芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト、芸能トピ++

永野芽郁

1: なまえないよぉ~ 2018/11/20(火) 17:29:17.18 ID:CAP_USER9
女優の永野芽郁が自身のTwitterにて、大胆なヘアカットを報告し話題となった。

永野芽郁、大胆ヘアカットを報告
永野は17日、胸まで伸びていた髪をバッサリとカットし、顎のラインほどまでのショートボブになった姿を披露。
「だいぶ髪の毛切りました」と報告した。

これまでにもボブヘアにしていた時代はあるものの、最近ではNHK連続テレビ小説『半分、青い。』のヒロイン・鈴愛役で長い髪を結った姿もおなじみとなっていた永野。

新ヘアに反響殺到
久々の短い髪型に、ファンからは「新鮮すぎる」「ボブ可愛すぎ!!」「印象ガラッと変わってびっくり!何でも似合っててさすが」「可愛いが際立ってる!!言うこと無し!」など、絶賛の声が殺到。
20日の午後4時時点で11万件以上の「いいね!」がつくほど注目を集めている。

http://mdpr.jp/news/detail/1805807

カット前ミディアム・ロングヘアの永野芽郁
no title

   ↓
ボブヘアに大胆ヘアカット
no title

【永野芽郁さんが、ロングヘアをバッサリカット 絶賛の声】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/11/13(火) 07:26:50.43 ID:CAP_USER9
 9月末まで放送されたNHKの連続テレビ小説(朝ドラ)「半分、青い。」でヒロインを演じた永野芽郁さんが、来年1月にスタートする菅田将暉さん主演の連続ドラマ「3年A組-今から皆さんは、人質です-」(日本テレビ系、日曜午後10時半)に出演することが13日、分かった。永野さんは朝ドラ終了後、初の連続ドラマ出演で、ヒロインの女子高生・茅野さくらを演じる。

 ドラマは、菅田さん扮(ふん)する、2年前にある高校に赴任してきた3年A組の担任教師の柊一颯(ひいらぎ・いぶき)が、10日後に卒業を控える、茅野さくら(永野さん)らA組の生徒を人質にとり「最後の授業」を行うという学園ミステリー。柊は生徒たちに「今から皆さんは……僕の人質です」と告げ、生徒たちは遺書もなく数カ月前に自ら命を落とした“ある一人の生徒の死”の真相に向き合っていく……というストーリー。

 ◇茅野さくら役の永野芽郁さんのコメント

 卒業を直前に控えた高校3年生のヒロインを演じさせていただくことになりました。今回、演じる役柄は、私の「素」の部分とは大きく違い、内向的な性格です。高校生を演じることについては、最近(今年の3月)まで学生だったので不安はありません。私自身、卒業
までの10日間は仕事で高校に行けなかったので、もしやり直せるとしたら、制服を着て、いつもの通学路を友達と笑いながら帰りたいですね。

 今回は菅田さんが演じられる先生がどんなふうになるのか想像もできないので、撮影がとても楽しみです。若い世代の方には今の自分と重ねながら見られる物語だと思いますし、それ以外の世代の方には、過去を思い返して、自分がなぜこの立場にいるのかなどを考えさせられるような物語だと思います。見る方それぞれに違ったメッセージを届けられるドラマになると思いますので、楽しみにしていてください。

2018年11月13日 テレビ
https://mantan-web.jp/article/20181112dog00m200039000c.html
no title

【永野芽郁:朝ドラ終了後、初連ドラで女子高生役に 菅田将暉主演の学園ミステリー】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/09/19(水) 11:02:46.66 ID:CAP_USER9
深田恭子と多部未華子、永野芽郁が出演するUQモバイルの最新CMが公開され、話題になっている。
今回は以前も同CMに出演していた女優の藤原紀香が復帰。
三姉妹を公開処刑してしまうほどの色香を見せつけている。

今回の「ノリカエル」篇は三姉妹の前に現れたカエルの声を紀香が担当。
紀香本人は背後から三姉妹の様子をうかがう内容だ。

「テレビに映る姿は小さいのですが、色香とオーラがスゴい!衣装は1980年代を意識しているそうで、白とブルーのストライプのレオタード風。
そのダサさ加減が何ともそそります。そして紀香の美脚が全見えになっているんです。
どうやったらこんなに肌艶が保てるのかというくらいツルッツルで、とても47歳とは思えません。これはたまりませんね。
赤いベルトを腰に巻き、体のラインがよくわかるのもうれしい。紀香は黄金比ボディの持ち主と言われていますが、今も健在です」(週刊誌記者)

梨園の妻となった紀香がここまで大胆に肌を見せるのは久しぶりとあって、男性ファンを大いに喜ばせているようだ。

「三姉妹の長女を演じている深田恭子が二の腕をさらしていて、とても美しい。ですが紀香の美脚はそれ以上ですね。
昨年9月に公開された『紀香の誕生日篇』でも、三姉妹より紀香のほうが目立っていました。
色香に関しては三姉妹よりワンランク上のようです」(前出・週刊誌記者)

