芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト、芸能トピ++

永野芽郁

1: なまえないよぉ~ 2017/10/15(日) 08:47:23.00 ID:CAP_USER9
女優の永野芽郁(18)が15日放送のフジテレビ「ボクらの時代」(日曜前7・00)に映画「ミックス。」(21日公開)で共演する広末涼子(37)、新垣結衣(29)とともに出演。NHK連続テレビ小説のヒロインに抜てきされたプレッシャーを語った。

 2018年の春から放送されるNHKの朝ドラ「半分、青い。」の主演が決まっている永野は「視聴率が何%だ、とか言われているのが、ネットニュースが流れてきちゃうと見ちゃうから、それが来年は私になるのは嫌だなと思うんですけど」と心境を吐露。

 「プレッシャーに打ち勝つ方法っていうのが分からなくて…。どうしたらいいですかね?」とアドバイスを求める永野に、新垣は「絶対に現場に入ったら助けてくれる人がいる」と笑顔で助言。最年長の広末も「頑張っているのは絶対誰かが見ているから」と励ました。

2017年10月15日 8時16分 スポニチアネックス
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13749840/

写真
no title

【<永野芽郁>朝ドラ主演のプレッシャー吐露!「視聴率とか…ネットニュース見ちゃう」】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/09/21(木) 22:54:05.11 ID:CAP_USER9
女優の永野芽郁が21日、自身のInstagramを更新し、“オン眉”ぱっつんヘアにイメチェンした理由を明かした。新鮮な永野の姿に絶賛の声が寄せられている。

◆永野芽郁、ガラリイメチェンの理由を明かす

19日に最終回を迎えた出演ドラマ「僕たちがやりました」(関西テレビ・フジテレビ系)では、大人っぽいワンレンスタイルだった永野。
20日に行われた出演映画「ミックス。」(10月21日公開)のイベントには、前髪を眉上にカットした“オン眉”のぱっつんヘアでガラリとイメージチェンジした姿で登場した。

永野は、「僕やりの最終回と共に朝ドラの鈴愛(すずめ)ヘアになりました」とヒロインを務める平成30年度前期連続テレビ小説「半分、青い。」の役づくりのために、ヘアスタイルを変えたと明かし、
慣れないヘアスタイルに、「#オン眉慣れない #朝起きた時ひどい」と苦戦している様子を伝えている。

そして、「#今は朝ドラの舞台である岐阜にいます」と現在は朝ドラの撮影地である岐阜県に訪れていることを報告した。

◆新ヘアに絶賛の声相次ぐ

これまで前髪を斜めに流したヘアスタイルが多かった永野の新鮮な姿に、ファンからは「朝ドラのためだったのか!突然のイメチェンだったからびっくりしたー!」
「すっごく似合っています!女の子は髪型でこんなにも印象が変わるんだね」「最強に可愛いです」「こんなに素敵な芽郁ちゃんが毎朝観られるなんて幸せ~眼福です」と絶賛の声が続々。

(以下略、全文はソースをご覧ください。)


僕やりの最終回と共に朝ドラの鈴愛(すずめ)ヘアになりました。[mei_nagano0924of]
no title


イメチェン前の永野芽郁(C)モデルプレス
no title

no title

https://mdpr.jp/news/detail/1715986

【永野芽郁、朝ドラ仕様の“オン眉”にイメチェン 可愛すぎるぱっつんヘアに絶賛の声】の続きを読む

永野芽郁


1: なまえないよぉ~ 2017/08/22(火) 13:37:10.91 ID:CAP_USER9
来年4月2日スタートのNHK連続テレビ小説『半分、青い。』で、女優の永野芽郁(17)が演じる
ヒロインの幼なじみ・萩尾律(はぎお・りつ)役に佐藤健(28)が決定した。
佐藤は連続テレビ小説初出演。そのほか松雪泰子、滝藤賢一、中村雅俊、風吹ジュンらの出演が発表された。

