芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト、芸能トピ++

渡辺麻友

1: なまえないよぉ~ 2018/06/26(火) 12:49:20.13 ID:CAP_USER9
元AKB48で女優の渡辺麻友が、29日より「デジタル原色美女図鑑 渡辺麻友 ひとりだち」(撮影・中村和孝)を電子書籍で発売する。

昨年12月、惜しまれながらAKB48グループを卒業した渡辺。
卒業後は、ミュージカル「アメリ」で主演を務めるなど活躍の幅を広げている。

今回発売となる電子写真集は、「週刊文春」2018年GW特大号に掲載され話題を呼んだグラビアページに、アザーカットを足した豪華版。
背中の見えるセクシーなドレス姿や大人っぽい表情などが収録されている。

渡辺麻友の胸の内

さらに、本文インタビューでは「(AKB48在籍中に起きた様々な出来事に)瞬時に対応していく中で、豊かな心を失いました。こんなこと書けないかな(笑)。(中略)ただ、AKB48の外に出て思うのは、居心地がよかったんだなってこと。今まで当たり前に周りにいた仲間やスタッフさんがぱったりいなくなって、喪失感というか、さみしいな」と素直な胸の内を語った。

http://mdpr.jp/news/detail/1775525

電子写真集「デジタル原色美女図鑑 渡辺麻友 ひとりだち」より
no title

no title

no title

no title


元AKB48 渡辺麻友
no title

no title

【渡辺麻友、写真集発売 AKB48卒業後の胸中語る「居心地がよかった」「喪失感というか、さみしいな」】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/06/22(金) 08:02:57.57 ID:CAP_USER9
昨年12月にAKB48を卒業した女優、渡辺麻友(24)が8月4日スタートのフジテレビ系「いつかこの雨がやむ日まで」(土曜後11・40)で、卒業後初めて連続ドラマに出演し、主演を務めることが21日、分かった。
ミュージカル女優を夢見る少女が、殺人犯の妹となり、人生が一変する物語。
まゆゆはソロ転身後の初作品でミュージカル女優デビューしており、「私にぴったり?かも」とハマり役をアピールした。

2007年に13歳でデビューし、ファンの“妹”として愛された王道アイドルが、殺人犯の妹という真逆の役に挑む。

「いつかこの雨がやむ日まで」は、ミュージカル女優を夢見る少女が、11歳のときに兄が殺人犯で逮捕され、人生が一変する物語。
恋愛要素も盛り込まれるラブサスペンスだ。

まゆゆは殺人事件後、キャバクラ嬢として生計を立てながらミュージカル劇団で暗い日々を過ごす主人公、ひかり役。兄から無実を告白され、闇から抜け出す希望を信じて真実を追うが、新たな事件に翻弄されていく。

優等生アイドルとしてAKBを牽引してきた渡辺だが、2016年の写真集で美尻を披露するなどセクシーショットに挑戦。
昨年主演したテレビ朝日系「サヨナラ、えなりくん」では恋多き女性をコミカルに演じた。

新境地を開拓する中、スター女優を目指すため昨年12月にAKBを卒業。
今年5月上演の主演舞台「アメリ」で夢だったミュージカルデビューを飾り、今回、卒業後初の連ドラ出演でミュージカル女優を志す役に出会った。
運命の巡り合わせに渡辺は「舞台女優を目指していて少し影のある女性、ということで私にぴったり?かも」と闘志を燃やしている。

今作の松本圭右プロデューサーは「とことん渡辺さん(ひかり)を追いつめていくので、最後にひとすじの光をつかむまでは全力でしがみついてきてもらいたい」とドロ沼の展開を予告した。

卒業後初連ドラで座長も任された渡辺は「身が引き締まる思い。ドラマの演劇シーンでは歌唱すると伺いました。舞台に立てる!という喜びを演じながら楽しみたい」と代表作にする覚悟で臨む。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180622-00000033-sanspo-ent

フジテレビ系「いつかこの雨がやむ日まで」 主演 渡辺麻友
no title


元AKB48 渡辺麻友
no title

no title

no title

【【卒業ブースト】元AKB48渡辺麻友、フジ連ドラで主演!殺人犯の妹役に挑戦wwwwww】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/06/03(日) 20:55:34.38 ID:CAP_USER9
元『AKB48』の渡辺麻友が『HKT48』の宮脇咲良のファンから批判されるという現象が起きている。

渡辺は昨年末にAKB48を卒業し、5月から6月はミュージカル『アメリ』に出演している。
この舞台での“ルックス”が、インターネット上で論争の的になっているのだ。

「舞台の合間のオフショットがネット上に出回っているのですが、顔が劇的に変わったと評判になっているのです。
特に目は横長に大きくなり、鼻は急激に高くなった。渡辺は凹凸のない平面的な顔が特徴でしたが、いまははっきりとした顔立ちなのです。
目頭切開と隆鼻注射をしたのではないかと噂になっていますが、真相は不明です」(アイドル雑誌編集者)

そのため、かつての渡辺の発言が、宮脇のファンから批判されているのだ。

「渡辺はAKB在籍時に『AKBには整形モンスターがいる』と発言したことがあります。
実名は出さなかったものの、さまざまな推測からこれは宮脇のことだとされているのです。
宮脇は韓国好きで、頻繁に行っているのですが、『行くたびに顔が微妙に変化してる』と揶揄されています。
韓国は女性の整形手術が一般化しているためでしょう。過去の写真と最新の写真がよく対比されています」(AKBライター)