藤原紀香が大人の魅力を見せつけている最新CMは、UQモバイルのHPで観ることができる。
また、9月14日の紀香のブログでは全身の写真が公開されている。
一度チェックしてその艶を堪能してみる価値は十二分にありそうだ。

http://news.livedoor.com/article/detail/15325283/
2018年9月19日 5時59分 アサ芸プラス

no title

【“三姉妹”を公開処刑!藤原紀香「大胆衣装で肌見せ」】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/08/22(水) 05:11:35.79 ID:CAP_USER9
 NHK連続テレビ小説「半分、青い。」(月?土曜前8・00)のヒロインを務める女優の永野芽郁(18)が21日、自身のブログを更新。17日夜にクランクアップ、大役を勤め上げた心境を明かした。

 ドラマは昨年10月23日に岐阜県内でクランクイン。永野は昨年11月から撮影に入り、約10カ月の長丁場を完走した。(中略)

 永野は「『半分、青い。』撮影無事終了しましたー!!わーい!!おわったー!!」と切り出し「長いようで短かったなぁと今は思えます。ゴールはこの辺だと分かっていても、そこまで辿り着けない気がして、朝起きるのがしんどくて、笑いたいのに笑えない日もあったし、色んなことがあった10カ月だったな」と振り返った。

 「10カ月現場にいるのは、やっぱり自分にとってはものすごい長い時間で、少しの間だから毎日笑ってよう!ができなくて、いつもなら笑ったまま終えてたものも、そうはいかなくて、泣きまくってる時もあったし、全く声を発さない日もあったし、でも、ある意味すごく人間らしく、生きてる時間だったなと思います。毎日押し寄せる感情をなかったことにしようと頑張ってみたり、これが私だって開き直ってみたり、色んな方法で試したりして、自分に正直になってみたり、少し嘘ついてみたりするって、生きてるからこそだなとか思ったり、ちょっとなにが言いたいのか、よくわからなくなってきたけど、とても人間らしかった気がします(笑)」と苦闘の日々を明かした。

 「今までなら帰りの車に乗ると、スイッチが切れて素に戻れてたけど、長い期間スズメとして生きてたから、家に帰っても自分が何者なのか、よくわからなくなってたなぁ。心が2つあると、パワフルにもなるけど脆くもなるから、なんだろうな。自分なのか、スズメなのか、何かと一生懸命向き合って毎日毎日朝ドラしてました」

 そして「スズメがよくわからなくなった時も、頑張って近づこうと思ったし、どうやったらこのセリフが言えるかって何もない頭なりに考えたし、周りの方々に支えていただいたりしながら、がむしゃらに過ごしてました。台詞が全く入らなくなった時、どんだけ読み込んでも、2行しか入らなくて、そんな自分にも腹が立って、全部がカチコチに固まって、ほぐれる瞬間がなかなかなくて、布団に入っても目を閉じても、眠れなくて苦しくなって、撮影しながら眠くてカクンカクンしてたり(笑)」。不眠にも悩まされていた。

 さらに「耳が本番中に聞こえなくなって、あ、完全にスズメが乗り移ってるって、重い話とかじゃなくて、ちょっとうれしくなったりして(笑)」と難聴にまでなった。「境地に達したとは、まさにこのことかもしれないと、自分の身をもって初めて体験したかも(笑)色んなお薬を処方していただいて、飲むと顔がボールみたいになって、そんな姿でも毎日撮影するから、それが毎朝放送されることが悔しい!(笑)。コンディションを完璧になんていうのは、もう全然無理で(笑)、みなさま、ごめんなさい(笑)」と打ち明けた。

(以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

[ 2018年8月21日 16:35 ] 
永野芽郁「半分、青い。」苦闘の日々明かす…涙、不眠、難聴「境地に達した」薬も処方「飲むと顔が…」 

 NHK連続テレビ小説「半分、青い。」のヒロインを務める永野芽郁Photo By スポニチ
no title


https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/08/21/kiji/20180821s00041000198000c.html

【永野芽郁「半分、青い。」苦闘の日々明かす…涙、不眠、難聴「境地に達した」薬も処方「飲むと顔が…」】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/08/02(木) 08:22:52.74 ID:nSX5XJFr0● BE:842343564-2BP(2000)
放送中の連続テレビ小説「半分、青い。」(毎週月~土曜朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか) では、永野芽郁演じるヒロイン・森山鈴愛の人生に大きな転機が訪れている。
娘・花野(山崎莉里那)の5歳の誕生日に夫・涼次が「別れてほしい」と切り出し、夫婦は修羅場に。約10分間にわたり繰り広げられた、鈴愛と涼次だけの2人芝居に視聴者の心は大きく揺さぶられている。




■ 「涼ちゃんのクズっぷりがすごい」

涼次が夢と現実の狭間で葛藤してきた5年間、鈴愛は現実に浸かって生きてきた。「花野のおしめ替えるのと、1日7回も8回もミルクあげるのにいっぱいいっぱいで、耳うるさいのに夜泣きされて、近所抱っこして回ってるときに涼ちゃんは…」と言い、「裏切り者!許せない!いつまで夢見てる!目を覚ませ!私たちは年取ったんだよ?もう若くないんだよ、親なんだよ?」と叫んだ。

<半分、青い。>永野芽郁、10分間の“壮絶演技”に大反響!「怒りが本物にしか見えない 
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180802-00156781-the_tv-ent 
no title

【永野芽郁、半分青いで旦那を10分間連続詰問。問い詰めマニアを喜ばせるwwwwwwwww】の続きを読む