芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

浜辺美波

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2018/02/07(水) 13:18:20.56 ID:CAP_USER9
長らく杉咲花(20)山口智充(48)が親子役で出演してきた味の素「Cook Do(クックドゥ)」のCMが7年ぶりに刷新され、新たに竹内涼真(24)浜辺美波(17)がきょうだい役で出演することが7日、発表された。

2人はこの日、都内で新CM発表会に出席した。
新CMは「回鍋肉編」「四川式マーボー豆腐編」の2本。
7人家族の長男を演じる竹内がキッチンに立ち、長女の浜辺ら弟妹たちに手料理を振る舞う。

発表会で竹内は報道陣を前に、「Cook Do」を使用して料理に挑戦した。
CM同様見事なフライパンさばきを披露し、「皆さん、撮ってください!」と笑顔を見せた。

CM出演への感想を聞かれると、竹内は「山口さんとか花ちゃんがやっていた時からずっと見ていたので、心からうれしいなという気持ちです」。
浜辺は「長く愛されるCMにしていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いします」と話した。

新CMは8日から全国で放送される。
ちなみに、初代CMキャラクターは黒柳徹子(84)だったという。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180207-00119296-nksports-ent


竹内涼真&浜辺美波が仲良し兄妹役で共演 ”お兄ちゃん”涼真が渾身のドヤ顔料理 『Cook Do(クックドゥ)』新CM
https://www.youtube.com/watch?v=o0EVhPSBXNc



『Cook Do(クックドゥ)』新CM発表会 竹内涼真と浜辺美波
no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

【竹内涼真が浜辺美波に「回鍋肉」振る舞う 「クックドゥ」CM7年ぶり刷新】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2017/12/28(木) 20:06:47.85 ID:CAP_USER9
28日、都内で「第30回日刊スポーツ映画大賞・石原裕次郎賞」表彰式が開催され、新人賞を受賞した女優の浜辺美波が登壇した。

有村架純、浜辺美波は「透明感がすごくて…」

毎年、石原裕次郎さんの誕生日である12月28日に表彰式を行っている同賞。
浜辺は「君の膵臓をたべたい」での、みずみずしい演技が評価され受賞した。

壇上には前年、新人賞を受賞した有村架純が楯を、「君の膵臓をたべたい」の月川翔監督が花束を授与。
有村は、「君の膵臓をたべたい」での浜辺について「透明感がすごくて目を離したら消えてしまいそうな儚げさもある。存在感があるんだけど幻のような…不思議な魅力のある女優さんだと思いました」と絶賛した。

今回の受賞に浜辺は「これからも前向きに精一杯頑張っていきたいなと思います」と意気込み。
“新人賞”という一生に一度の名誉に「日々、この賞の重みを感じております」と気を引き締めていた。

今年を彩った映画人が集結

今年は、菅田将暉が「あゝ、荒野」「キセキ ―あの日のソビト―」「帝一の國」「火花」で主演男優賞を、蒼井優が「彼女がその名を知らない鳥たち」「アズミ・ハルコは行方不明」で主演女優賞を受賞。
授賞式には、菅田、蒼井、浜辺のほか、役所広司(助演男優賞)、尾野真千子(助演女優賞)ら各賞の受賞者が登壇。

また、プレゼンターとして、妻夫木聡、佐藤浩市、宮沢りえ、舘ひろし、東出昌大も出席した。

http://mdpr.jp/cinema/detail/1737415

有村架純と浜辺美波
no title

「第30回日刊スポーツ映画大賞・石原裕次郎賞」新人賞 浜辺美波
no title

no title

no title

【有村架純、後輩、浜辺美波を絶賛「透明感がすごい」 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2017/12/20(水) 15:49:10.23 ID:CAP_USER9
女優の浜辺美波が、報知新聞社主催の映画賞「第42回報知映画賞」の新人賞を受賞し、20日に都内で行われた表彰式に登壇した。

