芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

流出

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/03/05(木) 12:39:42.41
柏木由紀、益若つばさ、北原里英、鬼頭桃菜(三上悠亜)など、人気女性タレントと次々に交際していたことで知られるNEWSの手越祐也に、新たなベッド写真の流出があったとの話がある。

1月下旬にある週刊誌の編集部が入手していたこということで、2月上旬には報じられると見られていたが、結局は掲載はなく、同誌の関係者に話を聞くと「一緒に写っている女性が何者か分からなかったらしい」と言う。

「手越らしき顔は写っているんですが、鏡に映った女性の方は顔が見えない角度で胸のあたりが露になっているんだそうです。
かなり際どいショットなので、相手が誰かも分からないと報じるのは不可能ということになったそうです」

編集部では人員を動員して写真をチェック、手掛かりとなる女性の上半身を、過去に手越と交際が伝えられた女性の水着写真などと丹念に比べたというが、「どの女性とも一致しなかったそうです」と関係者。そうなると一般女性の可能性もあるのだが、もうひとつの可能性もある。
それは「手越が交際しながらも名前が表にならなかった人気アイドルグループの元メンバー」だ。

このメンバー女性は5年前、夕刊紙で手越との交際をイニシャル報道されたことがあるアイドル。

その報道では彼女が一時、病気療養のため活動休止していたのは妊娠が理由だった疑いがあるというもので、メンバーの周辺では手越父親説が持ち上がっていたというのだ。

疑惑の内容は「女性を孕ませたことが発覚した手越は事務所から呼び出されて大目玉を食らい、相手の事務所からは『今後一切ウチのタレントには手を出さない』と約束させられた」なんていうもの。

結局、その後に女性は何食わぬ顔で仕事に復帰。病気のことについては詳しく話しておらず、謎めいたままだったのだが、この直後に報じられたのが15年7月、柏木との浴衣ツーショットでもあった。

これは週刊文春が掲載したもので、苗場と箱根の旅館で撮影されたという旅行写真。
このスクープによって前述の妊娠疑惑は吹っ飛んでしまったのだが、結局のところ、手越にはあまりにウワサとなる女性が多すぎて、特定が難しいのである。

ウワサだけなら他にも、きゃりーぱみゅぱみゅや大島優子、峯岸みなみ、高橋亜樹なども浮上、写真誌が今回のベッド写真の相手を特定しきれないのも彼のプレイボーイぶりがマスコミの想定を上回っているからか。
https://k-knuckles.jp/1/9888/2/
f56c7601-s

【【通常運転】 手越祐也ベッド写真流出? 疑惑の相手はあのアイドルグループメンバー】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2019/10/06(日) 02:15:54.89
女優の石原さとみ(32)に予期せぬ事態が起きている。“スクール水着”を始め、過去の恥ずかしい写真がネット上で多数流出。
それらがほとんど「本物」だというから驚きだ。
「今、一部芸能サイトに彼女の昔の写真が大量流出しています。正確にいえば“流出させている”ということになるでしょう。
石原の写真ばかりなので、運営側がある事を狙ってアップしているように思えます」(芸能ライター)

このサイトは一見、芸能記事を中心としたニュース仕様となっているが…。

「2016年頃から芸能の情報発信をしているようですが、なぜか石原の別コーナーがあり、そこに彼女の写真を掲載しているのです。
他へのリンクではなく自前。ただ、トップ画面から探しても、なかなか行きつけない奇妙な作りなんです」(同)

他のタレントのコーナーもあるようだが、石原には特に力が入っているように見受けられる。
「石原以外に綾瀬はるか(34)や佐々木希(31)、吉高由里子(31)といった人気タレントの流出写真もありますが、石原だけがひときわ数が多い。
例えば、綾瀬は10枚程度なのに比べ、石原だけ100枚超え。サイトの運営者が熱狂的なファンなのかもしれません」(同)

その中でも目玉となっているのが、デビュー前後の水着ショットという。
「石原の流出モノでファン垂涎なのが『“スク水”鮮明版』でしょう。
胸は成長過程で、股間を突き出しながらプールサイドに座っている。
これは以前、流出したのと同じものですが、画像が小さくて判然としなかった前回とは打って変わって、いずれもクッキリ。
10代半ば頃のショットです」(投稿雑誌編集者)

