芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

濱松恵

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2018/09/01(土) 15:52:28.61 ID:CAP_USER9
「治安が悪い」などとマイナスイメージを持たれやすい東京都足立区。
総務省が発表した「統計でみる市区町村のすがた2018」によれば、死亡者数、完全失業者数、離婚件数が東京都の市区町村で最多だった。

そんな足立区を舞台に、ちょっとした騒動が起きた。
女優・濱松恵さん(35)が同区の不満点を述べたところ、ネットメディアが「彼女の発言は完全に足立区をバカにしています」と批判。
すると濱松さんが反論し、「泥仕合」となっているのだ。

「彼女の発言は完全に足立区をバカにしていますね」
徳間書店(東京都品川区)が運営するネットメディア「アサ芸プラス」は2018年8月30日、

「濱松恵、『足立区をコキ下ろして』区民から批判の声が殺到!」
と題した記事を公開した。

濱松さんが8月27日付ブログで、診察を受けた同区の産婦人科の対応をめぐり、「やっぱり都心の方が良い病院多いわ。足立区クソみたいな病院ばっか」と書き込んだ件を記事では問題視。
芸能ライターの言葉として、

「彼女の発言は完全に足立区をバカにしていますね。足立区民が不快になるのもわかります。軽率な発言ですね」
と非難した。

さらに18年4月のブログで、真偽は不明なものの、足立区職員に対し「足立区の役所の男ってセクハラ、パワハラばっかりするんだけど!」と書き込んでいた件にも言及。
前出の芸能ライターは、こう突き放した。

「自身が足立区民なのにその足立区をディスる感覚はよくわかりませんね」
「あ?」「軽率?」「大きなお世話」
記事を読んだ足立区民の濱松さんは怒り心頭のようだ。

8月30日に、「あ?」と題したブログを更新。
冒頭に記事のリンクを貼り、「住んでる私が1番よく分かってる」と宣言。
続けて、

「軽率?何を書こうが、住んでる場所にどう思おうが、大きなお世話なんだよ」
と一喝し、

「これ書いたやつは、さぞ幸せな場所に暮らしてるんでしょーねー良かった、良かった」
と皮肉を飛ばした。

なお、足立区が17年9月に区民1664人を対象にした調査によると、「足立区に愛着を持っている」と回答した人は74.2%、「足立区に誇りを持っている」は49.2%、「足立区を人に薦めたい」は47.6%だった。

http://news.livedoor.com/article/detail/15237651/

濱松恵
no title

【「足立区ディス」濱松恵、アサ芸に叩かれ怒り心頭「これ書いたやつは、さぞ幸せな場所に暮らしてるんでしょーねー」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2018/08/30(木) 10:41:47.20 ID:CAP_USER9
タレントの濱松恵が東京都足立区をディスる発言をブログで行い、さっそく足立区民から批判を浴びている。

濱松は8月27日のブログで産婦人科にピルを処方してもらいにいった話を明かした。
何でもネットで買ったピルが合わないため病院で診察を受けたが、喫煙者ということで処方してもらえなかったのだという。
これに濱松は激怒。〈診察全部終わってから言うんじゃねーよ〉〈あー、今日行った婦人科は失敗だった〉と怒りの発言をブチかました。

問題になったのは最後の発言。〈あー、今日行った婦人科は失敗だった。やっぱり都心の方が良い病院多いわ。足立区クソみたいな病院ばっか〉の部分だ。

「彼女の発言は完全に足立区をバカにしていますね。
足立区民が不快になるのもわかります。軽率な発言ですね」(芸能ライター)

濱松は今年4月にもブログで足立区批判を展開。
区役所で男性職員からハラスメントを受けたと告白している。
〈足立区の役所のやつら!!よく覚えとけよ!〉とこれもかなり強い調子だ。

「なぜこんなに足立区に対して攻撃的なのか。というのも、実は濱松は足立区に住んでいるからなんです。
自身が足立区民なのにその足立区をディスる感覚はよくわかりませんね」(前出・芸能ライター)

