芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

激白

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2019/03/22(金) 07:28:13.93 ID:YTWn4Lo79
新潟を拠点に活動するNGT48のメンバーがファンから暴行を受けた事件は、世間に大きな衝撃を与えた。
しかも運営側は被害者メンバーに謝罪をさせ、再発防止策に防犯ベルを支給するだけなど不誠実な対応もあって、さらなる批判を浴びることに。

「国民的アイドル」の運営ですらこのありさまというなら、「地下アイドル」はより悲惨なのではないだろうか。
元地下アイドルに実情を聞いた。

「地下アイドルになったきっかけは、とにかくアイドルが好きだったから。辞めた理由は、事務所のせいで人間不信になったからです。マジでウケますよね(笑)」
こう自嘲気味に話す声の主は、つい先日、2年間所属していた地下アイドルグループを辞めたばかりのユイさん(仮名・22歳)。

「地下アイドルって、ライブの後の物販で“ツーショットチェキ”を販売するんです。値段は、1000~1500円くらいが相場。
原価を考えるとぼったくりっぽいですけど、その分、ハグしたり、キスする寸前まで顔を近づけたり、頬をくっつけたりという密着サービスで、『元を取った』と感じてもらっていました」

年頃の女の子が、見ず知らずの男性と顔を寄せ合うと考えるとなかなかに過酷だが、ユイさんは「まったく抵抗がなかったんですよね」と語る。

「ハグとか余裕なんですよ、私。ライブ中もファンに視線を送ったり、指差ししたりっていう“レス”(ライブ中のファンサービスのこと)もいっぱいしてたし、
SNSでも頻繁にファンひとりひとりに個別のコメント返信をしてました」

こうした熱心なファンサービスが功を奏し、徐々にファンを増やしていったユイさんだったが、その中にひとり、面倒なファンがいたという。

「Twitterのリプにすぐ返信しないと『なんで無視するんだ!』って怒りだしたり、チェキ撮影中に説教してきたりするんです。
怖かったけど、アイドルをやれる喜びの方が大きかったので、なんとか我慢して活動していました」

その後も、このファンによる迷惑行為はエスカレートする一方で、ユイさんの精神はどんどん疲弊していった。

「そのうち説教ではなく、人格を否定するような暴言を吐かれるようになりました。毎日『お前は人間として終わってる』って言われるんです。
あまりにも耐えられなくなって、泣きながら事務所の人に相談しました」

しかし、事務所の人間はユイさんの話をまともに聞いてくれないどころか、迷惑ファンをかばったというのだ。

「そのファンは、毎回大量にチェキも撮ってくれるし、私たちが単独ライブを開催できるように金銭的な支援もしてくれていて、
事務所としては手放したくない金ヅルでした。だから私がどんなに嫌な思いをしようと、『あの人がそんなことを言うはずがないだろう』とかばうんです。
Twitter上には実際の暴言ツイートも残ってるのに、ですよ。その時、『この人たちは信頼できない』と思いましたね」

金もうけのためなら、アイドルがどれだけ疲弊しようと見て見ぬふりを貫く事務所に対して、一切の信頼をなくしたユイさんは、そのままグループを去った。
しかし、辞めた後にも事件が起きたという。

「辞めた後、私を応援してくれていたファンの人から猛烈にアプローチされて付き合ったんです。
『もうアイドルじゃないし、ファンとつながってもいいよね』と思って。そしたら、それが事務所に伝わって『契約違反だ!』『訴えてやる!』とか言われたんですよ。意味不明ですよね」

この一件が決定打となり、ユイさんは完全に人間不信になってしまったという。

「事務所の人はもちろん、元メンバーも、元ファンも、二度と私の人生に関わってほしくないです」

地下アイドルの実情は、予想以上に闇が深いことを思い知らされた。
どうか真面目に努力するアイドルが傷つかないよう、事務所、運営サイドの人間には、誠実で愛のある対応をしてほしいと切に思う。
https://news.nifty.com/article/magazine/12126-225776/
thumb-12126-225776-magazine[1]

【【驚愕】元地下アイドルが地獄の日々を激白!!!】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2018/11/04(日) 10:32:29.48 ID:CAP_USER9
11月3日(土)放送の「二軒目どうする?~ツマミのハナシ~」(テレビ東京系)で、松岡昌宏、博多大吉、グラビアアイドル・紗綾が、東京・初台にある「名西酒蔵」へ。
小学生の頃からグラビア活動をしていた紗綾が、当時の本音を激白した。

