芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

波瑠

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2024/05/06(月) 13:45:47.39
 今春の番組改編では「音楽番組の復活」「長寿番組のレギュラー放送終了」などが大きく報じられたが、なかでも放送前からネット上の反応が芳しくなかったのが、報道番組やスポーツニュース番組へのタレント起用。

 報道番組では『news every.』(日本テレビ)のキャスターに桐谷美玲と斎藤佑樹、『news zero』(日テレ)のパートナーに波瑠、板垣李光人、シシド・カフカが起用された。

 さらに、スポーツニュースでは8年ぶりに復活した『すぽると!』(フジテレビ)に“キャプテン”として芸人の千鳥が出演し、ネット版の『すぽると! onTVer』にもアイドルの黒嵜菜々子が登場している。

 しかし、これらの起用が発表されるとネット上には「不要」「見ない」などの否定的な声が少なくなかった。その主な理由は「キャスターと専門家以外はいらない」「それならもっとニュースやスポーツを掘り下げてほしい」というものだが、制作サイドはこのような反応が出ることくらい分かっていただろう。では、なぜ否定的な声があることを承知の上でタレントを起用するのか。テレビ解説者の木村隆志が掘り下げていく。


■タレント側も新たなイメージを加えられるチャンス

 報道やスポーツの専門家ではないタレントを起用する理由は、シンプルに「コア層(主に13~49歳)の個人視聴率獲得」で間違いないだろう。話題性やビジュアル面のメリットを狙っているのは確かであり、やはりタレントの影響力はまだまだ大きい。

 ただ、それだけで継続視聴してもらうことは難しいだけに、彼らには視聴者に近い存在となり、視聴者目線でのコメントが求められている。

 実際、桐谷は「20代のころに報道番組に携わっていて、当事者意識を持っていくのは本当に大切なことなんだなと教えてもらって勉強しました。30代になり、結婚して出産して、毎日日々子育て、そして主婦業をしていく中で、新たな目線で生活者の1人としてニュースを伝えていきたい」などとコメントしていた。

 また、桐谷は家事に役立つ節約や時短テクニックを主婦目線から紹介する「キリモリっ!」というコーナー担当していることからも、それが分かるだろう。桐谷にとっても「庶民派」「子育て中の主婦」という新たなイメージを加えられるチャンスであり、意気込みが伝わってくる。

■「ライト層向け」に舵を切る背景

 しかし、報道番組やスポーツニュースの視聴者には、「自分が知らない専門的な視点や情報を求めたい」という目的の人も多く、必ずしも制作サイドの狙いや桐谷の姿勢とは一致しない。しかもネット上で批判する熱心な視聴者ほどその傾向があるだけに、『news every.』や『news zero』はそれらの層ではなく「ライト層向けの報道番組を選んだ」というニュアンスが感じられる。

 これは裏を返せば、報道番組やスポーツニュースはそれだけ「『好きな人が見る』という嗜好性の高いコンテンツになっている」ということだろう。ネットで大量の情報が得られる中、報道番組やスポーツニュースは以前のように「年齢性別や趣味嗜好を問わず多くの人々が見るもの」ではなく、「そのジャンルに強い関心がある人々が見るもの」という感があるなど、視聴者の絶対数が以前よりも減ってしまった。

 ただそれでも、「強い関心のある人々も、ネット配信の有料コンテンツとして見るほどの需要はない」だけにテレビ局としては、やはり放送で稼いでいかなければならない。だからこそ、民放地上波の報道番組やスポーツニュースは、「できるだけコア層の個人視聴率を獲得する」というライト層向けに舵を切らざるを得ないところがある。

 もちろん、ライト層向けでも報道番組やスポーツニュースは一定以上の専門性を求められるだけに、タレントがメインになることはない。だからこそ桐谷、波瑠、板垣、千鳥らの立ち位置はアクセントに留まっている。
 

「新たな目玉を加えたい」事情も

 タレントの起用に関して“今春の背景”として挙げておかなければいけないのは、「キャスター交代」と「8年ぶりの復活」というそれぞれの事情。

 『news every.』は藤井貴彦、『news zero』は有働由美子と“番組の顔”だったメインキャスターが抜けたことで、「新たな目玉となる出演者が欲しい」という思惑があった感は否めない。これは『すぽると!』も同様で、8年ぶりに復活させるからには、局アナにメインを任せるだけでは足りず、「新たな目玉を加えたい」という狙いが見える。


