芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

池田エライザ

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2021/01/01(金) 06:40:44.71 _USER9
 auの人気CM「三太郎」シリーズの最新作「みんなってエブリワン!」編が1月1日、公開された。CM楽曲は、親指姫役の池田エライザさんが歌うオリジナルソング「みんなってエブリワン!」が採用された。

 CMは、桃爺(笹野高史さん)をはじめとする5人の爺さんの発する光によって、三太郎と親指姫が現代の渋谷にタイムスリップしてしまう。桃太郎(松田翔太さん)、浦島太郎(桐谷健太さん)、金太郎(濱田岳さん)の三太郎たちは未来の世界に戸惑いながらも、現代の渋谷を駆け巡る……という内容。同日から全国で放送。

2021年01月01日 芸能
https://mantan-web.jp/article/20201231dog00m200054000c.html
no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title


動画 https://youtu.be/_JL8nFIozgE

【池田エライザちゃんの“親指姫”が“歌姫”に! 「三太郎」新CMソング担当 三太郎たちが未来の世界にタイムスリップ】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/12/07(月) 21:05:51.27 _USER9 BE:754294744-2BP(0)
 女優でモデルの池田エライザ(24)が「エル シネマアワード2020」でジャンルを超えて活躍した人へ贈られる「エル・ガール ニューディレクター賞」を受賞したことが7日、発表された。

 エル・ガール賞は、肩書きを固定しないジャンルを超えて活躍する次世代に贈られる賞。池田は女優やモデル業のほか、今年「夏、至るころ」で映画監督デビューするなど、目覚ましい活躍が評価されての受賞となった。

 エレガントな黒ドレス姿の池田は「魂をかけて映画を共に作り上げてきた皆様に目に見える形で恩返しが出来たこと嬉しく思います」と喜びを語りながら「女優としても精進できるよう先入観にとらわれず突き進んでいく所存です」と作品作りへの情熱を語った。

 同アワードでは「エル ベストアクトレス賞」に蒼井優(35)、「エル メン賞」に横浜流星(24)、「エル ベストディレクター賞」に黒沢清監督(65)が選ばれた。

12/7(月) 21:00配信 
デイリースポーツ 

https://news.yahoo.co.jp/articles/077b162e9c1e142d8c684a813f22ddcac9549055

トロフィーを手に笑顔の池田エライザ 
20201208003

【池田エライザさん、ジャンルを超えた活躍を求められる…エル・ガール賞受賞】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/12/03(木) 09:06:54.87 _USER9
 モデル、女優、歌手など幅広く活躍しながらも、それぞれの分野でしっかりと独自の個性を放つ池田エライザ。これまで雑誌編集やスチールカメラマン、4日には『夏、至るころ』で映画監督デビューを果たすなど、彼女の才能は計り知れない。園子温や大根仁、蜷川実花ら有名クリエイターから名指しでオファーが相次ぐも、実はゴールデン帯ドラマの王道ヒロイン役といったオファーは断っているという。芸能界で先駆けて開設したTwitterは事務所に内緒で本人が勝手に始めたというが、新時代を自ら切り開く池田エライザの“自己プロデュース力”とは。所属事務所エヴァーグリーン・エンタテイメントの中田しげる社長に聞いた。


■第一印象はトラブルメーカー? 「芸能界は“良い子”が結果を出せる世界ではない」

 中田しげる社長は、おニャン子クラブ全盛期の1980年代より、渡辺美奈代をはじめ、これまで松雪泰子、内田有紀、郷ひろみなど名だたるタレントたちをマネジメント、育成してきた。そんな彼が「若いタレントでエライザのような子はいない」「僕自身がエライザに多くのことを教えてもらっている」と語る。

――池田エライザさんと初めて会った時の印象を教えて頂けますか。

【中田しげる】 2009年に雑誌『ニコラ』のモデルオーディションで彼女がグランプリに選ばれて、所属が決まって自宅兼事務所の寮で話したのが最初でした。大きな目が力強くて凄く印象的でしたが、話してみると見た目や名前のインパクトと違ってとても大人しい子だなと。ただ、そのときエライザは中1だったので、どういう風になっていくのか全く想像がつかなかったですね。

――事務所に入ってからのエライザさんはどのような感じでしたか?

【中田しげる】 正直な話、当初は力を入れて育成しようとしているタレントの中にエライザはいませんでした。というのも、良くも悪くも“トラブルメーカー”になるんじゃないかという匂いがあったからです(笑)。例えば、雑誌の撮影日に新型インフルエンザになってしまったり、寮の鍵をマンションのエレベーターの隙間に落としてしまったり。今思うと全部たまたまで、単純にエネルギーを持ち余していただけというか。ただ、俗にいう“良い子”だけが結果を出せる世界かというとそうではないんですよね。僕やスタッフのうるさいアドバイスにも反論することなく素直に聞くような子は伸びなかったけど、エライザは誰に相談せず自分で考えて答えを導きだしていた。それが結果的に良かったかもしれないなと、いまは思います。

■本人が勝手に始めたTwitterがブレイクのきっかけに「過去の成功例を当てはめてはいけないと学んだ」

――エライザさんのターニングポイントとなったのはどのタイミングだったと思われますか?

