芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

水着写真集

    このエントリーをはてなブックマークに追加
no title

1: なまえないよぉ~ 2018/12/22(土) 18:25:45.53 ID:CAP_USER9
TBSの宇垣美里アナウンサー(27)が来春にも退社する方向で調整していると、「日刊スポーツ」はじめ複数のスポーツ紙が2018年12月22日報じた。
正式発表ではないものの、報道の衝撃はインターネット上に大きく広がり、ツイッターでは「TBS退社」「宇垣美里アナ」のワードがトレンド入りするほど。今後の活躍に期待する声があがっている。

●「サンジャポで人気急上昇

宇垣アナは2014年にTBS入社、朝の情報番組「あさチャン!」などでキャスターを務め、現在は「ひるおび!(午前)」の火曜日と「サンデー・ジャポン」、ラジオ番組などを担当している。

アイドルのような可愛らしいルックスで人気だが、2018年に入ってからはそのタレント性やキャラクターにも注目が集まるように。
4月からパーソナリティーを務めるラジオ番組「アフター6ジャンクション」では、趣味のアニメについて語るなど「オタク」な一面をのぞかせ、話題を呼んだ。

また、宇垣アナの人気急上昇ぶりを語るうえで欠かせないのが、8月からリポーターを務める「サンデー・ジャポン」での言動。アニメキャラクターのコスプレを披露したり、
「私には私の地獄がある」「生きていて申し訳ない」などの発言が飛び出して「闇キャラ」が露呈したりと、その意外な一面が視聴者に好感を持って受け止められている。

それを裏付けるように、オリコンが12月7日に発表した「第15回 好きな女性アナウンサーランキング」では初めてのトップ10入りを果たし、支持を広げていることがうかがえる。

●「もっとテレビで見られることを期待」

ただ人気とは裏腹に、現在、宇垣アナをテレビで見られる機会は多くない。

複数のスポーツ紙の報道によると、TBS退社後はフリーアナに転身、幅広く活動するとされる。
そうなれば局の垣根を越えてテレビで見られる機会が増えるかもしれないと期待するファンは多い。ツイッター上にも、

「ファンとしてはTBSのアナウンサーでいてほしいってことで少し複雑な感じはしますが、フリーになってもどんどん活躍してほしいですね」
「活躍できる幅が広がると前向きに捉えてます。これからもずっと応援します!!」
「うがっきーTBS退社かぁ~でもタレント活動するってことはもっとテレビで見られることを期待やな、、めっちゃ可愛くない?」
「アナウンサーとしてはもったいないくらい可愛いし、何かの間違いで水着写真集でも出してほしい」
といった声があがっている。

過去には週刊誌『週刊プレイボーイ』(集英社)でグラビアモデルを務めたり、週刊漫画雑誌『週刊ヤングジャンプ』(集英社)で表紙と巻頭グラビアを飾ったりといった経験もあるため、
美貌とプロポーションを生かしたグラビアモデルとしての活動への期待も。

また、元TBSアナウンサーで現在はフリーとして活動する田中みな実アナ(32)を連想する人も多い。
田中アナもフリー転身後は、可愛らしいルックスで女性ファッション誌に登場するなど、本業以外にも活躍の幅を広げている。

2018年12月22日 14時21分 J-CASTニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/15778478/

【TBS宇垣美里ちゃんの退社報道にまさかの水着写真集?膨らむ期待wwwwwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2018/08/13(月) 07:11:11.55 ID:CAP_USER9
ぶりっ子キャラで一世を風靡したタレント・さとう珠緒(45)は、グラビアクイーンとしても活躍した経歴の持ち主。
さとう本人が、23歳時のファースト写真集『ハニーリップス』(1996年、竹書房刊)を振り返る。

 * * *

自分の写真集で一番好きなのがこの『ハニーリップス』です。
カメラマンの井ノ元さんとは相性バッチリで、何もわからない私を楽しい気持ちにさせてくれて、その瞬間瞬間を切り取ってもらいました。
この写真が一番のお気に入りです。Y字バランスの写真は、当時ダンスをやっていたので、こんなポーズをしてしまったんでしょう。
今はすっかり体が固くなって、もうこんな開脚はできません(笑い)。

1988年に15歳で「第2回ミス・アクション・オーディション」の準グランプリをいただいているので、実は今年が芸能生活30周年になります。
準グランプリの後は数か月だけ芸能活動をして普通の高校生活を送り、卒業後は芸能界と関係ない職業に就くことも考えました。

1995年に『超力戦隊オーレンジャー』にオーピンク役で出演してから多くのお仕事をいただけるようになりましたが、
ぶりっ子だと批判されたり、「女が嫌いな女」に選ばれたりした時は、もう“プンプン”でしたね(笑い)。

数年前に事務所を辞めて少しお休みしたりしたので、30年駆け抜けた感じではなく、なんだかふんわりとまだやっている感じです。
今まで本当に多くの方にお世話になり、スタッフや応援してくださった方々、ご迷惑をかけてしまった方々に、申し訳ない気持ちと感謝の思いでいっぱいです。
こうして長くやってこられたのは、本当に幸福でラッキーだと思います。

この年で水着グラビアですか? 本格的なトレーニングから始めなくてはならないです。
やる気はあれど、そのうちおばあちゃんになってしまう……。
ぶりっ子おばあちゃんの水着、はたして需要はあるのでしょうか?(笑い)

【プロフィール】さとう・たまお/1973年1月2日生まれ、千葉県出身。
1988年、第2回ミス・アクション・オーディションで準グランプリ。
1995年、『超力戦隊オーレンジャー』にオーピンク役で出演。あいくるしい顔立ちと「ぶりっ子」キャラが人気を呼び、バラエティ番組に引っぱりだこに。
グラビアでも活躍し、小悪魔的な魅力で見る者を虜にした。
今回はファースト写真集『ハニーリップス』(1996年、竹書房刊)から厳選カットを掲載した。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180813-00000003-pseven-ent
8/13(月) 7:00配信

no title

no title

【さとう珠緒(45)が振り返る23歳時の水着写真集の思い出】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2017/04/16(日) 16:45:47.41 ID:CAP_USER9
 モデルの泉里香(28)が16日、都内で初水着写真集『Rika!』の発売記念イベントを行った。

 ファッション雑誌6誌でレギュラーモデルとして活躍している泉が、満を持してグラビアに進出。初となる水着写真集では、色白でグラマラスな“エロふわボディ”を解禁し、発売前から重版が決定するほど話題となった。

 写真集を手に「本当に完成してうれしい気持ちでいっぱい」と満面の笑みを浮かべた泉。この日も多くの報道陣が集まる注目ぶりで「そうなると思ってなかったのでとてもうれしい」と反響の大きさに顔をほころばせた。

 長いモデル人生の中で「水着を着ることがなかった」といい、今回の撮影に「若干の戸惑いはありました」と告白。それでも「自分の本なので、そういう意味では全部自分を出したいという気持ちで撮影に臨みました。グラビアの仕事を始めてから自分を出すことが楽しいと感じています」と心境の変化を明かした。

 第2弾にも意欲をみせた泉は「今回は水着、下着にも挑戦して、いろんな私の表情がギュッと詰まってる。全部、お気に入りの写真です。普段の雑誌では見られない表情もいっぱいあります」と笑顔でアピールしていた。


2017-04-16 14:10
http://www.oricon.co.jp/news/2089203/full/
no title
【泉里香、初の水着写真集で心境変化「自分を出すことが楽しい」】の続きを読む