芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

永野芽郁

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2021/09/16(木) 09:10:11.03 _USER9
 女優・戸田恵梨香、永野芽郁がW主演する日本テレビ系連続ドラマ『ハコヅメ~たたかう!交番女子~』(毎週水曜 後10:00※10分拡大)最終話が15日に放送され、平均視聴率が12.6%(世帯)、7.2%(個人)だったことが16日、わかった。番組史上最高を獲得し、有終の美を飾った。(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。

 今作は、漫画雑誌『モーニング』(講談社刊)で連載中、元警察官の泰三子氏による『ハコヅメ~交番女子の逆襲~』(既刊16巻)を実写化。ワケあり元エース刑事・藤(戸田)と、天然新人・川合麻依(永野)の“最強ペア”による、身近なようで意外と知らない“交番女子”こと交番のお巡りさんのリアルすぎる日常が描かれる。

 最終話では、川合が作成した似顔絵によって再び動き出した桜(徳永えり)ひき逃げ事件の捜査。とはいえ、簡単に進展があるはずもなく、1週間が経過する。鑑識検定上級の資格を持つ藤と源(三浦翔平)は、車上荒らしの被害車両の鑑識作業にあたる。川合にわかりやすく教えるため、ベテラン鑑識長と新任巡査になりきる藤と源。次第に謎の鑑識コントがツボにハマる川合と伊賀崎(ムロツヨシ)だが…。

 そんな矢先、隣の村川署からの情報提供で、守護天使の似顔絵に似た男が現れたという情報が。果たして守護天使の正体とは…。3年越しの事件の核心に迫る。

オリコン

https://news.yahoo.co.jp/articles/b31c32cb2f2783b1b50b1792b6709a41ac5c2c7c

e3a8cac9-s

【【視聴率】戸田恵梨香&永野芽郁『ハコヅメ』最終話は12.6% 番組最高獲得で有終の美】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2021/09/05(日) 09:44:34.19 _USER9
 すでに日本テレビは、「シーズン2」を決定しているのではないか。「ハコヅメ~たたかう!交番女子~」(水曜午後10時)は、主演の永野芽郁が新型コロナウイルスに感染して2週休止(特別編)という“想定外”はあったが、再開後もコア層(13~49歳)の視聴率トップと好調。動画配信サービスのランキングも上位だ。

「TOKYO MER」稲森いずみの“棒読み”が気になる…視聴率は飽きさせない工夫でV字回復

「世の中が重苦しいので、いまはシリアスなドラマをリアルにやったら絶対だめですね。その点、ハコヅメは楽しい。コメディーだけど、ウソの世界じゃないというのがいいんです。ああ、自分もあんなふうに仕事や人間関係を軽やかにやれたらいいのになあと、気分が明るくなるんですね」(放送作家)

 ドラマは、埼玉県警のある交番(ハコ)勤務の元エース刑事・藤聖子(戸田恵梨香)と駆け出しの川合麻依(永野)の2人の女性警察官を主人公に、悪戦苦闘の日々、男社会のパワハラ・セクハラ、身勝手な地域住民、言いたい放題の警官女子会、許しがたい犯罪者たちが、「ああ、ありそうだな」というエピソードで描かれる。ドタバタなのに本当っぽいというのは、原作漫画の作者・泰三子に警察勤務10年という経験があるからだ。

「ストーリーは、藤が刑事を捨てて交番勤務を希望するきっかけとなった過去の事件を解決するところで今シーズンは終わるようですが、原作漫画のまだ消化していない事件や警察の内部秘話は山ほどあります。『モーニング』で連載も続いていますしね。シーズン2の素材には困りません」(放送ジャーナリスト)

 原作では、生活安全課の「くノ一」と呼ばれる変装・変身名人の黒田カナ巡査長、新署長の猿渡、知能犯係のイケメン如月昌也らもいて、シーズン2で絡ませれば新展開となるはずだ。

■女性警察官の志願者が増えそう

 日テレが続編に積極的なのは、制作費が安いというのも大きい。

 同じく夏クールの「TOKYO MER~走る緊急救命室~」(TBS系)などは、8トントラックを6カ月かけて救命救急車両に改造し、さらに事故や災害現場のセットを毎回つくって、炎上させたり崩落させたりしなければならない。まあ、制作費はいくらあっても足りないだろう。

「その点、ハコヅメは、ドラマの舞台となる町山交番は日テレの生田スタジオの駐車場につくったプレハブ、町山署は武蔵村山市役所、藤や川合の職員宿舎は八王子市片倉のアパートで外観を撮り、あとはスタジオセットと街中の商店街や住宅地、公園、学校などをそのまんま使ってロケするわけですから、まあ、はっきりいって安くつくれます。出演者も高額ギャラの俳優・タレントはいません。日テレとしてはぜひ続編をやりたいでしょう」(前出の放送ジャーナリスト)

