芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト、芸能トピ++

永野芽郁

1: なまえないよぉ~ 2018/06/21(木) 20:37:20.37 ID:CAP_USER9
UQモバイルのCMに出演している深田恭子、多部未華子、永野芽郁の三姉妹のスリーショットを深田が公開し、「豪華すぎる」として話題になっている。

 6月12日の深田のインスタグラムに投稿された写真がそれで、CMそのままの美女3人だ。右から永野、深田、多部と並び、3人仲良くピースサインを出している。

「さすがは人気女優3人ですね。みんな美しくとても華やかです。3人が出演するUQモバイルのCMが始まった時、『3人の中から1人選ぶなら誰がいいか?』という議論が
ネットで起きましたが、またそれが再燃しそうです」(週刊誌記者)

no title

https://www.asagei.com/excerpt/106692

【深田恭子、多部未華子、永野芽郁三姉妹ショットに熱視線!一番可愛いのはwwwww】の続きを読む

no title

1: なまえないよぉ~ 2018/05/21(月) 10:36:13.03 ID:CAP_USER9
 女優永野芽郁(18)がヒロインを務めるNHK連続テレビ小説「半分、青い。」(午前8時)18日放送第41話の平均視聴率が20・6%、19日放送の第42話が19・8%(ともに関東地区)だったことが21日、ビデオリサーチの調べで分かった。これまでの最高視聴率は初回放送の21・8%。

 同ドラマは、岐阜県や東京が舞台で子供の頃に左耳を失聴した鈴愛(すずめ)が、家族や、同じ日に同じ病院で生まれた幼なじみたちに支えられながら成長する姿を描く。鈴愛は少しうっかりしているところもあるが、バイタリティーにあふれ、失敗を恐れない性格で、高度経済成長期を背景に一大発明を成し遂げる。脚本家北川悦吏子さんのオリジナル作品。主題歌は初の楽曲提供を行った星野源が歌う。

 あらすじは、鈴愛(永野芽郁)は、秋風(豊川悦司)のネーム(下書き)をごみと間違え捨てた可能性が高くなり、秋風は激怒しオフィス・ティンカーベルから追い出してしまう。鈴愛は行くあてもなく途方にくれ律(佐藤健)のマンションに涙を浮かべ辿り着く。そして笛を吹いて呼び出すが、出てきたのは律の友人の朝井正人(中村倫也)だった。そして律、正人が行く予定だったマハジャロに東京最後の思い出にと鈴愛もついて行き、ど派手でキラキラな洋服を着てお立ち台デビューした。鈴愛は岐阜に帰る前に、秋風にお礼がしたいと飼っていたペットのアルバムをマネージャーの菱本(井川遥)に借りて、パネルを作成し謝罪文を添えて恩返しした。これ以上ペットが死んでいくのを見たくない秋風は、パネルを見て驚き動揺を見せるが、手紙を見た秋風は「あほらし。酔いも覚める」とひと言。そして焼きおにぎりを暖めようとレンジを開けると、そこにはなくなったと思っていたネームがあった。秋風は「やってまった」と絶句した、という内容だった。

5/21(月) 10:31配信 
永野芽郁「半分、青い」思い出にディスコ20・6% 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180521-00211908-nksports-ent
no title

【【視聴率】永野芽郁「半分、青い」思い出にディスコ20・6%】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/05/19(土) 12:50:33.44 ID:CAP_USER9
 4月のスタート以来好調な視聴率をキープしているNHK連続テレビ小説「半分、青い。」。ヒロイン・鈴愛(すずめ)を好演している永野芽郁(18)の撮影を、意外な食べ物が支えている。

 今月6日に都内で行われたフォトブック「永野芽郁 in 半分、青い。」の発売イベントで、朝ドラの控室には「エイヒレを置いてある」と渋い好みを明かした。

 ティーンの女の子ならケーキなどスイーツが元気の源となりそうだが、「生クリームは苦手」と告白。
控室には他にもおつまみの昆布などが置いてあるといい、中でも「食べたくなるのはエイヒレだよね、やっぱり」と笑顔。「だけど、臭うとお芝居の相手の方に迷惑なので、直前は食べない」とお茶目に話し、客席の笑いを誘った。

 昨年のスポニチ本紙のインタビューでも「塩ラーメン好き」を明かし、「塩辛いものが好き。梅干しとかイカとか枝豆とか。私の中には小さなオヤジがいるんです」と話していた。

 鈴愛と共通するようなマイペースさと愛されキャラ。控え室にはカップラーメンも常備しているといい、大好物でエネルギーをチャージしながら、あと数カ月続く撮影を乗り切る。(飛澤 美穂)

朝ドラヒロイン、永野芽郁を支える意外な食べ物…お好みは塩辛い系 
2018年05月19日 10:00 
https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/05/19/kiji/20180519s00041000056000c.html 
no title

NHK連続テレビ小説「半分、青い。」のヒロインを務める永野芽郁 

【永野芽郁を支える意外な食べ物…お好みは塩辛い系】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/05/18(金) 16:00:26.97 ID:CAP_USER9
女優の永野芽郁が、18日放送のヒロインを務めるNHK連続テレビ小説『半分、青い。』(NHK総合/月曜~土曜あさ8時)の第41話にて、ボディコン姿を披露。
抜群スタイルに反響が寄せられている。

永野芽郁ヒロイン・朝ドラ「半分、青い。」
連続テレビ小説第98作となる今作は北川悦吏子氏のオリジナル作品。
故郷となる岐阜と東京を舞台に、ちょっとうかつだけれど失敗を恐れない永野演じるヒロイン・楡野鈴愛(にれの・すずめ)が、高度成長期の終わりから現代までを七転び八起きで駆け抜け、やがて一大発明を成し遂げるまでの物語を描く。

