似)めっちゃうまいやん」と爆笑。AKBファンを公言しているぽっちゃりDT翔真も「(自分も)フガフガしちゃいますね」と西野の説を肯定した。
https://abematimes.com/posts/7006719

画像 

001l

【【炎上】元AKB48西野未姫さん「AKBファンの8割は童貞。フガフガ言ってる」 → 炎上wwwww】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/06/14(金) 22:10:28.31 ID:65eBcfAZ9
◆ 吉岡里帆の代表作は「どん兵衛」CMと水着グラビア? 誹謗中傷が止まらず炎上も

映画『パラレルワールド・ラブストーリー』の公開にあわせ、吉岡里帆の話題が増加している。出演CM「どん兵衛」(日清食品)やUR賃貸住宅など、出演する多くのCMが可愛いと人気で、ニホンモニターの『2018タレントCM起用社数ランキング』によれば吉岡里帆の出演CM本数は8社だ。

ただ、コマーシャルでの活躍が目立つ一方、主演やそれに近しい役で出演した作品の数字は好調とは言い難い。映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』、ドラマ『きみが心に棲みついた』(TBS系)、『健康で文化的な最低限度の生活』(フジテレビ系)といった作品は、数字面では成功と捉えにくい結果だった。

現在公開中の映画『パラレルワールド・ラブストーリー』は、そんな状況を変える勝負を懸けた一作である。吉岡里帆はバラエティ番組への稼働を積極的に行い、『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)、『モニタリング』(TBS系)、『もしもツアーズ』(フジテレビ系)、『林先生の初耳学』(TBS系)、『うちのガヤがすみません!』(日本テレビ系)といった番組で精力的にプロモーションを展開してきた。

■ 吉岡里帆へのバッシングといやらしい視線は健在

しかし、メディア露出が増えれば、ネガティブな話題も必然的に多くなってしまう。「週刊アサヒ芸能」2019年6月20日特大号(徳間書店)は、番宣のためにこれだけ多くのバラエティ番組に出演できたのは配給会社の努力だけでなく、彼女自身の<桃色誘惑>があったとの記事を掲載した。

その記事によると、吉岡はプロデューサーをはじめとしたスタッフにボディタッチを仕掛けることがしばしばであるうえ、打ち合わせが一段落すると<もっといい仕事ができるように、今度お酒でも飲みながら詳しく聞かせてくれませんか>などとオジサン連中の下心を刺激するような一言を繰り出すのだという。本当だろうか?

むしろ男性スタッフの勘違いセクハラの可能性さえあるが、同誌ではこういった「あざとさ」は飲みの席ではさらに勢いを増すとして、業界関係者との飲みの席で吉岡里帆が男性スタッフの口元に箸でつまんだ刺身をもっていき、<アーンして>と言ったとまで書いている。

媚びる姿勢が好評で男性スタッフには次々と熱心なファンが生まれる一方、女性スタッフからのウケはすこぶる悪く、アンチ吉岡となる人も少なくないとのことだが……真偽のほどは定かでない。

吉岡里帆について「実力ではなく、“あざとさ”で仕事をとってきた」といった内容の記事が書かれるのは、出演作品の数字の悪さも一因かもしれないが、だとしても彼女はあまりに侮辱されすぎている。これは今に始まったことではなく、ブレイク直後からずっと続いてきた。

■ 吉岡里帆の「水着グラビア」をめぐって

特にくすぶっているのが、「水着グラビア」をめぐる発言である。吉岡は今年5月29日発売の「週刊少年マガジン」(講談社)で、表紙とグラビアに登場している。久しぶりのグラビア出演となったわけだが水着カットはなく、匿名掲示板では<これじゃない感><なに服着てんだよ><女優気取りなのはいかんな><勘違い野郎>といった書き込みが多く投稿された。

吉岡里帆のグラビアに関してこれだけのバッシングが出てくるのは、「週刊プレイボーイ」(集英社)や、ウェブサイト「She is」での発言が、それだけ誤解されたまま広まり、浸透してしまったことを意味しているだろう。

<あの時間もある種、文字通り切り売りの時間だったんです。だって私は水着姿なんて絶対出したくなかったし、両親からも、『本当に結婚するような人にしか見せちゃだめ』という教育を受けてきたから>
<人は、脱いだ人を『脱いでる人が芝居している』って見るんですよ。脱がない人のことは、はじめから『この人は芝居する人なんだ』という目で見ます。その壁ってすっごく厚くて高くて、自分で自分の首を絞めるみたいな行為をしてしまったと思うこともあります>(いずれも「She is」より)

こうした発言を、過去の自分を応援していたファンや、他のグラビアアイドルに対して敬意に欠いた発言であると曲解した一部のネットユーザーは、大いに怒っていた。

※続きは下記のソースでご覧ください

wezzy 2019/06/14
https://wezz-y.com/archives/66823
no title

【吉岡里帆の代表作は「どん兵衛」CMと水着グラビア?誹謗中傷止まらず炎上wwwww】の続きを読む