芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

浅田舞

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/05/07(木) 00:44:51.08
元フィギュアスケート選手でタレントの浅田舞(31)が6日放送の日本テレビ「今夜くらべてみました」(水曜後9・00)に出演。妹で、10年バンクーバー五輪銀メダル、世界選手権3度制覇の浅田真央さん(29)から恋愛についてのダメ出しを受ける場面があった。

番組では真央さんへのアンケートを実施。「恋人がいるorお一人様、どっちの舞が好き?」との問いに「1人の舞のほうが好き、恋愛をしている舞は全て相手に合わせて自分を失ってしまい、家族のことも忘れてしまうので真央は寂しい思いをしています」とコメントしたことが紹介された。

「生々しすぎてビックリ!」と口元を押さえ、笑った舞。番組MCを務めるフットボールアワー・後藤輝基(45)から、恋愛をすると「家族も目に入らなくなる?」と問われると、「相手に合わせることが一番だと思っちゃう、私は」と返答した。

舞は選手としてのキャリアを終えた後、好きな人には1日50通メールを送るなどの“恋愛体質”だったそう。過去、恋愛にのめりこむ舞に対して、真央さんが心配してきたことも明かし、
「人に合わせるということに対してが愛情だと思っていたので、30歳を過ぎてそれをしちゃうとすごい疲れちゃうんで」と、現在は落ち着いたとアピール。スタジオには「大人になったね」との声があがっていた。

https://news.livedoor.com/article/detail/18223966/
020年5月6日 22時55分 スポニチアネックス
no title

【浅田舞、妹・真央さんから恋愛についてのダメ出し受ける】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2019/11/23(土) 05:50:26.39
 元フィギュアスケート選手でタレントの浅田舞が、恋人に“ポイ捨て”されるという悲劇が起きたという。
 舞の妹は、知っての通りバンクーバー五輪の銀メダリスト・真央だ。

 「舞と真央は、全く性格が違います。真央は先ごろ週刊誌が行った“好感度タレント”で上位に名を連ねる爽やか系。
対して姉の舞は、現役時代からハデに遊び回っていたイメージ。真央とは相反する根っからイケイケ娘です」(スポーツ紙記者)

 「スラッとしているのに、すごい巨乳。外国選手に負けない素晴らしいスタイルをしています。素質も十分にあった。
でも本人は、厳しいスケートは真央、自分は楽しくと割り切っていた。だから、それほど練習熱心ではなく、日本のトップだったものの世界レベルにはなれませんでした」(同・記者)

とはいえ、真央にないものが舞にはある。それは男関係だ。2年ほど前からロックバンド『ONE OK ROCK』のTakaと真剣交際。結婚を考えていたともウワサされた。

 「ワンオクは、バンドとして大成功。Takaは小さいころから音楽環境に恵まれたせいか作詞・作曲の他、複数の楽器をこなす。
 将来は音楽プロデューサー進出も伝えられ、その才能は高いと評判。舞は、そんなTakaと結婚を考えていたようですが、実は二股だった。
 今、Takaにはモデルの恋人がいて、あっさり捨てられたそうです」(同・ライター)

 音楽の世界にはありがちな話だが、舞は相当に落ち込んだようだ。

 「舞は結婚後の新居を探していたほどだといいます。失恋を知った複数の出版社が今、気持ちの整理として“心機一転ヌード”を勧めているところです。
爆売れは間違いありませんからね」(写真集編集者)

 スッポンポンになって心を落ち着けるのは、何よりの療法だ。

浅田舞“失恋”のドン底…複数出版社が勧める心機一転のスッポンポン
https://wjn.jp/sp/article/detail/4564023/ 

no title

【浅田舞“失恋”のドン底…複数出版社が勧める心機一転のスッポンポンwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2019/11/12(火) 10:22:34.92
浅田舞と真央姉妹が11月6日、「Beauty Connection Ginza」のオープニングイベントに出席。
ドレスアップした華やかな装いを披露した。

この日の真央は水色のノースリーブワンピース。
舞はネイビーとグリーンのノースリーブワンピ。ボディラインがよくわかるものだった。

「舞が豊かな胸の持ち主であることはよく知られています。評判どおり、とても素敵な胸のふくらみを見せてくれました。
彼女は「ONE OK ROCK」のボーカル・Takaとの破局が報じられていますが、胸にはまったく影響がないようで安心しました」(週刊誌カメラマン)

さらに姉の舞に負けじとばかりに頑張っていたのが、真央ちゃんだったという。

「2人が並ぶシーンでふと気づいたのですが、舞に負けないぐらい真央の胸もふくらみを見せていたんです。
さすがに推定Gカップの舞にはかないませんが、それでもEカップはあるのではないでしょうか。急成長しているのは間違いありません」(前出・週刊誌カメラマン)

真央ちゃんが舞に追いつく日もそう遠くないかもしれない。

http://dailynewsonline.jp/article/2073784/
2019.11.12 05:58 アサ芸プラス

no title

20191112007

no title

no title

no title

no title

no title

no title

【浅田真央、「姉の舞に負けないほど胸が急成長」魅せつけた“ワンピの特徴”!】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2019/09/27(金) 05:31:20.75
元フィギュアスケート選手の浅田舞・真央姉妹、お笑いコンビ・ガンバレルーヤのよしことまひるが26日、都内で行われた健康増進型保険“住友生命「Vitality(バイタリティ」)”の発売から1年を記念した「Vitality Day 2019」に登場。真央とよしこが同い年であるという話をすると、会場がざわついた。