【中田しげる】 2015年に園子温監督の映画『みんな!エスパーだよ!』に出演したことでエライザの認知度が高まって、そこから一気に仕事のオファーが増えましたね。そのあと、彼女が事務所に内緒でTwitterの個人アカウントを作って色々と発信をし始めて(笑)、“エライザポーズ”が話題になったのも小さなターニングポイントと言えると思います。

――当時はSNSで自己発信をするタレントがあまりいませんでしたが、積極的に発信をし続けるエライザさんのことをどのように受け止めてらっしゃったのでしょうか。


全文はソース元で

12/3(木) 8:40 
オリコン 

池田エライザが王道ヒロイン演じない理由とは 事務所社長語る「選ぶ基準は好感度や視聴率ではない」
『夏、至るころ』で初映画監督を務めた池田エライザ(C)oricon ME inc. 
https://news.yahoo.co.jp/articles/4b575cc34717922f9fac1927bb86c89d15619373
no title 【池田エライザが王道ヒロイン演じない理由とは 事務所社長語る】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/11/25(水) 21:54:11.52 _USER9 BE:163456172-2BP(0)
 モデル・女優・映画監督などマルチに活動する池田エライザが、25日放送された日本テレビ系音楽特番『ベストアーティスト2020』(後7:00~10:54)に出演。番組では、椎名林檎の「ここでキスして。」をカバーし、出演後にコメントを寄せた。

【全身ショット】くびれがキュッ!タイトワンピでスタイル抜群の池田エライザ

 楽曲の印象についてエライザは「女の子ってこれでいいんだ!と思える強さやかわいげがすごく好きですね」と明かし、パフォーマンスには「吐きそうでした…ずっと震えて、今年歌う機会をたくさんいただいてますが、慣れないですね」。

 「『届けー!』っていう気持ちでいっぱいです。あまりかっこよく見えようとか、綺麗に撮られようとかではなく、見てる人も同じような気持ちになったりとか、林檎さんが作られた音楽のそのままの空気感を出せたらいいなと思って歌いました」と振り返った。

 普段の音楽との関わり方には「音楽は自分の鏡というか、歌う歌によって自分のコンディションがわかったりするじゃないですか。そんな気持ちで歌ってます」といい、2021年に実現したいことは「いままでいろんな新しいことを挑戦してきましたが、原点回帰の気持ちです。応援してくれているみんなと一体になっていけるような、みんなと何かポジティブな方に行けるような、お仕事選びができたらと思っています」と力を込めていた。

 また、放送後には自身のインスタグラムも更新。感謝の言葉とともに「拙い部分もたくさんありましたが、楽しい思い出となりました。曲をリクエストいただいてからずっと緊張の日々でしたが、終わった今、抜け殻のような気持ちです」と思いを伝えた。

11/25(水) 21:35配信 
オリコン 

https://news.yahoo.co.jp/articles/109a19ee2ca3a614fbaa8589d966192cff077f93

『ベストアーティスト2020』に出演した池田エライザ(C)日本テレビ 
20201126001


【池田エライザちゃんが、ベストアーティスト2020で椎名林檎の楽曲カバー、話題にwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/11/11(水) 18:36:09.74 _USER9
女優の池田エライザが10日、自身のインスタグラムを更新。女優の三吉彩花との美脚際立つ2ショットを公開した。三吉は、9日発売のファッション&カルチャー誌『POPEYE(ポパイ)』12月号(マガジンハウス)にて、池田の対談連載「大人になるもんか。」にゲストとして登場。池田は「今月のゲストは大好きな三吉彩花。絶対に読んでいただきたい、素敵な記事になりました。是非!」と紹介し、モノクロのオフショットを複数枚アップした。

写真では、2人がジャケット×ショートパンツ×ロングブーツというシックな“シミラールック”を披露。美麗な“絶対領域”をのぞかせ、圧巻の美脚共演が実現した。

SNS上では「このツーショット強すぎ」「画力が強すぎる、、、、」「最強タッグ」「かっこよすぎる」「三吉彩花と池田エライザという究極の俺得。エモエモのエモ」など歓喜や絶賛の声があがっている。

20201111004


https://www.oricon.co.jp/news/2176491/full/ 
2020-11-11 
no title

no title

no title



【池田エライザ&三吉彩花、絶対領域あらわな美脚共演】の続きを読む