 エンドロールには出てこないが、埼玉県警が全面協力しているのだろう。パトカーや白バイの「埼玉県警察」の表記がやたら強調され、町山交番の掲示板には埼玉県警の採用ポスターも張ってある。まあ、ドラマを見て、「私もおまわりさんになろうかな」という女子が増えるかもしれないものね。

制作費は安上がりなのに視聴率トップ 永野芽郁「ハコヅメ」がウケている理由
9/5(日) 9:06配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/2355a757195026c13491de0468e3eafd53e0d1af

e3a8cac9-s

【制作費は安上がりなのに視聴率トップ 永野芽郁「ハコヅメ」がウケている理由 すでに「シーズン2」決定?】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2021/08/19(木) 15:03:47.59 _USER9 BE:672086812-2BP(0)
 女優の永野芽郁(21)が17日放送の日本テレビ「ザ!世界仰天ニュース」(火曜後9・00)に出演。意外な特技を明かす場面があった。

 トーク中、車について聞かれた永野は「車の運転は大好きです」と満面の笑み。「免許は18歳になってすぐ取りました。その前に中型バイクの免許を取って」と意外な素顔を明かした。

 普段から「ドライブしますし、難しいパーキングとかあるじゃないですか。そこに切り返さないで一発で入れるのが好きです」と満足気。番組MCの中居正広(49)から「じゃあ、上手い方だね?何となく自分で分かるでしょ、下手じゃないなって」と聞かれると、「いや、上手いかもしれないですね」と自慢げに答え、スタジオを笑わせた。

8/19(木) 14:10
スポニチアネックス

永野芽郁 思わず自慢 運転に自信あり「パーキングに切り返さないで一発で入れるのが好き」
永野芽郁
https://news.yahoo.co.jp/articles/22e77fd44bcafc476e8c22b7246cc492dd53a38d

no title 【永野芽郁ちゃん、思わず自慢 運転に自信あり「パーキングに切り返さないで一発で入れるのが好き」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2021/08/19(木) 07:12:13.22 _USER9
感染は仕方ないが…

 昨年に引き続き、日本テレビ系「24時間テレビ」(21~22日)を放送することに賛否両論が巻き起こっている。特に感染爆発している今年は「賛」より「否」の声が強く、それは日テレも重々承知している。そこで今年は、自ら厳しいハードルを課したというのだが…。

 今年の「24時間テレビ 想い~世界は、きっと変わる。」は、無観客の東京・両国国技館から生放送される。とはいえ多くの出演者、スタッフが集まることになり、3密は避けられない。現在は日本全国で感染者が爆増し、テレビ局でも多くの感染者が出ている。

「特に今年は日テレに対する批判が高まっています。昨年も批判されましたが、今年は明らかにそれ以上。東京だけではなく複数の都道府県が緊急事態宣言下であること、新型コロナ感染者の数は減るどころか増える一方なのに、多くの人を集める24時間テレビをやる必要があるのか、ということです」(日テレ関係者)

 もちろん日テレも世論は受け止めている。万が一にも24時間テレビを舞台にクラスターを発生させまいと、考えうる限りの準備を整えて臨む。

「日テレでは先月からワクチンの職域接種を行っているが、24時間テレビに関わる多くのスタッフが、当日までに2回の接種を終える。基本的に、独自に発行する接種済み証明書を提示しないと会場に出入りできない。生放送や事前の撮影では、出演者、全てのスタッフにPCR検査か抗原検査を義務付ける」と制作会社関係者。

 特に会場の国技館に出入りするスタッフは、毎日抗原検査を受けねばならない。ほかにも消毒の徹底や救急体制を整備している。莫大な金額をかけてでも、日テレは絶対に24時間テレビを成功させたいのだ。

 ここまでやっても、いつどこで誰が感染するのか分からないのが、新型コロナウイルスの怖いところ。24時間テレビでも「絶対にクラスターが発生しない」とは決して言えない。

「万が一、複数のコロナ感染者が国技館から出たら、それこそ猛バッシングを浴びることは確実。そうなれば来年以降、24時間テレビの放送はかなり難しくなる。それは日テレ上層部も分かっており、『クラスター発生=番組終了』という不退転の決意で本番に臨むというのです」(前出日テレ関係者)

 日テレは、昨年も批判のなかで24時間テレビの放送に踏み切り、コロナ感染者を1人も出さなかった。この時の経験をもとに独自の感染対策マニュアルを作り、バージョンアップして局内で共有しているという。

 それだけ感染対策には自信を持っているのだが、ここにきて不安な点も出てきた。

「日テレで放送中のドラマ『ハコヅメ』に主演している永野芽郁が先月末、コロナに感染した。現場の共演者やスタッフが次々と濃厚接触者となり、撮影もストップした。この現場でも日テレ独自のマニュアルを使って感染防止対策をしていただけに、局内のショックは大きい」(別の日テレ関係者)