濱松恵にとって足立区は「住めば都」とはならなかったようだ。

http://news.livedoor.com/article/detail/15231311/
2018年8月30日 9時59分 アサ芸プラス

no title

no title

【【炎上】濱松恵、「足立区をコキ下ろして」区民から批判の声が殺到!】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2018/08/27(月) 23:07:37.03 ID:CAP_USER9
今日何年かぶりに婦人科に行ってきた
ネットで買ったピルが合わないから処方してもらう為に行ったんだけど
問診して内診して何の異常もなかったのに最後の最後で「喫煙者には処方できません」

てめー、最初に言えよ
診察全部終わってから言うんじゃねーよ
金だけ取られて、目的は何も果たせず。最初に聞けば受診すらしなかったのに。これが病院のやり方か。

てか私の周りの友達みんな喫煙者だけど、ピル処方して貰ってるんだけど。。
病院によって言う事違うってどういう事だよ。
で、日本はピルがたけー。男が飲む薬はないの?
そもそも何で女が飲むんだよ。出すのは男なんだから、男が飲めよ

産婦人科とか婦人科とかマジ嫌い。どんだけ怖いか、痛いか、男には一生分かんねーんだろうな
どんなに医者に薬との相性が悪いと言われても、タバコはやめらんない

酒飲みよりマシだと思うけど。タバコは頭おかしくならないけど、酒は頭おかしくなるから。
タバコは酔わないけど、酒は酔って人をひき殺すから。
タバコ税ばっか上げてないで、缶ビール一本10,000円とかにしちゃえよ
酒は薬と同じ。

あー、今日行った婦人科は失敗だった。。やっぱり都心の方が良い病院多いわ。
足立区クソみたいな病院ばっか。

https://ameblo.jp/megumi-hamamatsu/entry-12400802072.html
no title

【濱松恵、ピルを処方してくれない婦人科に激怒「クソみたいな病院ばっか」wwwwww 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
浜松恵

1: なまえないよぉ~ 2018/08/25(土) 07:51:03.68 ID:CAP_USER9
“炎上女優”の濱松恵(35)が執筆した自伝小説「黒い薔薇」(発売中)の内容をめぐって、一部の芸能関係者がザワついている。

 濱松は10日に都内でイベントを行い、本紙既報通り、20代のイケメンボディーメンタルコーチとの入籍と、“6股男”狩野英孝との不倫情事をオリジナルドラマ化すると発表し、同時にこの自伝小説を発売した。

 その中身は超ド級の暴露話ばかり。大部分が濱松が関係を持った男性芸能人との情事について描かれているものの、相手の名はさすがにイニシャル表記となっている。さらに、薬物を常習していると思われる男性芸能人の描写まであり、衝撃的内容に芸能関係者が注目している。

「いくつかの話について、私も知っている内容が含まれていた。売名行為だよ、と濱松を突き放す人が多いが、意外とバカにできないのでは。特に薬物を使用するという男性芸能人の部分は、今後のキャスティングのためにも、真偽が気になるところ」(テレビ関係者)

 ほかにも「打鍵器で骨をコツコツと叩く」趣味を持つ、人気俳優との一夜が詳細に描かれていたり、海外志向の強い俳優がバイセクシュアルをカミングアウトしたとする描写もある。

 また、デビュー曲がスマッシュヒットしたという2人組ミュージシャンのうちの1人の子を出産したと明かしている部分もあり、イニシャルが解明されてしまえばファンを巻き込んで大騒動となることは間違いない。

 本の登場人物たちはみな、何事もなく過ぎ去ってほしいと願っているはずだが、いつイニシャルが実名に変わるかは、濱松だけが知るところ。イニシャルで書かれた芸能人は、いつ落とされるかわからない“爆弾”におびえる日が続きそうだ。

2018年8月24日 16時30分 東スポ
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15205226/