連続テレビ小説第98作となる同作は、脚本家・北川悦吏子氏のオリジナル作品。
故郷である岐阜県と東京を舞台に、ちょっとうかつだけれど失敗を恐れないヒロインが、
高度成長期の終りから現代までを七転び八起きで駆け抜け、やがて一大発明をなしとげるまで、
およそ半世紀の物語を紡ぎだす。

佐藤が演じる萩尾律は、ヒロイン・鈴愛(すずめ)と同じ日に生まれた幼なじみ。
大胆なひらめきとアイデアの持ち主である鈴愛と、真面目で理論派、社交性に難ありの律、
二人は言わば、互いの半身のような存在。それぞれ一度は別の人と結婚するものの、
約半世紀に渡ってつかず離れずの微妙な距離で互いを見守り続け、
やがて扇風機作りをきっかけに、公私共にパートナーとなっていく。

この日は、岐阜・故郷編に登場する主な出演者が発表された。
ヒロインの父・宇太郎を滝藤、母・晴を松雪が演じる。

そのほか鈴愛の祖父・仙吉に中村、祖母・廉子に風吹、弟・草太に上村海成。
律の母・和子に原田知世、父・弥一に谷原章介が決定。町医者・岡田貴美香は余貴美子、
鈴愛の同級生・西園寺龍之介は矢本悠馬、鈴愛の同級生・木田原菜生は奈緒が演じる。

ORICON NEWS
http://www.oricon.co.jp/news/2095981/full/

連続テレビ小説「半分、青い。」おもな出演者【岐阜・故郷編】発表!
http://www.nhk.or.jp/dramatopics-blog/1990/277913.html

【永野芽郁主演・来春のNHK朝ドラ「半分、青い。」 佐藤健、松雪泰子、滝藤賢一、中村雅俊、風吹ジュンら主要キャスト発表】の続きを読む

no title


1: なまえないよぉ~ 2017/08/05(土) 14:28:19.08 ID:CAP_USER9
『ブレイク新世代女優』として人気を博し、話題のCMやドラマに引っ張りだこの女優・吉岡里帆(24)。

「彼女にしたい!」「同じ会社や学校にいたら即ホレる」など、男性からの好感度は高い一方で、女性からは「特徴がない」「憧れない」「男ウケだけは良さそう」などと評されるなど、同性からの支持はあまり高くない様子だ。

 また、深田恭子、多部未華子ら人気女優たちと共演したCMで注目され、来年のNHK連続テレビ小説『半分、青い。』のヒロインにも決定した永野芽郁(17)も美人タイプではないが、可憐さと透明感はピカイチで現在人気が急上昇中。

 しかし、バラエティー番組での永野の振る舞いを見た女性からは、「作り天然」「あざとい」との評価も。

 果たして、この2人の新世代女優がブレイクできた理由はどこにあるのか? 美容外科「高須クリニック」の高須克弥院長に話を聞いた。

――ここ最近、菅田将暉さんや高畑充希さんなど若手俳優の活躍が目覚ましいですが、今年ブレイクした若手女優というと吉岡里帆さんと永野芽郁さん2人の名前が上がります。このおふたりに対しての第一印象はいかがでしょうか?

高須「うん、美女じゃない!」

――はっきり来ましたね! 女優といえば美人がする仕事の代名詞ですが……。

高須「絶世の美女じゃない、けど、だから売れるのがわかるかな。きれいすぎて非の打ち所がないゆえに、売れないって人も芸能界には多くいるし」

――なるほど。ということは一般受けしやすいタイプということでしょうか?

高須「そうです。とんがったメイクもおしゃれもしてないし、まだ若いから反応が初々しい。この身近な感じは男性にウケるでしょう。AKB方式と同じだね」

――確かに、吉岡さんは早くも『彼女にしたい女優』ナンバーワンも狙えそうなほど、男性ウケは群を抜いてます。しかし女性票はあまり得られてはいないようで、吉岡里帆に憧れる! という女性は少ないんです。

高須「でしょうね。女性芸人みたいにブス売りもしない、叶姉妹みたいに美に走ってない、こういったハンパな雰囲気って女性に嫌われるよ。だいたい、女性は自分に近そうなレベルの人がうまくいくと嫉妬するの! “こんなのでいいなら私でもいいじゃん!”みたいなね」

――そうなんですね。では親しみやすさの代名詞である『庶民派』女優は、同性からの人気は出にくいのでしょうか?