 来年も無事に24時間テレビは放送されるか――。全ては今年にかかっている。

8/19(木) 5:15配信
東スポWeb
https://news.yahoo.co.jp/articles/6d1c1f29351d89ff4134e3c5e2b0fc62bc4873b5

no title 【「24時間テレビ」控える日テレが永野芽郁のコロナ感染に絶句したワケ】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2021/08/13(金) 18:43:52.56 _USER9
「この配信記事。《百田夏菜子 毎日PCR受けても感染》。これ全然意図が違うだろ、文章が。PCR検査に何か予防の意図があるとか、そんなことはないからね? 大丈夫? いや、怒ってるから」

 怒りの声の主は、「ももクロ」ことアイドルグループ「ももいろクローバーZ」の名物マネージャー川上アキラ氏だ。8月7日の夜、2019年に開催されたももクロの明治座公演「明治座地獄TV」の映像がYouTubeで配信されている最中に、Twitterアカウントで川上氏が音声配信を行った。「明治座見ているよね。配信中に申し訳ないですね、ちょっとね」と切り出し、ファンに冒頭の思いを伝えた。

 事の発端は、一部スポーツ紙がWEBで配信した記事だった。

 新型コロナウイルスの感染が発表されたももクロのリーダー百田夏菜子(27)が、Instagramのストーリーズにつづった「毎日PCR検査をさせていただけていた中計り知れない今の怖さを強く感じています」というコメントを受けての報道だった。ワイドショーデスクが振り返る。

「SNSのコメントを拾って記事にする事自体はスポーツ紙のWEBサイトではよくあるのですが、あるスポーツ紙が《百田夏菜子 毎日PCR検査受けても感染》というタイトルで記事を配信していたんです。『受けても…』という部分のニュアンスが読者から曲解されて、一部のネットユーザーから『PCRで感染防止はできません』『PCRで予防ができると思っていたのか』等と百田サイドに批判が集まってしまったのです」

 川上氏は「今の時期に、うちの名前で間違った誘導をされるのは許せないじゃん。ダメじゃん。って話で。この後、どういう対応をしてくれるのか」と激怒。当該記事は削除された。しばらくして冷静さを取り戻した様で、川上氏は「いつも紙面のほうの記事を書いてくださっている担当記者さんが、理解をして対応してくださっています」と述べていた。

「件のスポーツ紙はももクロだけの特別新聞を発行する等、この3~4年でももクロとの距離が急接近していた。メンバーだけではなく川上氏の独占インタビューも掲載していた程でした。この特別新聞を制作した担当記者は社内で表彰され、賞金まで出ていたそうです。正に“ももクロ様々”メディア。それだけに川上氏としては『どうして、よりによっておたくがこんな記事を…』という思いがあったのでしょう」(前出・ワイドショーデスク)

 実は川上氏がここまで感情的になった背景には、他の要因も絡んでいる。

「今の時期にうちの名前で…」と語気を強めた様に、いま、ももクロの所属事務所「スターダストプロモーション」をコロナ禍が直撃しているのだ。

「昨年感染した横浜流星や中川大志をはじめ、今年に入っても仲野太賀と森川葵等、所属タレントの感染発表が続いています。ももクロでも百田だけでなく玉井詩織が感染。更にはももクロの“妹分”的存在の『エビ中』こと『私立恵比寿中学』や“弟分”的存在の『超特急』からも複数の感染者が続出する事態となっています。事務所としてきちんと検査をしている証とも言えますが、川上氏が相当ナーバスになるのも無理はないですよ」(前出・ワイドショーデスク)

「スターダストプロモーション」は多くの人気タレントを抱える大手芸能事務所。故に1人1人の感染が及ぼす影響も大きい。

 ドラマや映画、イベントや番組出演、様々な仕事が入っているからだ。最近でも女優の永野芽郁(21)が感染。戸田恵梨香(32)とW主演中のドラマ「ハコヅメ~たたかう!交番女子~」(日テレ系)の撮影が中断してしまった。番組制作会社のスタッフが明かす。

「誰が悪いという訳でもないですし、芸能界全体を見ても感染が増えていますから、永野さんだけが殊更責められることはなかったようです。とは言えドラマは中断し、急遽特別編を放送する等の対応に追われたのも事実。迷惑を掛けた形となった永野さんのマネージャー陣は、共演者にドラマスタッフにと関係各所に菓子折りを持って“謝罪行脚”していましたね」

「ハコヅメ」だけではない。当然、放送中の作品だけではなく水面下で進行中のドラマにも影響が出ている。

 メンバー9人中5人の感染が発表されている「エビ中」の星名美怜(23)も、そんな仕事が控えていたタレントの1人だという。

文春オンライン

https://news.yahoo.co.jp/articles/0fc0a6eadb90aa0486bd69d09c6eeb61e19b517d?page=1
https://news.yahoo.co.jp/articles/0fc0a6eadb90aa0486bd69d09c6eeb61e19b517d?page=2

20190925-00000347-oric-000-60-view[1]

【永野芽郁マネージャーは謝罪行脚、「ももクロ」名物マネージャーは大激怒… スターダストを襲う“コロナの波”】の続きを読む