「君の膵臓をたべたい」でW主演を務めた北村匠海とともに同賞を獲得した浜辺。

壇上で同作の月川翔監督から花束を受け取り、「監督やスタッフ、北村匠海さんはじめ共演者の皆様のおかげです」と受賞の喜び。
「歌やダンスが得意なわけでもなく、秀でているものがなく不安でした。でも、これからもずっとしていきたい女優で賞をいただけて、大好きなこの仕事をしていく上で嬉しく思います」と心境を語った。

そんな浜辺に対し、月川監督は「理屈やテクニックを超えてその瞬間しか放てない輝きを全身で表現してくれてる」と評し、「出会えたことに感謝します」と祝福した。

2017年を彩る映画人が集結

同映画賞は、ファン投票上位の中から映画賞事務局がノミネート作品・人物を選出し、そこから映画評論家ら選考委員が受賞者を決定。

表彰式には、浜辺と北村のほか、菅田将暉、蒼井優が出席した。

「第42回報知映画賞」
作品賞・邦画部門:「あゝ、荒野」
作品賞・海外部門:「美女と野獣」
主演男優賞:菅田将暉「あゝ、荒野」「キセキ-あの日のソビト-」「帝一の國」「火花」
主演女優賞:蒼井優「彼女がその名を知らない鳥たち」
助演男優賞:役所広司「関ヶ原」「三度目の殺人」
助演女優賞:田中麗奈「幼な子われらに生まれ」
監督賞:三島有紀子「幼な子われらに生まれ」
新人賞:北村匠海「君の膵臓をたべたい」
新人賞:浜辺美波「君の膵臓をたべたい」
特別賞:「Ryuichi Sakamoto:CODA」スティーブン・ノムラ・シブル監督、「アウトレイジ」3部作 北野武監督

http://mdpr.jp/cinema/detail/1735585

「第42回報知映画賞」新人賞 浜辺美波
no title

no title

no title

月川翔監督、浜辺美波
no title

【浜辺美波は「理屈やテクニックを超えている」監督が絶賛 報知映画賞新人賞】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2017/11/24(金) 17:57:24.06
―――学校生活では部活動もされていたそうですけど、そこでの思い出はなんですか?

「(部活動は)吹奏楽でフルートをしていたんですけど、アンサンブルのフルートだけのコンテストで市の大会に行ったことですね。何年かぶりに私の学校ではフルートとして代表になりました。ただ、私の腕前より後輩が上手だったのでそのおかげかな。でも、フルートは好きでした。大会に出場できると思っていなくてスケジュールがギリギリだったんですけど、行けたという喜びが大きくてうれしかったですね。学校生活の中で部活動は私にとって大きかったなと思います。それに、部員は仲が良くてお昼にみんなでお弁当を食べたり。吹奏楽はあまり体力を使わないと思われているんですけど、実は部活の時間が朝から夜までで長いんです(笑)。

(部活帰りには) 『世界で2番めにおいしい焼きたてメロンパンアイス』というのがはやっていて、金沢にお店ができたので部活帰りに友人とメロンパンアイスを買いに行って食べたことがあります。部活後は疲れてヘトヘトなので寄り道したことはその1回しかないんですけど、その時だけはどうしても食べたくなって買いに行ったのを覚えています。大きな普通のメロンパンを半分に切って中にアイスが入っているんですけど、溶けてしまうのでお店の側で立ったままガツガツ急いで食べました。おいしかったですね。ただ、店の前で食べるから周りからは賑わってるぞって思われていたかもしれないです(笑)」

―――ちなみに最近食べたものでおいしかったものは何ですか?

「釜山映画祭に行った時のご飯がおいしくてやっぱり楽しかったですね。海鮮鍋や焼き肉を食べました。食べてみないと味がわからないものもあったんですけど、それが楽しみで。味を想像するんですけど、酸っぱかったり思っていた味と違って。でも全部おいしくて。食に対する楽しみがすごくありました」

―――釜山映画祭へは『君の膵臓をたべたい』で参加されていましたね。思い返してみて撮影現場などで思い入れのある場所はありますか?

