芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト、芸能トピ++

活動休止

1: なまえないよぉ~ 2018/11/06(火) 21:28:19.90 ID:CAP_USER9
学業専念のため今年5月1日から活動休止していたSKE48後藤楽々(18)が6日、愛知・SKE48劇場で開催された、チームE「SKEフェスティバル」公演で復帰した。

開演前の影アナで「すごく久しぶりに劇場に立つので緊張していますが、みなさまに笑顔を届けられるように頑張りますので、よろしくお願いします」と宣言した。

その宣言通り、1曲目の「重力シンパシー」からセンターポジションで堂々のパフォーマンスを披露した。
復帰ステージでいきなり4曲続けてのパフォーマンスを見せた後藤は、すでに汗だく状態。
そんな中でMCを担当し、「みなさん盛り上がってますか! みなさん、楽々帰ってきました! まだまだ公演は続きますが、みなさんはずっと盛り上げ続けられますか!」と、息切れしながらも会場のファンに叫んだ。

メンバー紹介では「あらためまして。長い間お休みをもらっていましたが、待っていてくれてありがとうございます」と感謝した。
「そしてこのたび、合格に、あっ!」と肝心なところで言い間違えたが、「このたび、大学に合格しました!」と報告。
メンバーからは“おめでとう”と、ファンからは拍手と歓声で祝福を受けた。

「これで大学に進むという1つの夢がかなったので、これからはさらなる夢に向けてSKE48で1からがんばっていきたいので、応援よろしくお願いします」と続けた。

汗だくでやや息が上がり気味の後藤が「久しぶりに運動して出し過ぎちゃったかなと思っていますが、まだまだ力はあるので、全て出し切るつもりでいきます」と宣言すると、会場からは温かい拍手が起こった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181106-00384392-nksports-ent

後藤楽々が劇場公演で復帰
no title

no title

no title

no title


SKE48 後藤楽々
no title

no title

【【SKE48】活動休止の後藤楽々が復帰「大学に合格しました!」】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/10/10(水) 22:02:04.01 ID:CAP_USER9
AKB48チーム8兵庫県代表の山田菜々美(19)が10日からしばらく活動を休止することが同日、AKBの公式ブログで発表された。
体調不良が続いているため。

ブログでは「AKB48チーム8 兵庫県代表・山田菜々美(ヤマダナナミ)は体調不良が続いており、10月10日より、しばらくの間AKB48の活動を休止させていただくことになりましたのでお知らせいたします」と発表。

「活動休止中は、プライベートメールをはじめ、各種SNSの更新、握手会もお休みさせていただきます」、「復帰のめどが立ち次第、あらためてご報告申し上げます」と説明され、「ファンの皆さま、関係者の皆さまにはご心配とご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解、ご了承を賜れますと幸いに存じます」と、了解を求めている。

山田は8日のツイッターで「大阪握手会 楽しみにしていたのですが 体調を崩してしまって 参加出来ませんでした。みなさんには、申し訳なくて ごめんなさいの気持ちで いっぱいです、、今は治す事に集中します」とつづっていた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181010-00000115-dal-ent

AKB48 チーム8兵庫県代表 山田菜々美
no title

no title

no title

【【AKB48】チーム8山田菜々美、活動休止を発表】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/07/31(火) 13:38:54.34 ID:CAP_USER9
人気アイドルグループ・NMB48のキャプテン・山本彩が30日、東京・中野サンプラザで行われた全国ツアーの初日公演で、グループから卒業することを電撃発表したことを、各スポーツ紙が報じている。

各紙によると、アンコールでセンター曲「365日の紙飛行機」を歌い終えた山本は「ここでご報告があります。私、山本彩は、NMB48を卒業します」と発表。

客席がどよめく中、「今このタイミングで私がNMB48を離れることが、NMB48がもっと成長するための起爆剤になるんじゃないかなと思うようになりました」と卒業を決心した経緯を説明。

具体的な卒業時期は未定で、今後オフィシャルサイトなどで発表。

そして山本は、ファン約2200人の“さやかコール”に思わず涙を流し、「最後まで全力でアイドルをやらせていただきます」とファンに呼び掛けたというのだ。

「現状、NMBの中でソロでやっていけるほどの実力と知名度があるのは山本のみ。
それに対し、ほかのメンバーはいまいち伸び悩んでしまっている。山本は自身が卒業することにより、残ったメンバーたちに危機感を植え付けようとしているのでは」(テレビ局関係者)

6月に開票イベントが行われた「第10回AKB48世界選抜総選挙」に山本は出馬せず。NMBは吉田朱里の14位が最高。
総選挙に対するファンの“熱意”がほかの48グループに比べて冷めていることが浮き彫りになってしまったのだ。

「山本の卒業でファン離れが加速しそう。48グループの中で収益は下の方で、このままだと、近い将来、48グループで活動休止および解散という事態を迎えてもおかしくない。
それを打開するには残されたメンバーが奮起するしかない」(芸能記者)

山本の卒業発表で、残ったメンバーたちには厳しい現実が突きつけられそうだ。
https://npn.co.jp/article/detail/89728018/

no title

【NMB48が山本彩卒業後に存続危機を迎える可能性・・芸能記者「ファン離れが加速しそう。近い将来、活動休止、解散という事態も」】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/07/21(土) 22:54:03.47 ID:CAP_USER9
アイドルグループ・AKB48の樋渡結依(18)が、学業専念のため活動を休止することが20日、わかった。
グループ公式ブログで発表された。