こういった経緯から、渡辺のファンは渡辺のことを擁護し、宮脇のファンは渡辺の変貌ぶりを非難するという応酬が起きている。

「まゆゆ派は《舞台用のきっちりメイク》と書き込み、まゆゆ嫌いや宮脇のファンは《よく人のこと言える。恥知らず》、《まゆゆこそモンスター》とたたいています。
渡辺はソロになってパッとしないのでイメージを変えたことは確かです」(同・ライター)
https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12156-53096/
no title

【渡辺麻友VS宮脇咲良 醜悪な罵り合い、ネットで広がる 「まゆゆこそモンスター」】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/05/18(金) 19:45:26.45 ID:CAP_USER9
昨年末にAKB48を卒業した渡辺麻友(24)の初主演ミュージカル「アメリ」が18日、東京・天王洲銀河劇場で初日を迎えた。

開演前に会見した渡辺は「ついに初日の幕が開くんですけど、この作品のお話を最初に聞いたのが1年半前くらい。まだまだ先だなあと思っていたら、あっという間に時間が過ぎて…。今、すごく緊張と不安とドキドキと楽しみと、いろんな気持ちが入り交じっているんですけど、最高の舞台をお届けできるように一生懸命、精一杯頑張りたいと思います」と大きな目を輝かせた。

初日公演の直前、取材陣に公開されたゲネプロでもウェートレス、修道女など様々な“コスプレ”を披露。
AKBの11年間で鍛え抜かれたダンスに加え、抜群の歌唱力で全20曲を歌い上げ、大きな拍手を集めた。

クライマックスには恋人役の太田基裕(31)とのキスシーンも披露。
AKB時代を通じて、初めてのキスシーン挑戦となった。

06年、12歳で創設期だったAKBのオーデイションに合格。
「まゆゆ」の愛称のもと、2014年6月のシングル選抜総選挙で史上最多(当時)の15万9854票を獲得して1位となるなど11年間に渡って、エースとして活躍してきた。

昨年までなら、この時期は年に1度の「総選挙」の時期で、「総選挙の季節ですが…」とポツリ。
「あれは、また(舞台とは)違った特別な緊張感なので。全然違う感覚なんですけど…。割と同じくらいの緊張感というか、そのくらい大きなものを今、感じています」と続けた。

AKB卒業から5か月、一人の女優として歩み始めた“新生まゆゆ”は「正直に言うと、不安の方が大きいですね、やっぱり。ひとりでやっていかなきゃいけないので、そういう不安はあるのですが…。でも、舞台はやっぱり生ものですし、自分自身が楽しむということもすごく大事だと思うので、その気持ちを忘れずに精一杯挑みたいと思います」と前を見つめていた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180518-00000208-sph-ent

渡辺麻友初主演ミュージカル「アメリ」 キスシーンにも挑戦
no title

no title

no title

no title

no title

no title


元AKB48 渡辺麻友
no title

no title

【【急速劣化】元AKB48まゆゆ、初主演ミュージカルで“キスシーンwwwwwwwww】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/04/28(土) 08:13:47.12 ID:CAP_USER9
昨年いっぱいでAKB48を卒業した渡辺麻友(24)が27日、フジテレビ系「ダウンタウンなう」に出演し、アイドル時代には明かさなかった“闇”を打ち明けた。

 渡辺はダウンタウンの浜田雅功(54)と松本人志(54)、坂上忍(50)、飲み仲間として参加した三田友梨佳アナウンサー(30)らとお酒を飲みながら本音で語り合う人気企画「本音でハシゴ酒」に参加した。

 2014年のAKB選抜総選挙で1位を獲得。スキャンダルゼロ、ファンへの神対応、理想を貫くプロ魂とAKB時代は「完璧なアイドル」として過ごした。渡辺は「常にちゃんとしてしてなきゃいけない。アイドルとして、いつも見られているから」と振り返り、「そういうのがあったから、なかなか砕けられなかった」と話した。

 そんな渡辺だが、楽屋では別だった。柏木由紀(26)は「楽屋で生のお尻を見せつけてきた」、峯岸みなみ(25)は「小学生レベルの下ネタで盛り上がる」と、親友からのタレコミで“ウラの顔”が暴露された。三田アナ相手に「乳首の位置当て」の特技も披露した。

 また、渡辺が顔をしかめる瞬間は「打ち上げに誘われたとき」で「大人数の場が本当に苦手。何人かでご飯に行くときも3人が限界」と説明した。柏木によれば「主演ドラマの撮影現場で誰ともしゃべらなかった」とか。渡辺は「自分から声をかけたり、コミュニケーションをとることが苦手」だという。さらに「小さいころは家族とも話をしなかった」というエピソードに、松本らは「よく、それで人前に立ってたな」と激しいツッコミを入れられた。

 そんな性格だからか、音楽番組の共演者から告白されたことはなかったという。松本から「メールしても返ってこないタイプ、リアクション悪そう」、坂上から「ノリが悪そう」と指摘された渡辺は「誰も寄ってこない」とうなずいた。

 AKBを卒業して約5か月になるが「辞める前は、恋愛も解禁だって、ちょっとワクワクしてたんですけど、辞めてみたら、誰も言い寄ってこないし…」とこぼす。松本が「自分から、ある程度行かなきゃダメ」と話すと、渡辺は「そこに行く(アプローチをかける)勇気もないし、面倒くさいと思っちゃう」。松本は「何それ」とあきれ顔だった。


2018年4月28日 0時12分東スポ
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14642676/

写真
no title

【<渡辺麻友>「ダウンタウンなう」に出演!「大人数の場が本当に苦手」三田アナ相手に「乳首の位置当て」の特技も披露!】の続きを読む