高須「そりゃあそうだよ! 隣にいそうな女がチヤホヤされてるんだもん。穏やかな気持ちじゃいられないでしょう。だいたい男が絡むと女の気持ちは乱れるものですよ」

――しかし、身近にいそうと言われても、吉岡さんは水着グラビアをやっていたり、ドラマで小悪魔役を好演していたことなどから、女性からは「表情や仕草があざとい」と言われることも多く、下積みエピソードを強調するなど、意外と策士なのではないかという意見もあります。

高須「ズバリ自信はあるでしょうね! “私は美人!”とまでは思っていなくとも、現場や世間からの自分への称賛から、これはウケてるなと徐々に自信がついてきたのでしょう。だから場を読む能力が高いのかもね」

――なるほど~。学ぶ力があるということですね!

つづく

2017年8月5日 11時40分 週刊女性PRIME
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13434270/

【<吉岡里帆&永野芽郁>あざとい新世代女優に高須院長「完璧にやれば芸達者」www】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/05/27(土) 19:24:36.90 ID:CAP_USER9
 映画『ピーチガール』の大ヒット記念!女子会舞台あいさつが27日、東京都内で行われ、出演者の山本美月と永野芽郁が登壇した。

 本作は、見た目は派手だが中身は超ピュアな女子高生もも(山本)と、学校一のモテ王子カイリ(伊野尾慧)のラブストーリー。

 ヒロインももを演じた山本と、見た目は天使だけど中身は最強最悪の小悪魔・沙絵を演じた永野が“女子会トーク”を展開した。

 会場では、事前に公式HPで募集した結果を基に“沙絵の最凶極悪シーン”ベストスリーを発表。1位に選ばれたのは、沙絵の策略による「ももホテル誘拐事件」だった。

 これは、ももが沙絵の男友達によって意識を失わされ、ラブホテルに連れ込まれてしまうという恐ろしいシーンだが、山本は「待ち時間は芽郁ちゃんとずっとしゃべってました。物まね大会をしたり、写真の撮り合いっこをしたり…」とシーンの深刻さとは裏腹に、永野と楽しい時間を過ごしたことを明かした。

 永野も「(ラブ)ホテルに初めて行ったのですが、何かいろいろすごいと思って! お風呂も透けているし…みたいな」と初めて見る光景に驚いたことを告白。「そこ(風呂)に入って陰で写真を撮ったりしたよね」と思い出を語ると、山本も「カルチャーショックだったよね。一歩大人になった感じで…」と振り返った。

 そんな和気あいあいとした現場だったが、“犯罪”ともいえるシーンとあり、山本は「これは駄目だよね」とため息をついた。意識を失う場面では「スタンガンで気絶した経験がなかったので、結構、思いっ切り倒れてみました」と演技の苦労も語った。

 永野も「ここまでいくと逆に振り切らないとできないので、そこは全然大丈夫でした」と女優魂で乗り切ったことを明かしたが、「やっている時に途中で苦しくなりました。(罠にハマった)ももを見てニヤッとしなければいけないので、本当に申し訳ないと思って…」と葛藤があったことを明かした。

 改めて劇中での悪行を振り返り「本当にひどい。全部最低だと思う。本当にごめんなさい」と肩を落とした永野だったが、山本は「少女漫画の原作ならではの極悪シーン。謝ることなんて何もない。むしろこんな芽郁ちゃん、『ピーチガール』でしか見られないので、ありがとうございます」と永野の名演技を賞賛した。

2017年5月27日 / 18:14
https://tvfan.kyodo.co.jp/news/topics/1110377
no title



【山本美月&永野芽郁、初のラブホに衝撃 「カルチャーショックだったよね」】の続きを読む