芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

永野芽郁

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/03/06(金) 21:07:59.34
5日放送の『VS嵐』(フジテレビ系)に女優の永野芽郁が出演。コミュニケーションツールとして多くの人が利用しているLINEをやめた理由について語る一幕があった。


■LINEをやめた理由

番組では、出川哲朗とロッチ・中岡創一が出演し、出川がLINEを使っていないことについて度々揉めることがあるとトークを展開。

このことについて話を振られた永野は、自身も現在はLINEを利用していないことを明かす。
その理由として「限られた人だけで(連絡先を)交換するのが好き」と語ると、
LINEのIDやQRコードを介して誰とでも気軽に連絡先を交換することができる点を懸念し、やめてしまったと説明した。


■視聴者「私もやめようかな」

LINEをやめたという永野に対し、驚きの声が上がる一方「芽郁ちゃんのLINE論。なるほどなぁって思います」「賢いわ」と感心する声も多く寄せられた。

また、「LINEに対して同じ思い持ってる」と共感する人や、「私もやめようかな」と永野と同じく利用をやめようと考える人も。

■3割以上が「あえてLINEを使わない」

メッセージのやり取り以外にも電話など様々な機能が充実しているLINE。
手軽に利用できてメリットが多い一方、その手軽さゆえに使うことに疲れてしまった人も多いだろう。

しらべぇ編集部が全国20代~60代のスマホを使っている男女675名に調査を実施したところ、全体の32.4%が「LINEをあえて使わない」と回答した。

とはいえ、電話番号やメールアドレスを知らず、LINEだけで繋がっているという人も少なくないはず。便利な部分を賢く利用するのも良いかもしれない。

https://news.nifty.com/article/item/neta/12189-20162271723/
2020年03月06日 16時40分 しらべぇ

no title

【永野芽郁ちゃんのLINEに対する持論に共感の声】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/03/03(火) 19:38:15.17
女優の永野芽郁が、3月1日に放送された番組「行列のできる法律相談所」(日本テレビ系)に出演。
「カーアクションをやりたい」という新たな目標を明かし、華奢な見た目とのギャップに驚きの声が上がっている。

「永野は、ファンの間では熱烈なカーマニア、バイクマニアとして知られています。
番組では『駐車する時にドリフトでできたらかっこいいな』という永野の無謀な希望を叶えるために、
実際に千葉にあるサーキットで挑戦することになりました」(テレビ誌ライター)

“ドリフト”とは、ハンドルの他、アクセル、ブレーキ、サイドブレーキ、クラッチなどを駆使して車輪を横滑りさせる高度な運転技術。
インストラクターにその方法を教わると、永野は「乗りたい乗りたい!」とテンションが爆上がり。車一台分のスペースにドリフト駐車することになったのだが、たった3回の挑戦でクリアしてみせた。
インストラクターから「ほぼ成功です」とお墨付きをもらい、「特技と言っていい」とお褒めの言葉まで頂戴している。

すっかり気をよくした永野は「事務所のプロフィール欄の特技に書けちゃいますね、ドリフトって」とコメント。「カーアクションとかやりたいですね。
日常的にドリフト駐車したら危ないので」と満面の笑みで話している。

「永野は、昨年8月に『櫻井・有吉THE夜会』(TBS系)に出演した際も、“夢は運転免許完全制覇”であることを明かし、中型免許を持っている彼女がハーレーを運転する姿が放送されました。
初のハーレーに大興奮しただけでなく、なんと今度は大型トラックの運転にも挑戦。こちらも初めての運転にもかかわらず、コーナーをうまく回り共演者たちを驚かせていたものです」(エンタメ誌ライター)

誰もが驚く永野のドライビングテクニック。3月6日公開予定の映画「仮面病棟」ではヒロイン・川崎瞳役で出演。
この映画は、凶悪犯によって占拠された病院を舞台に脱出を計ろうとする医師と女子大生のミステリー。
本作ではカーアクションはなさそうだが、これだけのテクニックがあれば、それを披露する作品のオファーもありそうだ。

http://dailynewsonline.jp/article/2220757/
2020.03.03 18:14 アサジョ

no title

no title

no title

no title

no title

no title

20200304003

【永野芽郁の「運転テクニック」に驚愕!野望は運転免許の完全制覇】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/03/01(日) 18:14:05.45
【モデルプレス=2020/02/25】女優の永野芽郁が、24日放送の日本テレビ系バラエティー番組「しゃべくり007」(毎週月曜よる10時~)に出演。
永野がしゃべくりメンバーたちにかけた催眠術が話題を呼んでいる。