まずは「すだちパッチョ」「フィッシュカツ」をアテに、すだちビールで乾杯。
福岡出身の紗綾は、11歳の時に芸能界デビュー。
東京の芸能事務所にスカウトされ、小学校5年生の頃からグラビア活動をしていたそう。
今は法律に触れるためその手のグラビアはないというが、当時はジュニアアイドルブームで、紗綾はその頃を振り返り「嫌でしたね…大人に言われるがままにお仕事をしていたみたいな感じ。汚いところをいっぱい見ました」とコメント。
松岡が「よく育ったねぇ…」と感心する場面があった。

学校は堀越高校に通っており川島海荷、志田未来、山田涼介、中島裕翔、神木隆之介、知念侑季らとともに青春時代を過ごしたそう。

小さい頃から大吉をテレビで見ていたという紗綾は「大吉さんは博多の大スターなので、お会いできて本当に嬉しい」とコメント。
だが、調べてきた情報は、すべて相方である華丸に関するものばかり。
唯一「博多に弟子がいる」という情報だけが当たりで、大吉は「それは本当! 僕一応師匠で、46歳の弟子がいます」と告白するシーンがあった。

次に一行は、「だいぶつ」へ。
「肉みそレンコン」「トマト牛すじ煮」をアテにホッピーなどで乾杯。
将来は女優もやりたいという紗綾は、小池栄子に憧れているそう。
松岡は「いろんな人のお芝居を見たほうがいいと思う。お芝居はパクリですから。いろんないいお芝居をパクって、自分流にアレンジすればいい。僕は昭和のスターをよく見ます。そこまでいけばバレないから(笑)」と赤裸々にコメントした。

ネット上では「デビュー当時のグラビアの仕事は嫌だったって。そりゃそうだよな~」などの声が集まった。

次回は11月10日(土)深夜0時50分放送。

http://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181104-00168094-the_tv-ent

「二軒目どうする?~ツマミのハナシ~」 紗綾
no title


紗綾
no title

no title

【【グラドル】紗綾、小学生時代のグラビア仕事に本音激白!「嫌でしたね…汚いところをいっぱい見ました」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
須藤凜々花


1: なまえないよぉ~ 2017/11/21(火) 13:13:04.61 ID:CAP_USER9
11月18日放送のバラエティ番組「俺の持論」(テレビ朝日系)に、元NMB48・須藤凜々花が出演。

番組内で須藤は、「この問題の発言がどうして出てきたのかというと、
自分の昔から持っている持論に基づいた行動だったのです」と、
今年の6月に行われた「AKB選抜総選挙」での「結婚します」宣言の真意を語った。

須藤の持っている持論とは「優しいウソ極悪論」というものだ。

優しいウソとは、相手を傷つけないためにつくウソのことで、須藤は「相手を傷つけるくらいなら自分が我慢すればいいかな、みたいな。
それこそがウソですよ。自分が我慢したら相手が傷つかないなんて保証はないですから」と、優しいウソのネガティブな側面を力説した。
須藤は、この持論から「ウソをつかず本音で生きよう」と決意。その決意が総選挙で結婚宣言するキッカケになったようだ。

ネット上では、「かなり良いキャラしてる」「りりぽん面白かった。下手したら指原より能力高いかも」
「何だか色々正直すぎて清々しいね」など、肯定的な意見が多く寄せられた。

騒動後は、番組に出演する度に炎上してきた須藤だが、さすがに結婚宣言から半年も経過したからなのか、
世間の須藤への敵意も落ち着いてきたように思える。

アイドルはファンの夢が詰まった存在だ。その夢の中には、理不尽な理想の押しつけも少なくない。
それでも、アイドルは本音を隠して、ファンが思う理想のアイドルを演じ続ける必要がある。
そのため、ウソをつけない性格の須藤は、もしかしたらアイドルに向いていなかったのかもしれない。

しかし、現在のバラエティ番組では、坂上忍や梅沢富美男、マツコ・デラックスなど、空気を読まず、本音で語るタレントに人気が集まっている。

須藤は今後のバラエティ番組で貴重な存在になっていくのかもしれない。
http://npn.co.jp/article/detail/06604742/

【アイドル】須藤凜々花、あの騒動は振り返るも「反省してるって言えって言われていますけど、後悔してません!」
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1511072454/

【 須藤凜々花が総選挙での結婚宣言の真意を激白・・・】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2017/11/16(木) 08:20:47.80 ID:CAP_USER9
お笑いコンビ「尼神インター」の誠子(28)が15日放送のフジテレビ系「良かれと思って」(水曜・後10時)に出演。
28年間の人生で男性との交際経験ゼロの寂しいプライベートを明かした。

今年10月までのテレビ番組出演本数150本以上、4月の上京以来、「1日も休みがない」と超売れっ子の誠子。
「結婚したいです。彼氏できたことないんで…。キスもないです。今まで全部、(仕事での)ビジネス・キス。
芸が(結婚で)弱くなってもいいんで、結婚したいです」と激白した。

