芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

流出

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/09/16(水) 16:09:43.73 _USER9
テレビ東京の女子アナウンサーの会話とみられる音声が流出した問題で、テレビ東京が女子アナに対して聞き取り調査を実施していたことが、「週刊文春」の取材で分かった。

9月2日、女子アナ2人の会話とみられる音声がツイッターの匿名アカウントにアップされた。
〈テレビ○○の若手女性アナウンサーMとIの本性とは…〉と記され、複数の音声が次々公開されていった。

「番組名でウチだとわかった。Mは森香澄アナ(25)、Iは池谷実悠アナ(23)で入社2年目。
昨年末、収録前の練習に使う、アナウンス室内の発声室での会話を録音されたものと思われます。
彼女たちのSNSは音声がアップされて以降、更新されていません」(テレ東社員)


流出した音声の内容は、社内で波紋を呼んだ。

「スキルを付けて。結婚して、適当な何か事務所に所属して~。土曜日、日曜日だけ働くみたいな」

「それがベストだよね」

「そのために、実績をテレ東で作ろうと思ってやってる」

また、「今日、超汚いスタッフさんとご飯だわ」「めっちゃ毛深いし、超怖かった。途中からサルに見えてきた」
などとスタッフを小馬鹿にする発言もあった。

さらに、先輩アナを名指しして「仕事ないじゃん」「あの人でも辞める気ないよ」「いてもあんまり意味ない」と話していた。

テレビ東京関係者によれば、会社は女子アナ2人を呼び出し、アナウンス部長が聞き取り調査を行ったという。

「2人は自分たちの会話だと認め、スタッフや先輩アナに謝罪しています。アナウンス室は当時施錠されていて、アナ以外は社員も滅多に立ち入れない。
そのためアナウンス室内部の犯行と見られ、複数の名前が挙がっている」(別のテレ東社員)

テレ東は「現在、事実関係を確認中です」と回答した。

9月17日(木)発売の「週刊文春」では、音声で名指しされた有名アナウンサー、“犯人”として取り沙汰されたアナ、テレビ東京で女子アナたちの“仁義なき戦い”が繰り広げられている理由を報じる。
https://news.yahoo.co.jp/articles/35ca4149fefb884a60a7f5b2a5cbdb8bb8432795
テレビ東京

【【文春砲】「結婚して適当な事務所に所属」テレビ東京女子アナが調査に音声流出認める】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/09/14(月) 22:11:54.34 _USER9
9月中旬にネット上で突如拡散された男女の性行為の動画が大きな波紋を呼んでいます。

性行為の動画が流出

拡散されている動画は、男女の性行為を、男性側が撮影したもの。

画質はいいとは言えないものの、ほくろの位置や耳の形など、それぞれの体の特徴を見比べたところ、その女性が「水溜りボンド」(登録者437万人)カンタとの熱愛が報じられた女優「池田エライザ」なのではないかと推理する人が現れ、話題となっています。

また、動画内で女性の発言や男性の体の特徴などから、その男性がサロンモデルとして活動している人物ではないかと推理する人も。

動画の拡散と前後して、その男性はインスタグラムとツイッターのアカウントを非公開にしており、これも噂に拍車をかける一因となっています。

この噂を受け、ツイッターでは「池田エライザ」がトレンド入り。かなりの注目を浴びていることが分かります。

現在出回っている動画は1分程度ですが、5分程度の“完全版”があると称し、それを販売する者も現れています。

(関連記事「水溜りボンド・カンタ、池田エライザとの熱愛・半同棲が報じられる」)

流出はいつから?

この動画がネット上にアップされたのはいつからでしょうか。

ツイッターを調べたところ、8月末に「大学で高値で売買されていた」というツイートが、動画の一部のスクリーンショットを添えて投稿されていました。
この動画はネット上で大々的に拡散される前、人伝いで拡散されていたのかもしれません。

ちなみにこの動画は、インスタグラム専用の動画撮影アプリ「SeaCamera」で撮影されたもようです。

フェイク?本物?議論を呼ぶ

大人気女優のスキャンダルに、ネットユーザーは騒然。
ツイッターでは、

多分エライザとS◯Xしたっていう事実に舞い上がって友達にあげるか売るかしてそれが流出したんやろな

へその形、横顔、耳の形、もみあげの生え方、肩のホクロ、うーん

池田エライザがトレンドに上がってたから何の事かと見てみたけど、本人じゃないでしょアレ?
ぽく見える系の奴じゃないの?

全然興奮しなかった。
DeepFakeかな?