「樋渡結依 休養のお知らせ」と題した記事で「AKB48チームB 樋渡結依は、学業を優先するため、しばらくの間AKB48の活動を休止させていただくことになりましたのでお知らせいたします」と報告した。

復帰時期については「めどが立ち次第、あらためてご報告申し上げます」とし、「ファンの皆さま、関係者の皆さまにはご心配とご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解、ご了承を賜れますと幸いに存じます」と謝罪した。

樋渡は2015年に第2回AKB48グループドラフト会議でAKB48に加入。
2017年の総選挙では73位、今年の総選挙では速報で94位だったが最終順位は圏外だった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180721-00000334-oric-ent

AKB48 樋渡結依
no title

no title

no title

【【AKB48】「ひーわたん」樋渡結依、学業専念のため活動休止 復帰時期は「めどが立ち次第」】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/07/11(水) 15:18:00.88 ID:CAP_USER9
アイドルグループ「SKE48」の松井珠理奈(21)の活動休止発表が、ファンによる臆測も呼んでいる。
体調不良のため療養に専念し、しばらく活動を休止することが、7日に発表された松井。

6月に行われた「第10回AKB48世界選抜総選挙」で初の1位に輝き、
最もスポットライトが当たるこの時期になぜ休養しなければならなかったのか――。

SKEは松井について「以前から体調不良が続いており、一部の活動をお休みさせていただいておりましたが、このたび、SKE48および48Gの活動をしばらくの間休止しまして、療養に専念することと致しました」と公式サイトで報告。

復帰のメドは現時点で未定で、SNS等の更新も休止し、完全休養に入るという。

松井は6月の世界選抜総選挙で悲願だった1位に輝き、9月19日に発売されるAKB48の53rdシングル「センチメンタルトレイン」のセンターに決定した。
7日放送の日本テレビ系音楽特番「THE MUSIC DAY」で同曲を初披露したが、珠理奈は欠席。

立つはずのセンターポジションには、総選挙1位のトロフィーとスタンドマイクが置かれた状態だった。

「総選挙翌日の報道陣向けの一夜明け会見には姿を見せたが、その後は体調不良のため活動を休んでいた。
開票前のライブでも突然号泣して過呼吸のような状態で倒れてもいた。地元・名古屋で総選挙が行われたこともあり、珠理奈は『1位にならなければならない』と自分を追い詰め、開票数日前から寝られないほどのプレッシャーを感じていた」(事情を知る関係者)

さらに、珠理奈は総選挙時期に重なる形で韓国の公開オーディション番組のプロジェクト「PRODUCE48」にも参加。
日韓を往復しながら、厳しいレッスンにも励んでいたが、こちらも降板してしまった。

珠理奈の休業をめぐって、ファンの間では様々な臆測を呼んでいるが、理由の一つには3位に入った“ライバル”HKT48・宮脇咲良(20)との“あつれき”が有力視されている。

総選挙終了後、宮脇は選抜メンバー(16位までのメンバー)の写真撮影に姿を現さなかったからだ。

珠理奈は自ら会見で「さくらたん(宮脇)は出られなくなっちゃいました」と切り出した上で、開票前のライブの際に宮脇のダンスについて叱責したことを明かし、48グループへの熱い思いを吐露。

さらに、3位になった際の壇上スピーチで、来年の総選挙出馬辞退を表明した宮脇に対して、「さくらたんは48グループを盛り上げるには必要な存在です。だから本当は来年も総選挙に出てほしい。ライバルになってほしい」などと呼びかけた。

「珠理奈は全盛期と比較して勢いの落ちているグループに危機感を持ち、盛り上げたい思いが非常に強い。
メンバーが女子プロレスラーを演じたドラマ『豆腐プロレス』をきっかけに、珠理奈は大のプロレスファンに。

その影響もあり、総選挙でプロレス的な仕掛けで挑発した。ここで宮脇が『やっぱり総選挙出ます!
珠理奈さんには負けたくない!』と強気に出れば、成立したのかもしれませんが…。
しかし、宮脇にはまったく伝わらず『怖い』となってしまった」(前同)

ネット上では珠理奈の宮脇への言動が高圧的に映ったようで、猛バッシングが噴出。
かつて前田敦子(27)と大島優子(29)が総選挙で1位を争ったような“良きライバル関係”を珠理奈は宮脇と構築したかったのかもしれない。
ただ、残念ながら周囲の理解も得られなかったことが休業までつながってしまった。

「総選挙後の会見で、宮脇への言葉などを関係者らから注意された珠理奈は、『私の何がいけないの!』『どうしたらいいの!』などと困惑しながら泣き崩れていた。

“グループのために”と思ってやった言動が否定されたと感じて、精神的に苦しくなってしまったと思う。しばらく精神的なケアが必要な状態です」(AKB関係者)

ボタンの掛け違いが猛バッシングを生み、休養にまでつながってしまったのかもしれない。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180711-00000003-tospoweb-ent


no title

【松井珠理奈 「私の何がいけないの!」 】の続きを読む