住友生命「Vitality」は、リスクに「備える」だけでなく、「健康増進」に取り組むモチベーションを高めて、リスクを「減らす」新しい保険のしくみ。イベントには、Vitalityアンバサダーである浅田姉妹とアンバサダーの座を狙うガンバレルーヤが登壇した。

はじめにガンバレルーヤが浅田姉妹になりきって登場し、「現役を辞めてから太りました」と笑いを誘い、司会者から全然違うとツッコまれると、よしこが「クソが!」とお馴染みの暴言。その後、本物の浅田姉妹が登場し、真央とよしこ、舞とまひるが同じ衣装を披露した。

アンバサダーの座を狙っているというガンバレルーヤに対し、浅田姉妹は「譲れないです」ときっぱり。ガンバレルーヤが「私たちのほうが健康です」とアピールすると、浅田姉妹も「私たちのほうが健康です」と対抗した。

そして、よしこは「実は私たち、生まれも育ちも一緒なんです。私、愛知県出身で、お二人も愛知県出身で」と浅田姉妹との共通点を説明。さらに真央とよしこが「私たち同世代なんですよね」「そうなんです。同い年なんです」「90年生まれなんですよね」と、同じ90年生まれだと明かすと、会場がざわついた。

イベントでは、真央がボクササイズにハマっているということから、真央とよしこのボクササイズ対決を実施。時間内に回数を競うというルールだったが、よしこはパワー重視でパンチとキックを繰り出し、真央の圧勝という結果になった。
浅田真央&ガンバレルーヤよしこ、“同い年”の事実に会場ざわつく 
2019/09/26 17:37 
※引用元サイトにて動画をご覧になれます。 
https://news.mynavi.jp/article/20190926-900110/ 

左から浅田舞、浅田真央、よしこ、まひる 
no title

【浅田真央&ガンバレルーヤよしこ、“同い年”の事実に会場ざわつくwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
no title

1: なまえないよぉ~ 2018/05/08(火) 22:27:50.60 ID:Jrqf8BjU0● BE:322453424-2BP(2000)
太股ムッチリ! 超ミニ丈のスカートで美脚をあらわにしたローラ (28)がステージに現れると会場から歓声が沸き上がった。だが、そのローラは動かず。
その正体は『マダム・タッソー東京』に展示(4月23日)されたローラの等身大フィギュアだった。MCの小籔千豊は「すごいですね。めちゃくちゃ似てます。怖いくらい本物」と言ったものの目線はしっかりムッチリ太股に釘付け。

 「フィギュアより本物よ」と、ローラが自身のインスタグラムに“超絶セクシーバディ”のハイレグ透け水着姿を公開。その陰に、元カレを略奪された怒りがあるという。
 「4月15日のインスタグラムに、米カリフォルニアのリゾート地で撮影した、美脚を披露した白のハイレグ水着をアップ。
体をくねらせた“悩殺ポーズ”をとり、谷間を露出した胸には乳首のようなものが透けるエロさで、芸能界に向け“ヌードになってもオッケー”とアピールしているとしか思えません」(芸能記者)

 ローラをめぐっては昨年8月、所属事務所に対し、実質20年にわたる“奴隷契約”で不当に拘束されているとして、独立トラブルが浮上した。
 「その後、ローラはテレビ出演が激減。しかし、今年3月に入り一部メディアが、同30日の28歳誕生日をもって事務所との和解を発表すると報道したのです。
ただ結局、発表はなく、大筋で和解に合意したものの、権利関係などをめぐって、間に入った複数の関係者と揉めているとされます。今後も、和解金を含めた金銭の暗闘が続きそうです」(芸能記者)
ただ、今回のセクシー水着公開を考えると、「脱ぎ決意」は本気のようだ。
 「最近、ジムで鍛えまくり、世界クラスのボディーになっているローラが“出直しフルヌード”を写真集で披露すれば50万部突破は必至。収益を分配すれば関係者も納得し、瞬時に解決する可能性は高いです」(同)

 しかし、ローラがプッツン気味なのは、事務所トラブルだけではない。実は、元カレとされるロックバンド『ONE OK ROCK』ボーカル・Takaと浅田舞(29)のお泊まりデートが4月12日、週刊文春で報じられたことへの怒りもあるようだ。
 「Takaのインスタグラムに写り込んだローラとのハグ疑惑画像を発端に、'17年の年明けあたりから熱愛説が浮上しました。
双方『親友』と否定し“破局”したとみられますが、ともに拠点とする米国で親密になったことは確か。ローラは今もTakaに恋愛感情を抱いているだけに、浅田舞とのお泊まりが報道されたことに嫉妬心が燃えているようです。そんなイライラを原動力に、一気に全裸披露して事務所と和解…という流れになりそうです」(女性誌記者)

 ローラの“圧巻美裸身”は神の領域ですらある。

https://wjn.jp/sp/article/detail/7959487/

【「このバディに勝てる?」ローラ “元カレ略奪”の浅田舞に“完脱ぎ”宣戦布告wwwwwwww】の続きを読む