と、この疑惑の真偽について議論を呼んでいます。

2020年9月14日 18:36 
https://ytranking.net/blog/archives/36016 

no title


【池田エライザちゃんなの?流出した性行為動画にネット騒然 Twitterでは「池田エライザ」がトレンド入り】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/05/30(土) 09:05:59.56
清純派女優・波瑠の思いもよらぬ写真が流出しているようだ。彼女はこの5月、NHK土曜ドラマ『路~台湾エクスプレス~』に主演。コロナ禍でドラマ制作ができない中、数少ない新作品に出演している。

「3話完結ですが、新型コロナが騒ぎになる前に作ったのかもしれません。NHKと台湾の公共放送局・
PTSの共同制作ドラマ。出番がない女優にはうらやましい限りでしょう」(テレビ雑誌編集者)

 ドラマは、日本人と台湾人の心の絆を描いた吉田修一の小説『路(ルウ)』が原作。商社員・多田春香(波瑠)は、台湾の新幹線プロジェクトの一員として台湾に出向。春香は大学時代、台湾を訪れ、エリック(アーロン)という台湾人青年と出会う。
たった1日だけ台北を案内してもらったが、その後、連絡が取れなくなり、はかない片思いに終わる――という始まりだ。

「台湾に新幹線を走らせる技術者たちの苦闘ドラマかと思いきや、春香ほか複数の男女の恋愛模様を描いた焦点ボケボケのドラマ。タイトルからして台湾エクスプレスだし、技術者モノを期待していた視聴者は、肩透かしを食らったかもしれません」(同・編集者)

 内容はともかく、大物女優でも仕事がない昨今、波瑠は浮き沈みがない。

「民放の連続ドラマでは、『警視庁文書捜査官』で平均12.9%(ビデオリサーチ調べ/関東地区、以下同)の高視聴率をたたき出したかと思えば、その後はひと桁台を連発するなど、当たりハズレがある。
しかし、NHK連続テレビ小説『あさが来た』の主演で、平均23.5%とテレビ小説の今世紀最高を記録。NHKの厚遇女優の1人なのです」(同)

 一方、彼女には気になる情報も浮上。今、彼女のギャル時代の写真がネットで拡散中。ワルギャルというよりアホギャルだったようなのだ。

「清楚な雰囲気がウリですが、学生時代は全然違う。ギャルそのもので、ケバメークの読者モデル写真も存在します。高校は単位不足で、リポートで卒業したという逸話も暴かれています。マジメそうですが、人は見掛けによらない典型。実はNHKに似つかわしくないのに、ご贔屓にされているので、同業の嫉妬で過去写真を流された可能性もあり得ますね」(週刊誌記者)

 ギャルから清純派女優への転身も、一定の“需要”はありそうだが、彼女の今後やいかに…。

https://wjn.jp/article/detail/7782914/

参考

no title

no title
【正統派女優・波瑠の“ギャル”写真流出!? NHK厚遇女優のウラの顔とは】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/03/05(木) 12:39:42.41
柏木由紀、益若つばさ、北原里英、鬼頭桃菜(三上悠亜)など、人気女性タレントと次々に交際していたことで知られるNEWSの手越祐也に、新たなベッド写真の流出があったとの話がある。

1月下旬にある週刊誌の編集部が入手していたこということで、2月上旬には報じられると見られていたが、結局は掲載はなく、同誌の関係者に話を聞くと「一緒に写っている女性が何者か分からなかったらしい」と言う。

「手越らしき顔は写っているんですが、鏡に映った女性の方は顔が見えない角度で胸のあたりが露になっているんだそうです。
かなり際どいショットなので、相手が誰かも分からないと報じるのは不可能ということになったそうです」

編集部では人員を動員して写真をチェック、手掛かりとなる女性の上半身を、過去に手越と交際が伝えられた女性の水着写真などと丹念に比べたというが、「どの女性とも一致しなかったそうです」と関係者。そうなると一般女性の可能性もあるのだが、もうひとつの可能性もある。
それは「手越が交際しながらも名前が表にならなかった人気アイドルグループの元メンバー」だ。

このメンバー女性は5年前、夕刊紙で手越との交際をイニシャル報道されたことがあるアイドル。

その報道では彼女が一時、病気療養のため活動休止していたのは妊娠が理由だった疑いがあるというもので、メンバーの周辺では手越父親説が持ち上がっていたというのだ。

疑惑の内容は「女性を孕ませたことが発覚した手越は事務所から呼び出されて大目玉を食らい、相手の事務所からは『今後一切ウチのタレントには手を出さない』と約束させられた」なんていうもの。

