芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト、芸能トピ++

渡辺麻友

1: なまえないよぉ~ 2017/10/17(火) 15:26:05.10 ID:CAP_USER9
まゆゆの愛称で親しまれ、AKB48からの卒業をすでに発表している渡辺麻友。
王道アイドルを貫き通した彼女にも、当然ながら裏の顔があるという。

「渡辺麻友は、初対面のスタッフを異常に警戒することでおなじみです。
顔見知りでないスタッフに『まゆゆ』と呼ばれると、楽屋裏でマネージャーに対して愚痴を言うという噂も。
また、潔癖症な面も有名で、撮影場所が汚いとあからさまに不機嫌モードになってしまうとか。
特に、野外での撮影では自分の姿を一般人に撮影されることを極端に嫌がるので、直ぐにロケバスに逃げ込めるように動線を作っておかないと大変だと聞きます」(週刊誌記者談)

王道アイドルならば、撮影裏でもしっかりとアイドルをしていると思っていたファンには残念なエピソードだが、そもそも彼女はすでに自分の中ではアイドルをとっくに卒業していたという。

「本人は、アイドルではなく女優業路線へとすでに気持ちを切り替えているようです。
プライベートで仲の良い指原莉乃が、自分とは真逆のバラエティタレントとしてアイドルの頂点を極めたのを目の当たりにし、アイドルとして成功することは数年前から諦めていたようです。
ただ、女優としてもなかなかうまくいかず、ドラマで主役を任されることも何度かあったのですがことごとく失敗している。
そういった中で、『AKB48のまゆゆ』でいる事がどんどんストレスに変わっていったようです」(週刊誌記者談)

その感情が爆発したのが、今年行われた総選挙だったという。

「渡辺は卒業発表を決めていたので、天気が大荒れだった沖縄でもいつになく上機嫌だったようです。
ただ、自分の卒業発表の前にNMB48須藤凜々花が結婚発表をして全てが台無しとなり、舞台裏で渡辺が激怒するという事件があったといいます。

結局は、AKSの幹部が事を収めたようですが、その後行われた沖縄での撮影では、
NMB48のメンバーと渡辺麻友を近づかせないように厳戒態勢がしかれていたという話があります」(スポーツ新聞記者談)

そんな荒れているまゆゆ、アイドルを卒業した後は、しっかりと女優として活躍できそうなのか?

「元々、宝塚の大ファンで演劇舞台も大好きな渡辺は、ドラマではなく舞台に挑戦したいと話しているという。
ただ、演技力が高いわけではないので、AKB48の肩書が無くなった時に果たして女優としてのオファーが来るのか? 
特に舞台は演技力やアドリブも求められるので、卒業後に大失敗をしてしまうことも予想されます」(アイドル雑誌編集談)

一から出直し、なんてことにならないといいが。

http://dailynewsonline.jp/article/1366033/
2017.10.17 08:00 トカナ
no title

【卒業間近の渡辺麻友、裏の顔はワガママ放題!? 愚痴、不機嫌モード、潔癖症…「そして爆発」】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/10/12(木) 02:19:56.65 ID:CAP_USER9
アイドルグループ・AKB48が10月8日(日)に「第9回選抜総選挙」のランクイン感謝祭コンサートを行った。
コンサートでは、選抜総選挙で16位以内に入ったメンバーそれぞれがソロ歌唱をし、アンコールで新曲『11月のアンクレット』を初披露した。
11月発売予定のこの曲は、年内卒業を表明している渡辺麻友(23)がセンターを務めており、
歌い終わった後にマイクをステージに置く、山口百恵さんの引退コンサートを彷彿とさせる演出も盛り込まれた。
渡辺は「緊張して所々間違えたが、最後っぽく演出してもらった」と話した。
このニュースに対し、ネットでは少々厳しい意見も上がっている。

「百恵ちゃんに謝るべき」
「百恵様と比べるな」
「さすがにレベルが違いすぎる」
「実力が違いすぎるんだよな」
「二番煎じはダサい」
「おこがましい」
「山口百恵は芸能界を引退したからな~」
「真似しないでほしい」

こういったコメントはおそらく山口百恵を知る世代のユーザーによるものだろう。
今の時代のアイドルは、全世代に受けいれられるものではないようだ。

http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20171009/Dokujo_64972.html
no title

【【AKB48】渡辺麻友、マイクをステージに置いて客席に背中を向ける振り付けに批判殺到wwwwww】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/10/01(日) 09:49:27.94 ID:CAP_USER9
AKB48の渡辺麻友(23)が年内に卒業する。
06年の加入後、ファンの人気を集めた「元祖・神セブン」の一人。
14年の総選挙で初戴冠して名実ともにエースとなり、グループを支えてきた。
今月31日にさいたまスーパーアリーナで卒業コンサートを行うのを前に「私はAKBに全てを捧(ささ)げてきました」と語った。

――麻友さんにとってAKBとは?