鈴愛の幼馴染・萩尾律役を俳優の佐藤健が演じる。

永野芽郁、美脚全開ボディコン姿で踊る<※ネタバレあり>
第41話では、漫画家・秋風(豊川悦司)の逆鱗に触れた鈴愛(永野芽郁)が、オフィス・ティンカーベルから追い出されてしまう。
行くあてもなく途方にくれる鈴愛が辿り着いたのは、ともに上京してきた律(佐藤健)のマンション。

律に泣きながら事情を明かし、その晩は東京での最後の思い出として隣人のマア(中村倫也)と3人で初めて流行のディスコ「マハジャロ」へ。

普段はまとめている髪型を大人っぽくダウンスタイルにした鈴愛は、マアが貸したゴールドのど派手なボディコンを着こなし、お立ち台でジュリ扇(羽付き扇子)を振り回しながら踊った。

永野芽郁の抜群スタイルに反響
ボディラインが強調され、くっきり曲線を描いたくびれやスラッと長くて美しい美脚があらわとなったボディコン姿を披露した永野。

抜群のスタイルに、ネット上では「ボディコン似合うしスタイル良すぎる!!」「芽郁ちゃんの美ボディにしか目にいかない」「お立ち台ナンバーワン確実」「鈴愛大人っぽくてびっくり!可愛い~!」「脚なっがい!ほっそい!きれい!!」「鈴愛ちゃん、これまで可愛い印象だったのに色気すごい」と反響。

また初めての「マハジャロ」で派手な柄シャツを着た律だったが、鈴愛から「恥ずかしいから着替えて」とバッサリ言われてしまうシーンもあり、視聴者から「律くん可愛いw」「初めてで変に気合い入っちゃう気持ちわかるよ!」「なんか当時を思い出した…自分にもそんな時期あったわ」「鈴愛と律の絶妙な掛け合い最高」などの声も寄せられている。

http://mdpr.jp/news/detail/1767067

永野芽郁がボディコン姿披露
no title

佐藤健と永野芽郁
no title

永野芽郁
no title

no title

【朝ドラ「半分、青い。」永野芽郁、金色ボディコン姿で美脚全開「スタイル良すぎる」「色気すごい」の声wwwwwwww】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/05/16(水) 11:37:58.62 ID:CAP_USER9
 女優の永野芽郁(18)が4月に都内で開かれた「『永野芽郁 in 半分、青い。』PHOTO BOOK」の発売記念イベントに出席した。永野は購入者の中から抽選で選ばれた300人を前にトークを繰り広げたが、「自分に見惚れることはある?」と聞かれると、「自分の顔は好きじゃない本当に」と告白。続けて、「映画とかドラマとかの完成を見ている時も凄く嫌だ。自分のあら探しをしちゃうんだろうね。『うわ、ブスッ!』って見ちゃう」と自虐的に語った。

 キラキラした透明感が魅力の永野だが、昨年は映画『ひるなかの流星』で初主演し、『帝一の國』『ミックス。』など話題作にも次々と出演している。

 ドラマやCMにも引っ張りだこで、現在はNHK朝の連続テレビ小説「半分、青い。」のヒロインも務めており、注目若手女優のひとりだ。

 その一方、「自分の顔は好きじゃない」と発言するなど、自虐的な部分も持ち合わせていたとは驚きだが、実は性格だけでなく、趣味でも意外な一面がうかがえる。

「例えば、バラエティー番組で好きなミュージシャンについて聞かれ、長渕剛(61)と明かしていました。ギターを練習するためいろいろな動画を見ているなか、長渕を知って好きになったそう。ライブにも足を運んだことがあるとか。さらに、以前に公開された映画の舞台挨拶で、ハロウィーンの仮装で『長渕さんにもなりたい』と答えていました」(週刊誌の芸能担当記者)

 ハロウィーンで長渕の仮装を希望するとはかなり気合の入ったファンのようだ。永野がギターの練習を始めたのは中学2年生の頃。最初はアコースティックギターから練習し、次第にエレキギターも弾くようになったそうだ。

 さらに、応援ガールに任命された夏フェスの記者会見イベントでは、ロックバンド「BUMP OF CHICKEN」の曲をギターで演奏した。さらに、アメリカのロックバンド「レッド・ホット・チリ・ペッパーズ」のファンで、ギターも練習していると打ち明けていた。ちなみに、レッチリで好きな曲は「Around The World」だという。

 実はロックが好きだった永野。加えて、「子供の頃からお笑い芸人にも憧れていたようです」と証言するのはスポーツ紙記者だ。

「小学校の頃、好きだったテレビがトーク番組の『しゃべくり007』(日本テレビ系)。とにかくバラエティー番組に出たかったといいます。ひな壇芸人にも憧れていたとか。現在、ブレイク中の永野ですが、透明感だけでなく、そんな彼女の雰囲気とのギャップも人を惹きつける魅力に繋がっていると思いますよ。そんな個性を生かして、将来は独特な雰囲気を持った役の幅の広い女優へと成長するかもしれません」

 永野のこうしたキャラクターは実兄の影響だと指摘するのは、芸能リポーターの川内天子氏だ。

5/16(水) 11:30配信 
長渕剛好き…「半分、青い。」永野芽郁の意外な素顔 

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180514-00000016-sasahi-ent
no title

【長渕剛好き…「半分、青い。」永野芽郁の意外な素顔】の続きを読む