◆永野芽郁、しゃべくりメンバーに催眠術

“女優”ではなく“女性催眠術師”として登場した永野。くりぃむしちゅー・上田晋也に「違うだろ」と指摘されたが、
「(催眠術を)かけにきました、今日は。皆さんに催眠術をかけたいなっていうことで、ちゃんと練習してきました」と説明した。

また永野はこのために、数日間催眠術師の先生に催眠術を教わったそうで「かかりました。練習に付き合ってくださったスタッフさんたちにもかけましたし」と自信のコメント。
しゃべくりメンバーたちから「スタッフ当てにならないじゃん」「こっちは芝居を打たなきゃいけないわけ?かかってるふりというか…」などとツッコまれると、「それは皆さんにお任せします」と苦笑いし、スタジオの笑いを誘った。

そしてネプチューン・原田泰造や名倉潤、チュートリアル・福田充徳らに次々催眠術をかけていったが、その度にほかのしゃべくりメンバーからは「本当か?」「絶対ウソだよ」などと意見も。
最後には永野がくりぃむしちゅー・有田哲平やネプチューン・堀内健から催眠術をかけられるコントもはじまり、上田が「衝撃の問題作だよ、今日のは」と呆れる事態となった。

◆永野芽郁の催眠術が話題に

永野の催眠術はSNS上で反響を呼び、「芽郁ちゃんに催眠術かけられたい」という声が続出。さらに「永野芽郁の催眠術マジで面白かった」「催眠術コント最高」など称賛のコメントも寄せられていた。(modelpress編集部)

https://news.livedoor.com/article/detail/17868448/
2020年2月25日 10時50分 モデルプレス

no title

no title

no title

https://thetv.jp/i/nw/224034/1398528.jpg
no title

no title

no title

【永野芽郁、共演者への催眠術が話題にwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/03/02(月) 05:07:45.14
女優の永野芽郁(20歳)が、3月1日に放送されたバラエティ番組「行列のできる法律相談所」(日本テレビ系)に出演。「ドリフトで縦列駐車」に挑戦した。

永野は乗り物が大好きで、「駐車する時にドリフトでできたらかっこいいな」と思い、番組の中でドリフトによる縦列駐車に挑戦することに。

手順として、時速60キロで駐車スペースへ車を走らせ、駐車スペース手前でフットブレーキを踏み、その後すぐにサイドブレーキを引いて、ハンドルを右に切ると後輪が滑ってドリフトで止まることができるのだが、10回ほど練習したところで永野は「これ楽しい(はーと)」と筋の良さを見せる。

その後、実践となった永野のドリフト駐車は、インストラクターから「ほぼ成功」とお墨付きをもらうほどの成功となり、永野は「事務所のプロフィール欄の特技に書けちゃいますね、ドリフトって」と喜び、「カーアクションとかやりたいですね。日常的にドリフト駐車したら危ないので」と今後への抱負を語った。

2020年3月1日 23時15分 ナリナリドットコム 
永野芽郁、“ドリフトで縦列駐車”に挑戦した結果… 
https://www.narinari.com/Nd/20200358686.html 

no title

no title



【永野芽郁ちゃんが、ドリフトで縦列駐車に挑戦した結果www】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/02/28(金) 21:29:06.04
【モデルプレス=2020/02/28】女優の永野芽郁が、発売中の雑誌「SPRiNG」4月号にて、初めて表紙を飾った。
誌面では、俳優の坂口健太郎とのエピソードを明かしている。


◆永野芽郁「SPRiNG」初表紙

「ハンサムな女の子」をテーマにした今回の撮影では、大人びた表情を見せる永野。

表紙では、透け感のあるスカートをレイヤードすることで、媚びないフェミニンさを演出している。

◆永野芽郁、坂口健太郎が支えに

3月6日公開の映画『仮面病棟』に出演している永野。

同作は今までにないたいへんさだったようで、その支えとなったのは、主演・坂口の存在。
「坂口さんは別の作品で共演経験があったので、一緒ならこの作品を乗り切れるはず!と安心感がありました」と明かした。

坂口は撮影現場で常におだやかでいたようで、そんな坂口の佇まいから「撮影は精神的にも体力的にもたいへんな部分もあったけれど、現場自体はすごく楽しかったです」と救われたことを明かした。

ほかにも誌面では、ファッションや“お兄ちゃん”“お姉ちゃん”と慕う俳優仲間について語ったインタビューが掲載されている。(modelpress編集部)


https://news.livedoor.com/article/detail/17889424/
2020年2月28日 21時12分 モデルプレス
no title


【永野芽郁「精神的にも体力的にもたいへん」坂口健太郎の存在が支えに】の続きを読む