芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

波瑠

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/02/19(水) 21:47:35.19
 女優の波瑠さんが2月19日、東京都内で行われた主演映画「弥生、三月 -君を愛した30年-」(遊川和彦監督、3月20日公開)の完成披露試写会に出席。初体験となった“遊川組”の感想を聞かれた波瑠さんは「衣装合わせが9時間かかって終わらなかったんです」と明かし、観客を驚かせた。

 波瑠さんは一人のキャラクターの10代から50代までを演じており、遊川監督は「30年分あるので年齢ごとに髪形や服装を決めないといけない。9時間かかると思っていなくて、さすがにへとへとになった……」と苦笑い。波瑠さんは「現場始まってからも髪の毛の調節が続いて、これが洗礼だと思った。脱いでは着る、脱いでは着るというロボットになっていましたね……」と振り返った。

 映画は、連続ドラマ「家政婦のミタ」「同期のサクラ」などの脚本で知られる遊川さんによるオリジナル作品。ある年の3月1日、3月2日、3月3日など“30年間におよぶ3月のある1日”が舞台で、昭和、平成、令和をまたぎ、運命に翻弄(ほんろう)されながら愛をつむぐ結城弥生(波瑠さん)と山田太郎(成田凌さん)の半生を描く。

 実年齢よりはるか年上を演じるにあたり、「強いお酒を飲んで」役作りをしたという成田さん。「お酒を飲んで声を枯らしてむくませて、だれているような感じにしようと。でも次の日が高校生役だったりしたので物理的な準備ができなかったのは大変でした」と苦労を語った。

 また、映画のストーリーにかけ「30年後も変わらずに大事にしていきたいもの」と聞かれると、波瑠さんは「気をつけているし、変わらずにいきたいと思うことは“普通に居続けること”」と回答。女優という職業について「変わったお仕事じゃないですか」いい、「特別に見えるけど、その特別な作業は皆さんに共感できるような人を表現しないといけない。なので普通でいることを心がけていきたいです」と心構えを語った。

 舞台あいさつにはそのほか、岡田健史さん、小澤征悦さん、黒木瞳さんも登場した。


2020年02月19日 映画
https://mantan-web.jp/article/20200219dog00m200068000c.html 
0011

0012

0013

0014

0015

0016

0017

0018

【波瑠:遊川組の洗礼受ける 衣装合わせに9時間「脱いでは着るロボットに」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/01/03(金) 04:51:12.81
 女優の波瑠が1月1日に自身のInstagramを更新。美しいセルフショットを公開し、反響を呼んでいる。

 同投稿で波瑠は、「改めましてあけましておめでとうございます。未だかつてなくギリギリまで仕事した年末でした。自分にないものをたくさん知る一年だった気がします。その中での取捨選択だったり、学びだったり、あえて線を引いたら受け入れられるということも知りました。
でも苦手なものを食わず嫌いだと思って取り入れてみたら、いややっぱり苦手だなあと感じて、自分が瞬発的に抱く感覚はあながち間違っていないんだなと気づくことも。もちろん個人の感覚の問題ですけれどもね」と2019年の気づきを振り返り、
「作品への向き合い方も、まだまだできていないと感じることも多かったです。ただそのおかげで新しい形のアプローチも少しずつ見えてきた気がするし、2019年はたくさんの種を拾いました。もう少し優しい人になれるよう、がんばってみようと思います。楽しい一年にしなくっちゃ」と2020年の目標を告白。
「ちなみに私が昨年、一番感謝している出会いは鼻うがいです。携帯が新しいので写真も綺麗に撮れます」とコメントを添え、セルフショットを公開した。

(以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

波瑠、美しいセルフショットにも謙遜「携帯が新しいので写真も綺麗に」 
2020.01.02 16:22AbemaTIMES 
https://times.abema.tv/posts/7035523 

06_haru_17 
no title


【波瑠、美しいセルフショットにも謙遜「携帯が新しいので写真も綺麗に」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2019/12/16(月) 14:13:24.53
今後、主演をハルのは難しい?

 都心でも最低気温が1度台を記録し、本格的に寒波が押し寄せる季節となっている。と同時に、女優の波瑠(はる)(28)が主演を務めるドラマの撮影現場も、名前の響きにそぐわない冬のような「寒さ」に見舞われていた。その原因は、彼女のわがままぶりにあるという。

 波瑠は2015~16年のNHK連続テレビ小説「あさが来た」のヒロインに抜擢され、若年層だけでなく幅広い年齢層にその名を浸透させた。そして現在、TBSの火曜ドラマ「G線上のあなたと私」で主演を務めているわけだが、彼女の役どころは寿退社直前に婚約破棄された「不幸」なアラサー女子。率直すぎる物言いからか、友だちも少ないキャラとなっているが、

「波瑠本人が撮影現場で『孤立』しています」

 こう耳打ちするのは、あるTBS関係者だ。

「そもそもドラマ自体、第7話までの平均視聴率が7・5%と振るわない上に、波瑠側の傍若無人な振る舞いに、制作スタッフのイライラが募っているんです」

 例えば、彼女が演じる役はバイオリン教室に通っている設定であるため、女優としてバイオリンの練習が欠かせないのだが、

「その練習に加え、撮影や番組宣伝の仕事が夜遅くまで続くスケジュールにケチをつけてくるんです。確かにハードなスケジュールかもしれませんが、程度の差こそあれどんなドラマの現場も似たようなもので、文句を言われても参っちゃうんですよね」(同)

 また波瑠は、演出にも不満をぶちまけているそうで、

「自分が主演なのに、出番が少ない回があることが気に入らないらしく、『私を描き切れていない』と怒っていました」(制作関係者)