しかし、結婚相手の条件として、「年上、落ち着いている、賢い、顔が高橋一生さん」の4点を挙げ、相方の渚(33)に
「こいつの結婚できない理由は自分の見た目。こいつは一生、結婚できない」と断言されていた。

また、家賃12万円の東京・中目黒の自宅マンションも公開。
「いつ男性が来てもいいように」と、大きなTシャツと煙草&灰皿の喫煙セットを用意しているところまで見せつけていた。

http://news.livedoor.com/article/detail/13896495/
2017年11月15日 22時50分 スポーツ報知

no title

https://geinou-scandal999.com/wp-content/uploads/2017/07/seiko3_Fotor.jpg
no title

no title

no title

【「尼神インター」誠子激白「28年間、彼氏できたことない。キスもビジネス・キスだけ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2017/11/14(火) 12:28:37.48 ID:CAP_USER9
元AKB48の河西智美(25)が1stアルバム「STAR―T!」を15日にリリースする。前作のシングル以来、約3年ぶりの新作CDだ。
アルバム発売翌日に26歳の誕生日を迎える河西が、自身の恋愛から国民的アイドルグループとして過ごした日々、今だからこそ言える本音を本紙に明かした――。

――改めてスタートという気持ち?

河西:この3年リリースはしてなかったけど、ライブ、イベント、ミュージカルなどで歌う機会はあって、歌の力は3年間で付けてこれたかな、というのはある。
改めて前向きな気持ちでスタートする意味でも、深いアルバムになってるかな、と思います。
私の年から新しいことを始めたり、飛び込む勇気とか。年を取るほど難しくなってくるけど、スタートできることはあるんだぞ、と。

――作詞した「最後のナミダ」は恋愛ソング

河西:初めて「恋愛ソング、泣き歌」というテーマの縛りで書きました。書き直ししたり苦労しましたね。
最初は片思いをテーマに書いていたんですけど、片思いをちゃんとしたことなくて…。
AKBのせいにするわけじゃないですけど、14歳から芸能界に入ったので、普通の恋愛をしてきていないから、恋愛偏差値が人よりも低い。

――生々しい歌詞は実体験ではない、と

河西:あまり人のことを好きにならないんですよ。
ファンの方に「恋愛、頑張って!」と言われるんですけど、そういう歌詞を書く部分でまだ子供だなと、歌詞を書いて思いました。
人生経験は本当に大事だなと思うし、恋愛はちゃんとしなきゃな、と(苦笑い)。

――そんな寂しい告白になるとは…

河西:友達にも「人を好きになることから始めよう」と言われて…今も本当に!恋愛してないんですよ。
恋愛してたら言いたいんですけど。
結婚願望は強いので、ファンの方も「結婚式呼んでね」と言ってくれたりするし、最近は家族も「孫をそろそろ見れますか?」と。
でも、人を好きになれない病です(笑い)。

――AKB時代を振り返ってみて

河西:もちろんAKBの看板がなくなるってのは大きかった。でも、アイドル時代は今、何をしているのか、どういう取材を受けているのか分からないほど忙しすぎて、心が付いていけない状態だった。
今は一つひとつの仕事に気持ちを込められることで、思い出もちゃんと残っている。

――AKBが国民的グループに駆け上がった時代ですからね

河西:仕事に本当の意味で真剣に向きあえるようになったのは、やっとなのかなって。
気付くのが遅いなとも思うし、当時はやっぱり感謝の気持ちが足りなかったなとすごく思います。
でも、その時の経験があるからこそ、今はこうして感謝もできるんだろうなとも思う。昔の私がなかったら今の私がないわけだから。

――今後は

河西:ステージが大好きで、お客さんの前でパフォーマンスするのが好き。
舞台にしてもミュージカルにしてもライブにしても生のステージです。AKBでドラマや声優などいろんな経験をさせてもらえて、その中で「最高、生きてる」って思った瞬間が生のステージだった。
その時に集中する瞬間を大事にしていきたいですね。

☆かさい・ともみ=1991年11月16日生まれ。東京都出身。血液型A型。
06年にAKB48に加入。第1回選抜総選挙10位など中心メンバーとして活躍し、12年に「まさか」でソロデビューし、13年5月にグループを卒業した。
舞台、ミュージカル等にも出演。今年はミュージカル「ひめゆり」、ブロードウェーミュージカル「アイランド」(初主演)に出演した。

https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/826564/
2017年11月14日 11時00分

no title

【元AKB・河西智美が激白「人を好きになれない」】の続きを読む