「ありきたりな言い方ですけど、人生が大きく変わった場所です。入る前はごく普通の中学生で、何の取りえもない人間でした。
入ってから、人生がまるっきり別の物に変わりました。あの時、自分を信じてオーディションを受けて良かったと思います」

――約11年前のオーディションの時はAKBが後に国民的なアイドルグループになって、自分がそのエースになるとは思っていなかったのでは?

「1ミリも思ってなかったです(笑い)」

――先輩の前田敦子さんや大島優子さんが卒業した後は背負うものが重かったのでは?

「そうですね。“次世代エース”と言っていただいて、偉大な先輩方が卒業されていくたびに重荷を感じていました」

――あの頃、コンサートのエンディングで必ず麻友さんが1人だけステージに残って、最後の最後までファンに手を振る姿が印象的でした。

「私が頑張らなくちゃいけないという自覚がありました」

――14年の総選挙でついに1位になった時は、名実ともにエースになった実感がありましたか?

「その実感はありました。あの年は全てをAKBに捧げた一年だったので濃密でした」

――エースという立場はいかがでしたか?

「なかなか大変でした。でも、そういう役目を担えたのは幸せだったし、私は自分なりにやってきました。
それに、私の時代はまだ恵まれていたと思います。今の時期のエースは結構しんどいでしょう。
今、置かれている現実は厳しいと思うんです。私は恵まれていました」

――もしも、時計の針を巻き戻してもう一度エースをやってくださいと頼まれたら?

「う~ん、もういいですかね(苦笑い)。この11年でやり尽くした感じがあります。やり尽くして満足しているので、もう一回やりたいという思いはないです」

――AKBに青春を捧げた?

「それはもちろん。12歳で入ったので、全てを捧げて来たという実感はあります」

http://news.livedoor.com/article/detail/13687997/
2017年10月1日 9時30分 スポニチアネックス

no title

【まゆゆ AKBに全て捧げた11年…リセットして次に進まなくちゃ】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/08/29(火) 08:32:37.29 ID:CAP_USER9
アイドルグループ・AKB48の渡辺麻友が、28日深夜に放送されたTBS系音楽トークバラエティ番組『Momm!!』(毎週月曜23:56~)で、AKB48の恋愛禁止ルールについて話した。

渡辺麻友

番組では恋愛の話になり、AKB48の恋愛禁止ルールを約10年間守ってきてよかったと思うか聞かれると、渡辺は「AKB48の1メンバーとしてはよかったんじゃないかなと思いますけど、人としての大切な何かを失ったみたいな」と告白。MCの中居正広は笑い、ほかの出演者から「大丈夫かな」「『よかったです』って言ってほしい」という声が上がった。

また、初恋の思い出を聞かれると、「思い返してみたら、小学校のころとか幼稚園とか、男の子に好意抱いたことあんまなかった。男の子この子好きとかあんまなくて。中1の最後に(AKB48)入っちゃったんで」と返答。「趣味人間というか、小学校のころとか漫画とかが好きでそういうのに没頭してた」と振り返った。

そして、バレンタインに男の子にチョコレートをあげた経験を聞かれると、「お母さんに『買っときなさい』って言われて、近く住んでいる子に。自分の意志じゃない」と説明。

中居が「おもしろい?」と聞くと、渡辺は「人生ですか? うーん」と悩み、「いいじゃんか、AKB48で幸せつかんだんだから」「結果よかったよ。人生を捧げて」と言われると、「…はい」と返していた。

[2017/08/29]
http://news.mynavi.jp/news/2017/08/29/018/

写真
no title

【AKB渡辺麻友 "恋愛禁止"10年守り「人として大切な何かを失った」】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/08/14(月) 22:00:42.86 ID:CAP_USER9
AKB48渡辺麻友(23)が14日、福岡・博多の西鉄ホールでHKT48との合同公演「ただいま恋愛中」に出演し、10月31日に卒業コンサートを行うことを発表した。会場はさいたまスーパーアリーナで、地元埼玉でアイドル人生のフィナーレを迎えることになる。

 渡辺はアンコールで、衣装から紙を取り出し、「きたる卒業コンサートは、10月31日、地元でもあるさいたまスーパーアリーナに決まりました」と発表した。最後の握手会は11月18日の個別握手会(パシフィコ横浜)。活動自体は年内いっぱいで、「最後まで応援してくれたらうれしいな」と呼びかけた。指原莉乃(24)からは「すぐじゃん。急がなくていいよ~」と寂しがる声も聞かれた。

 渡辺によると、コンサートの打ち合わせも順調に進んでいるという。「内容も決まっていて、9・8割ぐらいは(決まった)。あとはリハと本番ぐらい。お気に入りのセトリなので、最後のいい思い出になるんじゃないかな」と自信をうかがわせた。

 この日は2グループのコラボ公演。5月には東京・秋葉原のAKB48劇場で初めて行われ、今回は博多に会場を移して再び開催された。通常公演の演目のほか、「ポニーテールとシュシュ」「メロンジュース」と、両グループの代表曲を披露する特別セトリでファンを楽しませた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170814-01872240-nksports-ent
no title

【【AKB】渡辺麻友の卒コンは10・31 地元埼玉でお別れ】の続きを読む