■マネージャーの逆切れ

 視聴率が芳(かんば)しくない上に、主演女優がこれでは、撮影現場の空気が冷え込むのも分かる。この事態をどう捉えているのか、波瑠の所属事務所に尋ねると、男性マネージャーが出てきて、

「いつ、誰にそんなことを言ったっていうんですか?」

 と逆切れをする始末。だが後(のち)に、さすがにマズいと思ったのか、バツが悪そうにマネージャー自ら再度連絡をしてきて、

「えー、ひとつだけ思い当たることがありました」

 と、弁明するのだった。

「ドラマの内容に関して、不満というわけではなく、本人(波瑠)がプロデューサーや演出の方などに対して『ここはこうしたほうがいいのでは』と言うこともあり、熱くなっていたところを誰かに聞かれ、文句を言っていると思われてしまったのかもしれません」

 スケジュールへの不平に関しては、

「波瑠ではなく、僕が言いました。『このスケジュールじゃ死んじゃうよ』と、ふざけてね」

 根はいい人なのかもしれないが、先の制作関係者が呆れる。

「マネージャー=女優です。波瑠と組むと面倒くさいことになるから、もう彼女とは仕事をしたくないと愚痴るスタッフもいます」

 芸能レポーターの石川敏男氏の苦言。

「出番が少ないなら、その中でキラリと光る演技をすればいいだけの話です。座長である主演女優が現場をかき乱してはいけません」

 波瑠の大女優への道は遥かなり――。

「週刊新潮」2019年12月12日号 掲載
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191216-00597586-shincho-ent
20191216007

【女優・波瑠、「G線上」撮影現場で孤立…傍若無人な振る舞いにスタッフのイライラが募る…その理由をマネージャーが説明】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2019/12/06(金) 06:46:16.67
女優の波瑠が主演する10月スタートのTBS系ドラマ「G線上のあなたと私」の視聴率が苦戦している。

同名コミックが原作の同ドラマは、寿退社間近に婚約破棄を告げられ、恋も仕事も失った主人公(波瑠)が、失意の中、名曲「G線上のアリア」を耳にしたのをきっかけに、大人のバイオリン教室に通い始め、再び前を向く姿を描いている。

ネット上での評価はなかなかだったが、初回は7.8%(以下ビデオリサーチ調べ、関東地区)と厳しいスタート。以後、第5話と第6話の6.7%が最低で、最高は第2話の8.8%。まだ1度も2ケタに乗っていない。とはいえ、平均視聴率では、同局系ドラマの「4分間のマリーゴールド」よりマシなのだが…。

「15年後期のNHK連続テレビ小説『あさが来た』で、ヒロインを務めた波瑠。以後、所属事務所は続々と主演・ヒロイン作をブッキング。16年は2クール連続、17年はNHKも含めて2本、18年は3クールのドラマに出演した。ブッキングできる事務所の力はすごいが、すでに露出過多気味で、視聴者に飽きられてしまったかもしれない」(テレビ局関係者)

ドラマ出演が続く反面、映画にはあまり出演しておらず、昨年公開された主演映画「オズランド 笑顔の魔法おしえます。」はまったく話題にならなかった。

そんな波瑠の気になる撮影現場での様子だが、発売中の「週刊新潮」(新潮社)によると、「G線上」の現場では、波瑠側の傍若無人な振る舞いに制作スタッフがイライラを募らせるなどしており、波瑠は撮影現場ですっかり孤立してしまっているのだとか。

バイオリンの練習、撮影、番宣など、なかなかのハードスケジュールに波瑠側がケチをつけ、さらには演出にも不満を募らせているというのだ。

こんなことが表沙汰になってしまっては、今後、女優としての需要は確実に減りそうだ。

http://dailynewsonline.jp/article/2105152/
2019.12.05 23:00 リアルライブ
no title

【主演ドラマが続いても波瑠が女優としてブレイクできない理由】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2019/10/13(日) 05:06:47.40
 女優の波瑠(28)が11日放送のTBS「A-Studio」(金曜後11・0)に出演。女性専用の温泉に入浴中、見知らぬ男性が突然入ってきたという驚きのエピソードを披露した。

 自身の父の還暦祝いで、両親や姉夫婦と温泉地を訪れ、一家団らんの夜を過ごしたという波瑠。翌日の朝、母と宿泊先の風呂に向かい「温泉に入っていたら、間違えて男の人が入ってきちゃったんです」と告白した。2人で入浴しながら姉を待っていたが来なかったため、出ようと立ち上がった瞬間、目の前に見知らぬ男性が。波瑠は自身の胸部付近を指さして、「ここで来てくれたら何の問題もなかったのに、こうなって(立ち上がって)から来るっていう…。あの間は良くできてるなって」と振り返り、「向こうもビックリですよ。お互いあらわですから」と苦い表情を浮かべた。

 その後、温泉から出て母と話をしていると、父が興奮気味に話しかけてきたという。「今、面白いことがあった。外から裸で入ってきた男の人がいたんだ」と言われたそう。波瑠は男性について、朝と夜で男湯・女湯が入れ替わる「男女入替制」に気付かず入ってきたのでは、と推測するとともに、「すっぽんぽんで廊下とか走ったんでしょうね。凄い楽しそうにしゃべる父親にムカッとするという」と話し、笑わせた。

波瑠 女性専用温泉で見知らぬ男性と鉢合わせ「向こうもビックリですよ」 
[ 2019年10月12日 22:00 ] 
https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/10/12/kiji/20191012s00041000410000c.html 

女優の波瑠Photo By スポニチ 
no title


【波瑠さん、女性専用温泉で見知らぬ男性と鉢合わせ】の続きを読む