写真no title

【炎上女優、濱松恵さんの自伝小説「黒い薔薇」超ド級暴露話がヤバかったwwwwwwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2017/11/28(火) 03:59:34.30 ID:CAP_USER9
 私がお笑い芸人の方と付き合うようになったのは、“僕イケメン”のKさんがきっかけでした。その当時は、私が20代半ばだったのですが、彼の方からいきなり私のブログを介して「はじめまして。お笑い芸人をやっているKと申します」っていう、顔写真付きのダイレクトメッセージが届いたんです。
 その後も、「今日はどんな下着してるの?」とか、「裸の写真、送って欲しいな」とか変なメッセージばかり送ってくるから、スルーしていたんですけどね。でも、あまりにもしつこかったので、1回だけならってことで会うことにしたんです。それで実際に面と向かってみると、意外にもレディーファーストだし、何をするにも気配りがあって、なかなかいい人だなと思ったんです。

 ただ、彼とのエッチには驚きました。というのも、その日にする内容の“台本”を作ってくるんです。それは、それぞれセリフの役割分担が書いてあるほどの細かさでした。そんな暇があるなら、ギャグの一つでも考えたらいいのにって思いますけどね(笑)。
 しばらくしてKさんとは別れてしまいましたが、体の関係は続いていて、彼が結婚した直後も会っていたんです。すると奥さんから電話が掛かってきて、「もし次に会ったら訴えます」と言われたこともありました。そのことで悩んでいた時に、リアクション芸人のDさんに相談したことがあったんです。そしたら飲みに誘われて、ホテルへ行ったこともありました。

 Kさんと別れた後は、最近結婚された、美味しいお店に詳しい方のWさんとお付き合いしました。ただ彼は、とにかく面倒くさい人だったことを覚えています。食事に行っても「このビールはどこそこので、味はどうこう」とか、「ここの店の水は水道水を使っているからダメ」とか。そのノリはホテルへ行っても同じで、スリッパの脱ぎ方とか、お風呂の長さとか、何かと注文をつけてくるんです。それでも、エッチの方はというと、ごく普通。そこには、まったくこだわりはなかったようです(笑)。
 そうした普段のうるささもあって、Wさんとはすぐに疎遠になりました。ただ、彼からのつながりで行き着いたのが、「子供を作ろう」と言われた、トリオ東京03の豊本(明長)さんだったんです。豊本さんについては、あちこちで聞かれてお話したので、もういいでしょう(笑)。

 芸人といえば、最初はKさんと言いましたが、20代前半には超大物で、今は引退されているSさんとも関係を持ったことがありました。
 この方とは、過去にお仕事をした関係で連絡先を交換していたんです。それで、ある時、Sさんから「飲みに行こうよ。誰か連れてきてよ」と電話があったので、ビジュアルクイーン時代の友人を連れて会いに行ったんです。待ち合わせの場所に着くと、緊張していたせいか、案の定、酔ってしまって。Sさんのマンションに連れて行かれたんです。
 それで、事が済んだ後に、「めぐちゃんって、結構イケる方? タイプは幅広い?」と聞かれたんです。私、その瞬間は意味が分からなかったんですけど、要するに自分の後輩たちも相手にしてくれってことだったんです。それで怖くなってしまい、以来、Sさんとは連絡を取らなくなりました。そんなことがあって数カ月後、Sさんは電撃引退したんです。ちなみに、Sさんのエッチはというと、とにかく触られるのが嫌なタイプで、これにも困りました。とにかく、恥ずかしがり屋さんだったようです。

 そんな流れの話に、豊本さんも驚いていたんですが、もっとビックリしていたのが、別居報道が出たお笑いコンビMのOさんと、その絡みで知り合った、こちらもコンビTのKさん。2人はそれぞれボケとツッコミで、特にOさんはテレビでは一発ギャグをするすごく明るいキャラなんですけど、普段とかエッチの時は、すごくクールで物静かな方でしたね。


http://wjn.jp/article/detail/9856584/
no title

【【尻軽】濱松恵「私を抱いたオトコたち」(芸人・俳優編) wwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む