『every.』に桐谷美玲、『zero』に波瑠、『すぽると!』に千鳥…批判もある中、なぜニュース番組にタレントが起用されるのか

https://news.yahoo.co.jp/articles/c7c289086643bc68c3eb28946f5dd02e40b15946

tv_monku_daisuki

【『every.』に桐谷美玲、『zero』に波瑠、『すぽると!』に千鳥… 批判もある中、なぜニュース番組にタレントが起用されるのか】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2024/04/15(月) 00:15:04.31
日本テレビのニュース番組に”春の嵐”が吹き荒れているーー。

女優の桐谷美玲は夕方の情報番組『news every.』の水曜日と木曜日の新キャスターに、女優の波瑠、シシド・カフカは報道番組『news zero』のそれぞれ火曜日、木曜日の新パートナーに就任した。


彼女たちがニュース番組に抜擢されたことについて、ファンからは喜びの声が多くあがったものの、SNSにはこんな声があがっていた。

《局のアナウンサーをきちんと育てて起用すればいいのに タレントキャスターは要らない》

《なぜにアナウンス部の後輩使わないのだろうか?》

《ニュース番組に芸能人は不要》

《民放のニュース番組はタダの情報バラエティーだから ワイドショーと変わらん TV写りや話題性重視してるダケ》

《視聴者が求めているのは知名度のある女優や俳優の起用でなく、盤石で堅実な報道番組。もう見ない!》


「テレビ局が、報道番組にタレントを抜擢する狙いは、近年、スポンサー的にも局的にも重要視されているコア視聴率(局によって定義は異なるが13歳~49歳の個人視聴率)を獲得するためなのではないかといわれています。

 そのコア視聴率をいち早く導入したのが日本テレビで、文化人や有識者よりもタレントの方が有益だと判断した結果だと思われます。

 しかし、情報番組のキャスターに“本業”でない人が起用されることに、違和感を覚える人も多いのでしょう。特に、4月3日、『news every.』に登場した桐谷さんの場合は、なかなかコメントする場面も見受けられず、《バイト感覚かよ》という厳しい感想がSNSに寄せられていました」(芸能記者)


「突然のバラエティ化」に難色を示す視聴者も多いようだ。本当に求めているのは知名度のあるタレントではなく、自分では知り得ない専門的な知識や視点を発信してくれるコメンテーターのように思えるが……。



ニュース番組にタレントは必要?日テレが桐谷美玲、波瑠ら抜擢で非難多く

https://news.yahoo.co.jp/articles/d5140a2e510e71fd2ea678b77a26c5955dfd4506

tv_monku_daisuki

【ニュース番組にタレントは必要? 日テレが桐谷美玲、波瑠らを報道番組に抜擢で非難多く 「タレントキャスターは要らない」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2024/04/04(木) 21:35:35.07
 平日夜の報道番組『news zero』が、4月から曜日パートナーを一新すると発表した。ラグビー元日本代表で、ラグビーワールドカップ2019の公式アンバサダーを務めた廣瀬俊朗が担当する木曜日には、新たにドラマーのシシド・カフカが就任。ちなみに火曜日は、俳優の波瑠が務めることがわかっている。

なぜ彼女がニュースに?

 シシド・カフカはミュージシャンとしては知る人ぞ知る存在だが、一般的な知名度は微妙なところだ。ドラマやCMなどにも時々出ているものの、報道番組への起用には《正直、何で彼女が選ばれたのかが不明すぎる》との声が続出している。

「シシドさんは175cmの長身に、長い髪を振り乱してドラムを叩くカッコいい姿が印象的ですが、業界内では知見の広さも有名です。これまでも教育系番組『NHKスペシャル』や、テレ東の『新・美の巨人たち』への出演で、その知的な一面を見せてくれました。また彼女はメキシコで生まれた帰国子女ということで、外国からの視点で意見を言える経験の豊富さにも期待されているのではないでしょうか」(芸能ライター)

 波瑠に関しては、《なぜ彼女がニュースに?》といった声の他に、《ドラマにも出まくっているのに、さらに毎週ニュースに出させるなんて働かせ過ぎじゃないか?》などの声も上がっている。