結局、その後に女性は何食わぬ顔で仕事に復帰。病気のことについては詳しく話しておらず、謎めいたままだったのだが、この直後に報じられたのが15年7月、柏木との浴衣ツーショットでもあった。

これは週刊文春が掲載したもので、苗場と箱根の旅館で撮影されたという旅行写真。
このスクープによって前述の妊娠疑惑は吹っ飛んでしまったのだが、結局のところ、手越にはあまりにウワサとなる女性が多すぎて、特定が難しいのである。

ウワサだけなら他にも、きゃりーぱみゅぱみゅや大島優子、峯岸みなみ、高橋亜樹なども浮上、写真誌が今回のベッド写真の相手を特定しきれないのも彼のプレイボーイぶりがマスコミの想定を上回っているからか。
https://k-knuckles.jp/1/9888/2/
f56c7601-s

【【通常運転】 手越祐也ベッド写真流出? 疑惑の相手はあのアイドルグループメンバー】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2019/10/06(日) 02:15:54.89
女優の石原さとみ(32)に予期せぬ事態が起きている。“スクール水着”を始め、過去の恥ずかしい写真がネット上で多数流出。
それらがほとんど「本物」だというから驚きだ。
「今、一部芸能サイトに彼女の昔の写真が大量流出しています。正確にいえば“流出させている”ということになるでしょう。
石原の写真ばかりなので、運営側がある事を狙ってアップしているように思えます」(芸能ライター)

このサイトは一見、芸能記事を中心としたニュース仕様となっているが…。

「2016年頃から芸能の情報発信をしているようですが、なぜか石原の別コーナーがあり、そこに彼女の写真を掲載しているのです。
他へのリンクではなく自前。ただ、トップ画面から探しても、なかなか行きつけない奇妙な作りなんです」(同)

他のタレントのコーナーもあるようだが、石原には特に力が入っているように見受けられる。
「石原以外に綾瀬はるか(34)や佐々木希(31)、吉高由里子(31)といった人気タレントの流出写真もありますが、石原だけがひときわ数が多い。
例えば、綾瀬は10枚程度なのに比べ、石原だけ100枚超え。サイトの運営者が熱狂的なファンなのかもしれません」(同)

その中でも目玉となっているのが、デビュー前後の水着ショットという。
「石原の流出モノでファン垂涎なのが『“スク水”鮮明版』でしょう。
胸は成長過程で、股間を突き出しながらプールサイドに座っている。
これは以前、流出したのと同じものですが、画像が小さくて判然としなかった前回とは打って変わって、いずれもクッキリ。
10代半ば頃のショットです」(投稿雑誌編集者)

しかも、石原のコーナーはこだわりもあるようだ。
「通常、流出サイトは写真集を中心に、本物かどうか分からない写真がゴチャまぜになっているのですが、このサイトでは雑誌のセクシーショット、
ドラマでのキスシーン、舞台の濡れ場、果てはおっぱいを揉まれるGif動画や事務所のオーディションに合格した時の動画まで完全網羅。まさに『厳選・ワイセツさとみ』のオンパレードなのです」(同)

さらに、このサイトに似通った、別の芸能サイトも存在するという。
「ここもニュースを前面に出した同様の作りですが、近年の写真集からの抜粋が目立っています。ただ、過激さはないが、大人の石原を見ることができる。
ひょっとして、同じ運営者ということも考えられます」(同)

もちろん、こうした流出サイトは容認できるものではない。とはいえ、ネット民からは賛辞の声が送られているという。
「芸能界で流出モノの1位は、後藤真希(34)。彼女はグラビアでヌードもやっていますし、不倫報道もあったため、アイコラの本番画像など、とにかく下品な写真が多い。
一方の石原は、写真集を中心とした水着流出が多い。
これは、彼女が正統派女優の中でも、秀逸な存在ということの証明。ネットでも大好評です」(スポーツ紙記者)

そんなトップ人気を誇る石原だが、最近、ややパワーダウン。昨年のドラマ『高嶺の花』(日本テレビ系)、今年の『Heaven? ~ご苦楽レストラン~』(TBS系)は、連続して平均視聴率が一桁だった。
「どのドラマでも、キャラが一緒だと飽きられているのか、女優としては正念場。私生活でも、山下智久と破局。
今年はIT社長とのマンション内で別室同棲が確認されたものの、破局が報じられています」(同)

今回の流出写真は、ファンの「しっかりして!」のメッセージかも?

https://news.livedoor.com/article/detail/17188918/
2019年10月6日 0時15分 週刊実話
no title

【石原さとみ 流出!わいせつ写真!!!】の続きを読む