「福岡の太宰天満宮です。そこに行くと“キミスイ”のことを思い出しますし、撮影やキャンペーンで行ったことで、毎年1回絵馬に願い事を書いていくのもいいなと思うようになりました。今はこうなりたいと思うことが多くなったので、それを1つずつ絵馬に書いてお祈りしたいなと思います。まだまだ絵馬に書きたいことがたくさんあるので、また行きたいですね」

―――“キミスイ”の出演を通して自身の中で変わったことは?

「映画をたくさん見に行くようになりました。ことしは初めて二桁くらい映画館で映画を見ているんですけど、作品を見ながらこの役をやりたいなとすごくモチベーションが上がったり、作品に対することやそうでないこともいろいろ考えて自分の成長について見直せたり。映画館はこれから頑張りたいなと決意を固めることができる場所になりましたね」

―――最後にいま一番落ち着く場所はどこですか?

「やっぱり、一番は自分の部屋だなって思います。最初にもお話ししましたが、一人の時間が長かったので自分の部屋にいることも多くて。今は勉強だったりお芝居をするのも全部自分の部屋ですし、いろいろ考えたり感じたりした経験も自分の中で一番多く過ごした場所なので。さすがに今は隅っこにいませんが(笑)。自分の部屋が一番だなって話していて思いました」

http://news.livedoor.com/article/detail/13935935/
no title

【浜辺美波「(韓国の)釜山映画祭に行った時のご飯がおいしくて やっぱり楽しかった」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2017/09/17(日) 01:23:04.34 ID:CAP_USER9
浜辺美波イジメ?佐藤健が撮った集合写真に「ひどすぎる」の声

 さすがにこれは可哀想だ。

 9月4日、佐藤健の主演映画「亜人」の完成披露試写会が行われ、佐藤をはじめ、綾野剛、玉山鉄二、千葉雄大、川栄李奈、浜辺美波らのキャストが勢揃いした。

 出演者から撮影秘話などが明かされ、イベントは終始笑いが溢れる感じで進行。最後には佐藤が自撮り棒を持ち、観客がバックに写るようなアングルで、登壇者全員と記念撮影して無事終了となった。

 しかし、その佐藤がセルフ撮影した写真が、現在ある理由からネット上で話題になっているのだ。

「集合写真の左下にいる千葉の隣には浜辺がいたのですが、写真では見切れてしまったため、『浜辺が仲間外れにされている』と話題になっているのです。少し体が離れていたため佐藤も気がつかなかったのかも知れませんが、意識していればわかりそうなもの。被写体は撮る前にスマホの画面で確認できるのだから、周りの共演者たちにも気づいてあげて欲しかったですね。イベント後のショットには浜辺も含めての集合写真がアップされているので、単なる偶然なのかもしれませんが、“浜辺落ち”の写真ばかりが面白半分に拡散され、『浜辺イジメ説』なるものまで浮上しています」(エンタメ誌ライター)

 実際ネットには「ひどすぎる」「浜辺ちゃんが可哀想」「忘れられるにしても存在感がなさすぎるのは辛いよね」といった同情の声が多数。また、写真撮影時に皆が身を寄せ合って写真に収まろうとする中、浜辺だけ千葉と距離を取っていたことを指摘して「写らなくて当然」「逆に千葉に対して失礼じゃないか」といった意見も見受けられた。

 どうやら誤って広まってしまった今回の「浜辺イジメ説」だが、映画のヒットに支障がないことを祈るばかりだ。

http://dailynewsonline.jp/article/1355068/

写真
no title

【浜辺美波イジメ?佐藤健が撮った集合写真に「ひどすぎる」の声wwwww】の続きを読む