専門家の穴埋めに俳優やアーティストに疑問の声

 確かに、波瑠は今年だけでもすでに『グレイトギフト』、『ガラスの城』と2つのドラマに出演。しかも『ガラスの城』は主演である。ここ何年かはほぼ毎月、何らかのドラマに出演しているため心配の声が上がるのも無理はない。

「今回はシシドさんと波瑠さんの起用が世間を騒がせていますが、そもそも『news zero』には長年月曜日のキャスターを務めている櫻井翔さんがいます。

 4月からのキャスト変更でも櫻井さんは続投が決まっているのですが、他の曜日を担当するメディアアーティストの落合陽一さん、クリエイティブ・ディレクターの辻愛沙子さんは軒並み卒業です。言ってみれば、専門家が卒業してその穴をタレントやミュージシャン、俳優が埋める状況に疑問を抱く人がいるのは当然でしょう」(前出・芸能ライター)

 他にも水曜日には22歳の俳優、板垣李光人がパートナーを務めることに。同番組はあくまで報道番組のはずだが、これだけ芸能人で固めてしまえば《まるでバラエティ番組ではないか》と言われるのも仕方のないことだろう。これらの声を覆せるかどうか、新キャスターの奮闘に期待したい。

DOUBLE TONE(CD2枚組+DVD)
シシド・カフカ
avex trax
2018-07-25


2024/4/4

https://www.jprime.jp/articles/-/31492?display=b

figure_anti_嫉妬3

【『news zero』新キャストにシシド・カフカと波瑠が抜擢も、専門家が卒業してアーティストや俳優の"穴埋め"に世間から疑問の声】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2023/04/12(水) 17:45:30.93
 女優波瑠(31)が12日、フジテレビ系「ぽかぽか」(月~金曜午前11時50分)に生出演し、ショートカットでイメチェンした時のことを告白した。

 トークコーナー内で、フリーアナウンサー神田愛花(42)が「私びっくりしたんですよ。ショートカットにした時にすごいお似合いで、”ショート界のトップが来たな”と思いました」と話し、「誰のアドバイスで切ったんですか」と質問した。

 それに対し波瑠は「(当時の)雑誌の編集長から、イメチェンしておいでと言ってくれた」と明かした。紹介してもらった美容師に切ってもらったことで「オーディションも受かるようになったんですよ。今でも(その美容師とは)10年来の付き合いになる。信頼しています」と打ち明けた。

 波瑠は、この日スタートの同局系主演連続ドラマ「わたしのお嫁くん」(水曜午後10時、初回15分拡大)のPRで出演した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/54a6f22515d6efd8753b39f16cb65043711d4e4c

pose_naruhodo_man

【波瑠、ショートカットにイメチェンした時のことを告白「オーディションにも受かるように」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2023/03/28(火) 18:15:17.72
女優・波瑠(31歳)が、3月27日に放送されたバラエティ番組「クイズ!ドレミファドン!春ドラマ3時間スペシャル」(フジテレビ系)に出演。アニソンのイントロクイズに無類の強さを発揮し、「オタクなんで」と語った。

4月12日スタートの連続ドラマ「わたしのお嫁くん」に出演する波瑠が、「ドレミファドン」に3回目の出演を果たし、司会の中山秀征は「波瑠さんはもう常連ですから」と紹介を受けたが、波瑠は「でも、学んだんです。1人では勝てないんです」と、チームで戦うことの重要性を語る。

波瑠はその後、着実にポイントを取っていくが、「1万人が選んだアニソン」イントロクイズで無類の強さを発揮し、「BEASTARS」の主題歌「怪物」、「チェンソーマン」の主題歌「KICK BACK」など最近のアニメの主題歌だけではなく、「サクラ大戦」の「ゲキテイ(檄!帝国華撃団)」も即座に回答。中山や池田美優が驚いて「すごいですね!」「すごいな、1996年の作品……」と言うと、波瑠は「昔っからオタクだったんで」と誇らしげに語った。

なお、波瑠は以前フジテレビの番組で自分のことを「オタクです」と発言している。

2023年3月28日 9時40分 ナリナリドットコム
波瑠、アニソンイントロクイズに無類の強さ「オタクなんで」

https://news.livedoor.com/article/detail/23949860/
https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/3/c/3c69e_249_20230328015.jpg

fujoshi_otaku

【波瑠、アニソンイントロクイズに無類の強さ「オタクなんで」】の続きを読む