しかも、石原のコーナーはこだわりもあるようだ。
「通常、流出サイトは写真集を中心に、本物かどうか分からない写真がゴチャまぜになっているのですが、このサイトでは雑誌のセクシーショット、
ドラマでのキスシーン、舞台の濡れ場、果てはおっぱいを揉まれるGif動画や事務所のオーディションに合格した時の動画まで完全網羅。まさに『厳選・ワイセツさとみ』のオンパレードなのです」(同)

さらに、このサイトに似通った、別の芸能サイトも存在するという。
「ここもニュースを前面に出した同様の作りですが、近年の写真集からの抜粋が目立っています。ただ、過激さはないが、大人の石原を見ることができる。
ひょっとして、同じ運営者ということも考えられます」(同)

もちろん、こうした流出サイトは容認できるものではない。とはいえ、ネット民からは賛辞の声が送られているという。
「芸能界で流出モノの1位は、後藤真希(34)。彼女はグラビアでヌードもやっていますし、不倫報道もあったため、アイコラの本番画像など、とにかく下品な写真が多い。
一方の石原は、写真集を中心とした水着流出が多い。
これは、彼女が正統派女優の中でも、秀逸な存在ということの証明。ネットでも大好評です」(スポーツ紙記者)

そんなトップ人気を誇る石原だが、最近、ややパワーダウン。昨年のドラマ『高嶺の花』(日本テレビ系)、今年の『Heaven? ~ご苦楽レストラン~』(TBS系)は、連続して平均視聴率が一桁だった。
「どのドラマでも、キャラが一緒だと飽きられているのか、女優としては正念場。私生活でも、山下智久と破局。
今年はIT社長とのマンション内で別室同棲が確認されたものの、破局が報じられています」(同)

今回の流出写真は、ファンの「しっかりして!」のメッセージかも?

https://news.livedoor.com/article/detail/17188918/
2019年10月6日 0時15分 週刊実話
no title

【石原さとみ 流出!わいせつ写真!!!】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
AKBlogo1

1: なまえないよぉ~ 2019/09/07(土) 09:08:16.34 ● BE:989972537-2BP(2000)
AKBチーム8・横山結衣の彼氏キス写真が流出! ホクロ検証で本人確定、熱愛スキャンダルにファンも悲鳴

AKB48・チーム8青森県代表の横山結衣(よこやま・ゆい)の熱愛写真に流出し、騒ぎになっています。
流出したのは、彼氏らしき男性と部屋で密着している写真1点と、キス写真2点。
ホクロの位置の検証などからも本人であることは確実とみられています。

流出元アカウントは直ちに沈黙
この画像を流出させたのは、Twitterの「@TL4xSMn99zISPys」というアカウントであり、現在は非公開になっています。
http://48ers.info/I0000714

横山結衣(よこやま・ゆい)/18歳
【公式ニックネーム】ヨコちゃん
【所属事務所】AKS
【生年月日】2001年2月22日
【出身地】青森県津軽郡大鰐町
【合格期】チーム8 初代

流出ラブラブ写真
no title

no title

「ゆい おめでとう」と名前が書き込まれています。
no title


ホクロ、服の柄が一致
no title

no title

no title

no title


横山結衣18歳
no title




【【炎上】AKBの18歳美少女メンバー、男とキスラブラブ写真流出!】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2019/07/20(土) 09:31:13.04
50歳になった今も、高い人気を誇る森高千里に、トンデモない写真が流出した。
10代のデビュー前後、初々しくもヤボッたい写真が大量流出。その裏には、同業プロダクションの嫌がらせが噂されている。

 「最近、森高の30年以上も前のグラビア写真が、ネットを中心に拡散しています。いずれも、今の森高からは想像できないほどのダサ顔。
当然、ネット上の書き込みには、整形説まで囁かれています」(音楽ライター)

 彼女は熊本県の高校在学中にバンド活動を開始。'86年、大塚製薬が主催した「ポカリスエット・イメージガールコンテスト」でグランプリを獲得。
同年冬に、芸能活動を本格化させるため上京、東京の高校に入学した。

 「“九州に独特なボイスで注目の高校生がいる”という話は東京にも伝わっていて、複数のレコード会社が、調査をしていたそうです。
ただ、各社共通の認識を持っていたのは『ルックスに華がない』でした。
噂では、上京後、メークやプチ修正などで顔を整えたとも囁かれています」(同)

 確かに今回の流出した写真は、“本当に森高なの!?”というような顔ばかり。それにしてもなぜ、今さら昔の写真が流出するのか?

 「森高は、『Love music』をはじめ、フジテレビ系の音楽番組には必ずレギュラーMCとして登場するほど、蜜月関係にあります。
あの“歌姫”浜崎あゆみ(40)でさえ、お呼びがかからない。森高は、大ヒットした『私がオバさんになっても』の根強い人気と、局のバックボーンによって、今の地位を保っているのでしょう。
まさに“オバさんになっても健在”です」(レコード会社関係者)

 さらに、流出騒動の原因を作ったといわれているのが、森高の夫であり俳優の江口洋介の存在だ。
昨年、ドラマ『BG~身辺警護人~』(テレビ朝日系)に出演。今年も『ストロベリーナイト・サーガ』(フジテレビ系)に準主役級で出演している。

 「『身辺警護人』は木村拓哉、『ストロベリーナイト・サーガ』では亀梨和也と、ジャニーズタレントが出演するドラマにはよく出ていて、最近では、“ジャニーズ御用達俳優”とも揶揄されています。
江口は“ジャニーズには腰が低い”と悪評が立っているため、嫌っている芸能プロも多いようです。今回の流出写真は、やっかみによる同業の仕業が疑われています」(同)

 オバさんになった森高は、どう乗り越える?

森高千里 売れてるオバさんに「少女時代写真」大量流出 
https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12151-345460/

001_size6

【森高千里さん、売れてるオバさんに「少女時代写真」大量流出wwwwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2019/06/11(火) 20:01:06.26 ID:B+E17ii49
 8日、「週刊文春デジタル」で、一般高校に通う男子同級生との交際を報じられたAKB48メンバーの矢作萌夏。同日、矢作はTwitterで<私が、ディズニーランドで一緒に写っている方とお付き合いしているという報道がありましたが、事実とは全く違います>と、熱愛報道を完全に否定した。

 「文春デジタル」が掲載した東京ディズニーランドでの男子同級生とのツーショットについて、矢作萌夏は<昨年の冬に同級生の女の子5人でディズニーランドに行きました。その時、ご家族で来ていたA君と偶然お会いして、写真を撮ろうと言われ、一緒に写真を撮りました。しかし、A君はよく話す友人の一人ではありますが、彼氏でもなんでもなく、同級生の1人です>と釈明している。

 また、矢作は9日にもTwitterを更新しており、<『文春に売られたよ』とか『大変なことになるよ』などよくわからないDMが数週間前から毎日来ていて、スタッフさんに相談しているところでした>と告白。熱愛報道の直前には、一人で買い物中に記者らしい男性2人に付きまとわれ、警察署に飛び込んでいたという。

 また、「文春デジタル」の報道をきっかけにあらぬ噂が広まっていることについて、<自称私と同じ高校の生徒と名乗ってデマや捏造した写真を拡散する方が沢山いるようですが、とてもショックです>と胸の内を吐露した。

 現在、ネット上では、矢作らしき女子と同級生のような男子が親しげに接触しているツーショット写真が流出、拡散しており、波紋を広げている。さらに矢作がプライベートで使用しているInstagraアカウント(裏アカ)も特定され、学内イベントなどを収めたプライベート写真も流出。またTwitterでは、同級生を自称する複数のアカウントが登場し、矢作と同級生の交際が校内に広く知れ渡っていたこと、矢作の生活態度が芳しくないことなど、真偽不明の噂を広めている。



 このように、ネット上で情報が錯綜したことによって騒動はどんどん膨れ上がっていき、矢作のSNSアカウントには「完全にクロ」「嘘つくな」「もう学校にいられないね」などと中傷コメントが相次ぐまでに至った。

 これについて一部スポーツ紙は、AKB48の運営側が「メンバーへの嫌がらせを繰り返している高校生グループが暗躍している可能性が高い」と見ており、デジタル専門業者による分析や調査を進めたうえで刑事告訴も視野に入れて対応していくと伝えている。

 「週刊文春デジタル」に掲載された複数の写真は、明らかにプライベート写真であり、何者かが矢作の情報を週刊誌にリークしている可能性がある。「メンバーへの嫌がらせを繰り返している高校生グループ」と週刊誌のパイプの有無は不明だが、芸能活動とは離れた学校生活の様子をマスコミがスクープとして晒しあげるのは、明らかにやりすぎだ。

 プライベートをつけ狙われ、暴かれるような情況にあっては、矢作が健全な学校生活を送ることも困難だろう。運営側の速やかな対応に期待したい。

wezzy 2019年6月11日 15時35分
https://news.infoseek.co.jp/article/wezzy_66668

写真
no title

【AKB48矢作萌夏の裏アカやプラ写流出!自称同級生たちの暴走と「暗躍する高校生グループ」】の続きを読む

このページのトップヘ